ぎっくり腰専門ユークル整体院

靴下の履き易さとぎっくり腰の関係

〔目次〕

  1. 靴下の履き易さとぎっくり腰の関係ページ概要:股関節を70度以上曲げられない人は靴下を履こうとしたときに腰を屈めた拍子にぎっくり腰を患いやすい。
  2. 質問靴下を履くのに苦労する。ぎっくり腰に関係する?
  3. 回答関係する。靴下を履くときには腰を屈める。足腰の筋肉が固いとこの姿勢が取れない
  4. チェック法下肢伸展挙上テストを実施しましょう。
  5. 内容股関節90度以上の屈曲が可能ならばリスクが低い、70度未満でそれ以上持ち上がらぬ場合は腰痛になりやすい
  6. 屈曲が狭いとなぜ腰痛になるの?姿勢保持筋群のハムストリングス(腿の裏)が硬いと膝がロックされ腰が可動域制限になる
  7. ハムストリングスの緊張の意味骨盤の後屈固定
  8. 骨盤が後屈固定すると?踏ん反り返って過ごす日常姿勢や車の運転。長時間の運転が姿勢を硬直させる
  9. 踏ん反り返った姿勢の影響腰椎・仙骨間を狭窄してヘルニアを起こし安い。

靴下の履き易さとぎっくり腰の関係

靴下を履きやすくなることとぎっくり腰の関係について。体が固いと腰を屈めて靴下を脱ぐことが困難になる。下肢伸展挙上テストで70度未満だとリスク大、多くの場合骨盤の後屈姿勢が関係しており、腰を反らして踏ん反りかえるような姿勢をとっているために生じる

メニューに戻る

※スポンサーCM

質問:靴下を履くのに苦労する。ぎっくり腰に関係する?

『いつも靴下を履くのに苦労するんですよ。こういったこともぎっくり腰に関係しているのですか?』

今回はこれについてご紹介していきましょう。

メニューに戻る

回答:関係する。靴下を履くときには腰を屈める。足腰の筋肉が固いとこの姿勢が取れない

結構安易な質問でしたが、なかなか核心をついたご質問であると思います。は靴下を履くときは腰を前に屈めるわけですが、この姿勢が取れないということは腰の後方の筋肉が固かったり、足の筋肉の固さがあることを物語っているからです。ぎっくり腰は典型的なリスクファクターが存在します。

メニューに戻る

チェック法:下肢伸展挙上テストを実施しましょう。

※スポンサーCM

では今からやることを皆様も実際にやってみてください。(今から下肢伸展挙上テストを実施します。腰部の調子が優れぬ方や病気や怪我をお持ちの方、健康状態が不明な方は絶対に専門医の指導を受けてから実施するようにご注意ください。)

  1. 仰向けになります。
  2. パートナーが片足を持ち上げます。
  3. 膝を曲げずに股関節がどこまで曲げられるかを見ます。

メニューに戻る

内容:股関節90度以上の屈曲が可能ならばリスクが低い、70度未満でそれ以上持ち上がらぬ場合は腰痛になりやすい

このときの股関節の角度が90度まで屈曲できるのでしたら腰痛の可能性は少しだけ低くなります。ただし、70度未満で体が固くてそれ以上持ち上がらぬ場合は腰痛のリスクファクターを持っていると言えます。つまり腰痛予備軍もしくは現役腰痛者であることが疑われます。

メニューに戻る

屈曲が狭いとなぜ腰痛になるの?姿勢保持筋群のハムストリングス(腿の裏)が硬いと膝がロックされ腰が可動域制限になる

なぜこんなことでそれが分かるのかと申しますと、これは1つとして、姿勢保持筋群とよばれる、下腿三頭筋やハムストリングスの緊張が固すぎると膝がロックされてしまい、可動域に制限が掛かってしまうからです。また、足は柔らかくても、腰の後方の筋肉が固ければ同じように可動域の制限が現れます。

メニューに戻る

ハムストリングスの緊張の意味:骨盤の後屈固定

足上げ検査で異常が出る場合は、逆に言えば足の後面の筋肉が緊張してしまい骨盤が常に後屈位置に固定されていることを意味するのです。これでは、姿勢をほじするためには後方に重心が傾きますので、これを補正するために足首の関節を深く背屈させたり、お腹を突き出すようにして姿勢を保たなくてはなりません。

メニューに戻る

骨盤が後屈固定すると?踏ん反り返って過ごす日常姿勢や車の運転。長時間の運転が姿勢を硬直させる

※スポンサーCM

つまりここからこの人の日常姿勢をイメージすることができますよね。つまりは踏ん反り返って過ごされているのです。

では、踏ん反り返ってお過ごしになられても支障の出ないお仕事とはどのようなお仕事でしょうか?

そうです。車の運転です。それも乗用車ではなく、上半身を垂直位置に保つようなダンプカーやトラックが考えられます。ということは長時間の運転がこの人の姿勢を硬直させてしまう要因を作っていたのです。それに一日中座席に腰掛けて膝を屈曲させたままお過ごしになられているからこそ、膝も屈曲位置硬縮を起して下腿が緊張して足が上がらないわけです。

メニューに戻る

踏ん反り返った姿勢の影響:腰椎・仙骨間を狭窄してヘルニアを起こし安い。

踏ん反り返った姿勢では腰椎と仙骨の間の隙間など脊柱の隙間が明らかに狭まってしまいます。これによって椎間関節のストレスが増大することは明らかですが、それ以上に椎間板の圧力が増大してヘルニアを起すこともあります。

長時間の車の運転や同じ姿勢で過ごされている方、さらにはお腹を突き出して踏ん反り返っていらっしゃる方は充分に気をつけて控えめな姿勢を心がけましょう。

メニューに戻る

ぎっくり腰の前兆

結論:前兆は単純ではない。

立ち仕事で筋肉性のぎっくり腰を回避する方法

ぎっくり腰の寸前

ぎっくり腰の前兆

こむら返りはギックリ腰の前ぶれ

ぎっくり腰の前触れ・腰が布団から浮いている

坐骨神経痛の前兆でお尻が痛くなる。改善は?

なりやすい人

前触れの改善方法

何の前触れもなくなってしまう

靴下の履き易さとの関係

腰痛初期の経過観察

結論:5時間様子をみたら治療を受ける

いつまで様子を見るの?

経過観察の重要性について

筋攣縮による腰痛の治癒経過

急性期症状

結論:痛みが悪化するものは専門家に依頼する

力を抜いた瞬間に痛くなるぎっくり腰

腰をバットで殴られたような痛み

ぎっくり腰で気が遠くなる

ぎっくり腰が酷くなったなら安静を見直せ

急性期経過

結論:寝て過ごせば2週間続く、ぎっくり腰専門の受診で翌日には働けることも多い

ぎっくり腰の時間

靭帯損傷によるぎっくり腰の治癒経過

腰痛の自然治癒の日数の目安

治療のタイミング

問診

結論:話すことをメモにまとめる

問診項目「胸痛」につい

問診項目「時間や活動性に関係ない腰痛」

重篤な脊椎疾患判別の年齢について

ぎっくり腰治療のときの伝えるべきこと

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開