ぎっくり腰専門ユークル整体院

便秘と排便反射について

便秘

結論:トイレを我慢しない工夫が必要

※スポンサーCM

便秘について。
食事をすると食塊が腸に送られる。
古い塊が蠕動運動によって更に奥へと送られる。
やがて排便される。

では本日は、便秘についてのお話をさせていただきたいと思います。
なぜこのお話をするのか?
私自身が昨夜の夜から便秘気味でした。
30分近くがんばってみたものの出なかった。
ですのでたまたま気に掛かっていたのです。

ところが早朝にご飯を食べたら急にお腹の活動が活発化しました。
そしてて、便がスッキリと出たわけです。

ちなみに食事をしたときは食塊が腸内に送り込まれてゆきます。
すると古い塊がさらに奥へと送り込まれます。
そして優しい蠕動(ぜんどう)運動によって次第に肛門側へと送り込まれる。
そして排泄されるわけです。
昨夜の便秘もそういった緩やかな蠕動によってもたらされたものだったのでしょう。

排便反射の仕組み:
食塊によって胃腸粘膜が伸展される。
すると蠕動運動が起こる。

※スポンサーCM

ところが蠕動が緩やかだった。
なおかつ塊の量が少なかった。
ですので排泄までいたらなかったわけです。
翌日になって食後にそれが出たのはきっと排便反射によるものであるのです。
これは食道や胃腸の粘膜が新しい食塊によって伸展されることで起こる反応。
古いものを活発に排泄しようと働くもの。
通常の蠕動運動の100倍ぐらいの力で収縮するわけです。

便秘対策:
出来るだけ伸展刺激が加わったときに我慢しないこと。
女性はお手洗いを我慢しがち。

ここで大事になることがあります。
それは、できるだけ伸展刺激が加わったときに我慢しないことです。
一説によりますと女性が便秘になりやすいのは、
「お手洗いに行きたいです」
となかなか言い出すことができないから。
そういった機械的ストレスが加わったときに刺激を我慢してしまう。
このために、刺激の反応が低下してしまう。
排便反射がなかなか起こらなくなってしまう。
こういうことが原因であると言われているのです。

でも、どうしても女性が下品なことを口に出せません。
言い出すことはできませんよね。
そういったことにならぬように男性は気を配る必要がある。
女性がお困りにならぬように配慮することが重要になるのです。
気配りこそが身も心もスッキリさせる秘訣だったのですね、。

余談:
便秘の整体では術者の温かい手の平でお腹を擦る。
患者自身が行うと体温が低下しているため効果がない。

※スポンサーCM

整体治療ではこういったケースはどうするのか?
お腹や腰、下半身や末梢部分を主に整体します。
すると、お腹の血流が改善されます。
腸が元気になりますので、整体は効果的です。

「でもお腹は自分でできるから」

もちろんそうでしょう。
しかし、便秘に陥っている方は多くの場合で体温が明らかに低下しております。
ですので、自分でお腹を擦るほどお腹の調子が悪くなります。
整体は健康な方が調子を崩した方に施す。
これによって効果が現れるようになっているのです。


Warning: file_get_contents(https://arcussonota.com/fukkinnkannrennsaido.html) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/arcusseitai/arcussonota.com/public_html/tosimasm5a.html on line 110

Warning: file_get_contents(https://arcussonota.com/iogia1.html) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/arcusseitai/arcussonota.com/public_html/tosimasm5a.html on line 111

Warning: file_get_contents(https://arcussonota.com/footer.html) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/arcusseitai/arcussonota.com/public_html/tosimasm5a.html on line 112