荘A[NX̉@

腰部の筋緊張が過剰な方が心がけるべきこと

結論:椅子の背もたれに寄りかかること。

  1. 概要:緊張した腰を揉み解しても長くは持たないため、腰部の椎間板に加わる圧力を小まめに開放してあげて姿勢を補正すると良い。
  2. 質問腰がパンパンに緊張する。どういったことを心がけるべき?
  3. 多くの誤解肉体疲労によって腰の筋肉が固くなるわけではない。
  4. 体が固くなる本当の理由体は真っ直ぐに起こしていれば腰を緊張させる必要はない。
  5. どうして真っ直ぐな姿勢でも腰が緊張するのか?時間経過と共に背中は丸くなるから
  6. 背中が丸くなる理由背骨の椎間板の水分が圧力によって抜けて萎むから
  7. 背中の丸みと腰の緊張の関係丸くなった背骨は前方に傾く力が常に働くため腰周りの緊張が強いられる
  8. 腰周りの緊張の防止法椎間板の圧縮を開放することが大切。

腰痛では固く緊張した腰を治療する。
疲弊した腰の筋肉を揉み解すことを重視する。
だが、長時間身体を起した姿勢が腰に支障を与えている。
背骨の椎間板が上半身の体重を受け続けている。
そして椎間板内部の水分が抜けてしまう。
椎間板が変形する。
だから背中の丸くなった姿勢になる。
そして、腰周りの筋肉が働いてしまう。
腰の筋肉を働かせず済ませるにはどうするか。

それは、椎間板を体重の圧力から小まめに開放すること。

椎間板に、圧力変化を与える。
そうすることで水分を供給させる。
椎間板を膨らませる。
背骨の短縮差を改善する。
このことが根本的な治療として求められる。

メニューに戻る

※スポンサーCM

質問:腰がパンパンに緊張する。どういったことを心がけるべき?

腰痛をお持ちになられる方は毎日のお仕事で腰がパンパンに強張って筋緊張が強くなっていることを自覚されている方はおられることでしょう。こういった方では毎週末になると腰の疲れを取るために整体やマッサージなどの治療をお受けになられているはずです。本当なら毎日仕事帰りに治療を受けたいぐらいなんだけどどうしてもお金も時間も都合が付きません。だからせめて週末に1回ぐらいの楽しみとして受けたいとお思いになられるわけです。

では腰部の筋緊張が過剰になってしまっている方はどういったことを心がけるべきなのでしょうか?

メニューに戻る

多くの誤解:肉体疲労によって腰の筋肉が固くなるわけではない。

こことできっと多くの方は腰が固くなる理由として毎日立ち仕事やデスクワークで身体を起しているために腰の筋肉が緊張を強いられてしまい腰周りの筋肉が固くなるのだろうとお考えになられるはず。

しかし、それは誤解です。

メニューに戻る

体が固くなる本当の理由:体は真っ直ぐに起こしていれば腰を緊張させる必要はない。常に不必要に使うから固くなる

※スポンサーCM

どうして腰周りの筋肉が固くなるのかと申しますと、本来ならば真っ直ぐに身体を起しているときであれば背骨が体重を柱のように請け負ってくれますから腰周りの筋肉を緊張させる必要などそもそもありません。真っ直ぐに背骨が支えてくれていれば筋肉を使わずに済みます。使わなければ筋肉は柔らかな状態を保てるはず。不必要な場面で常に緊張し続けるから固くなるわけです。

メニューに戻る

どうして真っ直ぐな姿勢でも腰が緊張するのか?時間経過と共に背中は丸くなるから

ではどうして背骨で支える真っ直ぐな姿勢で過ごしていようと意識していても腰が緊張してつかれてくるのか?これは肉眼では確認できないぐらいの変化が私達の体の中に起こっていることがあげられます。私達は一日の中でも身長が僅かに伸び縮みしており特に座高の高さの変化が身体の中でも大きいです。朝方が最も身長が高く夕方に近づくにつれて身長は縮むように出来ているのです。そして気がつくと真っ直ぐ保っているはずですが徐々に背中が丸く彎曲していってしまうのです。女性や中高年の方では背中の丸みは顕著になって行きますがこれは半分は意識による部分ですがもう半分は身長が縮んで丸くなってしまっていることがあげられるのです。

メニューに戻る

背中が丸くなる理由:背骨の椎間板の水分が圧力によって抜けて萎むから

では、どうして時間経過と共に身長が縮むと背中が丸くなるのでしょうか?身長が短くなるだけでしたら単純に真っ直ぐな背骨が短くなるだけと思えてしまうものです。しかし、背骨の中で形状が変化する組織が決まっております。それが背骨の前方にある腰部椎間板なのです。

椎間板背骨を側面から見ている図。トーテムポールのように上下にー連なっている背骨は前方に椎体と椎間板からなる支柱部分、後方に椎間関節からなる支柱部分があります。

デスクワークや立ち仕事で身体を一日中真っ直ぐに起しておりますと次第に前方支柱の椎間板に上半身の体重の圧力が加わって行き、椎間板から水分が抜けて行きペッタンコに変形していきます。この変形によって腰椎の前方部分だけが短くなりますので結果的に前方に傾いて来てしまい背骨全体では本来ならばS字状の彎曲をしているはずがC状、すなわち背中が丸くなるわけです。

メニューに戻る

背中の丸みと腰の緊張の関係:丸くなった背骨は前方に傾く力が常に働くため腰周りの緊張が強いられる

※スポンサーCM

そして背骨が丸くなってしまうからこそ上半身が常に前方に倒れようと傾く力が生じるわけです。この倒れ込む力に対抗するために腰周りの緊張が強いられて腰が固くなります。

メニューに戻る

腰周りの緊張の防止法:椎間板の圧縮を開放することが大切

つまり日常的な腰痛のケアのためにはマッサージでモミモミと緊張した腰部をほぐすことも良いのですがそれですと根本手的な対策とはなりません。急性期の腰の痛みや我慢ならない腰の辛さをとるためには良いのですがやはり一時的な治療であることは認識するべきです。

では根本的な対策にはどうするべきなのか?これは上半身を起していることによる椎間板に加わる圧力を背骨から開放して椎間板が荷重によって圧縮している状況を改善することが大切です。椎間板から水分が抜けている状態はいわばストーブに給油するための手漕ぎポンプのようなものです。ポンプを圧縮して手で握るとペッタンコになり、握った手を離すとまた再び内部に水分が供給されて膨らみます。

これと同じで椎間板に加わった荷重を背もたれに寄りかかったり寝転ぶことで軽減したり、腰を回したり曲げ伸ばしの体操をすることでポンプのように圧力変化を起すことで水分をめぐらせますと再び膨らみます。そして大抵は1晩タップリ寝ることで椎間板の水分が戻って膨らむものです。

椎間板が膨らみますと再び背骨の前方の短縮が改善されて前後の長さが揃いますから姿勢を真っ直ぐに起しているときに背中の丸みも無くなり、筋力を使わずに背骨を真っ直ぐに保持することができるようになるのです。

曲がった背骨を支えるための筋肉を揉み解してコンディションを整えることよりも、背骨の椎間板の厚みを復元することで筋肉を使わずに同じ姿勢をキープ出来るようにすることが根本的な対応として求められるのです。

メニューに戻る

緩和処置・慢性期

結論:体の抵抗力をつける

血中酸素濃度を上げると腰痛が治る

痛みを和らげる方法

施術

脊髄に伝わる痛みの緩和法

座面療法

牽引療法

どういったことに注意して施術するの?

バランスを見極めた調整が必要

MSS療法

腰部の筋緊張が過剰な方が心がけるべきこと

ぎっくり腰は痛くない範囲で動く

慢性腰痛治療のための治療法選択のポイント

慢性腰痛患者の腰部のコンディショニング法

苦労せず地道に自分で治せる方法

ぎっくり腰移動

長すぎる休憩はギックリ腰の原因となる

なぜ腰を反らすことが腰部に良いのか?

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

慢性腰痛には温湿布とホットカイロどちらが良いか

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

ぎっくり腰の防止にオススメする温熱療法について

誰にでもできる防止のための基礎体温上昇法

時間

お風呂の腰痛治療効果

結論:慢性腰痛は温めて緩和することがある。ただし・・

ヘルニアに効く温泉は?

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

坐骨神経痛に電気風呂は?

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

腰部ケアのための入浴法

温浴法

温泉で坐骨神経痛を治したい

お風呂の適応判断

腰痛の温浴療法

シャンプーハットの腰痛防止効果

良い入浴剤

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

シャワー中に起こったもの

ぎっくり腰のときのお風呂の偏った考え

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

坐骨神経痛に入浴の姿勢は関係あるか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

ぎっくり腰のときのお風呂は軽く流す

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰の負担の少ない頭の洗い方

神経痛のときの入浴は?

理想的な腰痛での入浴

お風呂と腰痛

ぎっくり腰に温泉は良いのか?

腰痛では部分浴にも気をつける

慢性腰痛ケア

結論:体を動かす生活習慣を意識する

意識するべきは恒常性

慢性腰痛に良い素足健康法

腰に加わるストレスを解消する方法

MSS療法

経絡療法について

腰のセルフケアでは首を反らす

動いてケアする腰痛と休んでケアする腰痛

痛みの緩和に効果があるもの

腰痛防止のための日常的な筋肉の調整法

腰痛のツボ

アクティブケア

ぎっくり腰に陥らないための日常ケア

サーティーワンメソットの有効な例と無効な例

背骨の変形が背景となる高齢者のぎっくり腰のセルフケア

セルフケアのあり方

自分で出来る防止のセルフケア

防止のための腰の筋肉の緊張を緩める方法

荷重偏移による腰痛のセルフケア方法

短時間で腰痛のセルフケアをするためのコツ

高齢者の慢性腰痛の日常ケア

高齢者の日常ケア方法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※最新ページ

ぎっくり腰と静的ストレス

アークス整体院プライベートブログ

プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

緩和処置・慢性期

結論:体の抵抗力をつける

血中酸素濃度を上げると腰痛が治る

痛みを和らげる方法

施術

脊髄に伝わる痛みの緩和法

座面療法

牽引療法

どういったことに注意して施術するの?

バランスを見極めた調整が必要

MSS療法

腰部の筋緊張が過剰な方が心がけるべきこと

ぎっくり腰は痛くない範囲で動く

慢性腰痛治療のための治療法選択のポイント

慢性腰痛患者の腰部のコンディショニング法

苦労せず地道に自分で治せる方法

ぎっくり腰移動

長すぎる休憩はギックリ腰の原因となる

なぜ腰を反らすことが腰部に良いのか?

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

慢性腰痛には温湿布とホットカイロどちらが良いか

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

ぎっくり腰の防止にオススメする温熱療法について

誰にでもできる防止のための基礎体温上昇法

時間

お風呂の腰痛治療効果

結論:慢性腰痛は温めて緩和することがある。ただし・・

ヘルニアに効く温泉は?

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

坐骨神経痛に電気風呂は?

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

腰部ケアのための入浴法

温浴法

温泉で坐骨神経痛を治したい

お風呂の適応判断

腰痛の温浴療法

シャンプーハットの腰痛防止効果

良い入浴剤

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

シャワー中に起こったもの

ぎっくり腰のときのお風呂の偏った考え

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

坐骨神経痛に入浴の姿勢は関係あるか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

ぎっくり腰のときのお風呂は軽く流す

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰の負担の少ない頭の洗い方

神経痛のときの入浴は?

理想的な腰痛での入浴

お風呂と腰痛

ぎっくり腰に温泉は良いのか?

腰痛では部分浴にも気をつける

慢性腰痛ケア

結論:体を動かす生活習慣を意識する

意識するべきは恒常性

慢性腰痛に良い素足健康法

腰に加わるストレスを解消する方法

MSS療法

経絡療法について

腰のセルフケアでは首を反らす

動いてケアする腰痛と休んでケアする腰痛

痛みの緩和に効果があるもの

腰痛防止のための日常的な筋肉の調整法

腰痛のツボ

アクティブケア

ぎっくり腰に陥らないための日常ケア

サーティーワンメソットの有効な例と無効な例

背骨の変形が背景となる高齢者のぎっくり腰のセルフケア

セルフケアのあり方

自分で出来る防止のセルフケア

防止のための腰の筋肉の緊張を緩める方法

荷重偏移による腰痛のセルフケア方法

短時間で腰痛のセルフケアをするためのコツ

高齢者の慢性腰痛の日常ケア

高齢者の日常ケア方法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書