ぎっくり腰防止のための体内循環について

結論:皮膚の状態から血流の循環状態を把握すること。

ぎっくり腰の防止では疲労を溜め込まないように体調管理をして健康状態を高めることが有効。体調管理に置いては体内循環の状態を一目で示す皮膚に着目し、皮膚の潤いや色調、熱など血流が十分に循環しているかを観察することが大切。

※スポンサーCM

ぎっくり腰と言いますと偶然なったものと思われることが多いですが、実際には常日頃の体調の不具合を放置していることでコンディションが悪くなっており、体が疲労でカチカチになっているところを無理に腰を回したりすることで起こってしまうものです。

このことからぎっくり腰は日頃の体調管理によって防止することができると言えます。

※スポンサーCM

体調を良い状態に保つためには血行を良くし、体内循環を高めることが良い。

では体調管理が良いということですが、具体的には私たちは何を改善するべきなのかといいますと一言でもうしあげると血流(血行)を良好に保つことであるとお思いになってください。体内の血液の循環である体内循環を日頃から高めていただくと結果的には全身の骨や筋肉に十分なエネルギーが充填されてぎっくり腰が起こらなくなります。

体内循環の評価法として最も手軽な指標が皮膚

ではこの体内循環ですがどういったものを目安として私たちはこれを管理すれば良いのかと申しますとそのときに参考にしていただくことは皮膚の状態です。

※スポンサーCM

皮膚は単なる表面を覆う肉ではなく、全身の循環の状態を示すもっともわかり安い指標になります。例えば体調が悪いときには顔色が青ざめて血の気を失ったような色調に変化することは誰もが一目で分かります。また、若者のようなみずみずしいハリのあるお肌をされている方もいらっしゃれば、若い人でもガサガサのぱさついたお肌をされている方もおります。触ったときに冷えて冷たい人もいれば温かい人もいらっしゃることです。これは何なのかと申しますと体の中の血液の循環状態を示しており、元気に産声をあげる赤ちゃんのようなツルツルの温かいしっとりとしたお肌をしれいればそれは一目で健康であることを示します。これに対して高齢者のようなシワクチャで青くなった皮膚をしていれば血液の循環は不足しておりいつ癌などの病気を引き起こしてもおかしくはありません。皮膚から血液の循環は一目でわかりますので私たちは自分の健康状態を高めるためにはこの体内循環を示す皮膚を健康のバロメーターとして用いていただき、健康な状態を保っていただければおのずとぎっくり腰の発生は防止することができるのです。

内臓・内科

  1. 内臓による腰痛の特徴楽な体位がない
  2. 水腎症と腰痛稀な腰痛の中にある腎臓が原因となる腰痛、このようなものはまず無いといっても良いですが、治療家は一応知る必要があります。
  3. 癌と腰痛の関係腰が痛くて身動きがとれないまま過ごしていると血流のめぐりが悪くなって細胞分裂時に癌細胞の突然変異の起こる確率が高まります。
  4. 内臓痛との判別類似するものに内臓痛があるが安静にしていても痛みがあることが最大の特徴の違い
  5. 急性の激しい腰痛で注意するべき内臓痛消化性潰瘍穿孔、胆石、急性膵炎、腎結石、尿管結石、急性腎梗塞、特発性腎出血、副腎出血、腹部大動脈瘤破裂、解離性大動脈瘤、血栓、塞栓症、帯状疱疹など楽な姿勢がないものには注意
  6. 昔の内臓破裂の後遺症によるもの表層にまったくコリがみられず深層の深い所にのみ異常が見られる
  7. 尿酸の蓄積による腰痛尿酸などの不要な成分が沈殿して足裏に蓄積するためしっかりと揉み出すと健康に良い
  8. 命に関わる腰痛の恐怖について持病など合併症の有無によっては危険なものもあります。
  9. 腰痛疾患と汚血の関係性体の澱んだ血液の汚血によってもたらされる病態は悪い血液を排液するべき
  10. 腹膜後器官と腰痛内臓が原因となる腰痛では腹膜後器官という腰に近接した臓器が関係しやすい。腎臓・膵臓・副腎・十二指腸などが該当する。
  11. 腰痛と内科疾患の関係腰痛をお持ちになられている方では胃腸が悪かったり便秘や下痢など内臓の不調を持っていることが多い。
  12. 人はなぜ癌になるのか?温が落ちると癌細胞が発動し易くなります。
  13. ぎっくり腰と泌尿器系由来の疝痛発作ぎっくり腰と非常に類似しているものとして代表的な痛みについて
  14. 腰の痛みと似ているもの有名な関連痛、腎臓・胃腸・胆嚢
  15. 防止のための体内循環について疲労を溜め込まないように体調管理をして健康状態を高めることが有効。体調管理に置いては体内循環の状態を一目で示す皮膚に着目し、皮膚の潤いや色調、熱など血流が十分に循環しているかを観察することが大切。
  16. 貧血とぎっくり腰の関係筋肉量を増やすとそれに比例して血液量も増える
  17. aa老後の腰痛対策は内臓から内臓の病気をきっかけに腰痛持ちになることが多い。
  18. 代謝異常によるぎっくり腰糖尿病など代謝異常を起す病気では骨が脆く節々が太くなり関節が慢性的に痛くなる。
  19. 腹痛と誤診されやすい腰痛疾患腰痛と誤診されやすいものに腹痛があり、腰の筋肉の腸腰筋が関係するものが多い。
  20. 体表内臓反射腰の痛みが内臓機能に影響を来たす反射
  21. 体表内臓反射と内臓体表反射の判別体表に対しての施術を行って症状が回復するのかどうかを見ることが一番手っ取り早い
  22. 尿酸値にお悩みの男性を整体しました栄養過多と内蔵機能の低下が関係してます。
  23. ぎっくり腰をきっかけに便秘になった寝たきりでいると便に加わる重力が肛門方向に働かないためお腹に便が溜まりすぎて便秘になってしまうことがあります。
  24. 内臓体表反射内臓の不調が腰に痛みとなって現れる稀なケース
腰痛の内科関連要因・その他原因

内科関連・その他要因

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

内臓・内科

心臓・血管・脈管系

胃・腸

糖尿病・血糖

自律神経(交感神経、副交感神経)

呼吸

風邪・感染症

遺伝要因

視力・眼

線維筋痛症

その他原因

原因が分からない

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに19個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性・子供

心理①

心理②

自然

最新情報

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

内臓・内科

内臓による腰痛の特徴

水腎症と腰痛

癌と腰痛の関係

内臓痛との判別

急性の激しい腰痛で注意するべき内臓痛

昔の内臓破裂の後遺症によるもの

尿酸の蓄積による腰痛

命に関わる腰痛の恐怖について

腰痛疾患と汚血の関係性

腹膜後器官と腰痛

腰痛と内科疾患の関係

人はなぜ癌になるのか?

ぎっくり腰と泌尿器系由来の疝痛発作

腰の痛みと似ているもの

防止のための体内循環について

貧血とぎっくり腰の関係

老後の腰痛対策は内臓から

代謝異常によるぎっくり腰

腹痛と誤診されやすい腰痛疾患

体表内臓反射

体表内臓反射と内臓体表反射の判別

尿酸値にお悩みの男性を整体しました

ぎっくり腰をきっかけに便秘になった

内臓体表反射

内科関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

内臓・内科

心臓・血管・脈管系

胃・腸

糖尿病・血糖

自律神経(交感神経、副交感神経)

呼吸

風邪・感染症

遺伝要因

視力・眼

線維筋痛症

その他原因

原因が分からない

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに19個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性・子供

心理①

心理②

自然