ぎっくり腰専門ユークル整体院

ぎっくり腰のケアで気をつける動作

ぎっくり腰のケアで気をつけるべきが姿勢、多くの場合日常で楽だと実感できる背を丸める姿勢を取り続けており腰部の椎間板に無意識のうちに負担を加えている。骨盤や背骨を筋肉を用いて真っ直ぐに支えることで椎間板に加わる負担を軽減することが必要となる。

※スポンサーCM

日常でとっている姿勢は楽をすることを重視した姿勢である。

どのような、姿勢が良いのかは諸説あります。そして、体型や年齢、性別などによっても異なります。ただし、ご理解していただきたいことは、私達が日常に過ごしているときの姿勢は楽をすることを重視した姿勢であるということです。

座位で力を抜くと腰や背中が丸くなり腰椎の前彎曲が失われ椎間板にストレスを与える

例えば座位姿勢で力を抜いてしまうと、腰や背中が丸くなってしまいますよね。このときは腰椎の自然な前彎曲が失われて背骨が竿のようにたわんで、脊椎の前方部分にある椎間板というクッションに膨大なストレスを与えてしまっているのです。

長期的に続くと、椎間板がへたってヘルニア症を来たす

若い年代の方や筋肉の沢山ある方ではこの姿勢になってもそれほど苦になりませんが、この姿勢を仕事の時間中ずうっと続けるのが、数年にわたって行くことで段々と椎間板がへたってきます。つまり、荷重に対向しけれなくなり、体重負荷によって押しつぶされてしまうのです。従いまして、この腰や背中を丸めてしまう姿勢は、もっともヘルニア症を引き起こしやすい体勢ということで、立位姿勢よりも3倍近くヘルニア症の発生確率が高まってしまいます。

背中を真っ直ぐにのばしてできるだけ背筋を垂直に保つ

では、その状態を防止するにはどうしたらよいのでしょうか?それが、背中を真っ直ぐに伸ばしてできるだけ、背筋の垂直に近づけることであるのです。

背筋を垂直に近づけると椎間関節に荷重を分散し椎間板のストレスが減少

この体勢では腰椎は後方の椎間関節に荷重を分散することができるため、椎間板を圧縮する働きもずいぶんと減少するわけです。また、立位においても同様で、できるだけ背筋を伸ばしていただくことが重要となります。

※スポンサーCM

椎間関節のぎっくり腰では前傾しがちだがヘルニアの原因となるため、真っ直ぐ起こす筋肉を強化する。

椎間関節性のぎっくり腰をお持ちの方では、腰を伸ばすとおつらいということでどうしても前傾になりがちですが、前傾になることで今度はヘルニアを起してしまうわけです。こうならぬためには普段から背骨を真っ直ぐに支える作用を強化する必要があるのです。

背骨を真っ直ぐにするには骨盤を真っ直ぐに補正する

では、どのようにしたら背骨を真っ直ぐに支えられるのでしょうか?それは、背骨は仙骨という骨の上にあり、仙骨は骨盤を構成しておりますので、背骨の土台である仙骨そして骨盤から真っ直ぐに補正することが重要となるのです。

理想の姿勢は仙骨を垂直に保つ姿勢

そして、理想的なのが仙骨を垂直に保っている姿勢であるのです。

「仙骨を垂直に保つはどういうこと?」

上前腸骨棘と上後腸骨棘を結ぶ線が水平となれば仙骨が垂直になっている

このように思えるかもしれません。したがいまして、これのポイントを申し上げますと、1つの目安としては骨盤のサイドにある手で容易に触れられる突起である上前腸骨棘と、お尻の後方にある上後腸骨棘を結ぶ線が水平となれば、そのときには仙骨が真っ直ぐになっているということだと思っていただければよいでしょう。

大殿筋に力をこめると骨盤が起き上がって仙骨が垂直になる。

また、お尻を引き締めるつもりで大殿筋という、お尻のホッペの筋肉に力を込めると骨盤が起き上がってきて、仙骨が垂直になるはずです。そのコツを申し上げると「肛門を全力で締めていただく」これが仙骨を真っ直ぐにする秘訣です。

仙骨を真っ直ぐに保つことができれば、立ち上がりや、腰掛ける際にお尻が真っ直ぐイスに落ちる。

じゃあ実際に試して見ましょう。(以下の実際の運用に当たっては必ず事前に専門医にご相談になってください。)

  1. その場で立ち上がってください。
  2. まずは何も意識せずイスにゆっくりと腰掛けます。
  3. このときにはお尻が自然と後方に飛び出しますよね。
  4. このお尻が後方に飛び出すときには背骨のS字の彎曲が強くなって腰に大きなストレスが働きますのでヘルニアやギックリ腰を起こします。
  5. 次にもう一度立ち上がってください。
  6. 今度はお尻を引き締めて、肛門に力を込めて肛門を引き締めます。骨盤が真っ直ぐになっていることを感じてください。
  7. ゆっくりと膝を曲げて行きます。
  8. 今度は先ほどとは異なり、お尻は後方に突き出しませんよね。
  9. ということは、背骨のS字彎曲のストレスは少なくなっているのです。

※スポンサーCM

お尻を意識すれば仙骨を矯正できます。

というように日常の姿勢においてお尻を意識していただくことで、仙骨を矯正することでぎっくり腰になりにくい生活を過ごすことができるわけです。

必ず実施前に専門家の指導を受けましょう。

  ※  注意:今回ご紹介したものはぎっくり腰のなかでも一部のものにだけ有効な方法をご紹介しております。ぎっくり腰には様々な種類がございまして、種類によってはこの方法が症状を悪化させることもございます。必ず専門家の指導を受けた上で実施してくださいますようご注意をお願いします。

緩和処置

結論:体の抵抗力をつける

痛みを和らげる方法

施術

どういったことに注意して施術するの?

MSS療法

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

お風呂の腰痛治療効果

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

お風呂の適応判断

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰痛では部分浴にも気をつける

アイシング

結論:冷やすことは治療よりも鎮痛効果が期待できる

ぎっくり腰の時のアイシングの流れ

ぎっくり腰、冷やす効果

発生時のアイシングの目的

ぎっくり腰冷やす期間

間違ったケア

結論:楽なことは体にとって必ずしも正解ではない

ぎっくり腰で揉み返しになった

ケア

ぎっくり腰のケアで気をつけること

ぎっくり腰は揉んで治るのか

予防策

床に直接寝るのはぎっくり腰にとってどう?

ぎっくり腰の予防の重要性

ぎっくり腰の防止法

靴下だけでのフローリング生活はぎっくり腰を起こす

読書によるぎっくり腰の防止のコツ

ぎっくり腰の発生率を40%減らす方法は起床直後に気をつける

ぎっくり腰にならないための筋肉の使い方

動作をゆっくり行なうぎっくり腰防止法

ぎっくり腰にならない動きのワンポイント

ぎっくり腰防止に気をつけることはヘソ

しゃがむ動作で腰を温存

ぎっくり腰の慢性化を防止するための体の使い方

低いところに手を伸ばすときのぎっくり腰防止

靴下を脱ぐときにぎっくり腰になった

ストッキングを履いて起こるもの

ストッキングを履いて悪化

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開