荘A[NX̉@

ぎっくり腰だけどどうしてもお風呂に入りたい

結論:湿らせたタオルで拭くのが良い。せめてシャワーで軽く流すまでにする。

ぎっくり腰に陥ったときにはお風呂は入らないことが良く、湿らせたタオルで体を拭くぐらいたベスト、どうしてもお風呂に入りたい場合はシャワーだけに留める。シャワーは受傷から1週間ほど続ける。我慢できないときにはせめて3日だけでも我慢しよう。

※スポンサーCM

ぎっくり腰のときのお風呂について

「今日はお風呂に入っても大丈夫ですか?」
ぎっくり腰の治療を受けた直後の患者様からご質問を受けましたのでそのことについて触れさせていただきましょう。

ぎっくり腰初期はお湯に入ると炎症が悪化し治癒が遅くなる

私たちは毎日お風呂に入ります。ぎっくり腰の発症の初期は炎症があるため、お湯に浸かって体を温めてしまえば炎症がさらに悪化して治りが遅くなります。もしくは痛みが増大して、歩くことすら困難になります。

一番はお風呂に入らないこと

こういったときは本来ならばお風呂に入らないことが一番良いとされます。1日や2日ぐらいお風呂に入らなくとも人間は死にません。

※スポンサーCM

風呂に入らないと精神的な苦痛を感じる

しかし、真夏など汗びっしょりになればどうしても体がべとついてしまい、睡眠も満足に取れなくなってしまいます。また、汗臭い臭いがすれば職場やご家族の方からも疎遠にされてしまいます。自分自身も精神的に苦痛を感じるはずです。

つまり、お風呂に入らぬことで二次的な苦痛が発生してしまうわけです。この苦痛をどうしたら少なく出来るかが重要となるわけです。

理想は清拭をする。塗れた温タオルでふき取る

ここで理想を言うならば、清拭(せいしき)と呼ばれる濡れた温タオルで体の汚れを拭き取る方法です。これならば炎症を悪化させる危険性は限りなく少なくなります。実際に首都圏の下町で暮らされる方々はこの清拭と言われるスタイルによって食卓のガス給湯器の洗面器1杯分のお湯で体を洗うことが庶民の一般的となっているのです。

汚いところを洗い流すことを目的とした軽く浴びる程度のシャワーに留める

しかし、それでも不潔だと思えてしまうのでしたら、せめてシャワーを浴びるぐらいに留めておきましょう。それも体を温めるような持続的なお湯浴びではなく、汚いところを洗い流すことだけを目的としたササッと軽く浴びる程度に抑えていただければ炎症の悪化も最低限に抑えることができます。

お風呂好きの方はどうしても湯船に入りたいと思うはず

皆様の中にはどうしてもお風呂にザブンと浸かりたい、そうでないと「生きた心地がしないよ~」というお風呂大好きの方もいらっしゃることでしょう。毎日朝晩2回欠かさず湯船に浸かっているのに炎症が悪くなるから入ってはダメと言われてしまえば、がっかりしてしまうかもしれません。

そこでもしかしたら、

局部だけの入浴なら炎症の悪化を免れると考えるのは間違い

「足先だけなら湯船に入っても大丈夫でしょ?」とか「腕だけならいいでしょ?」、とか体の局部だけに限局してお湯に浸かることで炎症の悪化を免れることができるのでは?とお考えになられたはずです。

熱は血流に乗って全身に流れ患部の炎症の悪化につながる

※スポンサーCM

ところが患部以外を温めることで、加温された患部の熱が血流に乗って全身に流れて広がってしまうのです。つまり、患部以外のところを温めても、結果的には温められた血流が患部に巡ってしまい炎症が悪化してしまうのです。

お風呂を楽しむのは炎症が治まるまで我慢しましょう

つまり、ここで大事なことはお湯で体を温めて少しでもお風呂を楽しもうという欲求だけは炎症が収まるまで控えていただくことであるのです

1週間はシャワーで過ごす。どうしても我慢できぬ場合はせめて3日間はお風呂に入らないようにする。

そして、炎症が治まるまでの期間は一般的に1週間ぐらいです。理想を言えば1週間は湯船でなくシャワーにしていただくと良いでしょう。どうしても湯船を楽しみたいということでしたら、せめて急性期の患部の出血が収まるまでの3日間だけはお風呂に入らぬようにしていただくことがオススメできます。しかし、いずれにせよ多少炎症が長引くことだけはご承知の上でご入浴ください。

注意:今回ご紹介した内容については、その実施に当たっては必ず事前に専門医の指導を受けていただくか、当院を受診してください。

緩和処置・慢性期

結論:体の抵抗力をつける

血中酸素濃度を上げると腰痛が治る

痛みを和らげる方法

施術

脊髄に伝わる痛みの緩和法

座面療法

牽引療法

どういったことに注意して施術するの?

バランスを見極めた調整が必要

MSS療法

腰部の筋緊張が過剰な方が心がけるべきこと

ぎっくり腰は痛くない範囲で動く

慢性腰痛治療のための治療法選択のポイント

慢性腰痛患者の腰部のコンディショニング法

苦労せず地道に自分で治せる方法

ぎっくり腰移動

長すぎる休憩はギックリ腰の原因となる

なぜ腰を反らすことが腰部に良いのか?

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

慢性腰痛には温湿布とホットカイロどちらが良いか

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

ぎっくり腰の防止にオススメする温熱療法について

誰にでもできる防止のための基礎体温上昇法

時間

お風呂の腰痛治療効果

結論:慢性腰痛は温めて緩和することがある。ただし・・

ヘルニアに効く温泉は?

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

坐骨神経痛に電気風呂は?

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

腰部ケアのための入浴法

温浴法

温泉で坐骨神経痛を治したい

お風呂の適応判断

腰痛の温浴療法

シャンプーハットの腰痛防止効果

良い入浴剤

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

シャワー中に起こったもの

ぎっくり腰のときのお風呂の偏った考え

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

坐骨神経痛に入浴の姿勢は関係あるか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

ぎっくり腰のときのお風呂は軽く流す

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰の負担の少ない頭の洗い方

神経痛のときの入浴は?

理想的な腰痛での入浴

お風呂と腰痛

ぎっくり腰に温泉は良いのか?

腰痛では部分浴にも気をつける

慢性腰痛ケア

結論:体を動かす生活習慣を意識する

意識するべきは恒常性

慢性腰痛に良い素足健康法

腰に加わるストレスを解消する方法

MSS療法

経絡療法について

腰のセルフケアでは首を反らす

動いてケアする腰痛と休んでケアする腰痛

痛みの緩和に効果があるもの

腰痛防止のための日常的な筋肉の調整法

腰痛のツボ

アクティブケア

ぎっくり腰に陥らないための日常ケア

サーティーワンメソットの有効な例と無効な例

背骨の変形が背景となる高齢者のぎっくり腰のセルフケア

セルフケアのあり方

自分で出来る防止のセルフケア

防止のための腰の筋肉の緊張を緩める方法

荷重偏移による腰痛のセルフケア方法

短時間で腰痛のセルフケアをするためのコツ

高齢者の慢性腰痛の日常ケア

高齢者の日常ケア方法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※ご意見やご要望は下記のコメントボックス
から直接送信できます

アクセス解析でメッセージを送信される方がいますが、ログインの手間が無駄です。1か月に1回しか見ていません。

山ほどのデータを見ることは不可能です。
アークス整体院プライベートブログ


プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

緩和処置・慢性期

結論:体の抵抗力をつける

血中酸素濃度を上げると腰痛が治る

痛みを和らげる方法

施術

脊髄に伝わる痛みの緩和法

座面療法

牽引療法

どういったことに注意して施術するの?

バランスを見極めた調整が必要

MSS療法

腰部の筋緊張が過剰な方が心がけるべきこと

ぎっくり腰は痛くない範囲で動く

慢性腰痛治療のための治療法選択のポイント

慢性腰痛患者の腰部のコンディショニング法

苦労せず地道に自分で治せる方法

ぎっくり腰移動

長すぎる休憩はギックリ腰の原因となる

なぜ腰を反らすことが腰部に良いのか?

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

慢性腰痛には温湿布とホットカイロどちらが良いか

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

ぎっくり腰の防止にオススメする温熱療法について

誰にでもできる防止のための基礎体温上昇法

時間

お風呂の腰痛治療効果

結論:慢性腰痛は温めて緩和することがある。ただし・・

ヘルニアに効く温泉は?

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

坐骨神経痛に電気風呂は?

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

腰部ケアのための入浴法

温浴法

温泉で坐骨神経痛を治したい

お風呂の適応判断

腰痛の温浴療法

シャンプーハットの腰痛防止効果

良い入浴剤

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

シャワー中に起こったもの

ぎっくり腰のときのお風呂の偏った考え

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

坐骨神経痛に入浴の姿勢は関係あるか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

ぎっくり腰のときのお風呂は軽く流す

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰の負担の少ない頭の洗い方

神経痛のときの入浴は?

理想的な腰痛での入浴

お風呂と腰痛

ぎっくり腰に温泉は良いのか?

腰痛では部分浴にも気をつける

慢性腰痛ケア

結論:体を動かす生活習慣を意識する

意識するべきは恒常性

慢性腰痛に良い素足健康法

腰に加わるストレスを解消する方法

MSS療法

経絡療法について

腰のセルフケアでは首を反らす

動いてケアする腰痛と休んでケアする腰痛

痛みの緩和に効果があるもの

腰痛防止のための日常的な筋肉の調整法

腰痛のツボ

アクティブケア

ぎっくり腰に陥らないための日常ケア

サーティーワンメソットの有効な例と無効な例

背骨の変形が背景となる高齢者のぎっくり腰のセルフケア

セルフケアのあり方

自分で出来る防止のセルフケア

防止のための腰の筋肉の緊張を緩める方法

荷重偏移による腰痛のセルフケア方法

短時間で腰痛のセルフケアをするためのコツ

高齢者の慢性腰痛の日常ケア

高齢者の日常ケア方法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書