ぎっくり腰専門ユークル整体院

ぎっくり腰は痛みが出てから治療を受けているとクセになる。

ぎっくり腰の痛みを防止するためには痛みが出てから治療を受けるのではなく、日頃の硬直姿勢に着目し、出来るだけ体の血流が停滞しないように少しでも体を小まめに動かすようにする。

※スポンサーCM

ぎっくり腰はクセにならないか?

「ぎっくり腰はクセになったりはしませんか?」

始めてぎっくり腰になってしまった方は、あの痛みの恐怖を体験すると怖くてむやみに不安を抱いてしまうものです。もう二度とこんな辛い目に遇いたくない。職場の仲間もずいぶん迷惑しただろう。

ぎっくり腰は毎年のように繰り返している人もおり癖になる。

残念ながら毎年のようにぎっくり腰を何度も繰り返されている方がいらっしゃることは明白な事実です。ただし、このようなぎっくり腰の常習者の多くは、常日頃からのケアを怠っていることが多分に見受けられるのです。

痛みが出てから治療院に行くことが問題

※スポンサーCM

その証拠として、彼らの多くは痛みが出てから治療院や整体院に足を運んでいます

長期間痛いのを放置してから我慢の限界になって来院されることも多いのです。

硬直姿勢からもたらされる筋肉疲労が、血行不良を招きぎっくり腰の原因となる。

日々のデスクワークや重量物を持ち運んだりする作業など筋肉の硬直が続くお仕事をされておりますと、必ずと言って良いほど筋肉がカチカチのパンパンに硬直してしまいます。この硬直が血液の供給を妨げてしまい、疲労物質が体内に蓄積されたまま抜けなくなっているのです。

硬直姿勢からもたらされる筋肉の硬直は、寝ても改善されぬ

皆様の多くは、疲労がたまったときには寝ていれば解消されるだろうとお考えです。しかし、寝ていて解消される疲労は運動によって生じた疲労物資の乳酸・そして枯渇したエネルギーの再合成、疲労損傷した筋の修復がメインであって、硬直(硬縮)した筋や関節は、寝ているほど硬直を強めてしまうのです。

では、硬直(硬縮)と疲労の違いとは一体何なのでしょうか?

硬直は、皆様も日常生活で水道の蛇口や機械製品・ゴムパッキンを扱うときなどに、長期間不使用でいるとボタンやパッキン、蝶番の部分が固く癒着していることを体験されたことがあるかもしれません。あれは、製品のつなぎ目(ジョイント)部分にサビが付着したり、水分中のカルシウムがこびり付いたり、ゴムパッキンが酸化して固く変質して生じる現象です。

筋肉や関節に粘着成分やコラーゲンが沈着し、変性するのが硬直

人間の体においても長期間不使用や同じ姿勢が続くことでだんだんと硬直が発生して、筋肉や関節部分に不要なコラーゲン線維や、粘着性の糖分・ナトリウムなどさまざまな物質がこびり付いてしまったり、靭帯や腱に変性が生じてしまうのです。

整体によって関節や筋の運動性を取り戻せば拘縮は解消される。

この状態に一旦陥ってしまったときは、自然に解消されることはありませんので、整体によって気持ち良く体の調整を受けるか、もしくはジムなどで「ゼイゼイハアハア」と息を切らすような辛い運動を我慢して耐えなくてはなりません。こうすることで関節や筋の運動性を取り戻せば硬直は解消されて、ぎっくり腰の再発は防止されるのです。

安易に寝て休むと硬直が余計に強まりクセとなってしまう。

※スポンサーCM

ところが多くの場合はこの認識はありませんので、全てが筋肉の疲労であると考えられているわけです。したがって安易に寝て体を休めようとして余計に硬直を強めてしまうわけです。

つまり、安易な安静治療の選択によってぎっくり腰を何度も繰り返す『クセ』が起こってしまっているのです。

練ることで行われるのはエネルギーの最充填と超回復

寝ているときに体が行っているのは疲労物質の除去や筋肉硬直の除去ではなく、エネルギーの再充填と損傷組織の超回復であるのです。この点を良く理解せねば、何度もぎっくり腰を繰り返してお仕事を欠勤するハメになってしまうわけです。

後遺症

ぎっくり腰と易刺激性

ぎっくり腰、腰回りの筋肉の後遺症は?

後遺症

ぎっくり腰のその後

治りません どうしたら

後遺症は?

ぎっくり腰の後遺症でお尻が痛くなる?

再発

結論:繰り返すほど腰が弱くなる

ほとんど治りかけた腰、仕事でまた痛くなった

腰痛が癖になる

ゴルフで腰椎捻挫は再発するか?

繰り返すものは治るか?

繰り返すものの日々のケア

ぎっくり腰を何度も繰り返すとどうなりますか?

ぎっくり腰はクセにならないか?

クセになったりは?

年に数回繰り返すのはなぜ?

治りかけからの再発

結論:治ったという判断が間違っている

治り掛けからまた・・・

治りかけに再びなる。

腰痛の再発・悪化

結論:悪化したときには心と体のリラックスを見直すこと。

ぎっくり腰、腰をアイシングしたら悪化した

ぎっくり腰が悪化するのは初期対処をしないから

悪化はどうしたら?

ぎっくり腰の痛みは悪化ではなく表面化する

ぎっくり腰は放置すると筋膜性疼痛から軟骨軟化症へと悪化する

症状別

「症状別」カテゴリーを以下の4つに区分します。

① 腰痛症状

② 筋肉症状

③ 腰部の経過別の症状

④ 腰痛と関連性のある症状

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開