立ち上がり

結論:軽く腰を落とすと立位の腰の痛みが和らぐ

  1. 椅子に座るとすぐに立てず、中腰になってしまう足腰が弱いほど、中腰の前傾角度が深くなる。
  2. 腰痛持ちのベッドからの立ち上がりのときの注意点浅く腰掛けないと立ち上がりは困難だ
  3. 立ち上がるときの腰痛の防止法立ち上がるときの体重移動では出来るだけ腰を屈める範囲を少なくすると腰に優しい
  4. しゃがめないぎっくり腰と立てないぎっくり腰の違いしゃがめないのは背面筋の硬直、立てないのは前面筋の硬直
  5. 立ち上がり動作に見られる腰痛発作腰痛発作は、立ちあがるときの水平局面や、完全に膝を伸ばしきる腰椎のC字局面からS字局面への変化時に強く引き起こされる。
  6. イスからの楽な立ち上がり方普通に考えれば当たり前のことなのに私たちはそれができなくなっている。
  7. 膝を鋭角に曲げると腰を痛めずにイスから立てる膝が鈍角になると膝に体重を乗せることが難しくなって立つときの腰の負担がましてしまう
  8. イスから立ち上がろうとしてぎっくり腰になった立ち上がるときに腰を痛める人の多くは体の使い方を間違っている。
  9. イスから立ち上がるときの痛みについてぎっくり腰でイスから立ち上がったり、寝転んだ状態から起き上がるときに痛みが強くなる傾向は、腰をかがめた拍子に腰部の椎間板が椎間板後方に分布している自由神経終末を刺激して炎症などが生じていることが考えられる。