中期的な経過判断

結論:発症から3週間で慢性化している

  1. 時間経過と腰痛関節弾力による腰痛は時間が経過しても治らない。
  2. 一ヶ月腰痛が治らない原因すでに慢性化が起こっている。
  3. ぎっくり腰何日かかる?軽い筋肉の炎症なら3日、関節の硬直なら整体で1回で治る。1ヶ月以上痛いものは精密検査を受けよう
  4. ぎっくり腰の仕事復帰一般的には痛みが収まったら復帰されますが、腰をどの程度酷使するのか?そして仕事の考え方にもよります。
  5. 数週間続く腰痛は自然治癒しない慢性化している可能性があるため治療を受けないと治らないこともある。
  6. 3週間続くぎっくり腰は慢性化している自然治癒が期待できるぎっくり腰は発生後1~2週間まで
  7. スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安スポーツでは人が持っている力の100%の発揮を目指す故に一旦ぎっくり腰を発症したらベストパフォーマンスには3ヶ月ほど要することもある。
  8. ゴルフの再開は?ぎっくり腰からのゴルフの再開は、多くの症例に共通する腰椎の椎間板ヘルニアの突出したヘルニアの誘導操作によって多くの場合痛みが治まるが、結果の良し悪しに関わらず低下した腰部の運動性をリハビリによって克服せねば安全性の補償はできません。
  9. 1ヶ月以上続く腰痛の原因1ヶ月以上腰痛が続くと骨折や悪い病気をイメージしますが、自然治癒メカニズム(血流が悪い)だけのこともあります。寝ていないでキチンと治療を受けましょう。
  10. 安静に寝ている人がぎっくり腰を繰り返す理由痛いときには注意するが治まると同じ動作を繰り返すから。
  11. 腰痛発生時のもっとも気をつけるべき時期最も痛みが強い時期ではなく意外なことに痛みが治まった直後