腰痛患者の周囲の対応

結論:やさしく労わってあげる

  1. ギックリ腰、誰に助けを求めるべき?腰が痛くて動けない。身近な人に助けを求めたい。でも誰に頼むべきなのか?このときには可能な限り男性にお願いしよう。
  2. 患者の身内や身近な人の対応できるだけ普段どおりに接することが大切
  3. 周囲の人ができること保護・介護・救護ぎっくり腰で動けない人の安全を確保し、身の回りのお世話をし、救急医療機関へと移送する
  4. 周囲の人ができることは予防措置ぎっくり腰のために周囲の方ができることは、主に予防措置、安全な方法を検討したり、みんなで協力して重たいものを運ぶとぎっくり腰になりにくい。受傷後は保護・救護・介護をする。
  5. 健康な方の腰痛に対しての誤解腰痛は対岸の火事ではない
  6. ぎっくり腰の介護ぎっくり腰の介護ではやはり最も苦痛な下の用を手伝ってもらえると助かります。
  7. 腰痛と周囲の助力腰痛に陥ったときには諸外国では積極的にチップを払って助力を求める
  8. 腰を痛めない臥位からの起き上がり介助手の力だけで引っ張って起こそうとすると腰を患ってしまう。出来るだけ足幅を広く開いて、体重移動によって起こすように心がけること。