坐骨神経痛 DHA|ドコサヘキサエン酸 サプリメント

坐骨神経痛など体の痛みにはDHAがおすすめです。青魚に含まれているDHAという必須脂肪酸によって魚は冷たい水の中で体が固まらずに生きていることができるのです。DHAは生物濃縮によって自然界で作り上げられた必須脂肪酸であり、日本では従来は豊富に摂取されていたが肉食文化によって不足するようになった。血管疾患などの防止や血流を良好に保つことに有効であり、坐骨神経痛などの緊張型の痛みにはとくにおすすめできる。

※スポンサーCM

坐骨神経痛にはDHAを!

DHAとは最近話題に上がるようになったサプリメントです。

近年では坐骨神経痛を患う多くの方が、こういったサプリメントを摂取することで気分が楽になったり、痛みが和らいだとお喜びになられております。

DHAとはフィッシュオイル(魚油)のこと。青魚などに沢山含まれている。

まずはDHAというサプリメントは何?ということについて述べさせていただきますと、簡単にご説明するならばフィッシュオイルのことだと思っていただければ良いでしょう。魚に含まれている魚油から抽出される成分に含まれるドコサヘキサエン酸というもののことをDHA(Docosahexaenoic acid)と省略しているのです。

DHAは青魚などにふんだんに含まれている。

そして、このDHAとはマグロやサーモンなどのような魚介全般に含まれております。その中でもひときわ含有量が多いのは、イワシやサンマ、サバなどの青魚と呼ばれる比較的廉価な魚介に豊富に含まれているのです。

日本人は古来から青魚を食し、DHAを豊富に摂取していたため、血管疾患が少ない。

そして、DHAのエピソードで有名なのはこういった青魚を日本人は昔から豊富に摂取していたため、諸外国などと比べて、脳血管疾患や心筋梗塞などの病気を患う人が圧倒的に少ないのです。

日本人が肉食になったのは明治時代から

このように従来の日本人は魚を好んで食し、肉とはほとんど食べませんでした。日本人が肉食をするようになったのは、江戸時代末期から明治時代になってからのことであって、肉食が外国から入ってくるまでは牛肉はもちろん、豚肉・鳥肉など一切の肉を口にすることはなく、たんぱく質原はすべて大豆や魚から摂取していたため何も意識せずともDHAをふんだんに摂取することができていたのです。

※スポンサーCM

明治以前は家畜を食すことは無かった

ちなみに少し話は変わりますが、私達が普段手ごろに摂取する牛乳なども実は近代になってから外国から入ってきた習慣であって、日本では牛とは農耕などでトラクターの代わりに持ちいるものであって家畜を食べるなどもっての他という考えが古くからあったのです。働いてくれるのに食べてしまうなんてもったいない!こんな考えがあったのかもしれません。ニワトリなどももともと畑の害虫処理のために開発したものであり、肉や卵を食べる目的ではなかったのです。ブタに関しては完全に食用のために開発されたものであって、野生のイノシシを品種改良した人工の動物であるのです。

日本の唯一の資源は、海洋資源。だからこそ青魚を主に摂取

では、なぜ日本人が好んで魚を食したのか?そこには日本の資源の問題がいろいろとあります。皆様もご存知の通りですが日本は国土が狭く、森林資源などがとても乏しいですよね。ところが海に着目していただくと豊富な海洋資源があります。だからこそ、昔から魚を沢山たべていたのです。それも近海でとれるようなイワシやサンマなどがとても手ごろだったわけです。そういった事情があって、幸いにも私達の祖先はDHAの恩恵で脳血管疾患などのリスクが無く日常を過ごすことができたのです。

DHAは生物濃縮によって生まれた自然の恵み

ではDHAとは実際には何なのか?ドコサヘキサエン酸だとか、不飽和脂肪酸だとかむずかしい下りは理解するのが大変だと思いますので、簡単に申し上げますと、もともとは天然の植物性プランクトンなどが生み出した微量の栄養素だったのです。海の中に存在する植物のプランクトンが光合成によって作り出した栄養素を、稚魚や小魚が食べ、それよりも大きな魚であるイワシが小魚を食し、それを食したイワシをサバなどの魚が食べ、という行程を繰り返して行くと最終的にはだんだんと栄養素が濃縮されて行き、DHAが合成されるわけです。つまり今回のサプリメントは自然の恵みによって濃縮された栄養素を人間の英知によってさらに高濃度にした脂肪酸なのです。

でも脂肪って血液がドロドロになるのでは?DHAは善玉コレステロール

皆様は脂肪酸などの『脂肪』というキーワードを耳にしたときにきっと体の中をドロドロにして肥満の原因になるのでは?と思えてしまうことかもしれません。脂肪は体に悪いというイメージがあります。しかしDHAとはそういった皆様がイメージする脂肪とは大きく異なり善玉コレステロールなのです。

ラードやバター、マーガリンは冷えると固まってドロドロになるため体に悪い

油・脂肪などという言葉を耳にしたときにきっと一番にイメージされるのは身の回りにあるバターやマーガリンなのではございませんでしょうか?バターは動物性脂肪、マーガリンは植物性脂肪ということになり、他にはラードなどもありますがこれに関しては脂肪そのもののことを表します。こういったものは冷えると固まって固形化してしまいますよね。もしも人間の体の中で冷えて固まってしまえば血液がドロドロになって血管を詰まらせてしまいますので体に悪いです。

DHAは冷えても固まらない

※スポンサーCM

ところが魚油であるDHAに関しましては、冷えてもまったく固形化しません。氷に穴を開けて行うワカサギ釣りなどを見ても、極限まで冷やされた湖などで生活している魚にもDHAは豊富に含まれておりますが、彼らはなぜこれだけ冷え切った水の中で生活していても体が固まらずに済むのでしょうか?

魚が冷えた水温で凍らずにすむのはDHAによる

こういった青魚の体が固まらずに済むのは実はDHAの恩恵であったのです。本来ならば寒い環境で過ごしていれば血管がギュットしまってしまい血管が破裂するなどのリスクがあるのですが、このDHAが体内の血液の流れをサラサラにしてくれているため、血管の破裂を防ぎ、さらには血液中の脂肪が固形化してしまうことを完全に防いでくれていたのです。つまり、DHAが私達の体に与えてくれる恩恵とはこういった血液に対しての有効な働きであるのです。

DHAは脂質の固形化を防止し、血液をサラサラにしてくれる。血行が良好になる。

つまり、DHAとは脂質の固形化を防止してくれます。血液がサラサラになりますので、血管の中を流れる血流を良好にしてくれるのです。

最も期待できるのは細胞膜を柔らかくすること。

そして、DHAがもっとも期待できることは細胞膜を柔らかくすることです。もともとDHAとは必須脂肪酸といわれ、私達の体にとって絶対欠かすことのできないものなのです。体内で合成することができませんので食事によって摂取する必要があります。

そして摂取されたDHAによって、私達の体を構成する様々な細胞の膜を作り上げるのです。DHAを沢山摂取するとこの細胞膜の合成が活発化して柔らかい細胞膜になります。

細胞膜の中で最も大切なのが赤血球などの血液成分

細胞膜が柔らかくなるというと筋肉や皮膚などの細胞をイメージされるかもしれませんが、もっとも恩恵が大きいのは血液成分となります。血液中に存在する酸素を運ぶ赤血球というものがあるのですが、これも細胞なのです。また、免疫などをつかさどる白血球なども血液中に点在しますがこれも立派な細胞であります。DHAはこのような血管の中を動き回るような細胞の細胞膜を柔らかくしてくれますので、血管を詰まらせてしまうような働きを防止してくれるのです。また、血液がサラサラになってさらに動脈壁の細胞が柔らかくなると、多少の圧力が細胞膜に加わっても血管が簡単に破裂しなくなります

DHAは病気全般に有効となる。

つまり、こういった血管の柔らかさや、細胞膜を柔らかくし、供給を改善されますので多くの病気全般に良いと思ってください。

オメガ3

坐骨神経痛にどのようなメリットがあるのか?

では、本題である坐骨神経痛についてはどのようなメリットがあるのかと申しますと、坐骨神経痛とは大きく分けると2つのものがあります。

  1. 原因が明らかなもの:腰椎椎間板ヘルニアが圧倒的に多い

    原因が明らかなものには腰椎椎間板ヘルニアが最も多いと言われております。腰椎椎間板ヘルニアとは背骨の腰椎の隙間に存在する椎間板というクッションがつぶれて飛び出して、その周囲を刺激してしまう病気です。

    DHAは丈夫で柔らかな椎間板を作る

    治療としてはつぶれた椎間板を修復することが必要になりますが、細胞膜であるDHAを摂取することは丈夫で柔らかな椎間板を作りあげることに貢献します。

  2. 原因が不明なもの:緊張型(筋スパズム型)が多い

    そして、もう一つの原因は病院の検査では原因を明らかにできぬ緊張型と呼ばれるものです。別名で筋スパズム型とも呼ばれます。私ども整体師の基には多くの坐骨神経痛の患者様が訪れますが、ほとんどの坐骨神経痛は腰椎椎間板ヘルニアではなく、この筋スパズム型であります。坐骨神経痛の患者様では圧倒的に緊張型が多いのです。

    血流がサラサラになることで酸素や栄養素の患部への供給量が増加する。

    そして、DHAを摂取するとこの緊張型の坐骨神経痛に関しましても、患部に巡る血流を増加させることにつながります。緊張型のものでは血管が緊張しており、患部の血流が途絶えてしまってしまうことでブラジキニンなどの発痛物質が産生されて痛みに悩まされてしまいますので、血流をサラサラに保つことができれば患部に十分な栄養が送られて発痛物質の生成を抑えることにつながるでしょう。

緊張型の痛みは食習慣が大きく関係、ジャンクフードばかりを召し上がっている

上記に述べた緊張型の痛みなどは多くの場合食習慣などが大きく関係しているといわれております。

私ども整体師のもとに訪れる緊張型の頭痛や肩こり、腰痛、坐骨神経痛、足の痛みなどをお持ちになられている方の食生活をお伺いしたときには、肉食の方ばかりであり、青魚などはほとんどお召し上がりになられておらぬことが明らかになっております。若い人ではピザやフライドチキン、ハンバーガーなどのジャンクフードばかりを毎食食べていたりする方もいるのです。

緊張型の痛みには肝臓機能の衰えも大きく関係

また、緊張型の痛みをお持ちである坐骨神経痛の患者様や緊張型頭痛などをお持ちになられている患者様の共通点を見ておりますと、多くの場合内蔵機能の衰えをもっております。お酒を沢山お召し上がりになられておられていて肝臓機能が低下していたりすると、体内の貯蔵血液量が減少してしまい緊張型の痛みを生み出しやすくなります。

必須脂肪酸が不足すると毛細血管がすぐに破裂する。

ご高齢者のお体などをみると、ときおり血管が浮かび上がってしまったり、クモの巣のような小さな毛細血管が見られることがありますが、これは血管に負担が加わっていたことによって血管が負荷に耐えるために発達してしまったことを物語っております。つまり、医学的にはとても危険な状態でもあるのです。必須脂肪酸であるDHAが不足すると血管が破裂するリスクがふえますのですぐに毛細血管が破裂してしまうのです。

また、血管にダメージが加わると発痛物質が生成されて慢性的な痛みに悩まされることがあります。

体内で固形化しないDHAをたっぷりとお召し上がりになりましょう。

ジャンクフードを食べていたりすると冷えると固まってしまうタイプの脂肪が沢山摂取されておりますので血液がドロドロになってしまい血管壁にダメージを与え、それが発痛物質を生み出す原因となります。また、肝臓などの内臓機能が低下している人も脂肪の分解や合成に支障を来たしてしまい同じくして血液をドロドロにし血管壁にダメージをもたらして緊張型の痛みにつながります。こういった緊張型の痛みをもたらさぬためにはDHAをたっぷりと召し上がっていただくことがとても大切です。どうかDHAを毎日の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

サンマやイワシなどを食べてはダメなの?魚は手間が掛かるため定期的な摂取はとても大変

もちろん、こういったサプリメントによってDHAを摂取しなくてもサンマやイワシを召し上がっていただければお体の状態を保つことは可能です。ところが月に1回や2回お召し上がりになった程度では体の状態を良好に保つことは難しいです。毎日たっぷりとお召し上がりになっていただくことが必要になるのです。

ところが魚とは調理に手間が掛かりますよね。さばいたり焼いたりと肉食よりも面倒な手間が多いです。食べるときにも小骨を取り除いたり内臓を取り出したりと大変な手間が掛かります。ですから簡単に食べられて供給量が安定している肉食が重宝されるのです。忙しいビジネスマンや一人暮らしの若者がジャンクフードを好んで食すのもこういった手間のわずらわしさを嫌うからでもあります。

DHAならば面倒な手間いらず

ところがDHAならばすでに必要な必須脂肪酸を手軽に摂取できるようにタブレットになっておりますよね。食後などに水と一緒に召し上がるだけですからとても手軽です。これならば効果が実感できるようになるまで長期的に続けれることです。

坐骨神経痛にはDHAを

それでは坐骨神経痛にお悩みをお持ちになられておられる皆様が健康なお体を手に入れられるようにDHAをおすすめいたします。どうか毎日の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

それでは最後までご覧くださいまして誠にありがとうございました。

DHA

腰痛と食事・栄養

結論:食事は長期的な対策

ぎっくり腰のときの料理は?

ぎっくり腰にカレーは?

ぎっくり腰の食料

食事中のぎっくり腰の防止

栄養失調によるぎっくり腰

餅をやめれば腰痛が治る

筋トレで腰痛治療がダメならたんぱく質を見直せ

食事中の腰痛防止

ぎっくり腰、腰が痛くて食材の買い物に行けない

食事の姿勢は?

なったときの食事は辛いものはダメなの?

猫舌対策で腰痛は治る

何を食べたら腰痛が治るの?

糖質制限食ってどう?

ぎっくり腰 早く治す食べ物

食後腰痛について

不意に起こる病気の備えで助かるものは非常食

ぎっくり腰防止のための栄養素

食事によって防げるぎっくり腰とは?

暴飲暴食はぎっくり腰の発生を増やす

一人暮らしのぎっくり腰で便利な食料

食事による循環系負担によるぎっくり腰

餅は主婦にとって腰痛対策となる

偏った食事は疲れやすくなる

食事による長期的な腰痛対策

結論:好き嫌いせず何でも食べる。

坐骨神経痛が不足している栄養素を知る方法

坐骨神経痛に良い食事

坐骨神経痛患者の現代女性が陥りがちな食事要因

坐骨神経痛にかいわれ療法

坐骨神経痛と食事との関係

ぎっくり腰のときの食事

日本人が不足しがちな栄養素

食生活と腰痛

痛みなどの脳からの伝達物質を抑える食べ物

食事制限による体重コントロール

インスタントフードの弊害と野菜の必要性

腰痛はたんぱく質、炭水化物、カルシウムを取る

食事療法は?

ぎっくり腰の過剰な運動神経の興奮を抑えるには有機野菜を食べる

食物渇望

防止するための日常の飲食について

筋肉を増やすために必要な栄養素

ぎっくり腰防止によいたべもの

aa食事療法は長期的な効果

オヤツが痛みを和らげる仕組み

腰痛治療には食事制限が有効

若者のブランチによるぎっくり腰の増加

コンビニ食に注意しよう

飲み物

結論:温かいものを飲む

ぎっくり腰に野菜ジュース

腰痛防止には温かいものを飲む

ぎっくり腰防止にために効果的な飲み物

ぎっくり腰防止には温かい飲み物

ぎっくり腰のとき苦しまないためには水分摂取を減らす

関節症の腰痛は水分補給と運動

水分過剰摂取と腰痛

夜は水分を控えめにする

ダイエットと食事

結論:無理な食事制限は続かない。

食事制限が嫌な人向けの方法

ケトン食体験談

ケトン食はお腹が減らない

食事制限のポイント

糖質制限食をしたら便器が詰まった

糖質制限食のデメリットは便秘

女性はなぜ甘いものが食べたくなるのか?

意志が弱くても間食を止める方法

腰痛予防のための苦労しない減量法は良く噛むこと

食事による防止

野菜を食べても痩せられないのはなぜ?

カロリーゼロの砂糖で腰痛を防止できる。

食欲と腰痛

ぎっくり腰防止には食事制限が良い

簡単に取り組める食事制限療法

糖質制限食で肥満を解消すると腰の負担が減る。

糖質を外から補うと腰痛になる

自然に近い食材は肥満症による腰痛を防ぐ

食欲と温度の関係

間食をやめずに痩せる方法

サプリメント

結論:お金が無い人はサプリメントは選ばない

サプリメント

坐骨神経痛にグルコサミン・コンドロイチンは?

坐骨神経痛に馬プラセンタ

坐骨神経痛にハーブ

核酸サプリメント

DHAサプリメントとの関係について

筋肉硬直 L(某サプリメント)

坐骨神経痛 便秘 サプリメント

ビタミンB1の腰痛防止効果について

腰痛持ちどんなサプリメントを飲んでますか?

サプリメントの考え方

サプリメントをオススメする人

サプリメントが向かない人

サプリが効かせるにはマイナスの荷電が必要

QテレビCMのグルコサミンを飲んだ。痛みが治らないのはなぜ?

坐骨神経痛 ローヤルゼリー

坐骨神経痛 すっぽん

高齢者の慢性化したぎっくり腰にグルコサミン・コンドロイチンは?

高齢者の慢性ぎっくり腰にASUは?

アミノ酸で腰痛は治りますか?

プロテイン

結論:筋トレしてる人だけ、プロテイン飲むと筋肉がつく

ぎっくり腰を早く治したい。プロテインは?

プロテインで慢性腰痛は治るか?

プロテイン

一番効果を実感したサプリはプロテインだった

ダンスインストラクター腰痛予防に必要な食事プロテイン

ぎっくり腰にプロテインが効く人

ぎっくり腰はプロテインを飲むだけではダメ

腰痛とカルシウム

結論:カルシウムは日本人のすべてが不足している

子供用のカルシウムサプリは?

腰痛防止に重要な栄養素はカルシウム

カルシウムだけを取っても腰は丈夫にならず

カルシウムの必要性

防止のためのカルシウム摂取について<

腰痛とお酒

結論:腰が痛いときには飲まない

ぎっくり腰中の飲酒

ぎっくり腰、アルコールはいつから?

お酒を止めると腰痛が治る

いつまで禁酒するのがいい?

なぜ泥酔者の施術をお断りするのか?

禁酒をしたら筋肉がついた

泥酔患者を整体でお断りする理由

腰痛対策、酒飲みの食事で気をつけること

ぎっくり腰中のお酒は?

禁酒の意外な腰痛防止効果

ぎっくり腰、分かっているけどお酒が飲みたい

酒で腰痛を治す方法

整体に行く日にお酒を飲んでしまいました。

アルコールは?

アルコールで腰痛おさまる?

お酒は少量なら良しは誤り

腰痛の治療にお酒は誤り

腰痛持ちは酒飲みが多い

お酒について思うこと

たばこ

結論:タバコには害悪しかない

慢性腰痛とタバコとお酒

喫煙と腰痛

喫煙と腰痛

腰痛を治したいなら喫煙をやめよう

ぎっくり腰とタバコ

糖質

結論:炭水化物を主食とする食習慣は生物学的には不必要。

甘いものは肥満腰痛を起こす

お餅が原因となるぎっくり腰

ぎっくり腰の発生を招く正月の食品

腰痛と糖質疲労

糖質疲労が背景のぎっくり腰に注意する

糖質疲労による腰痛の注意点

糖質過多はぎっくり腰になる

糖化によるぎっくり腰

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

ほとんど治りかけた腰、仕事でまた痛くなった

腰痛持ちに軽作業は?

腰の負担が少ない仕事って何?

ヘルニアで働けない。生活保護は?

膝裏を伸ばす方法は?

ぎっくり腰の看病は?

モーラステープで腰の痛みが悪化する原因

ぎっくり腰のあと、抱っこはいつからいいの?

腰痛持ちは立ち仕事は止めるべきか?

足のすね鈍器で殴られたような痛み

まっすぐ寝ると足がしびれた感じがする

腰痛と食事・栄養

結論:食事は長期的な対策

ぎっくり腰のときの料理は?

ぎっくり腰にカレーは?

ぎっくり腰の食料

食事中のぎっくり腰の防止

栄養失調によるぎっくり腰

餅をやめれば腰痛が治る

筋トレで腰痛治療がダメならたんぱく質を見直せ

食事中の腰痛防止

ぎっくり腰、腰が痛くて食材の買い物に行けない

食事の姿勢は?

なったときの食事は辛いものはダメなの?

猫舌対策で腰痛は治る

何を食べたら腰痛が治るの?

糖質制限食ってどう?

ぎっくり腰 早く治す食べ物

食後腰痛について

不意に起こる病気の備えで助かるものは非常食

ぎっくり腰防止のための栄養素

食事によって防げるぎっくり腰とは?

暴飲暴食はぎっくり腰の発生を増やす

一人暮らしのぎっくり腰で便利な食料

食事による循環系負担によるぎっくり腰

餅は主婦にとって腰痛対策となる

偏った食事は疲れやすくなる

食事による長期的な腰痛対策

結論:好き嫌いせず何でも食べる。

坐骨神経痛が不足している栄養素を知る方法

坐骨神経痛に良い食事

坐骨神経痛患者の現代女性が陥りがちな食事要因

坐骨神経痛にかいわれ療法

坐骨神経痛と食事との関係

ぎっくり腰のときの食事

日本人が不足しがちな栄養素

食生活と腰痛

痛みなどの脳からの伝達物質を抑える食べ物

食事制限による体重コントロール

インスタントフードの弊害と野菜の必要性

腰痛はたんぱく質、炭水化物、カルシウムを取る

食事療法は?

ぎっくり腰の過剰な運動神経の興奮を抑えるには有機野菜を食べる

食物渇望

防止するための日常の飲食について

筋肉を増やすために必要な栄養素

ぎっくり腰防止によいたべもの

aa食事療法は長期的な効果

オヤツが痛みを和らげる仕組み

腰痛治療には食事制限が有効

若者のブランチによるぎっくり腰の増加

コンビニ食に注意しよう

飲み物

結論:温かいものを飲む

ぎっくり腰に野菜ジュース

腰痛防止には温かいものを飲む

ぎっくり腰防止にために効果的な飲み物

ぎっくり腰防止には温かい飲み物

ぎっくり腰のとき苦しまないためには水分摂取を減らす

関節症の腰痛は水分補給と運動

水分過剰摂取と腰痛

夜は水分を控えめにする

ダイエットと食事

結論:無理な食事制限は続かない。

食事制限が嫌な人向けの方法

ケトン食体験談

ケトン食はお腹が減らない

食事制限のポイント

糖質制限食をしたら便器が詰まった

糖質制限食のデメリットは便秘

女性はなぜ甘いものが食べたくなるのか?

意志が弱くても間食を止める方法

腰痛予防のための苦労しない減量法は良く噛むこと

食事による防止

野菜を食べても痩せられないのはなぜ?

カロリーゼロの砂糖で腰痛を防止できる。

食欲と腰痛

ぎっくり腰防止には食事制限が良い

簡単に取り組める食事制限療法

糖質制限食で肥満を解消すると腰の負担が減る。

糖質を外から補うと腰痛になる

自然に近い食材は肥満症による腰痛を防ぐ

食欲と温度の関係

間食をやめずに痩せる方法

サプリメント

結論:お金が無い人はサプリメントは選ばない

サプリメント

坐骨神経痛にグルコサミン・コンドロイチンは?

坐骨神経痛に馬プラセンタ

坐骨神経痛にハーブ

核酸サプリメント

DHAサプリメントとの関係について

筋肉硬直 L(某サプリメント)

坐骨神経痛 便秘 サプリメント

ビタミンB1の腰痛防止効果について

腰痛持ちどんなサプリメントを飲んでますか?

サプリメントの考え方

サプリメントをオススメする人

サプリメントが向かない人

サプリが効かせるにはマイナスの荷電が必要

QテレビCMのグルコサミンを飲んだ。痛みが治らないのはなぜ?

坐骨神経痛 ローヤルゼリー

坐骨神経痛 すっぽん

高齢者の慢性化したぎっくり腰にグルコサミン・コンドロイチンは?

高齢者の慢性ぎっくり腰にASUは?

アミノ酸で腰痛は治りますか?

プロテイン

結論:筋トレしてる人だけ、プロテイン飲むと筋肉がつく

ぎっくり腰を早く治したい。プロテインは?

プロテインで慢性腰痛は治るか?

プロテイン

一番効果を実感したサプリはプロテインだった

ダンスインストラクター腰痛予防に必要な食事プロテイン

ぎっくり腰にプロテインが効く人

ぎっくり腰はプロテインを飲むだけではダメ

腰痛とカルシウム

結論:カルシウムは日本人のすべてが不足している

子供用のカルシウムサプリは?

腰痛防止に重要な栄養素はカルシウム

カルシウムだけを取っても腰は丈夫にならず

カルシウムの必要性

防止のためのカルシウム摂取について<

腰痛とお酒

結論:腰が痛いときには飲まない

ぎっくり腰中の飲酒

ぎっくり腰、アルコールはいつから?

お酒を止めると腰痛が治る

いつまで禁酒するのがいい?

なぜ泥酔者の施術をお断りするのか?

禁酒をしたら筋肉がついた

泥酔患者を整体でお断りする理由

腰痛対策、酒飲みの食事で気をつけること

ぎっくり腰中のお酒は?

禁酒の意外な腰痛防止効果

ぎっくり腰、分かっているけどお酒が飲みたい

酒で腰痛を治す方法

整体に行く日にお酒を飲んでしまいました。

アルコールは?

アルコールで腰痛おさまる?

お酒は少量なら良しは誤り

腰痛の治療にお酒は誤り

腰痛持ちは酒飲みが多い

お酒について思うこと

たばこ

結論:タバコには害悪しかない

慢性腰痛とタバコとお酒

喫煙と腰痛

喫煙と腰痛

腰痛を治したいなら喫煙をやめよう

ぎっくり腰とタバコ

糖質

結論:炭水化物を主食とする食習慣は生物学的には不必要。

甘いものは肥満腰痛を起こす

お餅が原因となるぎっくり腰

ぎっくり腰の発生を招く正月の食品

腰痛と糖質疲労

糖質疲労が背景のぎっくり腰に注意する

糖質疲労による腰痛の注意点

糖質過多はぎっくり腰になる

糖化によるぎっくり腰

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)