ぎっくり腰専門ユークル整体院

このホームページの注意事項

結論:掲載されている情報はあくまでも一個人の見解です。

※スポンサーCM

このホームページは
ホームページドメインが
https://arcussonota.com
です。

このホームページ
では医学に関する
内容について
ご紹介しております。

ご紹介した内容を
ご覧にあたって注意事項が
あります。

それは、ご紹介内容は
あくまでも一個人の考え、
一個人が考えることを
お話ししているにすぎない
ことです。

ご覧になられた読者の皆様は、
掲載されている情報を
実践するにあたり、
情報内容を決して
鵜呑みにはなされないで
ください。

あくまでも情報は
参考程度にとどめて
ください。


例えば体に痛みがあるとき、
何らかの悩みがあるときに、
ご紹介している内容を
鵜呑みにして、
過ごしていることで
症状が悪化する場合も
ございます。

また、例えば
運動についての情報では
実施中に特に問題なく
取り組めるけど、

後から何らかの不調が
起こるものもあります。

いずれにせよ、
必要な判断につきましては
専門医を受診していただき、

かかりつけ医の指示に
したがってください。

万が一掲載している
内容を実践して
持病の悪化、

症状の悪化、

思わぬ健康上の
問題が起こりましても
一切の責任を負いかねることを
ご承知くださいませ。

また、病気の検査や
治療上の診察に関しては
ネットやメールなどの
情報のやり取りではなく、

直接医師と対面して
診察を受けるように
してください。

ネット上でのアドバイスは、
医師による診察や診断行為
とは明らかに異なるものです。

日本国憲法の
言論の自由の範囲の
範疇にすぎません。

腰痛対処

結論:まず冷静になる。

ぎっくり腰、腰椎に炎症が出来て治癒できるのか?

体に何らかの不調が見られたときの対応

ぎっくり腰の痛みを和らげる方法

ぎっくり腰になったら?

お風呂の入浴はいつまで控えるの?

ピリッとした痛みを感じたら?

ぎっくり腰を早く治す

回復までの過ごし方は?

外出先で陥ったときの対処

陥ったときのスタッフ到着までの待機方法

ぎっくり腰はどこに相談したら良いの?

すみやかな社会復帰の方法

病院や整形外科と整体の治療法の違い

緊急判断

結論:痛みの強さに関係なく、医療機関では軽症扱いとなる

ぎっくり腰は病院に行かないと大変なことになるか?

ぎっくり腰の対処がいろいろあって分からないときはどうするべきか?

登山で同行者がぎっくり腰になった

ぎっくり腰は「軽症」なのか?

ぎっくり腰を緩和するための「刺激閾値」

ぎっくり腰では腰の強い刺激に気をつける

ぎっくり腰は知らずに救急車を呼ぶと長期入院確定

ぎっくり腰で絶食するのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

ぎっくり腰の診断は?

運転中にぎっくり腰になったら?

救急患者の判断基準

ぎっくり腰の症状チェック

緊急なのは?

第一印象で判断するべき患者

外因性発痛と内因性発痛の判別

軽いぎっくり腰、どうしたら良いの?

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開