腰痛治療、手術は最後の手段なのか?

内視鏡手術

※スポンサーCM

腰痛が酷くて数ヶ月寝たきりを余儀無くされますと誰もが「早く手術をしてください。」と自ら懇願して医師に手術を願い出るそうです。多くの方にとって手術は最後の手段だと思えるものです。ところが腰痛疾患の中で本当に手術が必要なものは重篤な患者の中でも数%に過ぎないことが明らかにされております。また短期的に仕事に復帰は出来ても5年から10年ぐらいの期間が経過すると手術を受けた者もそうでない者もその後の経過には差はありません。つまりスポーツ選手や会社で働く人が短期間で第一線に復帰するためにやむなく選択されるもの。あくまでも対症療法なのです。根本的な治療法はあくまでも自ら主体的に努力する運動療法や日常生活を見直すなどの患者自身の問題を解決すること。手術は急ぎの人が受けるものなんですね。根本療法無しで対症療法を求めても本質的な問題解決とはならないんです。

※スポンサーCM

腰痛の手術失敗

結論:成功・失敗に係わらず、他人任せでは治らない。

  1. 手術後の再発の確率慢性腰痛では手術をしてもしつこく繰り返してしまうのは、日常生活動作など問題となる姿勢を治しておらなかったり運動不足などが考えられ、HEARの原則にしたがって治療を進める必要がある。
  2. 慢性患者の手術の治療成績について総じて悪い。手術は対処療法、改善には腰の機能性を回復させる。
  3. 痛みが出たのは手術の失敗のせい?術後数年経過すると手術を受けたのも受けないのも差はない。
  4. 手術は最後の手段なのか?手術はあくまでも対症療法であり、本質的な改善には自分の努力が必要です。術後10年経てば受けても受けなくてもどちらも術後成績に差はありません。
  5. 狭窄症患者の手術の現状手術は最終手段であり、治る見込みが高く他に治せる方法がないときに行うものだが、狭窄症患者は一般的な手術とは異なる現状がある。
  6. 坐骨神経痛、フェイルドバックサージャリー症候群手術を考えている方は必ず知っておくべき失敗のリスクについて
  7. aaa原因を特定しない腰痛手術は治らない原因が分からないまま手術をし、無責任な対応を受けることもある
ぎっくり腰の医療機関での対処について

ぎっくり腰の医療機関での対処

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

救急車

病院

医者

レントゲン・MRI・画像検査

牽引療法

ヘルニア手術

坐骨神経痛手術

手術:失敗

手術:その他

湿布・貼り薬・外用薬

痛み止め・消炎鎮痛薬

鎮痛以外の飲み薬

注射

トリガーポイント

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

ほとんど治りかけた腰、仕事でまた痛くなった

腰痛持ちに軽作業は?

腰の負担が少ない仕事って何?

ヘルニアで働けない。生活保護は?

膝裏を伸ばす方法は?

ぎっくり腰の看病は?

モーラステープで腰の痛みが悪化する原因

ぎっくり腰のあと、抱っこはいつからいいの?

腰痛持ちは立ち仕事は止めるべきか?

足のすね鈍器で殴られたような痛み

まっすぐ寝ると足がしびれた感じがする

手術失敗

結論:成功・失敗に係わらず、他人任せでは治らない。

手術後の再発の確率

慢性患者の手術の治療成績について

痛みが出たのは手術の失敗のせい?

手術は最後の手段なのか?

狭窄症患者の手術の現状

坐骨神経痛、フェイルドバックサージャリー症候群

原因を特定しない腰痛手術は治らない

医療機関での腰痛対策関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

救急車

病院

医者

レントゲン・MRI・画像検査

牽引療法

ヘルニア手術

坐骨神経痛手術

手術:失敗

手術:その他

湿布・貼り薬・外用薬

痛み止め・消炎鎮痛薬

鎮痛以外の飲み薬

注射

トリガーポイント

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)