荘A[NX̉@

ぎっくり腰治療のタイミング

〔目次〕

  1. 概要:腰の危険を感じてから治療を受けるのは対応が遅い。
  2. 症例慢性腰痛のYさん、危険信号を感じ取って早めにご連絡をされる。
  3. 大事な考え方危険信号を感じ取ってから行動するよりも定期的にメンテナンスをすることが本来は大切
  4. 症状腰から背中にかけての辛さを訴える脊柱管狭窄症の手前の段階
  5. 異常所見腰椎の彎曲と上前腸骨棘の前方下垂

ぎっくり腰の治療のタイミングでは危険を感じ取ってから治療を受けられるのではタイミングが遅く、本来ならば定期的に腰をメンテナンスして腰部を良好の状態に保つことが求められる。

※スポンサーCM

症例:慢性腰痛のYさん、危険信号を感じ取って早めにご連絡をされる。

Yさんはぎっくり腰の中でも初期の症状のようです。
いつもは動けないぐらいに腰が辛くなってしまわれるということですが、
 そうなってしまうとお仕事にも支障を来たしてしまうため、
危険信号を感じ取ってすぐにぎっくり腰専門のアークスにご連絡してくれたのです。
こういった早めの対処は、症状を複雑化せず、未然に回避できますのでとてもよいことです。

メニューに戻る

大事な考え方:危険信号を感じ取ってから行動するよりも定期的にメンテナンスをすることが本来は大切

※スポンサーCM

でも本当に大事なのは、常に定期的なメンテナンスを行うことなのです。
これさえできれば、お体は常に快適な状態に保つことができます。
ではさっそくYさんの症状を確かめて行きます。
たとえ未然であったとしても、きちんとした徒手検査で体の状態を精密に確かめることは大切でしょう。

メニューに戻る

症状:腰から背中にかけての辛さを訴える脊柱管狭窄症の手前の段階

「腰から背中にかけて辛いんです。」
ということでしたので、拝見させていただきましたが、
どうやらぎっくり腰でなく、脊柱管の狭窄症の前段階であるのでしょう。
腰と背中の境目の当たり、後は仙腸関節付近、さらには腰椎の
 乳頭突起に刺激を送りこんで、その部位の関節包を伸展して可動性を高めて行きました。

メニューに戻る

異常所見:腰椎の彎曲と上前腸骨棘の前方下垂

また、彼の場合は、腰椎の後彎曲の増加と腹部の前方突出によって腸骨の上前腸骨棘がかなり前方に下垂していますので、それも改善せねばなりません。
これは重心を支える大腿四頭筋や腸腰筋、広背筋、ハムストリングスを調整することで
明らかに解消されました。
Yさんは術後にはこれまでのぎっくり腰による腰部の重さがスッキリと解消されましたので
とってもお喜びになられていらっしゃるのでした。
Yさん、ありがとうございました。
今回は1回で完治できましたが、次回も1回で治るとは限りません。
再発せぬようにお大事になさってください。

メニューに戻る

ぎっくり腰の前兆

結論:前兆は単純ではない。

ぎっくり腰の寸前

ぎっくり腰の前兆

こむら返りはギックリ腰の前ぶれ

ぎっくり腰の前触れ・腰が布団から浮いている

坐骨神経痛の前兆でお尻が痛くなる。改善は?

なりやすい人

前触れの改善方法

何の前触れもなくなってしまう

靴下の履き易さとの関係

腰痛初期の経過観察

結論:5時間様子をみたら治療を受ける

いつまで様子を見るの?

経過観察の重要性について

筋攣縮による腰痛の治癒経過

急性期症状

結論:痛みが悪化するものは専門家に依頼する

力を抜いた瞬間に痛くなるぎっくり腰

腰をバットで殴られたような痛み

ぎっくり腰で気が遠くなる

ぎっくり腰が酷くなったなら安静を見直せ

急性期経過

結論:寝て過ごせば2週間続く、ぎっくり腰専門の受診で翌日には働けることも多い

ぎっくり腰の時間

靭帯損傷によるぎっくり腰の治癒経過

腰痛の自然治癒の日数の目安

治療のタイミング

問診

結論:話すことをメモにまとめる

問診項目「胸痛」につい

問診項目「時間や活動性に関係ない腰痛」

重篤な脊椎疾患判別の年齢について

ぎっくり腰治療のときの伝えるべきこと

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

慢性期判断、検査

⑤-1医療機関の対処①

⑤-2

⑤-3手術関連

ケア

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

食事療法

総合案内
クリックで展開

ぎっくり腰専門