腰痛で吐き気がある

結論:内臓の不調の可能性がある。体が弱っていると、食欲を失い、吐き出して体調を保とうとする。

毒物を排出
する目的

腰痛になったとします。
人によってはこのときに
なぜか吐き気をもよおす
方もおられることでしょう。

このときには一番に疑う
べきものは内臓の病気です。

普通の腰痛では、
吐き気まで伴うものは
珍しいです。

「吐く」、「嘔吐」は、
胃腸の中の食べ物を
吐き出す行為
です。

例えば毒物を飲み込んだ
ときに吐いて、毒素を
取り込まないようにする
目的があります。

そのため内臓や、
胃腸、膵臓などの
消化器系が防御の
ために働いて咄嗟に
体内に取り込まれることを
防止しているのです。

エネルギー消耗
を減らす

吐く行為は、単に
毒物を体内に取り込まれ
ないように吐き出す
だけの目的ではありません。

他に果たすべき
目的があります。

それは体のエネルギー
消耗を減らす
ことです。

食べ物を取り込むときには
消化吸収をします。

ところがこの消火吸収にも
ある程度のエネルギーを
要します。

体力がないと、食べ物を
吸収することも十分に
できないのです。


例えば夏バテでぐったり
すると食欲がなくなり
ますよね。


体力が失われてくると、
余計な体力消耗を
抑えるために食欲を
減らします。

高齢者だって
そうでしょう。

加齢によって体力が
衰えると若い頃の
食欲を失います。

だんだんと食が
細くなります。

そして、肉類を
食べられなくなります。


食べ物の中では、
肉類は消化吸収に
たくさんのエネルギーを
消耗します。

肉を食べると体が
ボワッと熱くなる
はずです。

たくさんエネルギーを
消化吸収に使うため
エネルギーロスが大きい
のです。

だから、体力のない
高齢者ほど肉を
好みません。

無理に食べると、
胃もたれをして
体調を崩してしまいます。

代わりに高齢者が
大好きなのは、
ソバ、

うどん、
大福、


穀物である炭水化物を
練って作った食品を
好みます。


職人さんが丹念に
練ってくれたものは、

体力が無くても楽に
消化吸収が出来るのです。

吐く行為は、
消化吸収にまわす
エネルギーを減らす
目的の反応です。

少しでも生存の
確率を高めるために
余計なエネルギーを
ロスさせない
ように
します。

普通に考えると、
食べないと、余計に
弱ってしまうように
思えます。

でも、緊急時は、
食べたものが
消化吸収するまで
待ってはくれません。

敵に襲われたり、

高山で遭難しか
かっている。

一刻を争う場面が
迫っている


こういったことが
あります。

消化吸収には
何時間も要します。

つまり、体は、
数時間先の安全が
保障されないときに

緊急でエネルギーを
確保するために、

消化吸収の働きを
とめてしまうのです。

こうして急場のエネルギーを
確保することで絶命の危機を
回避します。

体力が弱いと

人によって吐き気を
おこしやすい人も
おられることでしょう。

こういった方に
共通することは
体力が弱いことです。

体力が弱い人ほど、
普通の人よりも、
緊急事態に陥る可能性が
高くなります。

普通の体力ならば、
獰猛な狼に襲われる
ぐらいでピンチになる
かもしれません。

ところが体力の無い
高齢者では、猫に襲われて
身動きが取れなくなるケース

実際にあります。

体力が無い人は、
普通の人では考えられない
ことが緊急事態になってしまいます。

このときに足腰の
弱い腰痛持ちの方では、
腰痛と供に吐き気が起こる
ことも十分に考えられます。

不快な状況
で起こる

吐き気は体力を
少しでも温存するための
緊急の働きです。

吐き気を訴えるのは、
主に不快な状況に
遭遇したときに
見られると思ってください。

不味いものを食べたり、

テレビで残酷な場面を
目にしたり、

衝撃的な場面に遭遇したり、

妊娠中のつわりや、

生理痛、

頭痛、

ありとあらゆる場面で
体のシグナルとして
現れます。

この全ての状況を
把握することは難しいです。

記憶では
覚えられません。

細かなことを解説
出来るのは
学者さんレベルです。

実際に吐き気について
のページで詳しい内容は
お医者さんの中でも、
専門医や、医科大学の教授
大学病院の院長レベルの
方でしょう。

細かなメカニズムは
一般の皆さんが
覚えられるはずが
ありません。

脳や延髄と
呼ばれる部分の
メカニズムなど複雑です。

細かなメカニズムは
科学でも解明しきれて
いません。

なので、端的に言えば、
不快な状況に遭遇したときに、

緊急時に備えて、
消化の働きを
強制的にとめるもの。

エネルギーの消耗を
減らす目的のもの。


こう考えてください。

そして、
吐き気を引き起こす
仕組みそのものは
やむを得ないときにだけ
利用してください。

例えば太らないために、
食べたものを吐き出そうと
したり、

無闇に悪いことを
想像して吐こうとしない。

自然の流れの中で
意図せず起こるものだと
思っておくことが良いでしょう。

腰痛患者では

では、腰痛患者では
どういったときに
起こることが多いのか?

これは、やはり腰の痛みを
我慢しているとき、

痛みの苦痛によって、
心が蝕まれてきたときに
吐き気を訴える
ことが
多いです。

ただし、先にも述べたように
まず内臓の病気が
疑われます。

そのため、様子を見て
吐き気が続くならすぐ、
医療機関を受診ください。

痛みによって精神的に
動揺したときに吐き気を
起こすことがあります。

やはり、ぎっくり腰のように
不意に腰痛に見舞われることも
あります。

まったく心の準備が
ありません。

痛みによる恐怖や、
腰の痛みで寝て過ごす
ことでずっとトイレを
我慢したり、精神的な
苦痛や不快感が極限に
達すると吐き気を訴えます。

例えば何らかの療法を
試しているときに、
急に吐き気を催した
とします。

そうしたら、
ひとまずその療法を
中断してください。

ありがちなのは、
腰にコルセットを
巻きつけたときに
吐き気を訴えるケース
です。

なれない腹部への
コルセットの圧迫により
不快感を感じたとします。

すると、咄嗟に吐き気が
生じることもあります。

また痛み止めのお薬
を服用して吐き気を
生じることもあるかも
しれません。

そうしたら、コルセットは
緩めるなり、外すなり
しましょう。

飲み薬でしたら、
服用を止めましょう。

そして、お薬を
処方したお医者さんに、
その後の対応を質問
してください。

腰が痛くて動けない
ときにはちょっとした
ことが苦痛です。

もっとも苦痛なのが
トイレに行けないこと。

ずっと我慢することで
ついには気持ち悪く
なります。

吐き気を起こします。

そうなる前に、パートナーに
協力してもらい紙おむつに
出してしまう。

また、腰の痛みによって
寝たきりですと、
寝返りも痛くて打てません。

それも苦痛が大きいです。

寝汗をかいても自由に
着替えることもできません。

同じ体位が続くと、
体が熱くなってきます。

蒸れてしまいます。

でも体温調整のための
エアコンのスイッチすら
入れられません。

リモコンのある場所まで
移動することができない
からです。

生活における不自由さが
普段の何倍にもなります。

気持ち悪くなるのは
無理もありません。

こういったときには
出来るだけリラックス
しましょう。

あまりにも生活が
苦痛な場合は、
病院に入院して介助を
受けた生活を送ることも
やむを得ない
判断です。

また、お薬を飲んで
痛みを鎮めたり、
必要な痛みの対処を
すると吐き気も減ることでしょう。

まずは、心配な方は
必ず専門医を受診
なさってください。

詳しい診療科は、
総合病院で、
ナースさんに今の
症状を伝えていただければ
適切に担当の診療科を
案内してくださるはずです。

(※今回ご紹介した内容は
自己判断で実践すると
思わぬ持病の悪化や怪我の
危険性につながります。

絶対に自己判断せず専門医
に判断をゆだねてください。

万が一のことがありましても
一切の責任を負いかねます。)

※おまけコラム

ぎっくり腰の症状が
重たい人の特徴

結論;症状が重たい人ほど、
日ごろから足腰が不自由
している。

ぎっくり腰になったときに症状が
重いことがあります。

身動きが取れなくなってしまう。

そういった方が多いです。

このときに大切な
考え方があります。

ぎっくり腰になって
身動きが困難になってしまう
方には特徴があります。

総じて言えること。
それは仮にぎっくり腰が
無くても身体の動きに
難儀していること。


日頃から身体の動きが鈍い。

重たい、

だるい、

などの不調を
感じています。

そういう方は積極的に
体をケアしましょう。

体操やストレッチなど
に取り組んでみます。

いざぎっくり腰に陥った
ときに楽に動けます。

日常に与える障害も
少なく済みます。

また、
ぎっくり腰の発生頻度も
抑えることができる
のです。

いざぎっくり腰になってしまうと
不便を強いられます。

通勤はもちろんお買い物など
に不自由されることでしょう。

日頃から食材の
買い置きを
用意しましょう。

いざと言うときのために
折りたたみ杖を
用意しましょう。

会社の引き出しと
自宅に用意しておくと
心強いです。

その他症状

結論:ぎっくり腰は体力を消耗しているときに起こる。したがって、あらゆる不調が伴う。

  1. 腰痛で吐き気がある内臓の不調の可能性がある。体が弱っていると、食欲を失い、吐き出して体調を保とうとする。
  2. ぎっくり腰とパニック発作心臓がドキドキしたり、呼吸が苦しくなったり、死の恐怖を実感する人もいる。一人でいることが不安になってしまう。
  3. 麻痺と間違いやすいもの麻痺という言葉は耳にすることは何度かあっても実際にその詳しい定義を知っている人は珍しいです。感覚脱失や感覚鈍磨のことで、ピリピリするものや痛みによって筋力が低下しているもの、動かないために体の操作の方法を忘れてしまっているものは麻痺ではありません。
  4. 体中が痛くなったらどうしたら良い?整体を受診しましょう。全身の痛みを訴える患者様は多く一部には専門診療科を受診する必要のあるものもあるが、共通点は全身の体力が低下していること。体力が低下すると発痛物質が作られて痛くなる。生命三大兆候である①体温、②脈拍、③呼吸など様々なポイントが判断に必要
  5. ぎっくり腰と勘違いしないように気をつける全身症状のこと。風邪などによる全身症状があげられます。全身症状として発熱、関節痛、気分低下、体がぐったりするなどの所見がみられるときには風邪やインフルエンザなどの疑いがありますので、安静に過ごし、内科などを受診しましょう。
  6. 整体で健康になることはできる整体で健康になることはできます。一番の根拠は治療実績です。
  7. 鼻詰まりの簡単な解消法腰痛患者との直接の関係はありません。ちょっとした誤解を多くの方が抱いておりますからその解消としてご覧ください。
  8. 眼精疲労眼精疲労は頭蓋骨の歪みからもたらされるものがあり、ヘッドマッサージ治療を行なうことで症状が随分と改善されることがある。
  9. しゃっくりとぎっくり腰ぎっくり腰と非常に類似性が高いものでは意外なことにしゃっくりがある。
  10. ハゲ頭の原因と対策法血行とたんぱく質需要に着目しよう。
  11. ぎっくり腰と関節の固有感覚の低下関節の動きの調整が上手く行かないことで、無駄な筋肉の働きを招いてしまう。
  12. 顔のゆがみの原因体の左右差による。胎児期にはすでに左右差はある。
  13. 全身の色んなところが痛くなる男性経絡の滞留があると肩や腰や膝など色んなところが痛くなります。
  14. 整体で目の症状が改善されたのは血流が良好になるからパソコンの画面を常に見続けると目の筋肉が疲れて目の血流が悪くなるので注意
  15. aa痴呆症の予防はどうしたらいい?指と表情、会話(口)、を良く使うこと
  16. a腰痛と胸部苦悶感腰痛を患う人は背を丸めているため胸骨と鎖骨の間に過剰な圧迫が生じて胸が苦しくなる
  17. a皮膚の健康状態と腰痛皮膚の色が一目で分かるほど健康状態が悪いと当然腰痛には陥り易い
  18. めまいとの関係 めまいを起す方もまれにおり、デスクワークによる固定姿勢が背景にある。うつむいた姿勢を取るため首の緊張によって頚椎の椎骨動脈が障害されて来たす。
  19. 基礎体温の低下筋肉量が減少しているため日本人の平均的な体温は50年前より1度下がっている
  20. 基礎体温とぎっくり腰低体温になると体の組織が強張り、筋肉が反射的に固くなってぎっくり腰を招き安い
  21. 腰痛と口臭の関係腰痛患者は腰の痛みによって身動きが困難なため塞ぎこんだ毎日を過ごしており筋肉量の減少により基礎体温が低下し、内蔵の働きも低下するため胃腸の括約筋の働きが衰えてしまい腸内臭気が逆流して口臭を起こす。
  22. 腰痛患者に見られる椎骨動脈圧迫症状腰痛患者では椎骨動脈の圧迫症状によるめまいやふらつきを持っている人が多い。
  23. 腰痛患者と頻尿歳のせいだと誤解し易い高齢者特有の腰痛と頻尿、神経障害が起因することもある。
  24. aaa慢性的なだるさがある生理や熱中症、自律神経失調症によるものが多い
  25. a症状の経過 キン→ジ→ナイ→ヘン→シン症状は筋肉⇒靭帯⇒関節内障害⇒変形性関節症⇒精神病という順序で進行する。
  26. 痒みがあるなら腰痛に注意足に痒みがあるときには腰の血流が悪くなっている
  27. 痒みは腰の血流障害による腰の筋肉が凝り固まると血流が悪くなって足の痒みを起こす

発汗症状

結論:心の動揺が発汗と関係が深い

  1. ぎっくり腰で汗が大量に出ているのは精神性発汗痛みに遭遇すると、人は恐怖心から大量の発汗をすることがある。
  2. ぎっくり腰患者における発汗の原因判別患者が汗を大量にかいている。このときにどういったことに気をつけるのか?
  3. ぎっくり腰、寝るときに発汗がある腰が痛いと寝返りを打たなくなる。すると熱が体の一箇所にこもって汗をびっしょりかく。また痛みが血管の働きを障害すると汗をかきやすい。パニック気味になることもある。
関連症状

その他関連症状

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

腰の音

背中の症状

背中痛の原因

背中関連:その他

肋骨部の痛み・肋骨の症状

ショック症状

東洋医学

その他症状

症状別

「症状別」カテゴリーを以下の4つに区分します。

① 腰痛症状

② 筋肉症状

③ 腰部の経過別の症状

④ 腰痛と関連性のある症状


最新情報

腰痛で吐き気がある

ヤフー知恵袋で相談した人の腰痛は治ったのか?

重たい荷物を「乗せる」方法は?

内臓による腰痛の特徴

ヘルニアにパイプイスは?

腰痛患者が示す局所性不快感

運動で腰痛になる原因は?

腰痛対策に小冊子・パンフレットは?

人が安全に持ち上げられる力は何キロですか?

腰痛が癖になる

椅子に座るとすぐに立てず、中腰になってしまう

ぎっくり腰の寸前

股関節屈曲を他動で動かしたときに途中でつまるような感じがあった

中腰の腰痛の原因は?

ぎっくり腰の時間

腰痛のときにトイレでふんばるのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

仕事をクビになった。腰が悪くて働けない

かかとがムズムズするなら、靴下を履こう

かかとの内側がチクチクするのは?

腰痛学級で腰痛はなおるか?

その他症状

結論:ぎっくり腰は体力を消耗しているときに起こる。したがって、あらゆる不調が伴う。

腰痛で吐き気がある

ぎっくり腰とパニック発作

麻痺と間違いやすいもの

体中が痛くなったらどうしたら良い?

ぎっくり腰と勘違いしないように気をつける全身症状のこと。

整体で健康になることはできる

鼻詰まりの簡単な解消法

眼精疲労

しゃっくりとぎっくり腰

ハゲ頭の原因と対策法

ぎっくり腰と関節の固有感覚の低下

顔のゆがみの原因

全身の色んなところが痛くなる男性

整体で目の症状が改善されたのは血流が良好になるから

痴呆症の予防はどうしたらいい?

腰痛と胸部苦悶感

皮膚の健康状態と腰痛

めまいとの関係

基礎体温の低下

基礎体温とぎっくり腰

腰痛と口臭の関係

腰痛患者に見られる椎骨動脈圧迫症状

腰痛患者と頻尿

慢性的なだるさがある

症状の経過 キン→ジ→ナイ→ヘン→シン

痒みがあるなら腰痛に注意

痒みは腰の血流障害による

発汗症状

結論:心の動揺が発汗と関係が深い

ぎっくり腰で汗が大量に出ているのは精神性発汗

ぎっくり腰患者における発汗の原因判別

ぎっくり腰、寝るときに発汗がある

その他関連関連症状

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

腰の音

背中の症状

背中痛の原因

背中関連:その他

肋骨部の痛み・肋骨の症状

ショック症状

東洋医学

その他症状

症状別

「症状別」カテゴリーを以下の4つに区分します。

① 腰痛症状

② 筋肉症状

③ 腰部の経過別の症状

④ 腰痛と関連性のある症状