ぎっくり腰専門ユークル整体院

椅子に座るとすぐに立てず、中腰になってしまう

結論:足腰が弱いほど、中腰の前傾角度が深くなる。

※スポンサーCM

やはり、
実際に立ち上がる
場面を拝見しないと、

ハッキリしたことを
申し上げるのは
難しいです。

率直な意見
としては、

意図しても、
どうしても中腰に
なるのでしたら、
やはり足腰の衰えに
よって起こるものが多い

のだと思われます。

中腰になるのは
体重移動

そもそも、どうして
中腰になるのか?

これは立ち上がるときの
仕組みが関係しています。

立ち上がるときには
体重を膝に
乗せないと力学上
立ち上がれない
のです。

立ち上がるときには、図のように
上半身をやや前傾させます。

頭を前のめりに倒します。

上半身を前に傾けないと
膝に体重が乗りません。

膝をジャッキのように
働かせて体を
持ち上げるから
立てるのです。

例えば自動車のジャッキ
だってジャッキの真上に
車体が載るから
持ち上がります。

上半身を前傾させずに
いると、膝のジャッキの上に
車体である胴体が
乗りません。

若い方では、上半身の
中腰になる角度がある
程度浅くても膝の力が
あるため比較的に楽に
立ち上がります。

ところが足腰が衰えた
高齢者では前傾角度を
深くして中腰にならないと
立ち上がることが困難です。

※スポンサーCM

立ち上がるときの
動作を意識する。

やはり中腰になることが
どうしても気になる方は、
できるだけ立ち上がりの

上半身の前傾角度を
少しでも減らしてみると
良いでしょう。

毎日の椅子からの
立ち上がりもスクワット
だと思ってください。



できるだけ、立ち上がる
ときに両手を使わない
ようにします。

高齢者では中腰に
なって立ち上がって
しまいます。

このときに両手を
テーブルの上に乗せて
手の力を補助に使います。


この手の力に着目
してください。

手の力を少しでも
抜くように意識
しましょう。

手の力をあえて使わない
ことで足の筋力
トレーニングの効果が
倍増します。

毎日手の支えの力を
少しでも抜いてみましょう。

何日も続けることで
中腰の前傾角度が浅い
ままでも立てるように
なることでしょう。

腰痛対策の体の使い方

腰痛防止の筋肉の使い方

動作経済4原則について

腰に負担の掛けない起き上がり方

防止のためのマザーハンドの考え方

立ち上がりの腰痛

結論:軽く腰を落とすと立位の腰の痛みが和らぐ

椅子に座るとすぐに立てず、中腰になってしまう

立ち上がるときの腰痛の防止法

立ち上がり動作に見られる腰痛発作

イスからの楽な立ち上がり方

中長期的観点でのトイレ・排泄

結論:トイレに手すりをつけると排便が楽

きばると腰が痛くなる

トイレで力むと腰が痛い

便意を我慢するとお尻が痛い

オシッコで目が覚めて眠れず

トイレ行きたくて目が覚めるが漏らしてしまう

便秘と排便反射について

意識だけでできる対策

結論:片時も腰痛のことを忘れないこと

使用度の低い部分を意識する必要性

食事

ぎっくり腰のときの料理は?

ぎっくり腰にカレーは?

ぎっくり腰の食料

ぎっくり腰、腰が痛くて食材の買い物に行けない

ぎっくり腰のときの食事

ぎっくり腰に野菜ジュース

ぎっくり腰を早く治したい。プロテインは?

ぎっくり腰中の飲酒

ぎっくり腰、アルコールはいつから?

ぎっくり腰、分かっているけどお酒が飲みたい

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開