ぎっくり腰専門アークス整体院

髄核が後方に押し出される

結論:上半身の動きと「逆方向」に椎間板は押し出される。

※スポンサーCM

腰椎椎間板ヘルニア(以下ヘルニア)をお持ちの方からの質問です。最初に各部の説明をします。下図をご覧ください。
腰椎の解剖学
今回の質問者がおっしゃられる「髄核」とは、腰骨の軟骨の名称です。図は側面から体の中を見ています。背骨の椎骨が縦に並んでいます。この縦に並んだ椎骨が背骨のトンネルを作ります。このトンネルを「脊柱管」と呼びます。椎骨の中でも腰の部分のことを「腰椎」と呼びます。隣接する腰椎の隙間には、水色の軟骨の「椎間板」があります。髄核とは、この椎間板の中にある内容物のことです。コルクの「芯」のような髄核が椎間板の中にはあります。

今回の質問では、この髄核が「後方」に押し出されてしまっているようです。下図は先ほどの腰椎の拡大図です。
髄核の後方突出
髄核が、椎間板を突き破って後方に押し出されています。どうして髄核が後方に押し出されると良くないのか?それは椎間板が壊れることそのものが痛いからです。また、「神経の圧迫」が起こるからです。
それは脊柱管の内部には「脊髄」という神経の太いパイプラインが通っているからです。
脊柱管内部の脊髄と神経

また、脊髄から「馬尾神経」という枝が伸びています。この神経の枝が飛び出した髄核によって圧迫されます
腰の神経の圧迫
先ほどの腰椎の図です。脊柱管内部には腰の重要な神経が通っています。ヘルニアはその神経の太いパイプラインを圧迫したり、枝の神経を圧迫することで足腰に障害をもたらすとされています。
ヘルニアの患者
このことを腰椎椎間板ヘルニアと呼んでいるわけです。

したがって、今回の質問者は以下の悩みを抱かれたのです。

◆髄核が突出する悩み

一つの方法として、「手術」で飛び出した髄核を切除する方法もあります。
手術

しかし、手術後のヘルニアの再発率は、一説では50%あるともいわれます。また、そもそもの髄核の後方に突出する原因が分からないと、切除したところで再びヘルニアが起こるはずです。ヘルニアを治すためには、手術よりも、皆さんが日常で椎間板の飛び出す原因について把握しておく必要があります。そもそも、手術の有効性が「50%」だとしたら、偶然に自然治癒したのか?手術によって良くなったのか?ハッキリしない部分があるのが手術の実際のところです。

椎間板の簡単な動き

椎間板が飛び出す仕組みは、皆さんも簡単に模擬体験できます。以下の道具を用意してください。

◆椎間板突出の模擬体験の道具

◆方法

※スポンサーCM

どうでしょうか?椎間板の髄核が飛び出す仕組みはとても簡単ですよね。

上半身が動いた方向と逆方向に動きます。

つまり、髄核が飛び出して困っているなら、それを手術によって切除するのではなく、飛び出した方向と逆方向に体を動かすことで髄核を引っ込めることが大切になるわけです。上半身を動かした方向と逆方向に髄核は動きます。この仕組みを利用すると椎間板は引っ込みます

手術には賛同しません。なぜなら、自分で髄核の動きをコントロールせず、手術で切除しても、別の箇所がヘルニアになるだけです。また、手術を検討する方でも、一定期間経過してやむを得ず手術を受けないでください。受け身で何もせずいて、髄核が勝手に引っ込みません。自分で姿勢を調整しましょう。そうすれば手術を受けずとも自然と解消されます。

つまり髄核が後方に押し出されたときには以下のことをしましょう。

◆髄核が後方に押し出されたときの対応

姿勢を意識して過ごしましょう。こうしても症状が軽減しないときに初めて手術を検討するべきです。

髄核は自然に消失する

今現在医学的に明らかになっていることがあります。それは、後方に突出した髄核は手術を受けずとも「時間経過」によっていつか自然に消失することです。多くの場合、この経過が3か月から半年ぐらい掛かります。長期の休職に職場の理解が得られず、手術をやむなく検討するのが大部分の実情です。良い姿勢を意識し、長期の経過をたどれば手術は受けずとも済むのが大部分です。残念ながら時間経過だけで良くなるものではありません。姿勢を意識せずにいれば、髄核の突出はさらに大きくなります。

手術が必要なのはあくまでも緊急性がある場合に限られます。目安として、排尿や排せつが障害されて初めて検討するものです。

下を極力向かない

椎間板の髄核は、皆さんが日ごろ何気なく行うスマートフォン操作や、パソコン操作などの下を向く姿勢によって後方に突出します。
スマートフォン操作

極力下を向かないで操作してください。

ただし、下を向かないことは難しいです。
例えば
「そんなの無理だよ!」
と思える人もいるはずです。

しかし、その難しいことをするから腰痛が治っていきます。下を向かないようにするのは「根気」の問題です。根気がない人は、何度も下を向きます。そして手術を受けても確実に再発します。

下を向かない工夫としてはスマホやパソコンの画面の位置を高くしていただくことです。
マジックハンドでスマホを画面の高さに保持する
近年ではマジックハンドが販売されています。スマートフォンは必ずマジックハンドで画面の位置を高く保ってください。画面操作は「マウス」で行います。「OTG接続」という機能に対応したスマートフォンを使えば、マウスを接続できます。パソコン用のマウスでスマートフォンを操作できます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スマホスタンド 9.7インチまで全対応
価格:1180円(税込、送料無料) (2019/2/3時点)


パソコンに関しても同様です。近年ではタブレットパソコンがあります。僕もタブレットパソコンを使ってこのページを書いています。
タブレットPCの画面を高くする
僕の場合は、カラーボックスを使って画面の位置を高くしています。こういった方法でも下を向かずに済みます。業務用のパソコンでも画面の位置を高く出来る工夫によって椎間板の後方への突出は軽減できるはずです。
タブレットPCと腰椎の椎間板
結局は、根気良く自分の姿勢に気づいてこまめに修正するしかありません。下を向いていると、椎間板が壊れて何度も腰を痛めます。ちなみに僕が使っているタブレットPCは、ネットで1万円ぐらいで購入しました。マウスやキーボードなどの周辺機器を含めても2万円以内で余裕で揃います。

※スポンサーCM

椎間板ヘルニアと運動

結論:やさしい一定のペースの運動をする。

ヘルニアのきっかけ

結論:怪我によって生じたヘルニアは重症

日常動作における腰椎椎間板ヘルニアが起こるメカニズム

ヘルニア

ヘルニア患者が気をつけたいこと

結論:中腰にならないこと

ヘルニアは恐怖症である

ヘルニアがマッサージで悪化した

ヘルニア患者の基本姿勢

腰椎椎間板ヘルニアなら絶対に気をつけるべき姿勢

なぜ腰椎椎間板ヘルニアが多いのか?

椎間板ヘルニアの症状

結論:神経を障害して痺れるのではない。かばった動きによって足先の筋肉が攣ってくる。

ヘルニアで無くした足の筋肉は取り戻せますか?

ヘルニア少し歩くと腿の後ろがパンパンで痛い

腰痛と椎間板

腰椎椎間板症による慢性腰痛

腰部椎間板

椎間板

髄核が後方に押し出される

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

椎間板ヘルニア

腰部脊柱管狭窄症

⑤-1坐骨神経痛①

⑤-2坐骨神経痛②

⑤-3坐骨神経痛③

⑤-4坐骨神経痛④

持上げ動作

力学

筋肉

内科

高齢者

その他

心理

総合案内
クリックで展開

ぎっくり腰専門