荘A[NX̉@

ほとんど治りかけた腰、仕事でまた痛くなった

結論:仕事が原因なのか?生活に問題があるのか?詳しい情報提供がないと判断ができない。

※スポンサーCM

これは一番に、
ご質問者様の、腰痛に
対しての考え方が関係して
いるのだと思いますよ。

腰痛やケガって、何でも
そうです。

一旦患うと、
中々良くなりません


腰痛も腰の炎症の
強い症状は、2週間ぐらい
で静まります。

でも、完治に関しては
ずいぶんと時間が
掛かります。

腰痛診療ガイドライン

では、急性の腰痛の
発症後、12カ月経過しても
腰痛をお持ちになられる
方は全体の60%にも
及ぶとしています。

つまり、ある程度の
強い痛みは早期に
治まるのですが、

多くの方は、何らかの
腰の不具合を、
その後もずっと抱え
るものです。

一旦悪くした腰は、
そもそも完治しない
ものです。


一生治らない前提で
体を大事に使って
行くことになります。

作業方法

例えば、仕事中の
荷物の持ち方、仕事の
作業分担の割り振りが
間違っていたり、

慢性的に人員不足
だったり、

その仕事が腰痛
を招きやすい背景も
あるのかもしれません。

作業のやり方自体が
間違っているのかも
しれません。

他の職員さんと比較して、
非効率な作業方法を
とっているの
かもしれません。

こういったものは、
客観的に働いている
場面を誰かに判断
してもらわない限り、
自分ではどうすることも
できないはずです。

不摂生

他には、日ごろの不摂生も
腰痛の発生に関係している
こともあります。

夜遅くまで起きていたり、
食事の栄養バランスが
悪かったり、
お酒やたばこの影響も
あるでしょう。

運動不足などから
起こる腰痛もあります。

生活習慣に関しても
何らかの情報提供を
お寄せいただかないと
判断がつきません。

相談の仕方
ご覧になってください。

体調には変動がある。

※スポンサーCM

また、仕事によって
治りかけた腰がまた、
痛くなったわけですが、

そもそも、私たちの
体調には変動があります。

1日の中でも
日中に調子が良くなって
夜間や早朝に調子が
悪くなることもあります。

仕事の疲労によって
腰に痛みが現れる
こともあります。

1年間でも寒い時期に
痛みが強くなったり、
調子の浮き沈みは
必ず伴います。

こういった痛みの浮き沈みを、
痛みの再発と解釈している
ケースも多くあります。

調子が悪いことを
腰痛が悪化したと考える
人もおります。

調子にはある程度の
変動があるため、
再発なのか?

そもそも、調子が
悪いだけなのか?

こういった見極め
が必要です。

腰が弱っている。

また、単なる運動不足で
筋肉が衰えると、腰痛が
何度も再発しやすくなります。

弱った腰の筋肉は、
もろくて傷つきやすいです。

ちょっとした動きによって
頻繁に腰に炎症を起こし
ます。

足腰が弱ると、
デスクワークによって
夕方ぐらいになると
疲労から腰が痛くなる
ことがあります。

こういった、足腰の
衰えによる腰痛は、
自らの意思でリハビリしない
かぎり一生に渡って
何度でも再発をし続けます。

恐怖回避信念

腰痛を一度でも患った
方では、腰の痛みの恐怖
のために、

日常生活の行動が
消極的になってしまう
ことがあります。

休日に外出する
ことがなくなったり、
ゴルフをしなくなったり、
閉鎖的な生活をし、

すこしでも腰に
無理をしないように
過ごされます。

過度に体を動かそうと
しないため足腰が衰えて
しまい腰痛を繰り返しやすく
なることもあります。

こういった腰痛による
行動の変化が再発に
影響することもあるでしょう。

結局のところは、
ご質問者様が、
どういったお仕事を
しているのか?

具体的にはどういった
腰痛なのか?

痛みが出るのはどういった
ときなのか?

どういった日常を過ごして
いるのか?

ある程度の情報提供がないと
一切の判断が出来ません。

仕事のせいだとも
言い切れませんし、

日常生活の過ごし方に
問題があるのか?

加齢のせいなのか?

何が原因なのかを
判断するためには、
一度信頼できる先生に
相談してみることが
良いでしょう。

後遺症

後遺症

後遺症の不安からの来院

ぎっくり腰のその後

フェイルドバックサージャリー症候群

後遺症は?

治りません どうしたら

ぎっくり腰からの慢性腰痛どうしたらいい?

後遺症は?

ぎっくり腰後、臀部に後遺症があります。

ぎっくり腰の後遺症でお尻が痛くなる?

ぎっくり腰の人による反応が、症状を長期化させる

再発

結論:繰り返すほど腰が弱くなる

ほとんど治りかけた腰、仕事でまた痛くなった

腰痛が癖になる

ゴルフで腰椎捻挫は再発するか?

腰痛は再発しやすいので注意が必要

腰痛は何度も繰返してしまうのか?

ぎっくり腰の再発の可能性

ヘルニア持ちはぎっくり腰を繰り返しますか?

繰り返すものは治るか?

繰り返すものの日々のケア

ぎっくり腰を何度も繰り返すとどうなりますか?

ぎっくり腰はクセにならないか?

クセになったりは?

年に数回繰り返すのはなぜ?

なぜ繰り返してしまうのか?

なぜ繰り返すのか?

毎年繰り返す理由

再発率が高い理由

繰り返す理由、ゴール設定の誤り

しっかり運動をしてモリモリ食べて、よく寝ているのにぎっくり腰を繰り返す理由

普段は腰が痛くないのにここ数ヶ月で何度もぎっくり腰に陥るのは?

ぎっくり腰がクセになる正体

治りかけからの再発

結論:治ったという判断が間違っている

治り掛けからまた・・・

治りかけに再びなる。

Qぎっくり腰 治ったと思ったらぶり返したのは?

腰痛の再発・悪化

結論:悪化したときには心と体のリラックスを見直すこと。

腰痛が長期化する仕組み

ぎっくり腰で後から痛みが強くなる動作

ぎっくり腰は二度目は治りやすいのか?

悪化はどうしたら?

今までの治療法が効かなくなった

ぎっくり腰が長引く理由

腰痛寝て悪化

放置することで悪化する症例

無理をして働いていたら悪化したケース

ぎっくり腰が悪化したら良肢位を取る

ぎっくり腰が悪化する原因

脊髄反射と痛みの悪化の仕組み

ぎっくり腰が重症化する患者の典型

痛みを強烈にしているもの。

痛みの放置による障害

ぎっくり腰が年々悪化してきたときに気をつけること

腰痛を何度も再発しているなら気をつけたいこと

老人性のものの成れの果て、安静時痛の原因

後ろに腰を反らすと痛みが強くなるぎっくり腰で長期経過のもの

腰痛の成れの果て

治癒に長期を要するぎっくり腰で考慮すること

深夜のぎっくり腰の辛さ

ぎっくり腰の痛みは悪化ではなく表面化する

慢性腰痛仕組み

アロディニア腰痛

慢性腰痛のメカニズム

慢性腰痛の原因は抗重力筋の機能不全

慢性腰痛患者に見られる関節弾力の低下

慢性腰痛の痛みの仕組み

慢性腰痛は関節軟骨の循環不良によって起こる

慢性腰痛患者の筋肉

慢性腰痛患者の力の使い方

腰部の慢性痛の原因

ぎっくり腰は放置すると筋膜性疼痛から軟骨軟化症へと悪化する

昔のスポーツが原因の慢性腰痛

ぎっくり腰と慢性腰痛の違いは心の病気の有無

慢性腰痛が生じる原因

慢性腰痛患者にみられる行動特徴

慢性腰痛に陥る患者の理由

慢性腰痛の仕組み

高齢者の慢性腰痛が長期化する原因

慢性腰痛が治り難い理由

慢性腰痛で時間帯の影響を受けないもの

慢性腰痛で腰を反らすと痛みが強くなるもの

なぜ慢性的なぎっくり腰に陥ってしまうのか?

慢性化している理由

急性と慢性の腰の痛みの違い

慢性腰痛とぎっくり腰の違い

慢性的なものが起こり安い原因とは?

将来、慢性腰痛になりやすい人

歩行数と慢性腰痛の関係

慢性腰痛に陥る経過について

『腰痛持ち』を自覚している方のぎっくり腰で注意すること

慢性腰痛の関節

力みが慢性腰痛をもたらす仕組み

慢性腰痛:対応

慢性腰痛防止は大股から

主人が慢性腰痛で困ってます。どうしたら?

慢性腰痛を治すために毎日すべきこと

慢性腰痛の治療のコツ

ヘアーの原則

慢性的な腰の痛みの緩和する方法は?

慢性腰痛を克服するために毎日やること

慢性腰痛に対してのもも引きの効果

慢性化しているものでセルフケアで改善できる見込みのあるもの

慢性腰痛の完治の考え方

腰を反らして痛みを出す高齢者の慢性腰痛の判別

高齢者の慢性腰痛の痛みを抑える歩き方

高齢者の慢性腰痛の自然な治し方

ぎっくり腰から慢性腰痛に移行させないための重要なこと

慢性腰痛の臥位からの起き上がり方

高齢者の慢性腰痛の関節炎の解消法

慢性腰痛の人が心がける日常の腰部の負担を軽減する方法

慢性腰痛の防止のための血流改善法

慢性腰痛患者の現実的な腰の鍛え方

慢性腰痛の間違ったセルフケア

慢性腰痛の考え・メンタル

結論:「腰痛持ち」は、考えることを放棄している。

慢性腰痛の考え方

腰痛の慢性化は脳医学や心理面、ヘルニアではない

慢性腰痛と言いながら急性腰痛を何度も繰り返しているだけのケース

慢性腰痛は痛みの行動制限から腰の脆さを招く

慢性腰痛が治らないと嘆く人が陥っていること

慢性腰痛のしくみ、幼少のころの過ごし方

慢性腰痛だから腰が痛いという間違い

慢性化した患者の心理状態

慢性腰痛増加の背景にある軍陣医学

慢性腰痛患者の心理的不安を軽減する腕力の必要性について

腰痛持ちとは?

慢性腰痛の完治の間違った考え方

慢性腰痛その他

慢性腰痛への移行率

ぎっくり腰は治療を受けないと慢性腰痛へ移行する

急性期と慢性期の違い

慢性腰痛患者のぎっくり腰

激痛と痛くない時期が交互に現れる理由

慢性痛患者の実態とその背景

ぎっくり腰から慢性化してしまう原因

いつも午前中や朝方に痛みが強く、夕方になると楽になるのですが・・・

慢性的なものの成れの果てとは?

慢性腰痛患者に見られる胃酸過多症

慢性腰痛の初期の特徴

慢性腰痛と寿命との関係

慢性腰痛と健康余命

慢性腰痛と健康寿命が短い

高齢者の慢性腰痛の末期症状

症状別

「症状別」カテゴリーを以下の4つに区分します。

① 腰痛症状

② 筋肉症状

③ 腰部の経過別の症状

④ 腰痛と関連性のある症状

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

アークス整体院プライベートブログ


プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

後遺症

後遺症

後遺症の不安からの来院

ぎっくり腰のその後

フェイルドバックサージャリー症候群

後遺症は?

治りません どうしたら

ぎっくり腰からの慢性腰痛どうしたらいい?

後遺症は?

ぎっくり腰後、臀部に後遺症があります。

ぎっくり腰の後遺症でお尻が痛くなる?

ぎっくり腰の人による反応が、症状を長期化させる

再発

結論:繰り返すほど腰が弱くなる

ほとんど治りかけた腰、仕事でまた痛くなった

腰痛が癖になる

ゴルフで腰椎捻挫は再発するか?

腰痛は再発しやすいので注意が必要

腰痛は何度も繰返してしまうのか?

ぎっくり腰の再発の可能性

ヘルニア持ちはぎっくり腰を繰り返しますか?

繰り返すものは治るか?

繰り返すものの日々のケア

ぎっくり腰を何度も繰り返すとどうなりますか?

ぎっくり腰はクセにならないか?

クセになったりは?

年に数回繰り返すのはなぜ?

なぜ繰り返してしまうのか?

なぜ繰り返すのか?

毎年繰り返す理由

再発率が高い理由

繰り返す理由、ゴール設定の誤り

しっかり運動をしてモリモリ食べて、よく寝ているのにぎっくり腰を繰り返す理由

普段は腰が痛くないのにここ数ヶ月で何度もぎっくり腰に陥るのは?

ぎっくり腰がクセになる正体

治りかけからの再発

結論:治ったという判断が間違っている

治り掛けからまた・・・

治りかけに再びなる。

Qぎっくり腰 治ったと思ったらぶり返したのは?

腰痛の再発・悪化

結論:悪化したときには心と体のリラックスを見直すこと。

腰痛が長期化する仕組み

ぎっくり腰で後から痛みが強くなる動作

ぎっくり腰は二度目は治りやすいのか?

悪化はどうしたら?

今までの治療法が効かなくなった

ぎっくり腰が長引く理由

腰痛寝て悪化

放置することで悪化する症例

無理をして働いていたら悪化したケース

ぎっくり腰が悪化したら良肢位を取る

ぎっくり腰が悪化する原因

脊髄反射と痛みの悪化の仕組み

ぎっくり腰が重症化する患者の典型

痛みを強烈にしているもの。

痛みの放置による障害

ぎっくり腰が年々悪化してきたときに気をつけること

腰痛を何度も再発しているなら気をつけたいこと

老人性のものの成れの果て、安静時痛の原因

後ろに腰を反らすと痛みが強くなるぎっくり腰で長期経過のもの

腰痛の成れの果て

治癒に長期を要するぎっくり腰で考慮すること

深夜のぎっくり腰の辛さ

ぎっくり腰の痛みは悪化ではなく表面化する

慢性腰痛仕組み

アロディニア腰痛

慢性腰痛のメカニズム

慢性腰痛の原因は抗重力筋の機能不全

慢性腰痛患者に見られる関節弾力の低下

慢性腰痛の痛みの仕組み

慢性腰痛は関節軟骨の循環不良によって起こる

慢性腰痛患者の筋肉

慢性腰痛患者の力の使い方

腰部の慢性痛の原因

ぎっくり腰は放置すると筋膜性疼痛から軟骨軟化症へと悪化する

昔のスポーツが原因の慢性腰痛

ぎっくり腰と慢性腰痛の違いは心の病気の有無

慢性腰痛が生じる原因

慢性腰痛患者にみられる行動特徴

慢性腰痛に陥る患者の理由

慢性腰痛の仕組み

高齢者の慢性腰痛が長期化する原因

慢性腰痛が治り難い理由

慢性腰痛で時間帯の影響を受けないもの

慢性腰痛で腰を反らすと痛みが強くなるもの

なぜ慢性的なぎっくり腰に陥ってしまうのか?

慢性化している理由

急性と慢性の腰の痛みの違い

慢性腰痛とぎっくり腰の違い

慢性的なものが起こり安い原因とは?

将来、慢性腰痛になりやすい人

歩行数と慢性腰痛の関係

慢性腰痛に陥る経過について

『腰痛持ち』を自覚している方のぎっくり腰で注意すること

慢性腰痛の関節

力みが慢性腰痛をもたらす仕組み

慢性腰痛:対応

慢性腰痛防止は大股から

主人が慢性腰痛で困ってます。どうしたら?

慢性腰痛を治すために毎日すべきこと

慢性腰痛の治療のコツ

ヘアーの原則

慢性的な腰の痛みの緩和する方法は?

慢性腰痛を克服するために毎日やること

慢性腰痛に対してのもも引きの効果

慢性化しているものでセルフケアで改善できる見込みのあるもの

慢性腰痛の完治の考え方

腰を反らして痛みを出す高齢者の慢性腰痛の判別

高齢者の慢性腰痛の痛みを抑える歩き方

高齢者の慢性腰痛の自然な治し方

ぎっくり腰から慢性腰痛に移行させないための重要なこと

慢性腰痛の臥位からの起き上がり方

高齢者の慢性腰痛の関節炎の解消法

慢性腰痛の人が心がける日常の腰部の負担を軽減する方法

慢性腰痛の防止のための血流改善法

慢性腰痛患者の現実的な腰の鍛え方

慢性腰痛の間違ったセルフケア

慢性腰痛の考え・メンタル

結論:「腰痛持ち」は、考えることを放棄している。

慢性腰痛の考え方

腰痛の慢性化は脳医学や心理面、ヘルニアではない

慢性腰痛と言いながら急性腰痛を何度も繰り返しているだけのケース

慢性腰痛は痛みの行動制限から腰の脆さを招く

慢性腰痛が治らないと嘆く人が陥っていること

慢性腰痛のしくみ、幼少のころの過ごし方

慢性腰痛だから腰が痛いという間違い

慢性化した患者の心理状態

慢性腰痛増加の背景にある軍陣医学

慢性腰痛患者の心理的不安を軽減する腕力の必要性について

腰痛持ちとは?

慢性腰痛の完治の間違った考え方

慢性腰痛その他

慢性腰痛への移行率

ぎっくり腰は治療を受けないと慢性腰痛へ移行する

急性期と慢性期の違い

慢性腰痛患者のぎっくり腰

激痛と痛くない時期が交互に現れる理由

慢性痛患者の実態とその背景

ぎっくり腰から慢性化してしまう原因

いつも午前中や朝方に痛みが強く、夕方になると楽になるのですが・・・

慢性的なものの成れの果てとは?

慢性腰痛患者に見られる胃酸過多症

慢性腰痛の初期の特徴

慢性腰痛と寿命との関係

慢性腰痛と健康余命

慢性腰痛と健康寿命が短い

高齢者の慢性腰痛の末期症状

症状別

「症状別」カテゴリーを以下の4つに区分します。

① 腰痛症状

② 筋肉症状

③ 腰部の経過別の症状

④ 腰痛と関連性のある症状

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書