奥様の心の支えによって腰痛を克服されたケース

※スポンサーCM

これまでの患者に診られぬほど激痛を訴える重度なぎっくり腰

今回の患者様(A様)のぎっくり腰はこれまでになく、かなり重度なものであり、指で触れるだけでも激痛を訴えるほどの重症であったことが記憶に深いです。

念の為に彼の症状をチェックさせていただきました。今回は通常の腰痛よりも疼痛が重度すぎるため、様々な原因を検討する必要があったからです。

病院の画像検査では異常が見られず

そこで最初に確認したのが、病院での検査歴です。彼は重度の症状を訴えていらっしゃるのでおそらくは何らかの既往症の可能性を考える必要があります。ところが病院でレントゲンやMRI検査をしてもとくに原因を見つけることはできなかったということなのです。

初発は10年前、長期的な腰痛ならば痺れや筋力低下も起こるはずが、それも見られず

また、始めてぎっくり腰が初発したのもすでに10年程前のことであるため、何らかの器質的な変化を疑わねばなりませんでした。通常ならばここまで症状の経過が長引く場合は手足に痺れなどが起こることが一般的です。ところが彼の場合はそういった症状は一切認められず、疼痛回避による廃用が幾分か見受けられるだけで、神経症状に起因する筋力の低下なども無かったのです。

SLRテストにて陽性、フリップテストにて陽性

※スポンサーCM

そこで彼に対して幾つかの徒手検査を実施してみました。1つは代表的なSLRテストです。仰向けで足を挙上し、疼痛の有無を検査します。この検査では陽性の所見を呈しました。次にフリップテストを実施します。この検査はSLRの予備的なテストであり、臥位で行ったものを座位で実施します。

誘発検査にて背中をのけぞらして疼痛を訴える。

すると彼は背中をのけ反らすようにして疼痛を訴えられたのです。

「A様、どうやらかなりの重症のようです。もう少し詳しく観察して行きましょう。」
「はい、先生どうかよろしくお願い致します。」

幅広い腰痛を調べるバーンズテストを実施、

次に行ったのはバーンズテストです。このテストでは端座位というベッドの端に膝立ちの姿勢で腰掛けていただく姿勢をとります。そして、両手を床に向けて伸ばして体幹を前屈させて行くのです。このテストは腰部に疼痛を訴えられている患者様の体幹の前屈度合いを確かめて行きます。その特徴としましては膝を屈曲しておりますので、その分だけ体幹の屈曲の際に姿勢が不安定になるわけです。つまり、通常の前屈を見るよりも広い意味で腰痛の具合を調べることができるわけです。

バーンズテスト陽性

もちろんバーンズテストに置いても陽性の所見を訴えられたわけです。

私は出張整体を行っておりますので、ご家庭内でこのテストを行わせていただきました。奥様も隣で心配そうな顔でこちらのご様子をご覧になられていらっしゃったのです。

症状の甚大さを垣間見る奥様・・・・

奥様「あなた、今まで無理をさせてしまったみたいですみません・・・・これからは私もがんばるから・・・」

「奥様、まだご主人様の検査は終わっておりません。あと少し確認する必要がありますから。」

フーバーテスト陽性、両足の力がぐったりと抜けてしまう

※スポンサーCM

最後に行ったのはフーバーテストです。このテストでは仰向けで片足をゆっくりと挙上していただきSLRテストと同様にどこまで足が持ち上げられるのかを観察します。ところが、このテストでもご主人はかなりの疼痛を訴えられて両足の力がぐったりと抜けてしまっているのです。

仕事の無理が祟った深刻な状態、しばらくの安静を指示する。

「A様、おそらくは腰部はかなり極限の状態にあるようです。これまでお仕事でだいぶ無理をされてきたのではありませんか?」

「そんなことはありません。私はまだまだ頑張れますから。ウ!ウグッ!」
奥様「貴方、そんなこと言わないでしばらくお仕事は休んで頂戴・・・・」
「うん、先生もここまで仰っているんだからしばらく様子を見てみることにしよう。・・・」

ということで幾つかのぎっくり腰を和らげる手技を行わせていただきその後はしばらく安静にして様子を診ていただくように指示させていただいたのです。

その後も整体によるケアと、退職して治療に専念することで症状は半年後には完治されました。

整体後もある程度痛みが残存しましたので、しばらく続けていただきました。本当に極限の状態にあったようで、その後ご夫婦で話し合われてお勤めの会社を退職される決意までされてしまったのです。

不思議なことに退職して、奥様と共働きになるとご主人の腰痛の具合は右肩上がりに快方に向かい、半年後には完治されてしまいました。ご主人も日々快方に向う腰部に一番驚かれておりました。

ご主人を救ったのは奥様の心の支えに他なりません

「先生の親切な対応があったおかげで私はここまで回復することができました。本当に何とお礼を申し上げれば良いのか、とにかく感謝しております。」

現代医学では彼の腰痛の原因は特定できませんが、腰痛の困難を救ったのは奥様の心の支えに他なりません。

その他心理

  1. 会社の業績を落とすリンゲルマン効果腰が痛い・・・・でも無理してでも働かないと営業ノルマ達成ができない!こんなに苦しんで働いているのに営業成績が伸びないのはリンゲルマン効果が関係しているのかも
  2. 腰痛患者の心理は治療と向き合わない自分の腰痛ときちんと向き合っておらず・・・
  3. 痛みと精神状態の関係気負いすぎると精神が興奮して疲れが抜けない。すると痛みが起こりやすい。
  4. 障害の受容過程人は障害を受け入れる一定の過程がある。現状を否定し怒りを抱くようでは治ることはない。
  5. 虐待と腰痛虐待とは殴ったり蹴ったり、手を上げるもの。しかし、精神的な虐待があり、虐待は連鎖を生む。
  6. 痛みによる精神失調激痛による恐怖や不安に心が支配されている状態が長引くことで精神が失調状態に陥る
  7. 腰痛と催眠女性の多くは幼少の頃から魔法使いごっこをしたり、変身ごっこをしたり「自分を変えたい」という願望を抱くものです。多くの女性が占いを好むのもワケがあるんですね。
  8. 心理状態と姿勢腰痛改善のために姿勢を正そうとしても常に意識し続けることは難しいです。心理状態と姿勢には関係性がありますので、、心理状態を安定化させることで間接的に姿勢を改善することが可能になります。
  9. 奥様の心の支えで克服したケース難治でも奥様の献身的な支えによって復帰することが出来るケース
  10. 精神的なものが作用するか?精神的な病気であるとも言える・・・・それが本質的な病気なのかも・・・ t
  11. 意識的な腰痛と無意識な腰痛意識的な腰痛には生きる意味や存在意義、価値感の再教育が必要。無意識で起こるものは認知行動療法が重要となる。
  12. ボーダーライン人格障害による腰痛人格面の発達に極端な偏りを持っていること
  13. 満たされる恋は腰痛を治す満たしてくれる人と、関係を築く努力をしよう。
  14. おまじないのぎっくり腰の予防効果は自信ぎっくり腰の予防としてこれといった有効なことが出来ない方でもおまじないをすると意外にも良いかもしれない
腰痛と心理関連

心理関連

「心理関連」カテゴリーを、
以下の20個のカテゴリーに分けます。

腰痛と考え方

腰痛とストレス

心因性腰痛の特徴

腰痛の心理的影響

治療の考え方

思考回路・思考パターン

主義・思想・価値感

ストレス

恐怖

怒り対策

感情

対人関係

防衛機制

不安

心理分析

メンタルケア

その他心理

行動指針

精神病

脳医学

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに19個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性・子供

心理①

心理②

自然

最新情報

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

その他心理

会社の業績を落とすリンゲルマン効果

腰痛患者の心理は治療と向き合わない

痛みと精神状態の関係

障害の受容過程

虐待と腰痛

痛みによる精神失調

腰痛と催眠

心理状態と姿勢

奥様の心の支えで克服したケース

精神的なものが作用するか?

意識的な腰痛と無意識な腰痛

ボーダーライン人格障害による腰痛

満たされる恋は腰痛を治す

おまじないのぎっくり腰の予防効果は自信

心理関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

腰痛と考え方

腰痛とストレス

心因性腰痛の特徴

腰痛の心理的影響

治療の考え方

思考回路・思考パターン

主義・思想・価値感

ストレス

恐怖

怒り対策

感情

対人関係

防衛機制

不安

心理分析

メンタルケア

その他心理

行動指針

精神病

脳医学

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに19個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性・子供

心理①

心理②

自然