ぎっくり腰専門アークス整体院

絶対安静はウソ|腰痛治療

寝ていれば治る、そんなのはガンコ親父の理論です。寝ているほど悪化するのが腰痛の現実です。

※スポンサーCM

出血を伴うような大きなケガでは絶対安静が共通の治療法

あまりにひどく体を捻ってしまい足に、おおきな内出血が出来てしまった。こんなときは誰もがこの足に体重負担をかけずに松葉杖などで免荷をすると思う。また、痛みと腫れが引くまでは歩くのも極力控えようとする絶対安静が自然界に生きる全ての動物の共通な治療法ではないだろうか?ここまでは正しい方法といえるだろう。

受傷機転を持たぬ場合は安静にすると悪化する

明らかな肥満体の外見の患者がいたとしよう。受傷機転をもたない腰痛に同じような安静治療を行えばどうなるだろうか?筋力低下を招いてしまい逆に症状は悪化していくことは間違いないだろう。

安静は炎症の悪化防止のため

※スポンサーCM

安静の目的はあくまでも炎症の悪化防止なのである。炎症部位に血液を過剰に送り込まないように血流を抑えるために体を動かさないのであって、炎症を持たない慢性痛に極端な逃避行動を用いると結果が悪い方向へと向うだけで、よけいに苦しむことを我々は理解しなくてはならない。

運動の翌日に痛くなるのは運動不足による筋肉痛

また、慢性腰痛患者が無理をして歩いたからと言って症状が悪化することはほとんどない運動の翌日に痛みが悪化したのならばそれは単なる運動不足による筋肉痛が原因であって多くの場合は痛みによって関節構造が破壊されたわけではない。

何度も筋肉をいじめると治癒に向かう

この痛みは1週間ほどで軽減してもとの状態にもどるため、なんども筋肉をいじめることで次第に治癒に向っていく。(ただし、急性の外傷や損傷を伴っている場合は動くことで損傷を悪化させる場合もありますので、ご自分の判断で行わず専門医に相談してください。)

痛み=体の破壊は間違ったイメージ

いままでに運動をしたことの無い人にとってみれば、体を動かすことで自分の体が強くなる姿などはまったくイメージができないことであろう。そして痛み=体の破壊という間違ったイメージを抱いてはいないだろうか?

筋肉痛は道路の拡張工事であり、超回復の一つの現象

筋肉痛は疲労した部分に優先的にエネルギーを送り込んでタンパク同化作用を促す道路の拡張工事のようなものであると思えばいいだろう。このとき神経の反応が過敏になっている。そのため、痛い=体の悪化ではないことを知る必要がある。整体ではこのような超回復のことを好転反応と呼んでいる

超回復を実際に体験してみよう!

握力を鍛えて超回復を体験しよう

ドラッグストアに行けばこのような握力を鍛えるハンドグリップが販売されているので1つ購入していただきたい。そして、10~20回ほどできるものを買ってみよう。

  1. このグリップで握る動作を繰り返して行き、もうこれ以上は続けられないというところまで動作を続けてみよう。
  2. つぎに、そこまでやったら、15分間のインターバルを取っていただきたい。
  3. 15分後になるともうこれ以上はできないと思われたグリップ動作が、また再び何度かできるようにまでエネルギーが回復しているはずだ。
  4. また回数の限界までグリップを行う。
  5. インターバル
  6. 4と5を3セットほど繰り返してみよう。
  7. 翌日から3~4日間ほど腕が筋肉痛になるだろう。
  8. 翌週(7日後)にもう一度グリップを行って見ていただきたい。
  9. 前の週よりも沢山の回数を行えるようになったことが分かるだろう。つまり、これが超回復(もとの状態よりも強くなること)である。

※スポンサーCM

恐怖は常に無知から生じる

知らないということについて、人は必ず大事をとってしまう。

極端に行動を抑えると体力が低下

つまり慎重になりすぎてしまったり、極端に行動を抑えてしまう傾向にある。体の治療においてもそうだが、必ず人間は怠けていると体力そのものが低下してしまう。すると元の状態よりも症状が悪化してしまうのである。つまり、過剰に体をいたわることが逆に自分の首をしめることにつながるとも言えるだろう。

痛いからと歩かずにいると余計に症状が悪化する。

坐骨神経痛になってしまった患者は、必ず『痛くて歩けないんです』と言うが。多くの場合は歩かないから痛いのであって、そのまま安静をつづけると余計に痛くなってしまう。痛みはお医者さんがなんとかしてくれるのではなく、必ず自分で治すものなのだ。

医者が治すのは自然治癒が不能なもの

医者が治すのは、輸血や粉砕骨折など自然治癒が不能なものだけであると思っていたほうが間違いはない。にも関わらず彼らは『だって痛いから・・・・』こんな言い逃ればかりを口にするのである。

出来るだけ普段どおりの生活をしよう

できるだけ普段どおりの生活をすることが良いと言われている。これは私自信も強くそう思う。極端に生活における行動を控えてしまう傾向があると人間の体は骨・筋肉・関節・血管・細胞などこれら全てが衰えきってしまう。痛いときは絶対安静は誤り。極端な逃避行動が筋力の低下を招く

応急処置

結論:湿布を張って体を保温して寝る

軽いのになったら?

ぎっくり腰の2種類の対処法

旅先での応急処置

応急処置は安静にする

緩和処置・急性期

結論:力を抜く

健康器具はぎっくり腰の予防とはなるが、治療にはならない

RICE処置について

患者の周囲の人の対応

結論:やさしく労わってあげる

ぎっくり腰の看病は?

周囲の人ができること保護・介護・救護

ぎっくり腰の動き方

結論:ハイハイする

一人暮らしでぎっくり腰になったらどうしたらいい?

足が持ち上がらないのは背中の緊張による。

ぎっくり腰で立てない

腰痛を起こさない立ち上がり方

ぎっくり腰のときの車の運転について

ぎっくり腰は動いた方が良いの?

腰の靭帯を傷めた。どうやって動けば良い?

腰が痛いときの歩き方

間違った対処

結論:軽い痛みを放置して悪化している

陥ったときによるある間違い

鉄棒にぶらさがって伸ばすのは?

寒さは筋肉を緊張させる

月曜日まで放置することの危険性

腰の治療を受けているつもりがほとんど腰に治療をしてもらっていないもの

放置すると(無理すると)どうなる?

選んではいけない療法

痛みの出ている場所と間違った対処について

勘違いしやすい症例

ぎっくり腰を放置するとどうなるの?

どうしても動きたいときには

ぎっくり腰のあと自転車は乗っていいか?

安静

結論:最悪3日は安静にする。
理想は2週間。だけど、そんなに休んだら職場の心証を害する。

腰痛は寝ていて治るのか?

ゴルフ腰の痛み安静期間

絶対安静の是非

ぎっくり腰が癖になるのは安静治療による椎間板のゆがみ

急性期のトイレ

結論:トイレに行けない。だから飲み食いを最小限に控える。

トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった

ギックリ腰は大便が出ないって本当?

長時間トイレに行けずつらい

トイレの行き方

ぎっくり腰対処その他

臥位の徒手検査には異常所見はないが、立ち上がると腰に痛みがある

疼痛誘発検査

ぎっくり腰を繰返さないためには痛みの場所を詳しく知ること

ぎっくり腰判別のセルフチェック

ぎっくり腰何日かかる?

ぎっくり腰の仕事復帰

スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安

ゴルフの再開は?

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

ぎっくり腰専門

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開