腰痛は知的活動を低下させる

結論:腰痛で動けないと、筋肉による脳への血流が減少し、脳の働きが弱まる

※スポンサーCM

腰痛患者では知的活動を低下させて知能を低下させてしまうことが近年言われている。
人の知能は運動機能と密接な関係があり、脳にたくさんの血液が循環するほど脳機能が活性化される。
ところが腰痛によって外出が出来なくなったり行動に制限を受けてしまったとする。

※スポンサーCM

すると長期的に活動が障害されてしまうとどうしても筋肉の血液循環作用が得られない。
このためにポンプとしての働きが機能しなくなり、脳の血流が低下する。
脳の血流が低下するほど脳機能が低下して知的活動を低下させてしまう。
認知症を防止するためには慢性的な腰痛を持っているものは腰痛が完全に治癒してから運動をしようとするのではない。
今現在痛みがある暮らしの中であってもできることに着手することで運動機能を回復させて脳機能を少しでも高めることが必要となる

※スポンサーCM

腰痛と脳医学

  1. ピグマリオン効果期待が脳を活性化して元気にし、痛みを緩和させる仕組み
  2. バーナム効果誰にでも当てはまるような一般論を述べることで全て自分のことを言い当てられているように思えてしまうこと。
  3. 腰痛は知的活動低下につながる信じられないことかもしれませんが腰を痛めることは長期的に知的活動低下すなわち知能の低下を起こします。寝たきりの高齢者がボケが進むのと同じ理屈があります。
  4. 報酬系の依存と腰痛お酒やタバコ、麻薬、過食は期待感のワクワクする思いを持たせる脳内の報酬系メカニズムが働いている快楽を求める依存によってその代償として腰痛がもたらされる。
  5. アルコール依存症と腰痛お酒は程度の差はありますが脳機能を障害します。脳機能を障害することで痛みを緩和する鎮痛メカニズムを障害し腰痛が酷くなるわけです。脳機能の障害は一般に「三合十五年、五合五年」と呼ばれます。
  6. 脳疲労による腰痛脳疲労が生じたときの腰痛の出方の特徴について。神経系が疲労して疲れると体の興奮性のコントロールが聞かなくなって過剰に体に力が発生している
  7. 知っておくべきハロー効果ハロー効果とは立派な見た目や特徴的なものの影響で、実際よりも効き目があるように思えてしまい体にプラスに作用すること。大病院や偉いお医者さんが処方した薬は何故か同じ薬の効果でも効き目が大きいように思えてしまう。
  8. 脳の活動性とモチベーションアップ元気がない、やる気がでない。そんなときに是非読んでみてください。
  9. ヘリパトス高名な科学者や宗教家、医療従事者などが用いるメンタル調整法
  10. 腰痛持ちでも幸せになれる単純接触効果中々会社での人間関係が上手く行かず、営業成績も悪く、とても結婚など無理だろうと思う方でも単純接触効果を狙うことで理想のパートナーを獲得して幸せになることが出来る。
  11. aaa超常刺激とぎっくり腰テレビは脳の反応を低下させて、過食に走らせる。
  12. aaa脳をリラックスさせると筋肉が柔らかくなる運動神経の命令が弱まると筋肉の緊張が抜ける。
  13. 脳の衰えは座りすぎによる歳とともに脳からの運動命令、脳機能の働きの低下によって力が落ちてぎっくり腰に陥りやすくなる。しかし、脳機能が衰える背景には座りすぎによる足の衰えが関係している。
  14. 脳機能から見たぎっくり腰の慢性化の仕組み痛みとは一種の感情の一つであり、強烈な痛みは脳に記憶されると辛いトラウマとなって体を過度に緊張させてしまう。
腰痛と心理関連

心理関連

「心理関連」カテゴリーを、
以下の20個のカテゴリーに分けます。

腰痛と考え方

腰痛とストレス

心因性腰痛の特徴

腰痛の心理的影響

治療の考え方

思考回路・思考パターン

主義・思想・価値感

ストレス

恐怖

怒り対策

感情

対人関係

防衛機制

不安

心理分析

メンタルケア

その他心理

行動指針

精神病

脳医学

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに19個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性・子供

心理①

心理②

自然

最新情報

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

脳医学

ピグマリオン効果

バーナム効果

腰痛は知的活動低下につながる

報酬系の依存と腰痛

アルコール依存症と腰痛

脳疲労による腰痛

知っておくべきハロー効果

脳の活動性とモチベーションアップ

ヘリパトス

腰痛持ちでも幸せになれる単純接触効果

超常刺激とぎっくり腰

脳をリラックスさせると筋肉が柔らかくなる

脳の衰えは座りすぎによる

脳機能から見たぎっくり腰の慢性化の仕組み

心理関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

腰痛と考え方

腰痛とストレス

心因性腰痛の特徴

腰痛の心理的影響

治療の考え方

思考回路・思考パターン

主義・思想・価値感

ストレス

恐怖

怒り対策

感情

対人関係

防衛機制

不安

心理分析

メンタルケア

その他心理

行動指針

精神病

脳医学

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに19個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性・子供

心理①

心理②

自然