野菜を食べても痩せないのはなぜ?

結論:バナナは野菜ではない。

野菜を沢山食べているのにどうしても痩せられないとお考えになられている人には意外にも炭水化物を理解できていない人も多い。バナナを野菜だと思って食べて逆に太っていることもある。

※スポンサーCM

全身が疲労する男性、深夜に治療の依頼をされる。

さて、先日は出張整体に伺わせていただきました。

私のところにご依頼が入ったのは深夜の1時ぐらいのことになります。
「すいません、もうもう体がしんどくって死にそうです。そちらは24時間営業ですよね。・・・」
「はい、24時間営業です。」
「じゃあいますぐに文京区の湯島まで御願いします。」
ということですぐに文京区へと車を走らせました。
湯島は文京区の中でも若い年代の方が大勢居住されているエリアであることで有名ですよね。私も長い間文京区へと出張させていただいておりますが、今の所高齢者や中高年だった記憶はほぼありません。40代ぐらいまでの方で構成されているのが文京区の特徴でもあります。
では、なぜそうなのかと申しますと、このエリアはかなりの急勾配があるからです。若い方でなければ無理にこの場所で暮らしたいとはお考えにはならぬことでしょう。したがいまして、主に3~4年の周期で定住して暮らされている学生さんなどが大勢暮らしているわけです。

※スポンサーCM

ということで車でも幾つかの坂を上り降りして無事に湯島へとたどり着いたわけです。そしてさっそく整体をはじめさせていただきました。
「先生、ありがとうございます。こんな深夜にマッサージしてもらえるなんて幸せです。さすが東京と言いたいところです。先生のような24時間営業のお店は他にも沢山あるのですか?」
「いえ、私が知る限りではうちぐらいのものですけれども」
「では、今日は特に全身が疲れているのできつめに御願いします。」
ということで全身を丁寧に揉み解して行きます。するとA様はこのようにおっしゃられるのです。
「先生、もう最高です。」
「そうですか、ご満足いただけて幸いです。」
という感じで大好評のお言葉を頂戴いたしました。

相談:ご飯の量を減らして野菜(バナナ)を食べているのになぜ体重が落ちないのか?

「でも先生、私はいつも体がすぐに疲れてしまうので、以前は病気なのではと思って病院を受診したことがあるんです。そうしましたら専門医から、『これは太りすぎだからダイエットしろ』だって言われたんです。」
「なるほど、そうですか」
「でも何をして良いのか全く分かりませんよね。運動をしろとか、食事を減らせとか言いますけどそんなつらいこととてもではありませんが続きません。」
「なるほど・・・」
「だから、野菜を沢山食べるようにしたわけです。」
「なるほど、野菜は良いと良く言いますからね。」
「でも野菜を一杯食べても全然体重が落ちなくてこうしていつもクッタクタになってしまうんです。」
「う~ん・・・野菜ばかり食べてお肉など必要なエネルギーを食べていらっしゃられないのでは?」
「まあそういうことも無いのですが・・これまででしたらお米をドンブリ一杯に食べていたんです。いつもお腹一杯になるまでお代わりをして・・・でもそれではダメだと思って、その代わりの野菜としてバナナを同じようにお腹一杯になるまで食べるようにしたわけです。」
「なるほど・・・お米の変わりにバナナをお召し上がりになられたということで・・・」
「そうです。野菜は健康に良いですからね。」

回答:バナナは天然のケーキと呼ばれる。炭水化物の中でも吸収率が高い。お米よりも太りやすい。

「A様、おそらくはバナナに問題があるのかもしれませんね。というのも、バナナは炭水化物と言われるもので、お米などよりも吸収率が高くて優秀な炭水化物、即ちかなりの高カロリーな食材なのです。オリンピックなどのスポーツ選手がご愛用されるほどで、天然のケーキとも呼ばれるのです。これをお召し上がりになるということはお米よりも太り安いんですよ。」
「ガ~ン・・・・そうだったんですか・・・私はつい野菜だから大丈夫なのかと安心して毎日2房以上食べておりました・・・なんておろかなことを・・・」
「そうですね。では、私がそういった献立を幾つか提案させていただきますから後はご安心ください。」

※スポンサーCM

余談:バナナが野菜として認知される背景には小学校の遠足の「バナナはオヤツではない」理論が影響する。

「ありがとうございます。でも先生・・・小学校の頃の遠足などでは『バナナはオヤツじゃない!』ってあれほど皆自信を持って言い張っていたではありませんか!あれはウソだったのですか?オヤツじゃないなら野菜なんでしょ!って僕は思うのですが・・・・」
「う~ん少し難しい問題ですね。私はA様の小学校時代を存じておりませんから何とも言えませんので、その話は抜きにして考えましょう。あれは多分お菓子とお弁当の区別を論議しているのだと思います。野菜とお菓子の区分を論議しているわけではありませんから。」
「なるほど・・・難しい話ですね。」
「まあ・・難しく考えず楽に行きましょう」
ということで湯島のA様にも整体を堪能していただくことができたわけです。皆様も24時間営業で文京区の湯島へと出張しますからいつでもご連絡くださいね。本日はありがとうございました。」

腰痛と食事・栄養

結論:食事は長期的な対策

ぎっくり腰のときの料理は?

ぎっくり腰にカレーは?

ぎっくり腰の食料

食事中のぎっくり腰の防止

栄養失調によるぎっくり腰

餅をやめれば腰痛が治る

筋トレで腰痛治療がダメならたんぱく質を見直せ

食事中の腰痛防止

ぎっくり腰、腰が痛くて食材の買い物に行けない

食事の姿勢は?

なったときの食事は辛いものはダメなの?

猫舌対策で腰痛は治る

何を食べたら腰痛が治るの?

糖質制限食ってどう?

ぎっくり腰 早く治す食べ物

食後腰痛について

不意に起こる病気の備えで助かるものは非常食

ぎっくり腰防止のための栄養素

食事によって防げるぎっくり腰とは?

暴飲暴食はぎっくり腰の発生を増やす

一人暮らしのぎっくり腰で便利な食料

食事による循環系負担によるぎっくり腰

餅は主婦にとって腰痛対策となる

偏った食事は疲れやすくなる

食事による長期的な腰痛対策

結論:好き嫌いせず何でも食べる。

坐骨神経痛が不足している栄養素を知る方法

坐骨神経痛に良い食事

坐骨神経痛患者の現代女性が陥りがちな食事要因

坐骨神経痛にかいわれ療法

坐骨神経痛と食事との関係

ぎっくり腰のときの食事

日本人が不足しがちな栄養素

食生活と腰痛

痛みなどの脳からの伝達物質を抑える食べ物

食事制限による体重コントロール

インスタントフードの弊害と野菜の必要性

腰痛はたんぱく質、炭水化物、カルシウムを取る

食事療法は?

ぎっくり腰の過剰な運動神経の興奮を抑えるには有機野菜を食べる

食物渇望

防止するための日常の飲食について

筋肉を増やすために必要な栄養素

ぎっくり腰防止によいたべもの

aa食事療法は長期的な効果

オヤツが痛みを和らげる仕組み

腰痛治療には食事制限が有効

若者のブランチによるぎっくり腰の増加

コンビニ食に注意しよう

飲み物

結論:温かいものを飲む

ぎっくり腰に野菜ジュース

腰痛防止には温かいものを飲む

ぎっくり腰防止にために効果的な飲み物

ぎっくり腰防止には温かい飲み物

ぎっくり腰のとき苦しまないためには水分摂取を減らす

関節症の腰痛は水分補給と運動

水分過剰摂取と腰痛

夜は水分を控えめにする

ダイエットと食事

結論:無理な食事制限は続かない。

食事制限が嫌な人向けの方法

ケトン食体験談

ケトン食はお腹が減らない

食事制限のポイント

糖質制限食をしたら便器が詰まった

糖質制限食のデメリットは便秘

女性はなぜ甘いものが食べたくなるのか?

意志が弱くても間食を止める方法

腰痛予防のための苦労しない減量法は良く噛むこと

食事による防止

野菜を食べても痩せられないのはなぜ?

カロリーゼロの砂糖で腰痛を防止できる。

食欲と腰痛

ぎっくり腰防止には食事制限が良い

簡単に取り組める食事制限療法

糖質制限食で肥満を解消すると腰の負担が減る。

糖質を外から補うと腰痛になる

自然に近い食材は肥満症による腰痛を防ぐ

食欲と温度の関係

間食をやめずに痩せる方法

サプリメント

結論:お金が無い人はサプリメントは選ばない

サプリメント

坐骨神経痛にグルコサミン・コンドロイチンは?

坐骨神経痛に馬プラセンタ

坐骨神経痛にハーブ

核酸サプリメント

DHAサプリメントとの関係について

筋肉硬直 L(某サプリメント)

坐骨神経痛 便秘 サプリメント

ビタミンB1の腰痛防止効果について

腰痛持ちどんなサプリメントを飲んでますか?

サプリメントの考え方

サプリメントをオススメする人

サプリメントが向かない人

サプリが効かせるにはマイナスの荷電が必要

QテレビCMのグルコサミンを飲んだ。痛みが治らないのはなぜ?

坐骨神経痛 ローヤルゼリー

坐骨神経痛 すっぽん

高齢者の慢性化したぎっくり腰にグルコサミン・コンドロイチンは?

高齢者の慢性ぎっくり腰にASUは?

アミノ酸で腰痛は治りますか?

プロテイン

結論:筋トレしてる人だけ、プロテイン飲むと筋肉がつく

ぎっくり腰を早く治したい。プロテインは?

プロテインで慢性腰痛は治るか?

プロテイン

一番効果を実感したサプリはプロテインだった

ダンスインストラクター腰痛予防に必要な食事プロテイン

ぎっくり腰にプロテインが効く人

ぎっくり腰はプロテインを飲むだけではダメ

腰痛とカルシウム

結論:カルシウムは日本人のすべてが不足している

子供用のカルシウムサプリは?

腰痛防止に重要な栄養素はカルシウム

カルシウムだけを取っても腰は丈夫にならず

カルシウムの必要性

防止のためのカルシウム摂取について<

腰痛とお酒

結論:腰が痛いときには飲まない

ぎっくり腰中の飲酒

ぎっくり腰、アルコールはいつから?

お酒を止めると腰痛が治る

いつまで禁酒するのがいい?

なぜ泥酔者の施術をお断りするのか?

禁酒をしたら筋肉がついた

泥酔患者を整体でお断りする理由

腰痛対策、酒飲みの食事で気をつけること

ぎっくり腰中のお酒は?

禁酒の意外な腰痛防止効果

ぎっくり腰、分かっているけどお酒が飲みたい

酒で腰痛を治す方法

整体に行く日にお酒を飲んでしまいました。

アルコールは?

アルコールで腰痛おさまる?

お酒は少量なら良しは誤り

腰痛の治療にお酒は誤り

腰痛持ちは酒飲みが多い

お酒について思うこと

たばこ

結論:タバコには害悪しかない

慢性腰痛とタバコとお酒

喫煙と腰痛

喫煙と腰痛

腰痛を治したいなら喫煙をやめよう

ぎっくり腰とタバコ

糖質

結論:炭水化物を主食とする食習慣は生物学的には不必要。

甘いものは肥満腰痛を起こす

お餅が原因となるぎっくり腰

ぎっくり腰の発生を招く正月の食品

腰痛と糖質疲労

糖質疲労が背景のぎっくり腰に注意する

糖質疲労による腰痛の注意点

糖質過多はぎっくり腰になる

糖化によるぎっくり腰

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報 

腰痛は気持ちが変われば治るか?

坐骨神経痛と変形性股関節症には違いがない

うつ伏せで足が上がらない、反らない

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

腰痛と食事・栄養

結論:食事は長期的な対策

ぎっくり腰のときの料理は?

ぎっくり腰にカレーは?

ぎっくり腰の食料

食事中のぎっくり腰の防止

栄養失調によるぎっくり腰

餅をやめれば腰痛が治る

筋トレで腰痛治療がダメならたんぱく質を見直せ

食事中の腰痛防止

ぎっくり腰、腰が痛くて食材の買い物に行けない

食事の姿勢は?

なったときの食事は辛いものはダメなの?

猫舌対策で腰痛は治る

何を食べたら腰痛が治るの?

糖質制限食ってどう?

ぎっくり腰 早く治す食べ物

食後腰痛について

不意に起こる病気の備えで助かるものは非常食

ぎっくり腰防止のための栄養素

食事によって防げるぎっくり腰とは?

暴飲暴食はぎっくり腰の発生を増やす

一人暮らしのぎっくり腰で便利な食料

食事による循環系負担によるぎっくり腰

餅は主婦にとって腰痛対策となる

偏った食事は疲れやすくなる

食事による長期的な腰痛対策

結論:好き嫌いせず何でも食べる。

坐骨神経痛が不足している栄養素を知る方法

坐骨神経痛に良い食事

坐骨神経痛患者の現代女性が陥りがちな食事要因

坐骨神経痛にかいわれ療法

坐骨神経痛と食事との関係

ぎっくり腰のときの食事

日本人が不足しがちな栄養素

食生活と腰痛

痛みなどの脳からの伝達物質を抑える食べ物

食事制限による体重コントロール

インスタントフードの弊害と野菜の必要性

腰痛はたんぱく質、炭水化物、カルシウムを取る

食事療法は?

ぎっくり腰の過剰な運動神経の興奮を抑えるには有機野菜を食べる

食物渇望

防止するための日常の飲食について

筋肉を増やすために必要な栄養素

ぎっくり腰防止によいたべもの

aa食事療法は長期的な効果

オヤツが痛みを和らげる仕組み

腰痛治療には食事制限が有効

若者のブランチによるぎっくり腰の増加

コンビニ食に注意しよう

飲み物

結論:温かいものを飲む

ぎっくり腰に野菜ジュース

腰痛防止には温かいものを飲む

ぎっくり腰防止にために効果的な飲み物

ぎっくり腰防止には温かい飲み物

ぎっくり腰のとき苦しまないためには水分摂取を減らす

関節症の腰痛は水分補給と運動

水分過剰摂取と腰痛

夜は水分を控えめにする

ダイエットと食事

結論:無理な食事制限は続かない。

食事制限が嫌な人向けの方法

ケトン食体験談

ケトン食はお腹が減らない

食事制限のポイント

糖質制限食をしたら便器が詰まった

糖質制限食のデメリットは便秘

女性はなぜ甘いものが食べたくなるのか?

意志が弱くても間食を止める方法

腰痛予防のための苦労しない減量法は良く噛むこと

食事による防止

野菜を食べても痩せられないのはなぜ?

カロリーゼロの砂糖で腰痛を防止できる。

食欲と腰痛

ぎっくり腰防止には食事制限が良い

簡単に取り組める食事制限療法

糖質制限食で肥満を解消すると腰の負担が減る。

糖質を外から補うと腰痛になる

自然に近い食材は肥満症による腰痛を防ぐ

食欲と温度の関係

間食をやめずに痩せる方法

サプリメント

結論:お金が無い人はサプリメントは選ばない

サプリメント

坐骨神経痛にグルコサミン・コンドロイチンは?

坐骨神経痛に馬プラセンタ

坐骨神経痛にハーブ

核酸サプリメント

DHAサプリメントとの関係について

筋肉硬直 L(某サプリメント)

坐骨神経痛 便秘 サプリメント

ビタミンB1の腰痛防止効果について

腰痛持ちどんなサプリメントを飲んでますか?

サプリメントの考え方

サプリメントをオススメする人

サプリメントが向かない人

サプリが効かせるにはマイナスの荷電が必要

QテレビCMのグルコサミンを飲んだ。痛みが治らないのはなぜ?

坐骨神経痛 ローヤルゼリー

坐骨神経痛 すっぽん

高齢者の慢性化したぎっくり腰にグルコサミン・コンドロイチンは?

高齢者の慢性ぎっくり腰にASUは?

アミノ酸で腰痛は治りますか?

プロテイン

結論:筋トレしてる人だけ、プロテイン飲むと筋肉がつく

ぎっくり腰を早く治したい。プロテインは?

プロテインで慢性腰痛は治るか?

プロテイン

一番効果を実感したサプリはプロテインだった

ダンスインストラクター腰痛予防に必要な食事プロテイン

ぎっくり腰にプロテインが効く人

ぎっくり腰はプロテインを飲むだけではダメ

腰痛とカルシウム

結論:カルシウムは日本人のすべてが不足している

子供用のカルシウムサプリは?

腰痛防止に重要な栄養素はカルシウム

カルシウムだけを取っても腰は丈夫にならず

カルシウムの必要性

防止のためのカルシウム摂取について<

腰痛とお酒

結論:腰が痛いときには飲まない

ぎっくり腰中の飲酒

ぎっくり腰、アルコールはいつから?

お酒を止めると腰痛が治る

いつまで禁酒するのがいい?

なぜ泥酔者の施術をお断りするのか?

禁酒をしたら筋肉がついた

泥酔患者を整体でお断りする理由

腰痛対策、酒飲みの食事で気をつけること

ぎっくり腰中のお酒は?

禁酒の意外な腰痛防止効果

ぎっくり腰、分かっているけどお酒が飲みたい

酒で腰痛を治す方法

整体に行く日にお酒を飲んでしまいました。

アルコールは?

アルコールで腰痛おさまる?

お酒は少量なら良しは誤り

腰痛の治療にお酒は誤り

腰痛持ちは酒飲みが多い

お酒について思うこと

たばこ

結論:タバコには害悪しかない

慢性腰痛とタバコとお酒

喫煙と腰痛

喫煙と腰痛

腰痛を治したいなら喫煙をやめよう

ぎっくり腰とタバコ

糖質

結論:炭水化物を主食とする食習慣は生物学的には不必要。

甘いものは肥満腰痛を起こす

お餅が原因となるぎっくり腰

ぎっくり腰の発生を招く正月の食品

腰痛と糖質疲労

糖質疲労が背景のぎっくり腰に注意する

糖質疲労による腰痛の注意点

糖質過多はぎっくり腰になる

糖化によるぎっくり腰

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)