荘A[NX̉@

かかとがムズムズするなら、靴下を履こう

足のかかと

結論:足元の冷えが、かかとのかゆみを生じさせる

※スポンサーCM

もし、
足のかかとがムズムズし、
ポリポリとかきむしりたく
なったとしましょう。

こういったときの
対策としては靴下や、
ルームシューズ、
ホームソックスなど
ルームジューズ

出典:search.rakuten.co.jp


かかとを覆えるものを
着用することが良いでしょう。

細かな原因は
多岐にわたる。

多くの場合、
かかとのかゆみは、
一日の中でも疲れが
たまってくる夕方ぐらい。
もしくは一日を終える
夜ぐらいに
症状が気になることでは
ないでしょうか?

かかとの内側の
ムズムズする
原因は多岐にわたります。

原因は内臓の疾患、
心臓の病気、
血管の異常、

いろんなものがあるので
はっきりと断定することは
できません。

あくまでも本当の
原因が知りたい方は、
病院で精密検査を
受けるべきです。

単に足のかゆみを
見るだけなら、
整形外科、
また皮膚科を
受診してみると
良いでしょう。

これらの診療科を
受診しても原因が
わからない場合は
総合病院を受診しましょう。

ナースさんが受付で
細かく話を聞いてくれます。

内科疾患、呼吸器の病気、
あらゆる持病を想定して
適切に診察してくれる
科をすすめてくれる
ことでしょう。

※スポンサーCM

かかとは脂肪・
皮膚が薄い。

ではどうして、
かかとがかゆくなったときに
靴下やホームソックス
をはくことが良いのでしょうか?

これは、かかとが
皮膚が薄い場所で
なおかつ脂肪が
薄いことが関係して
おります。

かかとの骨は、
極端に冷えに弱い
のです。

冷えによって
かゆみがもたらされて
いることはたびたび
あるでしょう。

かかとが冷えに見舞
われたときに
かかとの血管が
とっさに反射を起こします。

このときにムズムズする
違和感をもたらすことが
あります。

※スポンサーCM

足は冷えに
さらされやすい

また、全般的に
足の障害では
冷えによるものが
多いです。

たとえば、地面に
近いところは、
冷気の影響を
受けやすいです。

フローリングや畳も
冷気によって冷えます。

冷えた場所に近い
足元はどうしても冷え
によって神経が傷つき
やすいです。

なのでかかとをおおう
ことのできる靴下、
室内用シューズ、
ホームソックスなどが
冷気を遮断して
かかとの障害を防止
することにつながる
のです。

室内で過ごすときには
肌寒さを感じない
ぐらいのちょうど良い
温度ですごせると
良いでしょうね。

また日ごろ座って過ごす
場所には断熱作用を
与えるものを下に
しきましょう。

デスク足元マット


やはり、夏場など
暑いシーズンは靴下や
ホームソックスなんて
はけませんよ。

こういったときには
足元に断熱作用のある
マットを敷いていただくと
フローリングの冷えによる
かゆみの発生を防止
できるのではないでしょうか?

お金がもったいない
方は、大判のタオルを
代わりに敷いてみるのも良い
かもしれません。

ただし、タオルが滑って
転ばないように気をつけて
くださいね。

かかと

かかとがムズムズするなら、靴下を履こう

かかとの内側がチクチクするのは?

貧乏ゆすりと踵の痛み

下肢症状

内腿が痛い理由は内転筋の衰えではない

走っているときに足に力が入らなくなるのは?

足のすね鈍器で殴られたような痛み

下腿痛・ふくらはぎ痛・脛痛・足がダルイ

反張下腿と膝窩筋・膝裏の痛み

寝姿勢が原因の足の痛み下半身全般の痛み

足の腓腹筋内側頭の付着部変性といわれました どうなっていますか?

BMIと下腿痛

男性の足の冷えや痛み

脛(すね)の痛みについて

下腿の痛み・だるさについて

下肢の痺れ・痒み・異常感覚

足の痺れに苦しむ50代女性

痺れと筋攣縮の違いの判断基準

下肢の疲労

足がつかれやすい体質とは?

足が疲れないために鍛えてもらいたい姿勢保持筋群

ゆっくり歩いているのに足がやたらと疲れる理由

足が棒になってしまう

ふくらはぎ症状

結論:歩き方によるものが多い

歩きすぎてふくらはぎが痛くなるのはなぜ?

立っているとき、ふくらはぎが締め付けられるように収縮する感覚

ふくらはぎが痛い、締め付けられる

何もしていないのにふくらはぎがだるく筋肉痛のような感じ

ふくらはぎが筋肉痛のような病気はありますか?

下肢の対処

下腿の辛い人が簡単に試せる方法

脛の痛みを簡単に治す方法を教えてください。

下腿の辛さは無理して歩くとどうなる

なぜ膝を曲げると足が楽になるのか?

本気で足の辛さを解消したい人に見ていただきたいページ

部位別

「部位別」カテゴリーを、さらに区分します。

① お尻A

② お尻B(症状)

③ お尻C(症状)

④ 股関節

⑤ 下肢1(腰痛と下肢)

⑥ 下肢:2(下肢個別)

⑦ 骨格①(脊椎)

⑧ 骨格②(骨盤)

⑨ 頭・アゴ

⑩ 上肢

⑪ 

総合案内
クリックで展開

ぎっくり腰専門