ぎっくり腰専門ユークル整体院

立ち仕事で筋肉性のぎっくり腰を回避する方法

※スポンサーCM

立ち仕事で腰が段々とつらくなってきたときには腰を反らしてください
腰を反らす人

例えば今回の対処法が有効となる立ち仕事には、以下のものがあります。

◆立ち仕事の例

などなど、様々な立ち仕事があります。今日これからお話する内容は、いくつかの注意点に従って行えば、ぎっくり腰を未然に回避できます。また、少々の腰痛ならば腰の痛みが緩和される場合もあります。ただし、判断を誤るとぎっくり腰が悪化します。そして、この腰痛の緩和法に関する根拠は「実証」しかありません。皆さんが実際に体験して、そこでの変化を実感していただくことで、それをもって根拠とさせていただきます。

軽く反らす

実施における注意点をいくつかご紹介します。一番のポイントは「軽く反らす」ことです。私たちは日常では椅子に座って過ごすことが多いです。椅子に座っているときにはどうしても背が丸くなります。
椅子に座って背を丸くする人

こういった背が丸くなっているときに腰に手を触れると、背筋がペッタンコになり、さらに固く硬直しているはずです。
背を丸くすると背筋が緊張する
背を丸めるほど背筋はカチカチに硬直します。逆に腰を反らしたときに背筋に触れてみてください。今度はふんわりと柔らかくなるはずです。
背筋の筋肉のふくらみ
(※背筋の筋肉のふくらみの図、腰を丸くするほど、膨隆が損なわれ固くなる。逆に腰を反らすほど、ふくらみが大きくなり、柔らかくなる。

このように人の背筋は背を丸くするほど緊張し、反らすほどやわらかくなる特性があります。したがって、立ち仕事で腰がつらくなったときに軽く腰を反らせば緊張した背筋をゆるめることにつながるわけです。

私たちの体は立っているときにも無意識で背を丸くし、背を縮めるように姿勢を保っています。
立位での背の丸み

このときに先の図のように軽く腰を反らし、背を伸ばすような感じでまっすぐの姿勢を保つと、背筋が緩みます。人はわずかに背を丸めて姿勢を保つ特性があるため、軽く腰を反らすとまっすぐの姿勢になります。まっすぐの姿勢になれば背筋が緩みますから、腰痛が癒えて、ぎっくり腰のリスクを未然に回避できるわけです。

※スポンサーCM

反らしすぎない

反らすときに注意していただくことがあります。反らしすぎないことです。反らしすぎると腰骨の関節を傷める場合があります。また、逆に姿勢の安定を損なってしまいます。人の体は丸くなる特性があるため、わずかに反らすことで丁度まっすぐの姿勢になります

実施方法

両手を腰に当てます。両足を肩幅よりもわずかに広く構えてください。へそを前に突き出すようにしてゆっくりと腰を反らします。そして顔を天に向けます。このときに腰の痛みが強くなる方はこの方法の適応ではありませんので、実施しないでください。勢い任せに腰を反らすと、腰の関節を傷めます。優しく時間をかけて反らすようにしましょう。動作としては30秒ぐらいかけてゆっくりと反らしましょう。

背筋が緩むと

そもそも背筋が緩むとどうして、腰の辛さが緩和されるのでしょうか?筋肉が緊張すると、筋肉内部の血管が圧迫されます。逆に筋肉が緩むと血管が広がるからです。例えば、下図は筋肉の模式図です。
筋肉の緊張時と弛緩時の血管

図は筋肉の断面図を見ています。筋肉の中に仮に血管が図のように通っているとします。筋肉が緊張すると、筋肉の束は収縮して内部の血管を圧縮させます。逆に筋肉が緩むと、筋肉の束は緩んで内部の血管が圧縮した状態からもとに戻します。

腰を反らすと背筋が緩んで血管がふくらむため、血流が良好になって腰の疲労の回復を促進してくれるわけです。毎日のお皿洗いなどで腰がつらい方は、こまめに腰を反らすとぎっくり腰にならずに済むでしょう。

注意点

最後に実施における注意点です。以下の内容を守って実施してください。

どうでしょうか?実施してみてこの方法で腰の辛さが和らぐ方は、当院で腰痛が改善される可能性が高いです。ぎっくり腰のときはもちろんですが、日ごろの腰痛にお悩みの方はぜひユークル整体院をお求めになってください。

※スポンサーCM

ぎっくり腰の前兆

結論:前兆は単純ではない。

立ち仕事で筋肉性のぎっくり腰を回避する方法

ぎっくり腰の寸前

ぎっくり腰の前兆

こむら返りはギックリ腰の前ぶれ

ぎっくり腰の前触れ・腰が布団から浮いている

坐骨神経痛の前兆でお尻が痛くなる。改善は?

なりやすい人

前触れの改善方法

何の前触れもなくなってしまう

靴下の履き易さとの関係

腰痛初期の経過観察

結論:5時間様子をみたら治療を受ける

いつまで様子を見るの?

経過観察の重要性について

筋攣縮による腰痛の治癒経過

急性期症状

結論:痛みが悪化するものは専門家に依頼する

力を抜いた瞬間に痛くなるぎっくり腰

腰をバットで殴られたような痛み

ぎっくり腰で気が遠くなる

ぎっくり腰が酷くなったなら安静を見直せ

急性期経過

結論:寝て過ごせば2週間続く、ぎっくり腰専門の受診で翌日には働けることも多い

ぎっくり腰の時間

靭帯損傷によるぎっくり腰の治癒経過

腰痛の自然治癒の日数の目安

治療のタイミング

問診

結論:話すことをメモにまとめる

問診項目「胸痛」につい

問診項目「時間や活動性に関係ない腰痛」

重篤な脊椎疾患判別の年齢について

ぎっくり腰治療のときの伝えるべきこと

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開