腰痛は気持ちが変われば治るか?

ポジティブな気持ちの男性

結論:腰痛の発生の背景には言葉に尽くせぬ日常の不満がある。

※スポンサーCM

これは、
率直な思いですけど、
気持ちが変われば

「治る」


とも言いたいです。

でも

「治らない」

とも言いたいです。

慢性腰痛をお持ちの
皆さんもきっとそうでは
ないでしょうか?

自分の体を機械の部品の
ように扱われて、
ロボット
「肉体さえ修理
すれば治る」

なんて言われたら、
意地でも

「治った」

とは言いたくない
ですよね。

そんな簡単に
理解されたく
ありませんよ。

かといって、

「腰痛は心の
病気」
心の弱い人
だと、精神病や、
心の問題だと
短絡的に思われたくも
ありません。

気持ちの問題もあるけど、
肉体の問題もある。

複雑な病気なのだと
理解されたいですよね。

腰痛は思い込みではない

誤解して欲しくないのは、
腰痛は腰の関節に
何らかの炎症や損傷を
負っているのは事実だと
いうこと。

患者さんが心が弱くて
腰痛になっていると
泣く人
勝手に思い込んでいる
ように思う人もいるかも
しれません。

甘ったれていると
思っている方も
いるかもしれません。

でも、現実に腰に
損傷は起こっています。

この損傷は多くの場合は
客観的には分かりません。

顕微鏡で観察したときに、
顕微鏡
ようやく分かるぐらいの
細胞世界の
化学反応です。

目に見えないけど、
実在するものです。

腰痛だけではない

ただし、腰痛は確かに
実在するのですが、
やはり腰痛だけが、
問題となるわけでは
ありません。

腰痛を訴える方は、
腰痛だけが不満
なのではありません。

色んな不満を抱えて
います。

患者さんが痛みを
訴えるときには、
不満が爆発している
のだと思われます。

怒る男性

腰痛は多くの場合、
仕事や家庭など、
日常の不満が背景に
ある
とされます。

腰痛診療ガイドライン
でも以下のように
記しています。

※抜粋
職場における
心理社会的因子が
腰痛に影響を
与えることも、
数多くの論文で
指摘されている。

特に、
仕事に対する満足度、
仕事の単調さ、
職場の人間関係、
仕事量の多さ、
精神的ストレス、

および仕事に対する
能力の自己評価の
各項目は、

将来の腰痛発症と
強い関連性がある
ことが指摘されている。

(EV level 1)

「腰痛診療
ガイドライン2012」 
参考ページP16、

監修:日本整形外科学会、
日本腰痛学会

※スポンサーCM

つまり、日常に不満を
抱える方は総じて、
腰痛になりやすい
わけです。

気持ちが腰痛に間接的に
関係しているのだと言えます。

不満の向く先が
腰痛

腰痛を訴える方では、
単に腰が痛いだけでなく、
普段から仕事や家庭に
対して様々な不満を持って
います。

言葉に尽くせぬ不満を
抱えています。

不満を本当は
爆発させたい。

心に思うことを
存分に吐き出すことが
できればずいぶんと
スッキリするのでしょう。

でも、そんなこと
許されるはずが
ありません。

少しでも不満を口にすれば
職場でどんな目に合うか
分かりません。
職場での冷遇

家族を路頭に迷わせる
わけには行きません。
家族が貧困にあえぐ

不満すら口に
できません。

そんなときに、
つい口をついて

出てしまうのが

「あぁ~腰が痛い!」

そういった弱音なのだと
思います。

腰痛でない方がご想像の
通りで、本当は大した
痛みではないこともある

でしょう。

でも、色んな不満を
抱えていて、

抱えきれない
ぐらい不満が
募っています。
不満を抱く男性
思いの丈をぶつけたら、

きっと暴言を
口にしてしまう。


失礼な対応を
しかねない。

人間関係を破壊
することもありうる。

だから、喉元まで
言葉が出かかって
いるのだけど、

グッとこらえてしまう。

でも、この苦しさ、
辛さを何とか理解
してもらいたい。

だから、無意識に
腰痛を口にされる。

暴言を吐いたら、
取り返しのつかない
人間関係の溝を
作ってしまいます。

夫婦であれば
離婚にもつながります。
夫婦喧嘩

一旦感情的になったら、
取り返しのつかない
ことを口にするかも
しれない

そうはなりたくない。

奥さんと上手くやって
いきたい。

妻のことが好きだ。
夫婦
子供たちとずっと
一緒に暮らしていきたい。

だから
感情を押し殺して
毎日を過ごされます

でも、弱音の一つは
言いたい。

そういったときに、
矛先を向けやすいのが
腰痛
なんですね。

※スポンサーCM

腰が痛いのは、
奥さんへの不満でも
ありません。

職場への不満でも
ありません。

腰への不満です

患者さんの多くは、
本当は奥さんや
職場への不満が
あるのだと思います。

言葉に尽くせぬ
不満があるのでしょう。

でも奥さんに不満を
ぶつければ離婚

離婚

職場に不満を
ぶつければ冷遇

リストラ
待っています。


ところが、

「あぁ~腰が痛い!」

こういった不満
でしたら人間関係を
破壊せずに
済みますよね。

僕は独身なので、
背負うものが
ありません。


多分、一生腰痛には
ならないでしょう。

でも、
背負うものがあれば、
違ってきます。

理想の家族
どんなに不満があっても、
不満を吐き出せません

不満を口にすれば

大切なものを
失ってしまいます。

どんなに不満を抱えて
いても周囲の人と
上手く協調しないと
いけません。

僕は独身だから、
身軽ですよ。

他人に遠慮なんて
いらない。

不満に思えば、
嫌いな人とは
付き合いません。
もやもやする男性

男一匹が生きていくの
なんて楽なものです。

その日のご飯さえ
食べて行ければ
いいのですから。

衣食住の最低限の
お金が稼げればいいの
ですから楽ですよ。

でも、
そんな生活は
飽きてしまう。

守る人がいない
毎日なんて
つまらない。

自分の遺伝子を
つなぐ子供、
赤ちゃん

子供を産んで
一緒に育ててくれる妻、
家事をする奥さん
自分の役割を
感じて生きていける。

くだらないこと
かもしれない。

でも、自分の両手に
家族の生活が掛かっていると
思ってください。
夫婦と子供
どんなに
不満があっても
口にできませんよ。

僕は腰痛持ちでは
ありません。

でも、
いつだって結婚に
あこがれている。

希望は
捨てられない。

奥さんが欲しい。

子供だって欲しい。

パパになりたい。

きっと願いが、
かなうなら、

仕事に毎日明け暮れて、

家族の生活のために、
一生を費やして行くの
でしょうね。

どんなに不満があっても
口にせず、

過ごすのでしょうね。

一生懸命
パパとしての役割を
演じていくのでしょう。

そして、

きっと僕も例外なく、
腰痛持ちになるの
でしょう。

色んな不満を
抱え込んで、

両手では抱えきれない
責任を負って、

どこにも、
ぶつけることのできない
不満を心に貯め込んで
行く。

そして、やり場のない
不満をどうしても吐き出したく
なると、

決まって、

「あぁ~腰が痛い!」

「パパは腰が
痛いんだよ。」

「あぁ~つらい!」

そして、
何度も腰をこぶしで
トントンと叩くのです。

家族が見ている手前では
無性に腰をトントンしたく
なります。

腰痛は気持ちだけの
問題ではありません。

明らかに腰に痛みが
あるのでしょう。

でも、
それ以前に、

やり場のない不満を
抱え込んでいる。

抱え込んだ不満が
あるほど、

腰痛の痛みを
訴えやすくなるのです。

不満の矛先を
腰に向けたく
なるのです。

気持ちだけでは
腰痛は
治りません。

腰痛は現実に
腰を蝕んでいます。

進行性の
痛みです。

腰痛は加齢による
足腰の衰えにより
年々悪化します。

でも、
仮に日常に不満が
なければ、

純粋な腰の痛み
だけならずいぶん軽症

なのだと思いますよ。

腰痛と考え方

腰痛は気持ちが変われば治るか?

腰痛持ちにボクシングは?

腰痛持ちは治らないのか?

腰から離れた場所が原因となる腰痛の考え方

虫歯治療と腹痛治療からの間違った対策

坐骨神経痛がしつこい理由は治療のモチベーション

痛みを治したければ腰の症状に囚われてはダメ

腰痛の対応で最大に心がけるべきこと

ぎっくり腰は発生は減らせるがなくならない

腰痛習慣は分かっていても変えられない

腰痛患者にとってのもっとも優しいアドバイス

腰痛の根本治療に絶対必要な考え方

腰痛とモチベーション

腰を大切にするとは?

腰痛対策の心がけについて

慢性腰痛患者の心理特徴、情報化社会への不安と信頼

防止するための考え方、未病について

考え方・捉え方

ぎっくり腰の原因となる因果関係

F1レーサーのぎっくり腰の症例

精神状態と腰痛の関係

精神的な緊張はぎっくり腰の発生を増やす

ぎっくり腰を毎回繰り返している人が気をつけること

無知から起こる「腰痛は体質」のせいだという考え

腰痛とストレス

ストレス腰痛の痛みの強さ

腰痛とストレス反応

ストレス腰痛を減らす処世術

ストレス反応説

子育てストレスによる腰痛

ストレス腰痛の代表的な随伴症状

ストレスを受けると痛みは強くなる

ストレス反応と腰痛

被暗示状態とストレス腰痛

正直者は腰痛になる

ストレスが不注意を招いてぎっくり腰を起こす

腰痛対策でのストレスとの向き合い方

精神的ストレスによる腰痛の根本的改善法

ストレスによる腰痛を防止する方法:家庭内での会話

ストレスがぎっくり腰を招く仕組み

仕事でストレスを抱えるとぎっくり腰になりやすい

ストレス性反応と腰痛

ストレス性ぎっくり腰を防ぐには体型を考慮する

ぎっくり腰の痛みとストレスの関係について

ストレス腰痛は競争に蝕まれて起こる

心因性腰痛の特徴

腰を曲げて痛ければヘルニア、反らして痛ければ狭窄症は嘘

心因性腰痛の種類

心理腰痛の発生タイミング

ぎっくり腰とがっくり腰の違い

心因性腰痛は力みによって起こる

心因性腰痛の簡単な目安となる水平運動

普段は全く痛くないのは心理腰痛

本当は心因性腰痛なのでは?

腰痛患者の症状自慢について

心因性のものの特徴

心因性腰痛の性差は?

心理的なぎっくり腰の性差

根拠の無い不安

心因性のぎっくり腰の特徴

心理的な腰痛の判別

腰痛の心理的影響

心因性腰痛は甘えているのか?

腰痛患者は甘えていない。痛みは無視できない感覚

精神的緊張と腰の痛み

ぎっくり腰と心身

良いということはすべて試したが治らない

感受性によるもの

心の囚われと腰痛の関係

心理的な腰痛を招く思い込みについて

慢性痛患者にみられる「逃避―回避モデル」

ぎっくり腰と心理・社会的要因

いつまでも満たされない思いが腰痛を招く

腰痛心理学

慢性腰痛は自信を失っている

心身の不調との関係

精神的な要因が影響している頻度は3割

腰痛患者にみられる自己肯定

腰痛治療の考え方

治療の取り組みの姿勢について

働きすぎて疲れたときの考え方

どんな病気をも治す大事なこと

治療に望む考え方

考え方は?

従来の医療の考え方

ぎっくり腰は、他人事ではない

陥りがちな排他的活動

心理腰痛治療の心がまえ

生活習慣病改善の心構え|①基本3要素

ぎっくり腰患者に見られる無理な考え方

短絡的な対策を望む背景にあるもの

着目するべき考え方

体の悩みについて

思考回路・思考パターン

認知行動療法は腰痛にどうなの?

慢性腰痛患者の思考傾向

ぎっくり腰と思考パターン

危険回避思考

自動思考に着目しよう

心理的傾向

認知の歪み

認知の歪みによるもの

慢性腰痛の思考

慢性腰痛患者にみられる全か無かの思考

思想・主義・価値感

腰痛に絶対になる人の布団を使わない価値観

根本的な原因は価値感

姿勢の価値観

価値観の溝

完璧主義と腰痛

完全主義はストレス腰痛に苦しむ

腰痛治療におけるパターナリズムの弊害

仕事で忘れてはいけない価値観

ストレス

ストレスで筋肉がなくなるの?

BS-POP

フィーリンググッド効果

子供の最大のストレス

原因であるストレスの軽減について

パレイドリア

病院で精神的なストレスが原因と言われるケース

家庭のストレスを減らす方法

ストレスとの関係

ストレスロスに着目しよう

ストレスが背景となるもの

最大のストレスとは

精神的ストレスとの関係

ストレスの考え方

家族との生活によるストレスから由来する腰痛の改善方法

恐怖

どういった恐怖があるの?

ぎっくり腰は恐怖体験による回避行動が再発をまねく

ぎっくり腰の恐怖

想像力が腰痛を起こす

無知からの脱却について

腰痛患者の運動の恐怖について

転んだら骨折しそうで怖い

怒り対策

精神的にイライラしたときの改善法について。

疲れるとキレやすい理由

イライラする病気

すぐにカリカリして疲れない方法

仕事を抱え込んでカリカリすると腰痛になる

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに20個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性

子供

心理①

心理②

自然

最新情報 

腰痛で立ち仕事が我慢できない

重い荷物の体への影響

ローイングはなぜ前傾姿勢になるのか?

配達業で何度も車の乗り降りをして膝が痛い

筋肉のつけすぎは老後に腰が曲がるか?

足と脚、下肢の違い

肺疾患の人は湿度が高いと息苦しくなる

腰痛と考え方

腰痛は気持ちが変われば治るか?

腰痛持ちにボクシングは?

腰痛持ちは治らないのか?

腰から離れた場所が原因となる腰痛の考え方

虫歯治療と腹痛治療からの間違った対策

坐骨神経痛がしつこい理由は治療のモチベーション

痛みを治したければ腰の症状に囚われてはダメ

腰痛の対応で最大に心がけるべきこと

ぎっくり腰は発生は減らせるがなくならない

腰痛習慣は分かっていても変えられない

腰痛患者にとってのもっとも優しいアドバイス

腰痛の根本治療に絶対必要な考え方

腰痛とモチベーション

腰を大切にするとは?

腰痛対策の心がけについて

慢性腰痛患者の心理特徴、情報化社会への不安と信頼

防止するための考え方、未病について

考え方・捉え方

ぎっくり腰の原因となる因果関係

F1レーサーのぎっくり腰の症例

精神状態と腰痛の関係

精神的な緊張はぎっくり腰の発生を増やす

ぎっくり腰を毎回繰り返している人が気をつけること

無知から起こる「腰痛は体質」のせいだという考え

腰痛とストレス

ストレス腰痛の痛みの強さ

腰痛とストレス反応

ストレス腰痛を減らす処世術

ストレス反応説

子育てストレスによる腰痛

ストレス腰痛の代表的な随伴症状

ストレスを受けると痛みは強くなる

ストレス反応と腰痛

被暗示状態とストレス腰痛

正直者は腰痛になる

ストレスが不注意を招いてぎっくり腰を起こす

腰痛対策でのストレスとの向き合い方

精神的ストレスによる腰痛の根本的改善法

ストレスによる腰痛を防止する方法:家庭内での会話

ストレスがぎっくり腰を招く仕組み

仕事でストレスを抱えるとぎっくり腰になりやすい

ストレス性反応と腰痛

ストレス性ぎっくり腰を防ぐには体型を考慮する

ぎっくり腰の痛みとストレスの関係について

ストレス腰痛は競争に蝕まれて起こる

心因性腰痛の特徴

腰を曲げて痛ければヘルニア、反らして痛ければ狭窄症は嘘

心因性腰痛の種類

心理腰痛の発生タイミング

ぎっくり腰とがっくり腰の違い

心因性腰痛は力みによって起こる

心因性腰痛の簡単な目安となる水平運動

普段は全く痛くないのは心理腰痛

本当は心因性腰痛なのでは?

腰痛患者の症状自慢について

心因性のものの特徴

心因性腰痛の性差は?

心理的なぎっくり腰の性差

根拠の無い不安

心因性のぎっくり腰の特徴

心理的な腰痛の判別

腰痛の心理的影響

心因性腰痛は甘えているのか?

腰痛患者は甘えていない。痛みは無視できない感覚

精神的緊張と腰の痛み

ぎっくり腰と心身

良いということはすべて試したが治らない

感受性によるもの

心の囚われと腰痛の関係

心理的な腰痛を招く思い込みについて

慢性痛患者にみられる「逃避―回避モデル」

ぎっくり腰と心理・社会的要因

いつまでも満たされない思いが腰痛を招く

腰痛心理学

慢性腰痛は自信を失っている

心身の不調との関係

精神的な要因が影響している頻度は3割

腰痛患者にみられる自己肯定

腰痛治療の考え方

治療の取り組みの姿勢について

働きすぎて疲れたときの考え方

どんな病気をも治す大事なこと

治療に望む考え方

考え方は?

従来の医療の考え方

ぎっくり腰は、他人事ではない

陥りがちな排他的活動

心理腰痛治療の心がまえ

生活習慣病改善の心構え|①基本3要素

ぎっくり腰患者に見られる無理な考え方

短絡的な対策を望む背景にあるもの

着目するべき考え方

体の悩みについて

思考回路・思考パターン

認知行動療法は腰痛にどうなの?

慢性腰痛患者の思考傾向

ぎっくり腰と思考パターン

危険回避思考

自動思考に着目しよう

心理的傾向

認知の歪み

認知の歪みによるもの

慢性腰痛の思考

慢性腰痛患者にみられる全か無かの思考

思想・主義・価値感

腰痛に絶対になる人の布団を使わない価値観

根本的な原因は価値感

姿勢の価値観

価値観の溝

完璧主義と腰痛

完全主義はストレス腰痛に苦しむ

腰痛治療におけるパターナリズムの弊害

仕事で忘れてはいけない価値観

ストレス

ストレスで筋肉がなくなるの?

BS-POP

フィーリンググッド効果

子供の最大のストレス

原因であるストレスの軽減について

パレイドリア

病院で精神的なストレスが原因と言われるケース

家庭のストレスを減らす方法

ストレスとの関係

ストレスロスに着目しよう

ストレスが背景となるもの

最大のストレスとは

精神的ストレスとの関係

ストレスの考え方

家族との生活によるストレスから由来する腰痛の改善方法

恐怖

どういった恐怖があるの?

ぎっくり腰は恐怖体験による回避行動が再発をまねく

ぎっくり腰の恐怖

想像力が腰痛を起こす

無知からの脱却について

腰痛患者の運動の恐怖について

転んだら骨折しそうで怖い

怒り対策

精神的にイライラしたときの改善法について。

疲れるとキレやすい理由

イライラする病気

すぐにカリカリして疲れない方法

仕事を抱え込んでカリカリすると腰痛になる

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに20個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性

子供

心理①

心理②

自然