荘A[NX̉@

ぎっくり腰の回復までの過ごし方

〔目次〕

  1. ぎっくり腰の回復までの過ごし方ページ概要:何もせず過ごすよりも整体を受けた方が早くに復帰できることが多い。
  2. 質問ぎっくり腰の回復までの期間はどう過ごしたら良いか?
  3. 〔回答〕初期対応安静な姿勢をとりアイシングをする。腰痛ベルトやサラシで腰を固定する。
  4. その後痛みは2週間ほど続く。ビタミンC、コンドロイチン、グルコサミンなどで修復を促進

ぎっくり腰の回復までの過ごし方

ぎっくり腰の回復までの期間の過ごし方としては初期は湿布などを用いてアイシングをして過ごし、腰部をコルセットで保護して安静にする。整体を受けることで治癒期間は大幅に変化することが多いが、何もせずに過ごせば通常は2週間ほど治癒に時間を要することもある。

メニューに戻る

※スポンサーCM

質問:ぎっくり腰の回復までの期間はどう過ごしたら良いか?

お仕事をなされている途中でなってしまわれた方からのご相談だったのですが、回復するまでの期間はどうすごしたら良いのか?と言った内容でした。

メニューに戻る

〔回答〕初期対応:安静な姿勢をとりアイシングをする。腰痛ベルトやサラシで腰を固定する。

ぎっくり腰を起こしてしまった時には、ともかく安静にすることが一番です。
特に発症初期の段階はともかく安静にして、痛みが緩和していくのを待つことになります。
欧州では魔女の一撃とも言われるくらいの痛みが起こってしまいますので、身動きすることも難しいと言えます。
この段階で出来ることは患部を冷やしながら、ともかく楽な姿勢をとることです。

※スポンサーCM

出来れば、腰痛ベルトやサラシなどを利用して、腰を固定すると幾分かは痛みを緩和させることが出来ます。
発症してから、3日間くらいは身動きをとることも難しい痛みが続きます。
発症から1週間ほどはこのような強い痛みが伴うと言っても良いでしょう。
しかし、お仕事をなさっている場合は、あまり長く休むことになるのは困る方もいらっしゃるでしょう。

メニューに戻る

その後:痛みは2週間ほど続く。ビタミンC、コンドロイチン、グルコサミンなどで修復を促進

初期で、痛みが強い時期に無理をしてしまいますと、再発する可能性も高くなってしまいます。
そこで、せめて2週間ほどはどうしても休みをとるようにしておきたいですね。
完治するまでには一月ほどの時間を要しますので、この間も無理は禁物です。
早く治したいのであれば、ともかく安静にしておくことです。

※スポンサーCM

そして、ビタミンCやコンドロイチン、グルコサミンなど組織の修復を促進する成分を多く摂取するようにして下さい。
そうすることで回復も早くなるでしょう。

メニューに戻る

腰痛対処

結論:まず冷静になる。

ぎっくり腰、腰椎に炎症が出来て治癒できるのか?

体に何らかの不調が見られたときの対応

ぎっくり腰の痛みを和らげる方法

ぎっくり腰になったら?

お風呂の入浴はいつまで控えるの?

ピリッとした痛みを感じたら?

ぎっくり腰を早く治す

回復までの過ごし方は?

外出先で陥ったときの対処

陥ったときのスタッフ到着までの待機方法

ぎっくり腰はどこに相談したら良いの?

すみやかな社会復帰の方法

病院や整形外科と整体の治療法の違い

緊急判断

結論:痛みの強さに関係なく、医療機関では軽症扱いとなる

ぎっくり腰の対処がいろいろあって分からないときはどうするべきか?

登山で同行者がぎっくり腰になった

ぎっくり腰は「軽症」なのか?

ぎっくり腰を緩和するための「刺激閾値」

ぎっくり腰では腰の強い刺激に気をつける

ぎっくり腰は知らずに救急車を呼ぶと長期入院確定

ぎっくり腰で絶食するのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

ぎっくり腰の診断は?

運転中にぎっくり腰になったら?

救急患者の判断基準

ぎっくり腰の症状チェック

緊急なのは?

第一印象で判断するべき患者

外因性発痛と内因性発痛の判別

軽いぎっくり腰、どうしたら良いの?

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

慢性期判断、検査

⑤-1医療機関の対処①

⑤-2

⑤-3手術関連

ケア

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

食事療法

総合案内
クリックで展開

ぎっくり腰専門