荘A[NX̉@

90歳でも筋肉を鍛えることはできるか?

散歩をする高齢者

結論:できる。ただし、残された時間がわずかなため、楽しみながら体を動かすことを優先する。

※スポンサーCM

90歳の高齢者でも
筋肉を鍛えることは
できます。

でも、

僕が同じ立場だったと
します

そうしたら、きっと
僕は、
残るわずかな時間を
体を鍛えることに
使いたくはないと
考えるはずです

車いすを使う高齢者
それよりも、
家族だったり、
息子や孫だったり、
身近な人たちと
過ごす時間を大切に
したい。
笑顔の高齢者
僕はそう思いますよ。

最後のさいごまで
体を鍛えて、
それで死んでしまったら
もったいないですよね。
死を目前としている高齢者男性
人の寿命はいつ
尽きてしまうのか?

こればかりは
分かりません。

90歳まで生きられたら、
むしろ、やり残したこと
なんてないのかも
しれません。

いつだって

「今日死ぬ
かもしれない」

そう思うでしょうね。

とっくに覚悟は
決まっているの
でしょうね。

※スポンサーCM

もちろん、理論上は
体を鍛えれば
90歳でも、
100歳でも、
生きている限りは
筋肉は鍛えられます。

でも、僕は
さんざん頑張って来た
人にこれ以上、
頑張って欲しく
ありません


残された時間、
残された体力、

それは
貴重です。

出来れば、
愛する家族と
過ごすために
使って欲しい
です。
笑顔の高齢者夫婦
家族と笑いあって、
楽しんで時間を
過ごして欲しいです。

そして、
思いっきり笑って、

満足して眠って、

昼寝をするように
旅立てると、

悔いがない
のだろうと
思えるのです。

楽しむことが
最大の筋トレ

やはり、多くのご高齢者が
最後に遠く離れた家族に
頻繁にお会いになられます。

遠くから新幹線や、夜行バス、
で旅をして家族とお会いに
なられます。

そうしてまで一緒に
過ごせる最後の時間を
楽しまれます。

歌を歌ったり、

若い人に戦争の頃の
話をしたり、

思い残すことが
ないように、
やりたいことを
楽しまれます。

実は、道を歩いたり、
水中ウォーキングを
したり、

身近なトレーニングを
することも筋肉を
鍛えられますが、

こういった楽しみ
のためにちょっとした
お出かけをしたり、
趣味に没頭することも、
道を散歩して鍛える高齢者
筋トレや、脳トレ、
リハビリにつながります。

また、足腰が不自由で、
介護を受けられている人や、
ベッドで寝たきりの方も
おられることです。

そういった方も、
小説を楽しまれたり、
手芸を楽しまれたり、
読書を楽しむ人
指先を動かすだけでも、
口を動かすだけでも、
脳を活発化させる
働きが期待できます。

※スポンサーCM

つまり90歳からは、
筋トレを一番の目的とせず、
楽しむことを一番の目的と
することが良いと思います。

筋肉が鍛えられるのは
むしろ、おまけなんですね。

体を動かしたり、
指を動かしたり、

目を動かしたり、

映画をご覧になったり、

知的な体験
するだけでも、
脳にはリハビリ効果が
あります。

若い頃から
散々がんばら
れたのです。

もう、これ以上は
頑張らなくても
いいんです。

もう、残された
わずかな時間ぐらい
休みましょう。

頑張るのでは
なく、楽しみましょう。

楽しんで、
その結果、少しでも
体が楽になれれば
それでいいと、
僕は思いますよ。

90歳の筋トレ
では

それでも、
楽しもうにも、
奥さんは先立って
しまった。
笑顔の高齢女性
子供もいない。


一人で過ごされる
方もおられることです。

僕もなんだか、
このままだと
そうなりそうです。

こういった方では、
「ながら」
トレーニングを
おすすめしたいです。

テレビを見ながら、
鍛えたり、
本を読みながら鍛えたり、
何かを「しながら」体を
鍛えることを

「ながらトレーニング」

と呼びます。

おすすめするのは、
テレビを見ながら
行うペダル漕ぎ運動です。

ペダル運動マシン

こういったものを、
そのときの体調に合わせて
1セット100回ぐらい
ペダルを漕いでいただくと、
体内の血流が活発化します。

あくまでも筋トレを
目的とするよりも、
最初は体を少しずつ
慣らしていきましょう。

慣れたのを見計らって
200回、
300回と回数を
増やしますと、そのうちに
足の筋肉を鍛えて
発達させることが
できます。

運動の安全対策

結論:痛みが出ない範囲の運動をする

コンディショニングの必要性について

すでに慢性腰痛を持っている患者の運動療法

慢性的に足腰が悪い人の運動

怪我を未然に防ぎ、さらにぎっくり腰を予防できる運動は?

ぎっくり腰、ジム行って良いのか?

腰痛患者の運動の4つのポイント

重たい女性の慢性腰痛のリハビリは油圧式マシン

Q、多少腰に痛みがあっても運動しても良いの?

ぎっくり腰予防の運動量は?

腰痛の運動療法の禁忌

世界で一番正しいトレーニング

転倒のリスクのない足腰の鍛え方

怪我をしないためのエクササイズの注意点

走っているときの腿の痛みの改善

筋トレ、実施前に絶対にやってもらいたいこと。

筋トレの注意点、最も気をつけるところ

筋トレ、筋肉を固くしない方法

筋トレ、導入前にしていただきたいこと。

動作中の怪我の発生要因

ランニング障害との関係について

リハビリ

結論:日常の家事も立派なリハビリ

リハビリの注意

一番のリハビリは?

リハビリはいつまで続けるの?

リハビリの開始時期

リハビリどのくらい要る?

リハビリで注意すること

ぎっくり腰のリハビリ

筋トレをしなくても腰痛は治る

高齢者・中高年の運動

結論:近所を散歩する。転倒する人は室内運動器具で鍛える。

90歳でも筋肉を鍛えることはできるか?

ウォーキングとサイクリングの腰への負担

高齢者におすすめな運動、太極拳

お尻が垂れ下がってきた。お尻の鍛え方は?

90歳以上の筋肉の鍛え方

高齢者の対策では運動した方が良いのか?

高齢者の背筋トレーニング

中高年が足腰を鍛えるならハーフスクワットがおすすめ

高齢者の運動は日常を楽しむこと

高齢者のリハビリで気をつけること

スクワットよりもマシントレーニング

高齢による腰部の病気で立ち上がれません。運動は無理ですか?

高齢者の慢性腰痛のリハビリ法

筋トレ、中高年者の多くの間違い

高齢者のぎっくり腰の治療のための膝抱え体操

筋トレは高齢者のみ有効

高齢者の慢性腰痛治療のためのエクササイズ

楽な運動

結論:長続きすることを取り組む。

腰痛改善に最も実践的な運動は楽しむこと

優しい渡会式スクワット

大腰筋の安全な鍛え方

衰えてもできる運動

衰えた体の筋トレは補助を用いる

筋力が衰えた人の鍛え方

腰痛を減らすための楽なトレーニング法

心臓が弱い人のリハビリ

運動嫌いな主婦の腰痛対策

足腰の衰えた人の防止の運動

最も手軽に取り組めるトレーニング法

腰痛防止の冬の運動

主婦のぎっくり腰防止の筋トレ法

ゆっくりとした動作の効果

運動嫌いな方にもできる防止の体力強化法

運動に価値を見出せない方のための防止の鍛錬方法

水泳

結論:水泳は面倒くさくて続かない

バタフライは腰に負担は掛からないか?

腰痛対策の水泳で気をつけること

腰痛がある。クロールは?

水泳による腰痛治療

腰痛にプールはいいのか?

背泳ぎは?

良くない

水泳は腰痛にいいのか?

冷え性に水中歩行はいいのか?

腰痛と水泳

腰痛とプール

慢性腰痛が楽になったのは水泳によるものか

ぎっくり腰と水泳

※安全性の確約はいたしかねます。
「自己責任」で運動に取り組みましょう。

運動・ダイエット

「運動・ダイエット」カテゴリーを以下の7つに区分します。

歩く

腰痛患者の運動

運動の安全対策

運動理論

運動の誤解

ダイエット

運動器具

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

アークス整体院プライベートブログ


プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

運動の安全対策

結論:痛みが出ない範囲の運動をする

コンディショニングの必要性について

すでに慢性腰痛を持っている患者の運動療法

慢性的に足腰が悪い人の運動

怪我を未然に防ぎ、さらにぎっくり腰を予防できる運動は?

ぎっくり腰、ジム行って良いのか?

腰痛患者の運動の4つのポイント

重たい女性の慢性腰痛のリハビリは油圧式マシン

Q、多少腰に痛みがあっても運動しても良いの?

ぎっくり腰予防の運動量は?

腰痛の運動療法の禁忌

世界で一番正しいトレーニング

転倒のリスクのない足腰の鍛え方

怪我をしないためのエクササイズの注意点

走っているときの腿の痛みの改善

筋トレ、実施前に絶対にやってもらいたいこと。

筋トレの注意点、最も気をつけるところ

筋トレ、筋肉を固くしない方法

筋トレ、導入前にしていただきたいこと。

動作中の怪我の発生要因

ランニング障害との関係について

リハビリ

結論:日常の家事も立派なリハビリ

リハビリの注意

一番のリハビリは?

リハビリはいつまで続けるの?

リハビリの開始時期

リハビリどのくらい要る?

リハビリで注意すること

ぎっくり腰のリハビリ

筋トレをしなくても腰痛は治る

高齢者・中高年の運動

結論:近所を散歩する。転倒する人は室内運動器具で鍛える。

90歳でも筋肉を鍛えることはできるか?

ウォーキングとサイクリングの腰への負担

高齢者におすすめな運動、太極拳

お尻が垂れ下がってきた。お尻の鍛え方は?

90歳以上の筋肉の鍛え方

高齢者の対策では運動した方が良いのか?

高齢者の背筋トレーニング

中高年が足腰を鍛えるならハーフスクワットがおすすめ

高齢者の運動は日常を楽しむこと

高齢者のリハビリで気をつけること

スクワットよりもマシントレーニング

高齢による腰部の病気で立ち上がれません。運動は無理ですか?

高齢者の慢性腰痛のリハビリ法

筋トレ、中高年者の多くの間違い

高齢者のぎっくり腰の治療のための膝抱え体操

筋トレは高齢者のみ有効

高齢者の慢性腰痛治療のためのエクササイズ

楽な運動

結論:長続きすることを取り組む。

腰痛改善に最も実践的な運動は楽しむこと

優しい渡会式スクワット

大腰筋の安全な鍛え方

衰えてもできる運動

衰えた体の筋トレは補助を用いる

筋力が衰えた人の鍛え方

腰痛を減らすための楽なトレーニング法

心臓が弱い人のリハビリ

運動嫌いな主婦の腰痛対策

足腰の衰えた人の防止の運動

最も手軽に取り組めるトレーニング法

腰痛防止の冬の運動

主婦のぎっくり腰防止の筋トレ法

ゆっくりとした動作の効果

運動嫌いな方にもできる防止の体力強化法

運動に価値を見出せない方のための防止の鍛錬方法

水泳

結論:水泳は面倒くさくて続かない

バタフライは腰に負担は掛からないか?

腰痛対策の水泳で気をつけること

腰痛がある。クロールは?

水泳による腰痛治療

腰痛にプールはいいのか?

背泳ぎは?

良くない

水泳は腰痛にいいのか?

冷え性に水中歩行はいいのか?

腰痛と水泳

腰痛とプール

慢性腰痛が楽になったのは水泳によるものか

ぎっくり腰と水泳

※安全性の確約はいたしかねます。
「自己責任」で運動に取り組みましょう。

運動・ダイエット

「運動・ダイエット」カテゴリーを以下の7つに区分します。

歩く

腰痛患者の運動

運動の安全対策

運動理論

運動の誤解

ダイエット

運動器具

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書