荘A[NX̉@

立ち仕事と座り仕事のぎっくり腰の違い

座り仕事と立ち仕事

  1. 概要:立ち仕事ではバランスの都合上、体の背面の筋肉が酷使される。座り仕事は後方に倒れる力に対抗して体の前面が酷使される。
  2. ぎっくり腰はすべて同じであらずぎっくり腰には幾つもの種類があり、立ち仕事と座り仕事のぎっくり腰では異なる。
  3. 両者の違い立ち仕事は前屈で痛い、座り仕事は後屈で痛い
  4. 両者の違いの理由立ち仕事では体の背面の筋肉が緊張し、座り仕事では前面の筋肉が緊張するから
  5. 筋肉の使われ方の違う理由立位は前に倒れやすく、座位は後ろに倒れやすいから
  6. 立ち仕事の筋肉立ち仕事は前方に倒れるのを防止するために背面筋群が酷使される。
  7. 背面筋群が酷使されると?直接的に腰痛を起こしたり、ハムストリングスやふくらはぎの硬直が腰を曲げる動作の抵抗となる。
  8. 座り仕事の筋肉座り仕事は後方に倒れることを防止するために腸腰筋や大腿四頭筋が酷使される。
  9. 腸腰筋や大腿四頭筋が酷使されると?腸腰筋が固まると腰が丸くなったまま反れない。大腿四頭筋が固まると体を後ろに反らせなくなる。
  10. 腰痛は一つの方法では治らないよ腰痛の種類は異なるので治療法もそれぞれ異なる。その人にあったやり方が大切

ぎっくり腰は誰もが同じものではなく、人によってそれぞれ異なる痛み方をする。立ち仕事と座り仕事でもぎっくり腰のタイプが異なる。立ち仕事では内臓の重みによって体は前に倒れようとするため、後ろにバランスを取ろうとして体の背面の筋肉が酷使される。座り仕事では重心位置の関係上、体は後方に倒れようとする。後方に倒れないように体の前面の筋肉が酷使される。特に立ち仕事で酷使される筋肉は背筋・ハムストリングス・ふくらはぎ、座り仕事では腸腰筋・大腿四頭筋。酷使された筋肉は痛みを直接的に発したり、動きを妨げて腰の動作の抵抗となるため腰を痛めてしまう。

※スポンサーCM

ぎっくり腰は全て同じであらず

今回は立ち仕事と座り仕事のぎっくり腰の違いについてです。
疑問
「は?」
と思われた方もおられるはずです。
「腰が痛いんだからみ~んな同じでしょ?」
「私と同じで腰を屈めると痛いんでしょ?」
と普通は思いますが、ぎっくり腰って皆同じではないんですよね。
お友達と集まったときに健康の話題になるかもしれません。
ところがAさんの言う腰痛とBさんの言う腰痛は同じものではありません。きっと100人いれば100様のぎっくり腰があります。

細かく言い出したら切がないのですが、幾つかのタイプに区分できます。例えば動作を上げると腰を曲げて痛くなるものもあれば反らして痛くなるものもありますし、立ち上がる動作で痛くなるものもあれば立ち上がって真っ直ぐの状態になると痛くなるものもあります。同じ腰の痛み方でもちょっと違いがあるんですね。このちょっとした違いが治療方法を大きく変えてしまいます。

この中でも皆様にとって密接に関係しているのが仕事によるぎっくり腰のタイプです。

当然のことながらどういった仕事をしているのかでぎっくり腰のタイプも大きく変わるわけです。そして、仕事の種類を一般的な感覚で区分するなら立ち仕事と座り仕事の二つです。この二つの腰痛は大きく異なる様相を見せるんですね。

メニューに戻る

立ち仕事は前屈(屈んで)で痛い、座り仕事は後屈(反らす)で痛い

※スポンサーCM

では、立ち仕事と座り仕事ではどういった痛み方の違いがあるのでしょうか?大きなポイントを上げますとそれは端的に
立ち仕事をされている方は前屈(腰を屈む)することで痛みが強くなることがあり、座り仕事をされている方では腰を後屈(後ろに反らす)ことで痛みを生じるものが多いです。

これはどうしてなのか?

メニューに戻る

立ち仕事では体の背面の筋肉が緊張し、座り仕事では前面の筋肉が緊張する。

立ち仕事が前屈することで腰の痛みを引き起こす理由としましては立っているときには体の背面の筋肉が緊張するからです。座り仕事が後屈で痛みを発するのは体の前面の筋肉が緊張するからです。

立ち仕事は背面、座り仕事は前面を酷使する

メニューに戻る

立位は前に倒れやすく、座位は後ろに倒れやすい。

ではどうしてこういった筋肉の使われ方の違いが生じるのか?これには様々な理由があります。

立位では内臓の重みによって前方に不安定になります。前の比重が重たいため倒れないように体の背面の筋肉が過度に働いて緊張してしまうんですね。だから腰や足、背中、首などが酷使されて痛みを引き起こします。

これに対してイスに座っておりますと、股関節を曲げて膝が前に出ております。股関節が深く曲がった状態ですからそれ以上は窮屈で曲げ難いですよね。だから後ろの方が倒れやすくなります。少し難しい表現をすると重心が地面と接地している支持面積の中で後方に位置する。重心偏移が起こっているため後ろに不安定になるんですね。難しい話なので「座ると後ろに不安定になる」とだけ覚えておいてください。

座っているときでは後ろに倒れるのを防止するために体の前面の筋肉が緊張してしまうわけですね。

メニューに戻る

立ち仕事は前方に倒れるのを防止するために背面筋群が酷使される。

ではここからそれぞれ立ち仕事と座り仕事の違いについて詳しくお話しましょう。

立っている状態で過ごしているときに前に倒れないように体の背面が緊張するわけですが、このときには幾つかの場所がとくに酷使されます。

頚部伸筋群・背筋・ハムストリングス・ふくらはぎ

普通は体にとってもっとも強靭な頚部伸筋群、背筋、ハムストリングス(太腿裏の筋肉)、ふくらはぎ筋(腓腹筋・ヒラメ筋)などが酷使されます。

メニューに戻る

背筋が酷使されることで直接的に腰痛を起こしたり、ハムストリングスやふくらはぎの硬直が腰を曲げる動作の抵抗となる。

こういった体の背面の幾つかの筋肉のうち、とくに背筋が酷使されますと直接的に腰に痛みを起こしてしまったりします。立ち仕事をしていて腰痛になってしまう方の多くは背筋が疲れて弱っていることが多いですね。

また、ハムストリングスやふくらはぎが酷使されて固くなることで、これらの筋肉が常時固くなりますと、腰を屈める動作をしたときに腰を曲げる動作の妨げ(抵抗)となってしまいます。

前屈が固くて出来ない

本当はもっと曲げたいけどこれ以上曲げようとすると固くなった太腿や膝裏がピーンと引き伸ばされて固くて伸びません。無理矢理にそれ以上屈むと、腰が「グキッ」となって痛めてしまうわけです。だから腰痛のタイプとしては腰を屈める動作で痛くなってしまうことが多いんですね。

メニューに戻る

座り仕事は後方に倒れることを防止するために腸腰筋や大腿四頭筋が酷使される。

※スポンサーCM

では次に座り仕事です。座り仕事では主に腸腰筋や大腿四頭筋が酷使されます。

腸腰筋・大腿四頭筋

座り仕事では重心位置の関係で後ろに倒れやすいです。背もたれに寄りかかると楽なのは後ろに不安定だから。胴体の前面にある腸腰筋、そして太腿の前面にある大腿四頭筋が体が後ろに倒れないように支えてくれます。

メニューに戻る

腸腰筋が固まると腰が丸くなったまま反れない。大腿四頭筋が固まると体を後ろに反らせなくなる。

そして、腸腰筋と大腿四頭筋が酷使され続けるとどうなるのか?

腸腰筋・大腿四頭筋が固くて腰を反らせない

固くなった腸腰筋や大腿四頭筋が動きの妨げとなって腰を反らせなくなってしまう。だから立ち上がったときに腰に痛みが走ったり、体を真っ直ぐにして立っているだけでも腰が痛くなったり、腰を後ろに反らす動作が窮屈になってしまう。無理矢理に腰を反らすと「グキッ」と腰を痛めてしまうんですね。

メニューに戻る

腰痛の種類は異なるので治療法もそれぞれ異なる。その人にあったやり方が大切

どうでしょうか?おなじ腰痛やぎっくり腰でも、その種類は大きく違うことがお分かりいただけましたよね。本当はもっと更に細かく分類できます。また、これらの形から更に派生して複雑な病態を引き起こすものもあります。腰痛は辛いですけど人それぞれ異なるものなのであり、立ち仕事や座り仕事では真逆の性質をもっております。当然のことながら治療法もそれぞれ異なって来ます。いろんな本で「腰痛にはこれが良い」と言いますが、それはその人に合ったやり方なのかを十分に吟味しなくては余計に危険なこともありますし、やってみても効果が上がらないこともあります。まずは専門家に相談することが大切でしょう。

メニューに戻る

腰痛と職場・会社

ぎっくり腰は若者に多い。仕事が忙しくて腰のケアが出来ないから

腰痛の職場復帰の目安

競争社会を求めるとストレス腰痛に蝕まれる

社会的な理解

すぐに陥ってしまい勤めることができません。

勤務中の腰の負担の和らげ方

仕事中に出来る腰の疲労の解消法

腰痛対応で立ち飲み居酒屋店の売り上げUP

仕事中にラジオを聞くと腰痛が治る

ハイヒールを履く職場での腰痛対策は?

絶対に治らない腰痛

ハードワークの過労によるもの

勤務中に出来るぎっくり腰防止法

腰痛防止で考慮するべき職場環境

ドライバーと腰痛

ピザ屋のバイクを運転してます。しばらく運転しておりると腰が痛くなります。

トラックドライバーがぎっくり腰

配送業でぎっくり腰になった

配送業の男性のもの

デスクワークからドライバーに転職したら慢性腰痛になった

力仕事・肉体労働と腰痛

力仕事の腰痛対策の限界

激しく体を動かす肉体労働の場面で起こるギックリ腰

建設業男性、短い睡眠でハードな仕事をする

建設業

大工の症例

力仕事のぎっくり腰セルフチェック

力仕事を我慢し続けると慢性腰痛になる

ぎっくり腰で引越ができません。

肉体労働者が腰を痛める原因

肉体労働者の腰痛防止のストレッチ

土木工事で腰を痛めないようにする姿勢

重たい台車を押す方法

勤労者の疲労原因

力仕事のぎっくり腰の筋肉の状態

肉体労働者のぎっくり腰、関節軟骨の破綻の原因

農業

田植えのヘルニアは?

農業での防止

畑仕事で腰が痛い

腰を痛めないための畑仕事の姿勢は?

農業の腰痛の防止法

立ち仕事の腰痛対策

結論:こまめに腰を下ろして休む。

腰痛持ちは立ち仕事は止めるべきか?

ヘルニア 立ち仕事 悪化

腰痛で立ち仕事つづけると?

立ち仕事の腰痛の意外な原因

立ち仕事は腰が弱くなりますか?

美容師の腰痛対策は?

立ち仕事の腰痛防止で注意するべき動作

ガードマンの腰痛防止は足を左右に開く

受付の仕事で長時間立ち続けて腰が痛い

立って作業をすると腰が痛くなる

立ち仕事と座り仕事の腰痛の違い

立ち仕事は背面、座り仕事は表面の筋肉を酷使し、ぎっくり腰になる。

ウェイターの腰痛対策は?

受付の仕事で長時間立ち続けて腰が痛い

飲食店の方のぎっくり腰予防には?

美容師男性の腰痛対策とは?女性客の頭の位置を高くすること

腰痛ビジネステクニック

腰痛を治すのではなくビジネススキルを高めることで、腰痛にならずに済むようにする。

腰痛の負のスパイラルの形成過程

下手なマーケティングはするな!

ストレスによる腰痛を減らす確実な方法

加賀田流3つの意識

金持ちほど他人に乞い、貧乏人ほど乞わない

仕事の安定感を得る方法

ネットサーフィンを止めると腰痛対策になる

腰痛とライフワークバランス

インプットとアウトプットのバランス

単調な作業は隙間時間にやる

仕事の集中力を高める腹筋運動

坐骨神経痛はビジネステクニックでは防げない

仕事の疲労を軽減する方法

仕事関連

「仕事関連」をさらに3つのジャンルに分けます。

介護

仕事での腰痛対策

腰痛による職業問題

職業選択

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※最新ページ

屋外で過ごし、立ちあがるときぎっくり腰になった

慢性腰痛患者のぎっくり腰の対処について

ぎっくり腰だけど骨盤矯正が受けられない

受験生のぎっくり腰、背中全体の痛みが引かない

中年以降のデッドリフトは腰を悪くするから止めた方が良いのか?

ぎっくり腰の対処がいろいろあって分からないときはどうするべきか?

ぎっくり腰のドタキャンについて

ぎっくり腰や後遺障害の危険のある仕事は?

アークス整体院プライベートブログ

プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

腰痛と職場・会社

ぎっくり腰は若者に多い。仕事が忙しくて腰のケアが出来ないから

腰痛の職場復帰の目安

競争社会を求めるとストレス腰痛に蝕まれる

社会的な理解

すぐに陥ってしまい勤めることができません。

勤務中の腰の負担の和らげ方

仕事中に出来る腰の疲労の解消法

腰痛対応で立ち飲み居酒屋店の売り上げUP

仕事中にラジオを聞くと腰痛が治る

ハイヒールを履く職場での腰痛対策は?

絶対に治らない腰痛

ハードワークの過労によるもの

勤務中に出来るぎっくり腰防止法

腰痛防止で考慮するべき職場環境

ドライバーと腰痛

ピザ屋のバイクを運転してます。しばらく運転しておりると腰が痛くなります。

トラックドライバーがぎっくり腰

配送業でぎっくり腰になった

配送業の男性のもの

デスクワークからドライバーに転職したら慢性腰痛になった

力仕事・肉体労働と腰痛

力仕事の腰痛対策の限界

激しく体を動かす肉体労働の場面で起こるギックリ腰

建設業男性、短い睡眠でハードな仕事をする

建設業

大工の症例

力仕事のぎっくり腰セルフチェック

力仕事を我慢し続けると慢性腰痛になる

ぎっくり腰で引越ができません。

肉体労働者が腰を痛める原因

肉体労働者の腰痛防止のストレッチ

土木工事で腰を痛めないようにする姿勢

重たい台車を押す方法

勤労者の疲労原因

力仕事のぎっくり腰の筋肉の状態

肉体労働者のぎっくり腰、関節軟骨の破綻の原因

農業

田植えのヘルニアは?

農業での防止

畑仕事で腰が痛い

腰を痛めないための畑仕事の姿勢は?

農業の腰痛の防止法

立ち仕事の腰痛対策

結論:こまめに腰を下ろして休む。

腰痛持ちは立ち仕事は止めるべきか?

ヘルニア 立ち仕事 悪化

腰痛で立ち仕事つづけると?

立ち仕事の腰痛の意外な原因

立ち仕事は腰が弱くなりますか?

美容師の腰痛対策は?

立ち仕事の腰痛防止で注意するべき動作

ガードマンの腰痛防止は足を左右に開く

受付の仕事で長時間立ち続けて腰が痛い

立って作業をすると腰が痛くなる

立ち仕事と座り仕事の腰痛の違い

立ち仕事は背面、座り仕事は表面の筋肉を酷使し、ぎっくり腰になる。

ウェイターの腰痛対策は?

受付の仕事で長時間立ち続けて腰が痛い

飲食店の方のぎっくり腰予防には?

美容師男性の腰痛対策とは?女性客の頭の位置を高くすること

腰痛ビジネステクニック

腰痛を治すのではなくビジネススキルを高めることで、腰痛にならずに済むようにする。

腰痛の負のスパイラルの形成過程

下手なマーケティングはするな!

ストレスによる腰痛を減らす確実な方法

加賀田流3つの意識

金持ちほど他人に乞い、貧乏人ほど乞わない

仕事の安定感を得る方法

ネットサーフィンを止めると腰痛対策になる

腰痛とライフワークバランス

インプットとアウトプットのバランス

単調な作業は隙間時間にやる

仕事の集中力を高める腹筋運動

坐骨神経痛はビジネステクニックでは防げない

仕事の疲労を軽減する方法

仕事関連

「仕事関連」をさらに3つのジャンルに分けます。

介護

仕事での腰痛対策

腰痛による職業問題

職業選択

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書