荘A[NX̉@

腰痛の原因

結論:原因は多岐にわたる

筋力不足、加齢、体重増加、体脂肪率、身体組成などなどご紹介していきます

※スポンサーCM

腰痛となりうる原因数値

◆最初に一般的に原因となりうる数値を導き出していきます。ご注意していただきたい点は、あくまで一般的なものだけを抽出しています。ここに書いているものだけが 全てではありません、この点を十分にご理解ください。その他のものは店舗にてご説明いたします。また、ここでご紹介する内容は、あくまで無償の範囲で扱っておりますので、 万一の事故・病状の悪化がございましても一切の責任を負いかねます。技術者である以上、難しい症状でお悩みの患者さまに一人でも多く喜んいただきたいものです。

脚伸展力ついて

脚力と腰痛の関係性を学習し、自分がどの程度の筋力値なのかを知りましょう。


腹筋力ついて

目標とすべき筋力とは?腹筋の力を調べるために30秒間の連続回数を測定します。


背筋力について

理想の背筋力とは?


腹筋・背筋バランスについて

理想の筋力バランスを知りましょう


血圧値について

血圧値との関係、行うことができる運動療法などにも関わってきます。


BMIについて

※スポンサーCM

体格指数とその意味


柔軟性の指標

ポイントは立位体前屈で何センチか?


体脂肪率について 痩せている人にも関係ある内容です

体脂肪率について、体重だけでは分からないことは多いです。体脂肪を測定できる機械が必要です


ウエストヒップ比

りんご型肥満?それとも洋ナシ型肥満?


12分間ウォーキングテスト

全身持久力を測定します


疼痛感受性

痛みそのものが発生しやすい状態、過敏な状態かを調べる必要があります。通電反応から痛みの感受性が過敏でないかを測定します。こればかりは、おこしいただかないと計測できません。(希望者は予約のお電話の時点でお申し付けください))


okその他

一般的ではないものを紹介していきます。

中期的な経過判断

結論:発症から3週間で慢性化している

時間経過と腰痛

ぎっくり腰何日かかる?

ぎっくり腰の仕事復帰

スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安

ゴルフの再開は?

1ヶ月以上続く腰痛の原因

セルフチェック

結論:セルフチェックはあくまでも目安

壁を用いた腰痛のセルフチェック法

ぎっくり腰判別のセルフチェック

下肢の内外旋のセルフチェックによる腰痛予防

ぎっくり腰を繰返さないためには痛みの場所を詳しく知ること

腰痛の検査データ

結論:腰痛は複合した原因がある

腰痛の原因として考えられるもので根拠に基づくものをまとめております。

脚伸展力について

12分間ウォーキングテスト

検査法について

結論:先生に任せれば良い

SLRテストの痛みの出るタイミングとその原因

クラウスウェーバーテスト

慢性腰痛患者が必ず受けるべき検査

疼痛誘発検査

腰痛の診断で最も確実性が高いもの

叩打痛との関係

腰痛の痛みの追求方法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

慢性期判断、検査

⑤-1医療機関の対処①

⑤-2

⑤-3手術関連

ケア

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

食事療法

総合案内
クリックで展開

ぎっくり腰専門