初診の際の注意事項|ご理解いただきたいこと

多くの先生が親切丁寧な 対応を心がけております ご安心してご利用ください。

先生方は親切丁寧な対応を心がけておりますのでご安心なさってください。

手技療法がメインとなります。

自分の症状はどこに行けばよいのか、大変お悩みになられることではないでしょうか?救急車を呼ぶほどの意識不明や急を要するわけではありませんが、かといってこのままでは仕事や家事、プライベートを満足に過ごすこともできず、だけども自分の足で病院まで出かけることすらままなりません。

こんなときに、出張で治療に来てくれるところはないだろうか?ということでお探しになられてこのホームページにたどりついたことでしょう。したがいまして、今の時点では整体と病院の大きな違いはよく分かっていないことだと思います。

整体では聞き取り調査、施術者の経験や臨床例、徒手検査などの理学検査で原因を導き出して行きます。その精度は高いです。 ※ 1


最大限の努力をお約束します

症状の重い軽いといった状況によってどんなに手を尽くしても改善できないことは絶対にありうるのですがいかなる場合でも最大限の努力をお約束致します。 ※ 2


禁忌対象をあらかじめご覧くださいませ。

禁忌対象を\提示しておりますので事前にご覧くださいませ。 ※ 3


必ず事前に症状をご相談くださいませ。

事前にご自分の気になる症状についてご相談くださいませ。整体のお客様の中には、リラクゼーションとして手技を楽しまれることを目的にご利用される方もいらっしゃれば、持病の緩和を目的としてご利用なされる方もいらっしゃいます。 ※ 4


持病をお持ちの方は必ずお申し付けください。

病気をお持ちの場合は、スタッフにお申し付けくださいませ。また、過去の手術歴や病気を患った経験などがございましたら申し出てください。 ※ 5


ご予約時間に遅れぬようにご注意ください。

初回来店の際は、遠路よりはるばるご来店いただき、不慣れな道を確かめながらお越しいただきますのでさぞかし大変なことと思われます。ご予約のお時間には遅れませんよう宜しく御願い申し上げます。 ※ 6

当日の予約キャンセルはご遠慮くださいませ。深夜のご予約のキャンセルは3日前までに御願いいたします。 ※ 7


営業妨害はご遠慮くださいませ。

営業妨害などはご遠慮くださいませ。 ※ 8


同業者様は次のページをご覧ください。

同業者の方はこちらをご覧ください。


当院の術式は自然治癒力を引き出す方法です。

当院でもちいる術式は国家資格者による自然治癒力を引き出す療法です。 ※ 9


ご不明な点や気になることがありましたらご予約のご連絡の時点でお申し付けくださいませ。

ご不明な点や施術や検査の所見など詳しく聞きたいという方はご予約の時点でお申し付けくださいませ。 ※ 10


施術のご要望やご希望がある場合はご予約のご連絡の時点で事前にお申し付けください。

もしも、皆様がご希望される術式や施術内容、実施後の施術効果などにご要望がある場合は施術のご予約の時点でお申し付けになってください。ご希望に添えるかどうかその時点でお答えいたします。 ※ 11


深夜・早朝も施術を受け付けております。

深夜早朝まで働かれている方でもご利用できますからとても便利です。(夜間はできるだけ施術を受ける前提の方だけお問い合わせください。)※12


整体コラム・・皆様の快適な暮らしのためにいつだって頑張ります。

「先生、もう腰が疲れてしまって大変だったんですよ~」
「そうですかそれは大変でしたね。」
「昔は米袋を毎日何百回も持ち上げていたんだけどね、やっぱりもう歳なのかな~?」
「A様、やっぱり昔から無理をされすぎておられたんだと思いますよ。」
「そうかい、それよりも先生米袋をもっと楽に持ち上げる方法はないものかな~?」
「そうですね。持ち上げるときのコツをご紹介しますよ。」
「なんだいそれは?」
「重たい物を持ち上げるときにはコツがありまして、①背筋を伸ばす。②胸を張る。③顎を引く。④お腹を固める、そして⑤お尻を締めるようにして持ち上げるんです。このときには、腰を二つ折りにすると腰を痛めてしまいますので腰を真っ直ぐのまま軽く前傾し、下半身の力でもちあげると良いんですよ。」
「なるほど。早速ためしてみるよ。ところで最近だと腰が曲がって来たみたいなんだよ。こういったものの場合はどうしたら良いのかな?」
「そうですね。その場合は①背筋を伸ばす。②胸を張る。③顎を引く。④お腹を固める、そして⑤お尻を締めるようにして・・・・」
「先生・・・それはさっきと同じことをおっしゃっているのではありませんか?」
「おや!分かりましたね。きれいな姿勢で立つは、物を持ち上げるときもそうですし、座っているときもそうですし、基本的にはどんな動作にも今お伝えした『①背筋を伸ばす。②胸を張る。③顎を引く。④お腹を固める、そして⑤お尻を締める』ということは当てはまるのですよ。」

「なるほど簡単なんですね。」
「そうです。少なくとも皆様にご理解いただけるようにできるだけ要点をかいつまんでお伝えするように心がけているのです。」
「それは助かる。!あんまり細かいことばかり伝えられたのでは頭がパンクしちゃうからね。シンプルが一番いいね。」
ということで今回の患者様の整体を終えたわけです。アークス整体院は皆様の快適な暮らしをお守りするために今後も頑張りますので是非とも宜しく御願い申し上げます。

  ※  1→レントゲンやMRIなどの画像診断はありません。体のなかをレントゲンなどで透過して覗いているわけではありませんので万が一の病状などについて予めご承知ください。あくまでも臨床所見に基づいて推測を立てているのです。したがって、悪性腫瘍による痛みだったり、先天的な病気などやウィルス感染症など、見落とす可能性があることはご承知ください。従いまして、施術を受けて症状が改善するしないに関わらず、術後もご自分の体調のケアには充分に注意していただき、不安なことがあればすぐに専門医へとご相談くださいますよう宜しくお願いもうしあげます。施術時のアドバイスは飽くまでも推測の範疇です。したがって、科学的に証明しうる客観的なデータや臨床画像などをご提示することはできませんことをご了承くださいませ。

  ※  2→人間の体は決して自動車や機械の要に部品の交換が効きません。一旦障害を起した部位は、自然治癒力を高めたり、それを妨げるものを解消することで少しずつ快方に向うものであり、必ずしも1回で改善するものではありません。

  ※  3→当方は皆様方にご予約を組んでいただくことで生計を立てております。したがいまして、週末のかきいれ時期に対処不能なケースなどでスケジュール損失を出してしまいますと、生計が成り立たなくなってしまいます。事前に店舗に施術可能かどうかをお問い合わせになってくださいますようよろしくお願い申し上げます。万が一禁忌適応によるスケジュール損失が発生した場合は大変申し訳ございませんが、せっかく来店されても施術を行うことはできません。対処不能な場合でも施術代金が発生いたしますのでご注意くださいませ。日本語が分からぬ場合でも同様に対処させていただきますので、通訳の方などに当サイトの内容を解説していただき意味をご理解されてからご利用をご判断くださいませ。

  ※  4→したがいまして、全ての患者様にご利用の目的を事前にお伺いしてはおりません。かならず、改善を希望するご自身の症状や希望の術式など自己申告でご相談なさってください。事前のお申し出が無い場合は、禁忌対象や当方でお受けできないほどの重度なものであったとしても代金が発生いたしますことを予めご承知くださいませ。また、当院では最大限の努力はお約束いたしますが、一定の施術効果のお約束は致しておりません。施術結果に関わらず代金が発生しますのでご注意くださいませ。

  ※  5→万一お申し付けいただけなかった場合は、施術中にいかなる事故がおきても当方ではその責任を負いかねます。

  ※  6→しかし、ご予約時間に遅れてしまいますと、次のお客様のご予定が迫っていることもございます。体が痛くて来院に支障があることを想定してご予約をお取りいただきますようよろしくお願い申し上げます。遅れられた場合は、施術時間が短くなったり、新たにご予定をご延長いただくことで追加料金を頂戴することがございますので、到着時間には余裕を持っていただきますか、もしくは予定通りの到着に不安がある方は出張整体をご利用なさってくださいませ。

  ※  7→キャンセル料金を申し受けます。深夜のご予約はキャンセルは3日前までとさせていただきます。代金は、最初にお電話でご予約のご連絡を入れた時点で売買契約として成立しているものです。売買契約の解除は施術の前日までのキャンセル(深夜早朝の場合は3日前までのキャンセル)のご連絡によって初めて解消とされます。患者様が店舗に来店してお体の状態を診て施術可能かどうかを判定してから契約が成立するわけではありません。その点は充分にご注意くださいませ。予約を入れるということは当方にとってはプライバシーの時間を施術のために空けておくことになります。施術代金は施術者を拘束する対価として施術結果に関わらずお支払いいただきます。また、お体の状態を診るだけであっても1回分の施術代金が発生しますのでお気をつけになってくださいませ。など、ご予約をされずに来店される場合はスタッフが不在であったとしても交通費負担などには応じかねます。)

  ※  8→営業妨害を目的とした悪質な出張のご依頼にはしかるべき対処をさせていただきます。当方は他のお客様のご利用をお断りして、皆様からのご予約をお受けしております。残念ながらかつて、営業妨害を目的として週末に当方を遠方にお呼びになられる方がおられ、そのときは多額の機会損失を計上してしまいました。遠方から、出張を依頼されたにも関わらず、現地に到着したらそこに居なかったときやその住所が架空のものであった場合は念の為折り返しの連絡をし、事実確認はしますが、同業者による冷かしでウソをついて呼ばれたりなど、悪質と判断できる場合は、着信履歴に表示されている、電話番号を警察で照会し、被害届を提出します。また損害賠償と慰謝料相当額として、金3万円の賠償を申し立てます。

  ※  9→整体では、病院のようなレントゲン画像などの確定診断に基づいた治療を行うわけではありません。民間療法であり、一定の施術効果や症状の改善をお約束しているわけではありません。結果に関わらず術後の代金の返金はできませんのでご注意ください。

  ※  10→《説明方法》当院は施術の際の事前の説明に関しましてはお客様のお好みに応じて4つのコースをお選びいただいております。施術や検査、実施する内容についてどの程度までの説明をお求めになられるかをご要望をお申し付けください。施術や検査の際の説明とは人によって大幅に価値感が異なるものです。当院のぎっくり腰施術では説明方法について4つバリエーションをご用意いたしております。(特にご要望がなければ自動的にDコースを取らせていただきます。)また、コースの選択はご予約のご連絡の時点までにお申し込みになってください。また、後々のくい違いを防止するために必ず『説明は○コースを御願いします。』とお申し付けになってくださいませ。この宣言を持って申告があったものとして対応させていただきます。

説明を最大限重視するコース(Aコース)どれだけ時間が掛かっても良いから分かりやすく丁寧に説明してもらいたいという、納得することを重視する方向けのコースです。骨格模型や、解剖学図鑑、身振り手振りなどの動作を参照にしていただいたり、別で必要な資料など施術における全ての検査や術式の目的・効果などを患者様が納得するまで一挙手・一頭足、当院が主動で、分かりやすく説明いたします。説明時間は施術時間に含まれますので、かなり長めに施術スケジュールを組んでいただきます。(ただし、説明が長くなるほど施術効果が高まるわけではありません。あくまでも患者様が納得するということを目指しております。)、受傷機転など個別の状況などから説明する内容について充分に検討させていただきますので、最低でも7日前までにご予約をお申し込みください。


お客様が説明時間を指定するコース(Bコース)お客様が説明の時間を指定します。例えば1時間ぐらいで必要な項目について説明してもらいたい。とか、中学生の息子にも分かるように教えてもらいたいなど、10分ぐらいで分かりやすく説明してもらいたい。とか、どういう背景で受傷したのか?どの筋肉がどのように作用してぎっくり腰をもたらしてしまったのか?関節の骨の位置がどのように変化してしまったのか?などご指定いただいた説明時間の中で説明を実施します。ただし、当然の事ながら患者様がご指定していただいたお時間で充分なご説明ができるというお約束ができるわけではございませんので、どういったことが知りたいのか?など事前にご指定いただく必要があります。(例:「アフターケアについて念入りに教えてもらいたい。」、「受傷機転について詳しく教えてもらいたい」など知りたい内容を指定していただければ、「それでしたら15分ぐらいお時間いただければ大丈夫ですよ。」と充分な予定時間をお答えいたします。説明時間は施術時間に含まれます。この場合はその指定した時間を超えても説明に関しては延長料は申し受けません。説明が予定よりも早く終了した場合は実際に説明に要した時間だけが料金の対象となります。(ただし、最低でも前日までにご予約をお申し込みくださいませ。当日では充分な説明ができぬこともございます。(注意:説明にどれだけ時間を掛けても施術効果には一切関係はありません。)


必要最低限の内容だけを説明するコース(Cコース)→別料金を払ってまで細かい説明など受けたくない。かといって何をされているのか分からないのは心配。そのような方向けです。この場合は必要最低限の内容について説明を実施します。(例:「これから打診器で膝を叩いて反射が正常かどうかを確かめます。」、「これから足を持ち上げて腰部の痛みを誘発し、どの部分が悪いのかを確かめて行きます」、「あなたは今の検査で陽性の反応が出ましたので腰椎椎間板ヘルニアの疑いがあります。」、「腰周りの筋肉を調整します。」、「骨盤の骨のズレを修正します」など簡単に一言説明して行きます。僅かに施術時間を使わせていただきますが誤解を生じぬ範囲での説明に留めます。


説明を割愛するコース(Dコース)→過程よりも結果を重視される方向けのコース、当院ではホームページで用いる術式についてある程度のご説明を行っております。(当然の事ながら触れていないものもあります)、文字だけでは想像のできぬものもあります。そういったものにすでに目を通していただき充分ご納得いただいているものとして施術を組み立て行きます。しかし、患者様によってはそういった説明を受けることに対して面倒に思われるお気持ちになられてしまう方もおられることは事実です。したがいまして、こういった方のご要望にお答えするためにも遇えて説明を割愛し、検査や施術を当院主動で全てを一任していただくことにより、施術のクオリティーを高めることだけに最大限の集中力を持って望ませていただきます。患者様からのご要望がない場合は自動的にこちらをご希望のものとして対応させていただきます。(誤解を生じぬ範囲での説明はするように努力は致しますが、説明が至らぬことを理由に「足を突然持ち上げられた」、「腰に手を触れられた!」などのご指摘を申し上げてもそのようなご指摘には応じかねますのでご注意ください)当院では様々なページを作成して皆様に自由にご覧になっていただけるように配慮させていただいております。基本的にはこちらのコースを取っていただけることがもっともありがたいです。いくら丁寧に説明しても結果が伴わなければ何の意味もありません。「御託はいらんからしっかり治してくれ!」という患者様のためにも、全てをお任せいただける以上は、全身全霊・粉骨砕身の決意での施術をお約束いたします。

※11→施術前にご希望の状態をお申し付けになられない場合に関しましては施術中にご希望に添えなかったとしても代金の返金には応じかねます。また、リラクゼーションや慰安目的の施術は個人の主観によって満足度は大きく異なります。このようなことに関しての不服申し立てに関しましては術前1週間前までに当院に原稿用紙にて2000文字以上の要望書を提出していただき、詳細を明示することを条件としてその不服申し立てをお受けします。その他の異議申し立てはいかなる事情が生じてもお客様のご了承があるものとして申し立てはお受けいたしません。代金のご返金にも応じかねます。施術行為は他人である術者が身体に触れる行為です。施術によって不快感や違和感、痛みなどをお感じになられることは充分にありえることです。術後に「お体が痛くなった」、「違和感が残ったなどの」健康被害などの意義申し立てはお受けいたしません。必ず術前1週間前に2000文字の要望書を提出してください。全て利用される方がご納得されているものとさせていただきます。また、当院の行う行為は治療行為やリラックスを目的としたものではなく、体に触れる「身体操作」だけの行為です。ご希望される施術効果がえられなかったとしてもその責任は負いかねます。

※12→深夜早朝の定義とは夜22:00~朝9:59です。

ぎっくり腰の代表的質問

結論:ぎっくり腰は整体で治るものが多い

  1. ぎっくり腰とは?ぎっくり腰とは医学的には「急性腰痛症」と呼び、幅広い腰の急性腰痛の総称である。
  2. 症状急激に起こる腰部の激痛により歩行困難、起立困難となり臥位姿勢を余儀なくされ、生活が障害され、極度な精神的な不安を呈すること。
  3. 原因直接的な原因は過度な疲労と背骨の彎曲、そしてスリップディスク(椎間板のズレ)、関節的な背景には3大外傷要因のディスユーズ・ミスユーズ・オーバーユースがある。
  4. 放置すると(無理すると)?椎間板の圧迫症状を解消せぬまま歩き回れば椎間板の変形や、痛みによる逃避歩行など痛い部位をかばった偏った姿勢により余計に痛みが強くなり、永続した椎間板ヘルニアなどに進行するケースがある。
  5. 救急車は?命に関わる方が利用するものであり、その場で動かずに居れば大丈夫なときは利用すべきではありません。まずは様子を診ることが必要です。
  6. 応急処置は? 急性期の炎症症状と、慢性期の患部の血行障害の2つを同時に併せ持つ複雑な病態。湿布を貼付して体を保温し、安静に過ごすが正しい対応。
  7. いつまで様子を診るの? どれだけという決まりはないが症状の経過を見ることが必要。一般的には受傷早期の血管反射(交感神経反射)が過敏な半日(6時間~12時間)だけ様子を見て、痛みが鎮まらない場合は速やかに整体を受診するべき。
  8. 病院は?ぎっくり腰専門というものは民間療法の当院だけの特徴であり、総合病院や整形外科よりもぎっくり腰の臨床経験が豊富です
  9. 緊急性があるのは?①体位変換しても楽なポジションの無い痛み、②排尿排便不能、③我慢できぬほどの安静時痛で痛みが徐々に悪化する。、④発熱・嘔吐などの症状の随伴、⑤明らかな強大な外力によって負傷
  10. 後遺症にはなりませんか?後遺症は椎間板の変形による腰椎椎間板ヘルニア、自宅で寝ていて過ごしていることで生じやすい。受傷早期に見られるスリップディスクを速やかに解消しよう。
  11. クセには?初期に適切な処置を受けなかった場合や、長期間の安静だけの治療では再発する可能性があります。
  12. 死ぬことは?ぎっくり腰ならば直接の死因となることはありません。
  13. 急性期の過ごし方は?初期処置をきちんと受けねばどれほど気をつけても悪化の可能性があります。安静第一、無理は禁物、中腰動作に充分に気をつけ、動くときには油断しないようにゆっくり慎重に動きましょう。
  14. どんな施術?原因となる急激な力によって生じた過重な反射抑制による自然治癒の妨げに対して、①経絡療法による反射抑制の解除、②筋膜リリース操作、③マニュピレーション、④アジャストメント・モビライゼーション、⑤化学物質のドレナージなど原因に対応した方法を行います。
  15. 病院との違い病院では器質的な側面を重視してレントゲンなどの画像診断をし、痛み止めを処方するが、ぎっくり腰は運動器疾患であるため、異常を見つけることもできず、さらにはこの一次痛にはお薬は効かず。整体では機能的な側面にアプローチするため治癒が見出される。
  16. 他院との違い他との違いの一番は熱意!国家資格、高い専門性、きめ細かなギックリ腰患者様へのサポート
  17. 自然治癒まで寝るのは?寝ていて収まるのは炎症反応と筋肉の疲労のみ。挟み込まれた椎間板や捻じれた関節を戻さなければ痛みは容易く再発する。
  18. 自然治癒の期間整体による初期処置の有無により早いものは即改善、受けぬ場合は10日ほどを要することも多い、治癒までに要する日数には性別・年齢・受傷機転など様々な条件によって大きく異なる。
  19. 温めるのと冷やすのは?温めも冷やしもせずに湿布を貼付して、体を毛布や衣類で充分に保温してください。
  20. どうやったら治るの?原因を取り除くことにあります。直接的な原因のスリップディスクの解消、そして間接的な複数の要因を適切に対処することが必要です。多くのものには過剰な伸張反射が影響しております。
  21. 予防トレーニングトレーニングの秘訣は「自分の体力レベルに見合った運動をすること」
  22. 湿布は?ぎっくり腰はアイシングも温熱も症状の悪化につながります。したがって湿布によるリラクゼーション効果を期待しましょう。気持ちよさでリラックスできます。温湿布・冷湿布など気持ちよい方を選ぼう。
  23. 難しいのは?体位変換しても楽なポジションの無い痛み、②排尿排便不能、③我慢できぬほどの安静時痛で痛みが徐々に悪化する。、④発熱・嘔吐などの症状の随伴、⑤明らかな強大な外力によって負傷
  24. 整体で治るの?多くの方がご利用いただいた直後に多くのお喜びのお言葉を残されます。それまでまったく身動きが取れぬ方が自由に起き上がれるようになることもたくさんあります。
  25. 何回ぐらいで治るの?これまでの多くの方が1回で改善を実感されております。わずかな回数で済んでしまうことがほとんどです。
  26. どこが痛くなるの?第四腰椎と第五腰椎の間、そして腰仙関節、この2箇所だけで90%の発生率。その他にも仙腸関節、傍脊柱起立筋群、長期化した例では逃避運動により痛みの箇所がお尻や太もも、ふくらはぎ、背中など広範囲に拡大する

急性期の腰痛対処

結論:ぎっくり腰中は安静にする。動くと悪化する。

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

ぎっくり腰の前兆

初期の経過観察

緊急判断

急性期症状

急性期経過

対処

問診

応急処置

緩和処置急性期

患者の周囲の人の対応

ぎっくり腰の動き方

間違った対処

どうしても動きたいときには?

安静

トイレ・排泄(受傷早期・受傷原因)

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

サブサイト
類似性の高いテーマは
別サイトでご紹介
していきます。

整体師
徳増 豊行
のページ

最新情報

坐骨神経痛は運動してもいいの?

民間医療が痛みを止める仕組み

坐骨神経痛のセルフチェックは?

坐骨神経痛の寝方、痛い方は?

坐骨神経痛の経過

坐骨神経痛にエレキバンは?

坐骨神経痛の休職は?

坐骨神経痛で足の甲が痛い

坐骨神経痛に牽引療法は?

坐骨神経痛とアルコール依存症は関係ある?

坐骨神経痛で座ると痛い

坐骨神経痛がウォーキングで悪化した

坐骨神経痛は整形外科?整骨院?

坐骨神経痛のツボの押し方

坐骨神経痛は首が原因

腰痛の電気治療の効果は?

立ち仕事の坐骨神経痛は?

坐骨神経痛、おすすめの病院は?

坐骨神経痛のむくみ症状

坐骨神経痛の妊婦の症状は?

ぎっくり腰の代表的な質問

結論:ぎっくり腰は整体で治るものが多い

ぎっくり腰とは?

症状

原因

放置すると(無理すると)?

救急車は?

応急処置は?

いつまで様子を診るの?

病院は?

緊急性があるのは?

後遺症にはなりませんか?

クセには?

死ぬことは?

急性期の過ごし方は?

どんな施術?

病院との違い

他院との違い

自然治癒まで寝るのは?

自然治癒の期間

温めるのと冷やすのは?

どうやったら治るの?

予防トレーニング

湿布は?

難しいのは?

整体で治るの?

何回ぐらいで治るの?

どこが痛くなるの?

急性期の腰痛対処

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

ぎっくり腰の前兆

初期の経過観察

緊急判断

急性期症状

急性期経過

対処

問診

応急処置

緩和処置急性期

患者の周囲の人の対応

ぎっくり腰の動き方

間違った対処

どうしても動きたいときには?

安静

トイレ・排泄(受傷早期・受傷原因)

対応・対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

アークス整体院サブサイト
類似性の高いテーマは
別サイトでご紹介
していきます。

ぎっくり腰

◆住所:

東京都豊島区
南長崎
3-15-12
402