中国人観光客モンファさんのぎっくり腰の症例

結論:ぎっくり腰の治療では言葉での正確なコミュニケーションは必須である。

中国人女性、モンファさん

写真著作者:
王明源 - ( Titanium Er . プロデュース ) 観光で訪れた中国人女性モンファさん(写真はイメージです。)

目次

  1. モンファさんのぎっくり腰旅行と荷物運びの疲労で背骨の傍の筋肉を酷使したケース、骨盤のもともとのゆがみも関係している。
  2. 症例観光で来日した中国人女性のモンファさん(仮名:20代)浅草の名所を見て楽しむ。宿泊先のホテルでぎっくり腰を患う。
  3. きっかけホテルの部屋で床に置かれたスーツケースを取ろうとして腰を曲げた拍子にぎっくり腰になる。
  4. 困り果てて知人に連絡をする言葉の通じない異国でぎっくり腰を患ってしまい困り果ててしまう。日本の知人の由美子さんが台東区に住んでいるため助けを求める。
  5. 代理人から依頼を受ける代理人である由美子さんが状況を察して依頼の連絡をしてくれるが、やはり中国語に対応している緊急で出張してくれる治療院はない。
  6. 言葉の壁の問題点言葉が通じない最大の問題点は、説明が至らないことで相手が不快な思いを抱いてしまうことがあること
  7. 検査モンファさんのケースでは傍脊柱筋の炎症と共に骨盤の運動制限が強く認められる。
  8. 原因旅行による荷物の運搬と長時間上半身を起こしていたことで腰の傍脊柱筋を酷使したもの。また、もともと持っている骨盤の歪みが相まって起こったもの。
  9. 治療モンファさんのケースでは最初に骨盤の歪みをとって下半身の動きを改善し、それから炎症をしている傍脊柱筋に対して負担が掛からないように背中の筋肉を調整しました。
  10. 治療の結果整体治療によってスムーズに立ち上がれるようになり、足腰に負担を掛けずに動けるようになる。言葉が通じなくてもご満足していることが伝わってくる。
  11. アフターフォロー腰の痛みは改善されても腰に刺激を与えないように無理に長時間立ち続けたりせず小まめに腰掛けて休んで観光をしてもらうように指示する。

モンファさんのぎっくり腰

観光客として日本の台東区にやってきた中国人のモンファさん、女性20代。沢山の荷物を持って移動したり、体を酷使したことで宿泊先のホテルで荷物を取ろうと屈んだ拍子にぎっくり腰を患ってしまう。もともとの骨盤の歪みや脊柱の傍の筋肉を酷使したもの。骨盤調整によって痛みが解消される。

メニューに戻る

※スポンサーCM

観光で起こったぎっくり腰

台東区の浅草

著作者:
Yoshikazu TAKADA

「まあ!日本は凄い。中国よりも活気があるわ」
調度台東区の浅草のお祭りのときに来日された中国人女性のモンファさん、中国人の彼と一緒に東京を1週間観光される予定です。かねてより海外旅行では日本に行きたいと思われておりました。
個人的には東洋人でしたら黒人の国や白人の国へと行った方が非日常感を楽しむことが出来るのですが、すぐお隣の日本はやはり一度は行きたい国として多くの外国人の方が思われているのかもしれません。

台東区の観光をすっかり満足して初日の予定を終えてホテルにチェックインされるのでした。
このときにはまさかぎっくり腰になってしまうとは頭の片隅にも思わなかったことでしょう。
ぎっくり腰を患ってしまったのは宿泊先のホテルでのことでした。

メニューに戻る

ぎっくり腰の発生のきっかけ:ケースを取ろうと腰を屈めたらなった

※スポンサーCM

ではどういった経緯でなってしまったのか。ありがちな話ですが、床に置かれたものを手に取ろうとして腰を屈めてぎっくり腰になってしまったとはぎっくり腰ではとても多く、モンファさんも典型的なそれです。

彼女の場合は宿泊先のホテルのお部屋に荷物の入ったケースを置いていたわけですが、そこから部屋着に着替えをしようとしてそれを取り出そうと腰を屈めてケースに手を伸ばしたら
「グキッ」
と腰を痛めてしまったわけです。

腰痛の本にも書いてあることですから改めて言うほどのものでもありませんが、こういったぎっくり腰を防止するためには本来ならば腰を屈めずに膝を曲げてしゃがみ込むことが良いとされます。腰から体を二つに折り曲げるとどうしても上半身の重みが一挙に折れ曲がっている頂点の腰に集中するため腰をあっさりと痛めてしまうわけです。ところが膝を曲げてしゃがみ込むと胴体を真っ直ぐにしていられるので腰を曲げる必要がありません。そのため腰に負担が集中せずに済むのです。

メニューに戻る

困り果てたモンファさん、台東区の知人に連絡をする

大変だったのはここからです。ぎっくり腰になりました。腰が痛い、だから治療を受けたい。でも痛くて歩けない。ここまでなら日本人のぎっくり腰と条件は変わりません。

ところが彼女の場合はまず日本語が通じない異国であるということ。したがって日本語で書かれたインターネットを検索して腰痛に対応しているお店を探すこともできませんし、町の看板からぎっくり腰に対応しているお店を探すこともできません。病院へ電話して問い合わせることも適いません。しかも、僅か1週間と言う滞在期間で、帰りの飛行機のチケットもすでに手配しております。飛行機の予約は大抵は往復で予約するもので、どんな便でも片道で購入するとかなりの割高になってしまう。それは日本も中国も変わらないようです。航空機会社にとってみれば空席をひとつでも自分のところで買ってもらい空きを出さないためには当然のことです。楽しみにしていた旅行をひたすら寝て休み続けることもできません。したがって困り果てた末に日本人の知人が台東区に住んでいるため、知人に連絡して助けを求めたわけです。

日本人女性に助けを求める。代理人から依頼の連絡をもらう。

「ユミコさん、腰の健康を崩しました。助けてください」
片言の英語で友達の由美子さん(仮名)に電話で助けを求めるモンファさん、
日本人女性由美子さん
(写真はイメージです)
台東区在住の由美子さん、
「まあ、それは大変」
彼女も片言の英語でコミュニケーションを取ります。
でもやっぱり片言の英語同士ではどうしても意味が通じ合わない部分が多いです。
英語って中学から高校で学びますけど日常会話ぐらいなら十分これで成り立ちます。
でもちょっとした突っ込んだ話。例えばぎっくり腰になって腰を痛めたようなすこし詳しい説明が必要な状況になるとまったく会話が成り立たなくなる。

由美子さんはすぐに彼女の宿泊しているホテルに駆けつけて、身振り手振り、ジェスチャーを加えながらどうやら彼女がぎっくり腰を患ってしまったことを察したわけです。近年ではスマホの日本語の変換ソフトもありますから何とか言葉が通じなくてもコミュニケーションそのものは成り立つものなんですね。

メニューに戻る

代理人の由美子さんからぎっくり腰の依頼を受ける

ということでご本人ではなく、お友達であり彼女の代理人として由美子さんが当院にご連絡をくださったのです。
「もしもし」
「すいません。ぎっくり腰の治療なんですが・・・」
「はい、こちらで承っております。」
「そちらでは外国人の治療は大丈夫でしょうか?」
「勿論外国人の方でも治療は受付ております。ただし、外国語には対応しておりませんので、通訳の人をご用意してもらう必要があります。

メニューに戻る

言葉の壁の問題点:ぎっくり腰治療の説明と同意の必要性

※スポンサーCM

「通訳って・・・・彼女は困っているんです。整体で何とかなりませんか?」
「やはり、外国人の方の治療では言葉が通じませんから、十分な治療の説明ができないんです。こちらに一任して治療を進めるにしても、その了解を相手側に取らないといけません。」
すると、由美子さんはお連れの男性と電話を代わります。
「どういうことなんですか!外国人を差別するんですか?
どうにもお連れの男性にはこちらの意図が伝わっていないようです。
「外国人を差別しているわけではありません。コミュニケーションを交わせない状況では十分な説明や同意が成り立ちません。」
「いや、でもそんな難しいことではなく、整体して腰の痛みを治してくれるだけでいいんだけど」
「日本人の常識と外国人の方の常識は異なるんです。文化だって大きく異なります。例えばストレッチで足を引っ張るとしましょう。貴方が受ける立場で何も説明を受けずにいきなり引っ張られたら嫌でしょう。頭に来るのが普通なんです。」
「確かにそれはそうだ・・・」
「また、アメリカを例にあげると訴訟社会です。『十分な説明を受けていない』ということでほんの些細な体に触れる行為でも痴漢や暴力を受けたというあらぬ誤解を招いて大きな問題になることもあるかもしれません。だから通訳を立ててもらいたいのです。」
「先生、通訳ってこういうときはどうするものなのでしょうか?」
「はい、一般的には外国語を話せる方が間に入っていただく。もしくは電話を介して外国語を話せる方がお互いの言葉を通訳する。こういった流れが一般的です。細かな内容は身振り手振り、簡単な意思疎通で成り立ちますが、大きな部分はやはり会話で了解を取ることが必要でしょう。 」
「なるほど、電話でも何とかなりそうですね。」
ということで由美子さんのお友達で中国語を話せる方がおりましたのでその方に電話で通訳をしてもらうということで了解をいただき施術をお受けしたわけです。
こういったときは何が問題になるのかというとやはり言葉の壁によって説明が不足してしまうこと。それによって相手が不快な思いを抱いてしまうこともあるのでそこが一番注意するべき部分とも言えます。

メニューに戻る

ぎっくり腰の検査:骨盤の運動制限と右の傍脊柱筋の炎症を認める。

ということで、治療についての事前の説明をし、当院で対処できるぎっくり腰であったのでモンファさんのいる台東区へと駆けつけたわけです。そして彼女の治療を受け持たせていただきました。

最初にぎっくり腰の検査をして原因を確かめて行きます。このときには動作がどの程度障害を受けているのか痛みの度合いを調べて行きます。また、正常な体の動作がどの程度障害を受けているのかなどを確かめます。

このときの検査では彼女の場合は骨盤の運動制限が大きく認められ、腰の動作の妨げとなっていることが分かるのでした。幾つかの徒手検査で分かったことは右の傍脊柱筋の炎症も強いこと。足を動かしたときに腰に強く刺激が走ってしまうため立ち上がることが困難になっていることが分かったのです。

ぎっくり腰では何が一番困るのかと言えば腰が痛いことですが、腰に痛みが走るのはもっとも腰の負担の大きい体位変換のときなんですね。この体位変換で寝ている状態から起き上がったり立ち上がったりするときに背中を丸く出来ないと絶対に立ち上がることが出来ません。ところが右の某脊柱筋の炎症が脊柱の筋肉を攣縮させて背中の筋肉が短縮したまま緩めることができない。腰が後方に弓反りになって背中を丸められない。だからこそ立ち上がる動作の体重移動が困難になってしまい腰の炎症箇所が持続的に刺激を受けて腰に痛みを発するわけです。

また、同時に配慮したのが心因性の関与です。ぎっくり腰を患って気分の良い方はおりませんが、このときに過度な不安をお持ちになられていると体の痛みを何倍も強くします。皆さんだって親族の葬儀のときに辛くて心が引き裂かれるほどの精神的なダメージを経験したことがあることでしょう。こういった心理的な不調があると如何しても痛みに過剰に敏感になってしまい通常のぎっくり腰をより深刻なものにします。異国の地でぎっくり腰に陥ってしまったのであればきっと心理的な不安は図り知れないものがあるだろうと事前に推測しました。しかし、案外心理的な関与は少なかったので治癒がすこぶる良くなったのだと言えます。

メニューに戻る

ぎっくり腰の原因:旅行による荷物の運搬や立ち姿勢による傍脊柱筋の酷使、元々の骨盤の歪み

ということでぎっくり腰の検査から推測される彼女の原因としては、恐らくは旅行によって長時間飛行機の座席で座り続けたり、電車やバスで移動したりという座り姿勢での腰の疲労、また旅行ケースを引っ張って運搬したことによる腰の酷使、それらが腰の傍脊柱筋に負担を蓄積させて腰の筋肉を疲労して固くさせて耐久性が低下していた。さらには元々持っている彼女の骨盤の歪みが柔軟な動作を妨げる。さらにそこに相まって旅行ケースに腰を屈めて手を伸ばそうとする間違った動作によって腰の筋肉を痛めてしまい炎症を起こしたということが彼女のぎっくり腰の原因であることが判断できたのです。治療に入る前に簡単に検査の結果を御伝えしてご了解をいただきました。

メニューに戻る

ぎっくり腰の治療:骨盤の歪みを取って傍脊柱筋の調整を行う

そしてぎっくり腰の治療に入らせていただきました。彼女のケースでは酷く歪んでいた骨盤の歪みを最初に取り除くことで下半身の可動域を改善させて行きました。でもそもそもどうしてこんなに骨盤が歪んだまま固まってしまうのか?ここには価値観の違いも大きくあるのだと言えます。日本人であれば運動の必要性は多くの方がご存知になられており、多少なりとも運動が健康な生活にとって必要であることは常識として理解されております。ところが運動が面倒で苦痛で単なる重荷のように感じている方、何の価値観も見いだせない方もおられます。そういった方では日常生活でテレビを見たり、食事をしたり、トイレに行ったりという最低限の体の動きしかしません。なので、体の可動域が極端に狭まっていることがたびたびあります。中国人の方の多くは日常生活を過ごすことが最優先であり、まだまだ運動習慣が広く世間に浸透されていない部分もあるのだと考えさせられました。時間を掛けて丁寧に骨盤の歪みを取り除いてゆきます。

その後、背中を丸めて立ち上がることが出来るように炎症している右の傍脊柱筋の調整をするわけですが、炎症箇所に刺激を与えるわけには行きませんので傍脊柱筋の起始と停止の関係に着目しました。起始は骨盤に近い側の付着部のこと。停止は骨盤から見て遠い側の付着部のこと。傍脊柱筋はなんと骨盤から背中を登って頭蓋骨のところまで伸びております。起始部には炎症が起こっておりますが、停止部は炎症の影響を受けておりません。したがって腰から離れた背中や頚椎を含めて傍脊柱筋の停止部を時間を掛けて丁寧に広範囲に渡って処置することで腰を団子虫のようにコンパクトに折りたたむことが出来るようになったのです。

メニューに戻る

ぎっくり腰治療の結果:ご満足の笑顔を見せるモンファさん

ぎっくり腰の治療結果についてです。十分な手ごたえを感じることができました。立ち上がるように指示すると無事に真っ直ぐに立ち上がってみせるモンファさん、治療前は真っ直ぐに立つだけで苦痛に顔をゆがめたのですが、明らかにそういった苦痛がなくなり何事もなく立ち上がることが出来るようになりました。そしてその状態から歩いてもらうとそれもスムーズ。言葉で伝えることは出来ませんがとてもご満足してくれていることが手に取るように分かるのでした。

メニューに戻る

ぎっくり腰のアフターフォロー

最後にぎっくり腰のアフターフォローについてです。モンファさんの場合は観光で日本にやって来て台東区で初日にぎっくり腰を患ってしまったわけですが、1週間の旅行の日程のうち、6日も残されております。さすがに無理にギッシリとスケジュールを詰め込んで朝から夜まで観光地めぐりをされたりすると腰の痛みをぶり返す可能性もあるでしょう。そのため、出来る限り座って休んで腰の調子と相談しながら過ごしてもらうように指示し、湿布薬を処方させてもらったのです。また、ケースに手を伸ばす動作にも注意してもらい膝を毎回しっかり曲げるように御伝えしました。

メニューに戻る

出張整体:女性客

  1. ぎっくり腰の母と、子供お母さんが動けなくなってしまい、お子さんが泣き出してしまう。ぎっくり腰の治療によって症状が改善して大喜び
  2. 歌手のケース歌手Mさんを出張整体しました。
  3. 元バレーボール選手の方怪我で引退をした元バレーボール選手の方から出張整体のご依頼をいただきご満足してもらえました。
  4. かわいい猫ちゃんのいるご家庭に出張猫ちゃんと供に患者様にもご満足いただけました。
  5. ペットサロンを営む女性からのマッサージ依頼ペットのマッサージ方法についての質問をいただくが図書館で調べていただくことを提案する。
  6. パチンコ屋換金所で働く女性換金所の最大のストレスは孤独、若い女性が一日中誰とも接することなく過ごすのはそれだけでもストレスになります。
  7. エスニックな雰囲気の女性宅へと出張マッサージしました。患者さんによって愛好する療法が大きく異なるため趣向が異なる人には事前に説明して同意を得ることが大切でしょう。
  8. 歌舞伎町の女性当時流行した妖怪第一体操を思う存分楽しんだことで疲れ果ててマッサージを呼ぶのだった・・・
  9. ユーモア溢れる質問をされる女性「嫌なお客さんも結構いるんじゃないの?」というもの。逆に言ってもらえるのはありがたいことです。何も言わずに去ってしまうお客様をサイレントカスタマーと呼び、接客業では最も注意が必要だとされます。
  10. スチュワーデスのぎっくり腰接客中にぎっくり腰を起こした症例
  11. ニューハーフ女性を出張整体しましたM区に出張して整体をしたときのこと。女性だと思って出張したところ実際にはニューハーフの方でした。
  12. コブラに囲まれて九死に一生を得た話明かりをつけた瞬間、待っていたものは・・・
  13. 拳銃を乱射する女性宅から出張のご依頼をマッサージしましたドアが開いた瞬間に拳銃を突きつけられた整体師の運命はいかに・・・・
  14. 中国人観光客モンファさんの症例日本語が使えない中でのジェスチャーなどを交えながらの治療
  15. ゴキブリ団子の販売を検討される女性自分で作ったゴキブリ団子を販売しようと考えるが薬局で販売されているものとどのように差別化を図るのかが重要な問題となる。
  16. 英会話教室の50代女性を出張整体しました。英会話教室をされている50代女性を出張整体させていただきました。チラシについて色々とご相談をお受けしました。
  17. 二名の女性を出張整体しましたお二人の女性を出張整体で受け持たせていただいたときのことです。
  18. 美容整形に失敗し、頭痛になった女性Yさんを出張整体しました顔のしわを取るために切った部分が縮んで突っ張り、頭の痛みの原因となった
  19. スナックのママから出張整体のご依頼をいただきました。いつもご贔屓にしてくださるスナックのママから出張整体のご依頼をいただきました。大盛況でお疲れのご様子でした。
  20. ホステスさんから出張整体のご依頼をいただきました。S区の人気ナンバーワンのホステスさんから出張整体のご依頼をいただいたときのことです。
  21. スナックのグランドオープンので出張整体しました。スナックのママからグランドオープンの日にご依頼をいただきました。大盛況のようでお疲れでしたね。
  22. 何もしていないのに体が疲れて痛くなる女性何もしていない。にもかかわらずひどく体が疲れる。そして痛い。どうしてなの?こんな女性を治療しました。かわいそうな方でした。
整体ショートコラム関連

整体のショートコラム関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

プライベート

おじいさん・おばあさん

スポーツ・運動系

自己啓発

恋愛

出張整体(女性客)

動物

変わった場所への出張整体

体験談・物語り

ふと思ったこと

治療

リフレッシュ整体

どうでもいいこと

息抜き

「息抜きカテゴリー」を6つに分けてご紹介します。

治療情報選び・治療院選び

腰痛雑学

小屋暮らし

整体同業者用

ショートコラム

最新情報 

腰痛は気持ちが変われば治るか?

坐骨神経痛と変形性股関節症には違いがない

うつ伏せで足が上がらない、反らない

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

出張整体女性客

ぎっくり腰の母と、子供

歌手のケース

元バレーボール選手の方

かわいい猫ちゃんのいるご家庭に出張

ペットサロンを営む女性からのマッサージ依頼

パチンコ屋換金所で働く女性

エスニックな雰囲気の女性宅へと出張マッサージしました。

歌舞伎町の女性

ユーモア溢れる質問をされる女性

スチュワーデスのぎっくり腰

ニューハーフ女性を出張整体しました

コブラに囲まれて九死に一生を得た話

拳銃を乱射する女性宅から出張のご依頼をマッサージしました

中国人観光客モンファさんの症例

ゴキブリ団子の販売を検討される女性

英会話教室の50代女性を出張整体しました。

二名の女性を出張整体しました

美容整形に失敗し、頭痛になった女性Yさんを出張整体しました

スナックのママから出張整体のご依頼をいただきました。

ホステスさんから出張整体のご依頼をいただきました。

スナックのグランドオープンので出張整体しました。

何もしていないのに体が疲れて痛くなる女性

整体ショートコラム関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

プライベート

おじいさん・おばあさん

スポーツ・運動系

自己啓発

恋愛

出張整体(女性客)

動物

変わった場所への出張整体

体験談・物語り

ふと思ったこと

治療

リフレッシュ整体

どうでもいいこと

息抜き

「息抜きカテゴリー」を6つに分けてご紹介します。

治療情報選び・治療院選び

腰痛雑学

小屋暮らし

整体同業者用

ショートコラム