ぎっくり腰専門アークス整体院

床に直接寝るのはぎっくり腰にとってどう?

ぎっくり腰で冷えたフローリングに寝そべる人

※スポンサーCM

床で直接寝るのはぎっくり腰にとって悪いです。

考え得る最悪の対処をしています。おそらくは床に布団を敷かずに寝そべれば1時間後には腰の痛みが悪化するでしょう。冬場の冷えたフローリングに寝そべれば、反射的に腰が床から浮き上がってくるはずです。腰が反りかえってぎっくり腰の患部を刺激するはずです。

とてもリラックスして過ごせません。また、人の体の細胞にとって「冷え」は良くありません。
細胞
細胞活動を妨げてしまうからです。全般的な病気や怪我に通じることです。人の体は正常な活動を保つためには体温が35~37度ぐらいを楽に保つ必要があります。気温が冷えた場所なら、暖房器具を使って体温を楽に保てるようにしましょう。夏場の暑いときには薄着をして、体の熱を外に逃がしてあげましょう。体温が一定に保てるようにすればぎっくり腰や病気の治療にとっても良いです。

したがって冬場であれば、ほんの数分であっても床に直接寝そべるのは避けましょう。寝転ぶときには布団を敷くようにします。さらには、現場仕事などで屋外で過ごす方も、直接冷えたコンクリートに腰かけるのは避けてください
道路に座り込む現場仕事の人
冷えた場所に寝転んだり腰掛けたりすると体温が床に漏れてしまいます。体温を損なって、細胞活動が停滞すれば、ぎっくり腰は悪化します。慢性腰痛の方も腰痛をこじらせるはずです。また、冷えた場所に座ったり寝ていると高い確率で「痔」になります。

※スポンサーCM

ぎっくり腰では

とくにぎっくり腰の患者さんだと、私どもが出張整体をしたときに、ご自宅の通路で倒れて動けずにいる方をたびたび目にします。
通路に倒れて動けないぎっくり腰患者
患者さんにとっては、一大事です。痛みに堪らず、その場に倒れこんだのでしょう。しかし、お布団がある場所へ、ほんの数メートル我慢して動くだけでもその後の症状に大きく影響します。ぎっくり腰になったときには、発生直後のほんの数秒間の判断がその後に大きく影響をします。ぎっくり腰はその場に一旦倒れこむと、その後に移動に不自由します。

寝転ぶ前に

人は立っている姿勢から、座ったり、寝たりと、高くから低くへ動くのは容易です。しかし、反対に低くから高くへ移動するのは腰を痛めていると大変になります。そのため、理想を言えば、ぎっくり腰が発生したときには立位でいるなら、立位のままトイレに行ったり、冷蔵庫に水や食料を取りに行ったり、必要なことを済ましておきましょう。寝る前に済ましておくとぎっくり腰の不自由も軽減できます。例えば以下のように対処してください。

◆ぎっくり腰発生時の対処

ぎっくり腰発生

立位:小便をする、水・食糧・通信手段の確保、

座位:大便を済ます、その後は「ハイハイ」で寝室へ移動する。

臥位:布団に寝転ぶ

このように高くから低くへと体位を順番に変化させます。一旦低い姿勢を取ると、そこから高くへは移動できません。そのため安易に、その場に倒れこまないようにしてください。

膀胱炎

とくにぎっくり腰では、我慢できずにその場に倒れてしまうと、起き上がれなくなってしまいます。起き上がれないときに最大に不自由するのがトイレです。トイレだけは誰かに代わりに済ましてもらえません。オシッコをひたすらに我慢することになるでしょう。ぎっくり腰になったときに一番の地獄を見るのはきっと小便をひたすらに我慢することだと言えます。我慢しすぎると膀胱炎になります。ぎっくり腰では、後先考えずに床に寝そべるのは絶対に避けてください。痛くてもその後のことを考えてその場に寝るようにしましょう。
膀胱炎になるぎっくり腰患者

ぎっくり腰は発生時の10秒間の判断が天地を分けるでしょう。

※スポンサーCM

例外

基本的には床に寝ない方が良いです。しかし、例外もあります。それは夏場です。
熱いシーズン
気温でいうと30度を上回るぐらいのシーズンならば床に寝ると気持ち良く過ごせる場合があります。ただし、気温は変動がありますし、床の温度も変動があります。体温もその都度多少の浮き沈みがあります。その日の体調に気を付けていただき、適切に体温を管理できる前提ならば、床に寝そべるのもありだと思います。基本的には床で寝るのは推奨しませんが、夏の8月の期間ぐらいは快適に過ごせるでしょう。

緩和処置

結論:体の抵抗力をつける

痛みを和らげる方法

施術

どういったことに注意して施術するの?

MSS療法

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

お風呂の腰痛治療効果

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

お風呂の適応判断

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰痛では部分浴にも気をつける

アイシング

結論:冷やすことは治療よりも鎮痛効果が期待できる

ぎっくり腰の時のアイシングの流れ

ぎっくり腰、冷やす効果

発生時のアイシングの目的

ぎっくり腰冷やす期間

間違ったケア

結論:楽なことは体にとって必ずしも正解ではない

ぎっくり腰で揉み返しになった

ケア

ぎっくり腰のケアで気をつけること

ぎっくり腰は揉んで治るのか

予防策

床に直接寝るのはぎっくり腰にとってどう?

ぎっくり腰の予防の重要性

ぎっくり腰の防止法

靴下だけでのフローリング生活はぎっくり腰を起こす

読書によるぎっくり腰の防止のコツ

ぎっくり腰の発生率を40%減らす方法は起床直後に気をつける

ぎっくり腰にならないための筋肉の使い方

動作をゆっくり行なうぎっくり腰防止法

ぎっくり腰にならない動きのワンポイント

ぎっくり腰防止に気をつけることはヘソ

しゃがむ動作で腰を温存

ぎっくり腰の慢性化を防止するための体の使い方

低いところに手を伸ばすときのぎっくり腰防止

靴下を脱ぐときにぎっくり腰になった

ストッキングを履いて起こるもの

ストッキングを履いて悪化

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開