手術その他

  1. 重篤なケースの手術判断慢性腰痛患者様の手術の判断について。複数名の医師によるセカンドオピニオンについて。
  2. Q狭まった背骨の隙間は手術しかないのか?ヘルニアを起こすと背骨の隙間が狭まると言いますが、背骨の隙間は加齢現象によって生じるもの。歳相応の狭まりが合った方がむしろ機能性が優れており、腰痛の発生は統計的には少ないぐらいです。狭まりと腰痛は無関係で、むしろ別の要因を疑う必要があります。
  3. どうしたら手術が受けられるか?手術は①画像検査での明らかな根拠、②複数名の専門医の所見の一致、③他の療法での改善が得られぬとき、の3条件を満たして初めて受けることができます。最終的な判断は専門医に委ねられ、希望すれば受けられるわけではありません。手術というものは取り返しが付かぬものですから手軽に試せる民間療法を利用してみましょう。
  4. 手術後のお酒はいつから?椎間板ヘルニアの手術後の飲酒は半年後からが良い。詳しくは担当医まで。しかし、ヘルニアを再発させたくないのならばお酒をやめることがもっとも対策となる。
  5. 腰痛の手術の3条件①画像と診察の一致、②手術以外の治療効果がない、③患者の理解
  6. 手術を受けられない絶対条件感染症や受ける体力が無い人、受けることでデメリットの方が大きくなる人
  7. 患者都合で手術が仕方ないケース本当ならば安静にすることで良くなるけれども手術を受けることもしょうがないだろうというケース
  8. 手術をおすすめする人人には価値観の違いがある。主体的な努力を放棄するなら最初から早めに白旗を揚げて手術を受けた方が傷口を広げずに済むこともある。
  9. 慢性腰痛は手術をしないと治りませんか?もう鬱陶しい腰の痛みをサッサと治してもらいたいという考えの方のページ
  10. 病院で手術を勧められたけど嫌です。どうしたら良いでしょうか?画像所見で明らかな異常を認めるものでも緊急性がなければ手術を急ぐ必要なない。