腰椎椎間板ヘルニアはどうしたら手術が受けられるか?

手術は①画像検査での明らかな根拠、②複数名の専門医の所見の一致、③他の療法での改善が得られぬとき、の3条件を満たして初めて受けることができます。最終的な判断は専門医に委ねられ、希望すれば受けられるわけではありません。手術とは取り返しが付かぬものですから手軽に試せる民間療法を利用してみましょう。

※スポンサーCM

Qどうしたら手術が受けられますか?

慢性腰痛の代表である腰椎椎間板ヘルニアなどに陥っておられるのではないかと思います。ぎっくり腰も初期のものを放置して無理に肉体労働などをされるとこのような症例に陥ってしまうことがありますから注意が必要ですね。

腰椎椎間板ヘルニアでは余りの生活困難により手術を受けたくなってしまう。

痛みに陥って身動きがとれず介護を受けている期間が余りにも長期に渡りますと次第に生活が困難になってしまいますので、『早くこの生活から解放されたい』と思われて手術を希望されることもあることです。おそらくはこのようないきさつから手術を希望されるのではないかと思います。

手術をするためには、条件がある。

※スポンサーCM

ところがいくら早く治りたいからといっても条件があるのです。痛いからすぐに手術をしてくれるというわけではなく、通常は、一定の条件を満たしてそこで初めて手術になります。

手術の条件①画像検査での明らかな所見

では、何がその条件なのかと申しますと、一つは画像検査です。まずは整形外科などでレントゲンを撮影し、背骨の様子を見ます。そこで異常の有無を判別し、様子を見るわけです。このときにはかなりアバウトにしか見ることができませんので、場合によってはCTというものやMRIという装置によってより精密に調べて原因を突き止めます。こういった画像であきらかな異常があればそれを根拠に手術によって取り除いたり、プレートなどで補強したりするわけです。

②2名以上の専門科医の所見が一致すること

これはルールとして義務付けられているものではありませんが、できるだけこのようにした方が良いというガイドラインとして決められているものです。専門科医2名以上の手術適応の判断が一致することが必要になります。要するには一人の判断では判断が誤っている可能性もありますし、他に方法があるかもしれませんので2名以上で所見が一致することが必要になるのです。

③他の療法の実施

例えば運動療法、温熱療法、物理療法、牽引療法、投薬療法、保存療法など手術以外にも有効な方法があれば実際に試してみます。そこでの治療効果があれば、手術をせずにそのままその治療を平行して実施して行きます。

④危険状態

また、例えば緊急を要するような場合にはそういった①~③の行程を無視して手術に踏み切る場合もあります。例えば神経が障害されておしっこや便が出なくなったり、足の神経が麻痺していたり、余りの痛みによりショックを引き起こしたりなどやむをえない場合は医師の判断によって手術を実施することもあるはずです。

最終的な判断は専門医に委ねられる。望んだから受けられるものであらず。

最終的な判断は皆様の希望ももちろんですが、専門医に委ねられます。いくら『早く手術を受けさせてくれ!』と皆様が望んだとしても専門医に委ねられておりますので、専門医が『まだその判断は早い』と決断をくだせば受けられません。

※スポンサーCM

余りの痛みに冷静な判断ができなくなっていることがほとんど

こういった手術を受けたいという心理とは余りの痛みの恐怖により将来を不安に思ってしまったり、仕事をお休みしたりと恐怖をいだかれることで思ってしまうことです。ところがそのような思いを抱かれながらも日々症状が少しずつ軽減していることもあるため、何もせずとも改善してしまうことがあるのです。

手術とは取り返しの付かぬもの

このような早まった判断をして手術に踏み切ってしまうことは危険です。なぜなら手術とは人の体にメスなどを入れて切開したりするわけですから、それそのものが体に負担を掛けて人体を破壊していることにもなります。したがって一旦行えば取り返しが付かぬものであるのです。

すぐに病院だと判断せず、手軽に試せる民間療法を行いましょう。

まずは民間療法など手軽に試せるものから実施してみてはいかがでしょうか?まるっきり痛くて動けぬ方でも手術を受けずに民間療法の整体で歩くことができるようになってしまうことは沢山あります。こういったものは手軽に試せますので、手術の前に一度受けられることをおすすめしますよ。

手術その他

  1. 重篤なケースの手術判断慢性腰痛患者様の手術の判断について。複数名の医師によるセカンドオピニオンについて。
  2. Q狭まった背骨の隙間は手術しかないのか?ヘルニアを起こすと背骨の隙間が狭まると言いますが、背骨の隙間は加齢現象によって生じるもの。歳相応の狭まりが合った方がむしろ機能性が優れており、腰痛の発生は統計的には少ないぐらいです。狭まりと腰痛は無関係で、むしろ別の要因を疑う必要があります。
  3. どうしたら手術が受けられるか?手術は①画像検査での明らかな根拠、②複数名の専門医の所見の一致、③他の療法での改善が得られぬとき、の3条件を満たして初めて受けることができます。最終的な判断は専門医に委ねられ、希望すれば受けられるわけではありません。手術というものは取り返しが付かぬものですから手軽に試せる民間療法を利用してみましょう。
  4. 手術後のお酒はいつから?椎間板ヘルニアの手術後の飲酒は半年後からが良い。詳しくは担当医まで。しかし、ヘルニアを再発させたくないのならばお酒をやめることがもっとも対策となる。
  5. 腰痛の手術の3条件①画像と診察の一致、②手術以外の治療効果がない、③患者の理解
  6. 手術を受けられない絶対条件感染症や受ける体力が無い人、受けることでデメリットの方が大きくなる人
  7. 患者都合で手術が仕方ないケース本当ならば安静にすることで良くなるけれども手術を受けることもしょうがないだろうというケース
  8. 手術をおすすめする人人には価値観の違いがある。主体的な努力を放棄するなら最初から早めに白旗を揚げて手術を受けた方が傷口を広げずに済むこともある。
  9. 慢性腰痛は手術をしないと治りませんか?もう鬱陶しい腰の痛みをサッサと治してもらいたいという考えの方のページ
  10. 病院で手術を勧められたけど嫌です。どうしたら良いでしょうか?画像所見で明らかな異常を認めるものでも緊急性がなければ手術を急ぐ必要なない。
ぎっくり腰の医療機関での対処について

ぎっくり腰の医療機関での対処

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

救急車

病院

医者

レントゲン・MRI・画像検査

牽引療法

ヘルニア手術

坐骨神経痛手術

手術:失敗

手術:その他

湿布・貼り薬・外用薬

痛み止め・消炎鎮痛薬

鎮痛以外の飲み薬

注射

トリガーポイント

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

ほとんど治りかけた腰、仕事でまた痛くなった

腰痛持ちに軽作業は?

腰の負担が少ない仕事って何?

ヘルニアで働けない。生活保護は?

膝裏を伸ばす方法は?

ぎっくり腰の看病は?

モーラステープで腰の痛みが悪化する原因

ぎっくり腰のあと、抱っこはいつからいいの?

腰痛持ちは立ち仕事は止めるべきか?

足のすね鈍器で殴られたような痛み

まっすぐ寝ると足がしびれた感じがする

手術その他

重篤なケースの手術判断

Q狭まった背骨の隙間は手術しかないのか?

どうしたら手術が受けられるか?

手術後のお酒はいつから?

腰痛の手術の3条件

手術を受けられない絶対条件

患者都合で手術が仕方ないケース

手術をおすすめする人

慢性腰痛は手術をしないと治りませんか?

病院で手術を勧められたけど嫌です。どうしたら良いでしょうか?

医療機関での腰痛対策関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

救急車

病院

医者

レントゲン・MRI・画像検査

牽引療法

ヘルニア手術

坐骨神経痛手術

手術:失敗

手術:その他

湿布・貼り薬・外用薬

痛み止め・消炎鎮痛薬

鎮痛以外の飲み薬

注射

トリガーポイント

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)