消化不良で運動すると便がビシャビシャになる

結論:食後は時間をあけてから運動をする

〔目次〕

※息抜きコラム

  1. 息抜きコラム患者さんから重病になったと相談をいただく。
  2. 相談マラソン中に強烈な便意をもよおす。すぐに収まるが再び走ると同じくして便意が起こる。
  3. 参考意見食後間もなく走ると消化不良を起こす。便がビシャビシャになることが特徴
  4. 便がビシャビシャになる理由胃腸に集結させるべき血流が運動によって全身を巡ってしまったから。消化が中途半端になっている。

※スポンサーCM

患者さんから重病になったと相談をいただく。

「肩のツボがすっごい効いてますね!」
「そうでしょう。Aさんは毎日パソコンで肩を酷使されておりますからね。」
「いや~いつも先生には本当に助かりますよ。ところでつい先日ですがマラソンをしていて大変なことが起こったんです。」
「今回はどうなされたのですか?」
「それがおかしいんですよ・・・ひょっとしたら私は重病なのではと思ってしまいました。・・・」

整体をさせていただくとAさんからご相談をいただきました。

メニューに戻る

相談:マラソン中に強烈な便意をもよおす。すぐに収まるが再び走ると同じくして便意が起こる。

※スポンサーCM

「お体のお悩みだけはスッキリさせておかないと、お仕事にも集中できませんからおっしゃってください。」
「いや、先週の土曜日にマラソンをしたんですけどね。走っている最中に突然強烈な便意をもよおしてしまったんですよ。それがあまりにもすさまじくて、堪らず近所の公衆トイレに駆け込みました。その場はそれぐらいで収まったんですが、また再び走り出すとすぐまた便意が襲ってきたんです。きっと私は胃腸が病気になったんだと思うんです。」

メニューに戻る

参考意見:食後間もなく走ると消化不良を起こす。便がビシャビシャになることが特徴

「なるほど・・・・その日の食事はどうでしたか?」
「いや至って普通ですよ」
「では、運動は食後どれぐらい経ってからはじめられたのですか?」
「すぐです。ササッと済ませて走り始めないと時間が勿体無いですからね。食べてから全く間は開いておりませんでした。」
「ということは、直後だったということですか?」
「それが問題あったのですか?」
「たぶん、食後すぐに運動されたということですから消化不良なのかもしれませんね。」
「消化不良って・・・」
「Aさんはトイレに駆け込まれたということですが、便はどうでしたか(食事中の方はもうしわけございません。)」
「ビシャビシャでしたよ」
「そうでしょう。消化不良を起したときは食べ物や水分が吸収されずに排泄されてしまうので、ビシャビシャになるんです。」

メニューに戻る

便がビシャビシャになる理由:胃腸に集結させるべき血流が運動によって全身を巡ってしまったから。消化が中途半端になっている。

※スポンサーCM

「でもどうしてそうなるのですか?」
「それは本来ならば胃腸に血液を終結させて消化に専念せねばならないのですが、運動で全身に巡る血液が増えてしまったからです。消化と運動の両方バランス良く進めることは難しいんですよ。したがって消化が中途半端になってしまって下痢を起してしまったのでしょう。」
「なるほど少し間を空けた方が良いということで・・・」
「そういうことになりますね。」
ということで整体を終えるとAさんは大変ご満足をされたのでした。

メニューに戻る

ぎっくり腰のときのトイレ

慢性期の腰痛患者のトイレの腰痛対策は別カテゴリーです。

結論:トイレに行けない。だから飲み食いを最小限に控える。

  1. 腰痛のときにトイレでふんばるのは?選択肢のない問題は悩んでもムダ。傷めても出す。もしくは漏らす。出張治療を受ける。
  2. トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった便秘がちの女性では排便に力を使い果たしてぎっくり腰を起こすことがある。潔癖症で便座に腰掛けられない人は腰を患う。    
  3. ギックリ腰は大便が出ないって本当?出ないというより、出せない。トイレに行けない
  4. トイレで踏ん張ったら腰が痛くなった意外に少なくはない発生原因、踏ん張り続けると股関節の周囲筋群や腰背部に負担が生じてしまう。特に影響が多いのが大腿筋膜張筋
  5. 歩ける程度のぎっくり腰の洋式トイレでの大便の仕方便器に背を向けて、パートナーに正面を向けて両手で引っ張りながらしゃがむ、引っ張ってもらい立ち上がるようにすると腰が楽
  6. ぎっくり腰で完全に動けないときの大便の仕方丸めたタオルでレールを作ってその上にお尻を乗せてお尻を浮かせた状態で下に新聞を敷いて便を出す。
  7. ぎっくり腰で完全に動けないときのトイレ(介助者有り)紙オムツの中に出してしまうことが最も妥当な対応
  8. トイレの手伝いは?上半身を起こせる程度であればお手伝いして用を済ませることも可能、無理ならばオムツなどを用いる。
  9. 長時間トイレに行けずつらいぎっくり腰で最も辛いことは自力でトイレに行けないこと
  10. ぎっくり腰のときの大便の仕方丸っきり身動きが取れないときの大便の仕方について
  11. トイレの行き方中腰のときは立位の3倍腰の負担が加わるためトイレなどに行くときの立ち上がりの動作には注意しよう。腰ベルトを用いることが良い。
  12. 消化不良で運動をすると便がビシャビシャになる少し時間をあけてから運動をする
  13. ぎっくり腰中のトイレは地獄なので食事を控える腰が痛くても生理現象は待ってくれない。出来るだけ食べるものを控えると出す回数も少なく済む
  14. トイレから立つとき激痛一時的なぎっくり腰なら壁に手をあてながら、寄りかかるようにゆっくりと立ち上がる。慢性的な腰痛であれば手すりを使う。
  15. お尻の筋肉が痛くて排便が辛い排便のときに気張ったり、しゃがみ込んだり、立ち上がる。このときにはお尻の筋肉に負担が大きいから。深層筋を治療しよう。
  16. 腰痛でオシッコが出なくなる2つの原因膀胱の神経が障害されてオシッコが出ないものもあるけど、もっと多いのは痛みによるショック症状、恐怖心から血圧が低下することでもたらされる現象がありふれている。

急性期の腰痛対処

結論:ぎっくり腰中は安静にする。動くと悪化する。

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

ぎっくり腰の前兆

初期の経過観察

緊急判断

急性期症状

急性期経過

対処

問診

応急処置

緩和処置急性期

患者の周囲の人の対応

ぎっくり腰の動き方

間違った対処

どうしても動きたいときには?

安静

トイレ・排泄(受傷早期・受傷原因)

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

ほとんど治りかけた腰、仕事でまた痛くなった

腰痛持ちに軽作業は?

腰の負担が少ない仕事って何?

ヘルニアで働けない。生活保護は?

膝裏を伸ばす方法は?

ぎっくり腰の看病は?

モーラステープで腰の痛みが悪化する原因

ぎっくり腰のあと、抱っこはいつからいいの?

腰痛持ちは立ち仕事は止めるべきか?

足のすね鈍器で殴られたような痛み

まっすぐ寝ると足がしびれた感じがする

結論:トイレに行けない。だから飲み食いを最小限に控える。

腰痛のときにトイレでふんばるのは?

トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった

ギックリ腰は大便が出ないって本当?

トイレで踏ん張ったら腰が痛くなった

歩ける程度のぎっくり腰の洋式トイレでの大便の仕方

ぎっくり腰で完全に動けないときの大便の仕方

ぎっくり腰で完全に動けないときのトイレ(介助者有り)

トイレの手伝いは?

長時間トイレに行けずつらい

ぎっくり腰のときの大便の仕方

トイレの行き方

消化不良で運動をすると便がビシャビシャになる

ぎっくり腰中のトイレは地獄なので食事を控える

トイレから立つとき激痛

お尻の筋肉が痛くて排便が辛い

腰痛でオシッコが出なくなる2つの原因

急性期の腰痛対処

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

ぎっくり腰の前兆

初期の経過観察

緊急判断

急性期症状

急性期経過

対処

問診

応急処置

緩和処置急性期

患者の周囲の人の対応

ぎっくり腰の動き方

間違った対処

どうしても動きたいときには?

安静

トイレ・排泄(受傷早期・受傷原因)

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)