腰痛の手術失敗

結論:成功・失敗に係わらず、他人任せでは治らない。

  1. 手術後の再発の確率慢性腰痛では手術をしてもしつこく繰り返してしまうのは、日常生活動作など問題となる姿勢を治しておらなかったり運動不足などが考えられ、HEARの原則にしたがって治療を進める必要がある。
  2. 慢性患者の手術の治療成績について総じて悪い。手術は対処療法、改善には腰の機能性を回復させる。
  3. 痛みが出たのは手術の失敗のせい?術後数年経過すると手術を受けたのも受けないのも差はない。
  4. 手術は最後の手段なのか?手術はあくまでも対症療法であり、本質的な改善には自分の努力が必要です。術後10年経てば受けても受けなくてもどちらも術後成績に差はありません。
  5. 狭窄症患者の手術の現状手術は最終手段であり、治る見込みが高く他に治せる方法がないときに行うものだが、狭窄症患者は一般的な手術とは異なる現状がある。
  6. 坐骨神経痛、フェイルドバックサージャリー症候群手術を考えている方は必ず知っておくべき失敗のリスクについて
  7. aaa原因を特定しない腰痛手術は治らない原因が分からないまま手術をし、無責任な対応を受けることもある