荘A[NX̉@

ぎっくり腰は痛みに囚われないこと

体を癒してくつろぐ

※スポンサーCM

ぎっくり腰に陥ったときには痛みによって身動きが取りにくくなります。このときに少しでも痛みを緩和したいと考えたら一番に行っていただきたいことは安静です。近年では腰痛は安静にしすぎることは良くないと言われますが、ことぎっくり腰に関しては日頃の無理が祟って起こっておりますから数日間安静にして寝て過ごすことも間違いではありません。そして、それと共に是非行っていただきたいことが治療とは矛盾することですが、頭の中から腰の痛みのことを一切忘れることです。「早く治そう」、「マジ辛い」、「あと何日経てば治るんだ・・・」と痛みのことばかりを考えると人は不安や恐怖心という新たなストレスを体に与えることになります。そして恐怖心によって体に過剰に力が入って腰の血流が悪くなり治癒が遅くなるのです。さらには頭の中でそういった痛みのことばかりを考えて執着していると、痛みは更に強くなる性質があります。精神的な側面が体に影響を与え、そして体の痛みがまた精神に悪い影響を与えるという痛みのループを作り上げてしまうのです。そのため気分を紛らわすことが有効となり、テレビや映画、本を読むなどせっかくもらった仕事の休みを闘病という苦難に費やさないようにしましょう。

日頃勤勉に働いて、休んでいない自分の体のメンテナンスだと思って心身の回復を図りましょう。思う存分体が癒されれば痛みはすぐに良くなるはずです。

応急処置

結論:湿布を張って体を保温して寝る

軽いのになったら?

ぎっくり腰の2種類の対処法

旅先での応急処置

応急処置は安静にする

緩和処置・急性期

結論:力を抜く

健康器具はぎっくり腰の予防とはなるが、治療にはならない

RICE処置について

患者の周囲の人の対応

結論:やさしく労わってあげる

ぎっくり腰の看病は?

周囲の人ができること保護・介護・救護

ぎっくり腰の動き方

結論:ハイハイする

一人暮らしでぎっくり腰になったらどうしたらいい?

足が持ち上がらないのは背中の緊張による。

ぎっくり腰で立てない

腰痛を起こさない立ち上がり方

ぎっくり腰のときの車の運転について

ぎっくり腰は動いた方が良いの?

腰の靭帯を傷めた。どうやって動けば良い?

腰が痛いときの歩き方

間違った対処

結論:軽い痛みを放置して悪化している

陥ったときによるある間違い

鉄棒にぶらさがって伸ばすのは?

寒さは筋肉を緊張させる

月曜日まで放置することの危険性

腰の治療を受けているつもりがほとんど腰に治療をしてもらっていないもの

放置すると(無理すると)どうなる?

選んではいけない療法

痛みの出ている場所と間違った対処について

勘違いしやすい症例

ぎっくり腰を放置するとどうなるの?

どうしても動きたいときには

ぎっくり腰のあと自転車は乗っていいか?

安静

結論:最悪3日は安静にする。
理想は2週間。だけど、そんなに休んだら職場の心証を害する。

腰痛は寝ていて治るのか?

ゴルフ腰の痛み安静期間

絶対安静の是非

ぎっくり腰が癖になるのは安静治療による椎間板のゆがみ

急性期のトイレ

結論:トイレに行けない。だから飲み食いを最小限に控える。

トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった

ギックリ腰は大便が出ないって本当?

長時間トイレに行けずつらい

トイレの行き方

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

慢性期判断、検査

⑤-1医療機関の対処①

⑤-2

⑤-3手術関連

ケア

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

食事療法

総合案内
クリックで展開

ぎっくり腰専門