荘A[NX̉@

ぎっくり腰の痛みを和らげる方法

ぎっくり腰の痛みを和らげる方法として受傷後3週間を越える安静は足の筋力が衰えて内転筋が衰える。この筋肉の付着部に炎症を来たしてしまうこともあるので、歩いたりすることで内因性発痛物質のオピオイド物質の生成を抑えることが必要

※スポンサーCM

ぎっくり腰は一般的にはあるくこともできぬような反射性の防御反応を起してしまうほどの痛みをもていることが一般的です。

自律歩行可能な人の緩和方法

ところが中には、腰がいたいけれども何とかして自力で歩いて整体院まで通うことができるといった軽度のぎっくり腰もあります。

今回お話するのは自律歩行が可能なぐらいの症状の程度のものに絞ってゆきたいと思います。

安静にすることが大切なのは受傷後3週間まで

腰が抜けてしまって歩けないときには、とにかく『安静に過ごしてください。 』というのが今も昔も変わらぬ対応であると思います。ところがこれが重要なのは発生直後のことであり、炎症期間である、3週間を経過したらその後は安静にすることはマイナスとなってしまいます。

三週間を超えて安静にしていると筋力が衰えて負担が増加する。

なぜならば、筋力が衰えてしまうことでその部分に加わる負担がさらに高まってしまうからです。

例:大腿四頭筋が衰えると、内転筋やハムストリングスが代償をする。

※スポンサーCM

つまり、太ももを例に挙げるのであれば、主動となる大腿四頭筋が長期間の廃用によって衰えてしまえば、主力筋だけでは、筋力が不足してしまいます。すると足りない筋力を内転筋という太ももの内側の筋肉で代償したり、太ももの裏側にあるハムストリングスという筋で補うようになります。

内転筋は足を閉じるための筋肉であり股関節を屈曲させるためのものではない。

しかし、本来ならば内転筋は肩幅に開いた脚を閉じる作用のために発達した筋肉であり、膝を伸ばしたり、股関節を屈曲させる動作のための筋肉ではありません。

内転筋は紡錘状筋であるため沢山動かすには良いが力強い動きには適さず。

つまり、大腿四頭筋の中でもっとも大事な大腿直筋が羽状筋という鳥の羽毛をより合せたような筋線維の構造をしているのに対して、内転筋は紡錘状筋という張力方向に平行な走行をしめすため、開いた脚を閉じるなど沢山の運動範囲を動かすには適しているのですが、力強く動かすことに適しておらぬのです。

内転筋の収縮により炎症が発生し、恥骨や太腿に波及

そのため、収縮が長く続きすぎることで筋膜に炎症が発生して、それが恥骨や太ももに波及して幅広い炎症症状を呈してしまうのです。

内転筋の緊張により骨盤前方傾斜が強まり腰椎の前彎曲を強め腰のストレスを強める。

すると、内転筋の緊張に牽引されて骨盤の前方傾斜が強まり、相対的に背骨の腰椎の前腕も強くなり結果として、彎曲ストレスが強くなってぎっくり腰の原因となります。

無理の無い範囲での運動療法を心がけ筋肉量を保つ。

したがって、このような状況に陥らぬようにするには、筋力の低下を防ぐために急性期の炎症が治まったら直ちに運動を始める必要があるのです。厳密には炎症が発生していても、足の痛みだけならば腕は動かせますので車椅子で運動をしたり、と無理の無い範囲での運動は心がけるべきです。こうして少しでも筋肉量を保つことでぎっくり腰の痛みを悪化させることを防止することができます。

わずかな安静期間でも筋力は低下する。

※スポンサーCM

ちなみに、1週間の安静によって筋力は10%低下すると言われ、宇宙空間のように完全な無重力の世界に行けばたった1週間で足腰が起立不能なほど衰弱することが明らかになっております。

運動は脳内物質のオピオイドにより痛みを和らげる

また、運動をすることによって痛みそのものを和らげることが分かっております。これはオピオイド物質という脳内物質分泌されることで痛みを感じさせなくさせる働きがあるからです。オピオイド物質は体を動かして普段よりも活発になっているときほど分泌量が増加しますので、スポーツやウォーキングなどを行うことで痛みが和らぐのです。

運動実施前には専門家の指導を受けましょう。

ただし、実際の運動種目や内容、などは絶対に独断で決めずに専門医の指導をうけるようにしてください。それぞれの体力レベルや年齢、性別、経験などで行う種目は変わりますので、専門家の指導を受けずにこれを行うことは大変な危険をともなうことをご注意くださいませ。

緩和処置・慢性期

結論:体の抵抗力をつける

血中酸素濃度を上げると腰痛が治る

痛みを和らげる方法

施術

脊髄に伝わる痛みの緩和法

座面療法

牽引療法

どういったことに注意して施術するの?

バランスを見極めた調整が必要

MSS療法

腰部の筋緊張が過剰な方が心がけるべきこと

ぎっくり腰は痛くない範囲で動く

慢性腰痛治療のための治療法選択のポイント

慢性腰痛患者の腰部のコンディショニング法

苦労せず地道に自分で治せる方法

ぎっくり腰移動

長すぎる休憩はギックリ腰の原因となる

なぜ腰を反らすことが腰部に良いのか?

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

慢性腰痛には温湿布とホットカイロどちらが良いか

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

ぎっくり腰の防止にオススメする温熱療法について

誰にでもできる防止のための基礎体温上昇法

時間

お風呂の腰痛治療効果

結論:慢性腰痛は温めて緩和することがある。ただし・・

ヘルニアに効く温泉は?

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

坐骨神経痛に電気風呂は?

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

腰部ケアのための入浴法

温浴法

温泉で坐骨神経痛を治したい

お風呂の適応判断

腰痛の温浴療法

シャンプーハットの腰痛防止効果

良い入浴剤

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

シャワー中に起こったもの

ぎっくり腰のときのお風呂の偏った考え

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

坐骨神経痛に入浴の姿勢は関係あるか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

ぎっくり腰のときのお風呂は軽く流す

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰の負担の少ない頭の洗い方

神経痛のときの入浴は?

理想的な腰痛での入浴

お風呂と腰痛

ぎっくり腰に温泉は良いのか?

腰痛では部分浴にも気をつける

慢性腰痛ケア

結論:体を動かす生活習慣を意識する

意識するべきは恒常性

慢性腰痛に良い素足健康法

腰に加わるストレスを解消する方法

MSS療法

経絡療法について

腰のセルフケアでは首を反らす

動いてケアする腰痛と休んでケアする腰痛

痛みの緩和に効果があるもの

腰痛防止のための日常的な筋肉の調整法

腰痛のツボ

アクティブケア

ぎっくり腰に陥らないための日常ケア

サーティーワンメソットの有効な例と無効な例

背骨の変形が背景となる高齢者のぎっくり腰のセルフケア

セルフケアのあり方

自分で出来る防止のセルフケア

防止のための腰の筋肉の緊張を緩める方法

荷重偏移による腰痛のセルフケア方法

短時間で腰痛のセルフケアをするためのコツ

高齢者の慢性腰痛の日常ケア

高齢者の日常ケア方法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

ぎっくり腰ブログ

※最新ページ

ぎっくり腰と静的ストレス

アークス整体院プライベートブログ

プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

緩和処置・慢性期

結論:体の抵抗力をつける

血中酸素濃度を上げると腰痛が治る

痛みを和らげる方法

施術

脊髄に伝わる痛みの緩和法

座面療法

牽引療法

どういったことに注意して施術するの?

バランスを見極めた調整が必要

MSS療法

腰部の筋緊張が過剰な方が心がけるべきこと

ぎっくり腰は痛くない範囲で動く

慢性腰痛治療のための治療法選択のポイント

慢性腰痛患者の腰部のコンディショニング法

苦労せず地道に自分で治せる方法

ぎっくり腰移動

長すぎる休憩はギックリ腰の原因となる

なぜ腰を反らすことが腰部に良いのか?

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

慢性腰痛には温湿布とホットカイロどちらが良いか

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

ぎっくり腰の防止にオススメする温熱療法について

誰にでもできる防止のための基礎体温上昇法

時間

お風呂の腰痛治療効果

結論:慢性腰痛は温めて緩和することがある。ただし・・

ヘルニアに効く温泉は?

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

坐骨神経痛に電気風呂は?

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

腰部ケアのための入浴法

温浴法

温泉で坐骨神経痛を治したい

お風呂の適応判断

腰痛の温浴療法

シャンプーハットの腰痛防止効果

良い入浴剤

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

シャワー中に起こったもの

ぎっくり腰のときのお風呂の偏った考え

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

坐骨神経痛に入浴の姿勢は関係あるか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

ぎっくり腰のときのお風呂は軽く流す

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰の負担の少ない頭の洗い方

神経痛のときの入浴は?

理想的な腰痛での入浴

お風呂と腰痛

ぎっくり腰に温泉は良いのか?

腰痛では部分浴にも気をつける

慢性腰痛ケア

結論:体を動かす生活習慣を意識する

意識するべきは恒常性

慢性腰痛に良い素足健康法

腰に加わるストレスを解消する方法

MSS療法

経絡療法について

腰のセルフケアでは首を反らす

動いてケアする腰痛と休んでケアする腰痛

痛みの緩和に効果があるもの

腰痛防止のための日常的な筋肉の調整法

腰痛のツボ

アクティブケア

ぎっくり腰に陥らないための日常ケア

サーティーワンメソットの有効な例と無効な例

背骨の変形が背景となる高齢者のぎっくり腰のセルフケア

セルフケアのあり方

自分で出来る防止のセルフケア

防止のための腰の筋肉の緊張を緩める方法

荷重偏移による腰痛のセルフケア方法

短時間で腰痛のセルフケアをするためのコツ

高齢者の慢性腰痛の日常ケア

高齢者の日常ケア方法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)