ぎっくり腰専門ユークル整体院

温泉に入ったら坐骨神経痛の痛みが強くなりました、どうしてですか?

結論:お風呂の入り方、温度、炎症の度合い、心の状態、など相性があるから

温泉の入り方、湯温、炎症の有無、心理面などが大きく関係しております。また、坐骨神経痛の種類によっては痛みが悪化することもあるのです。好みに合わない泉質などの可能性もありますのでいろいろとお好みに合ったものをお試しになっていただくと良いでしょう。

※スポンサーCM

温泉は坐骨神経痛に良いと聞いたのに痛い!

皆様もテレビなどや、温泉のCMなどで『どこそこの温泉は神経痛に良い』などと耳にされたことは良くあるはずです。しかし、実際に足を運んでお風呂に入ったところ坐骨神経痛が悪化してしまったということです。

痛みが強くなる理由には様々な原因が考えられケースによっては痛みが強くなる。

当院でも温泉に入ることは坐骨神経痛の患者様にはプラスであることを推奨しておりますが、坐骨神経痛には様々な物があります。ケースによっては痛みが強くなるようなことが考えられます。いくつか述べさせていただきましょう。

①疼痛誘発肢位による痛み

まず一番に思いつく原因としましては、お湯や温泉の成分が坐骨神経痛にマイナスになるのではなく、入浴のときの体位や姿勢に問題があった可能性があります。重度な坐骨神経痛をお持ちになられている方では、お湯に浸かったときに足を前に投げ出す姿勢になったり、両膝を立てて、両足を胸に引き寄せるような体育座りをすると痛みが増悪する可能性があります。

湯舟用の椅子を用いる必要がある

もしも、深く股関節を曲げるだけで痛みが誘発されてしまう場合は、股関節を浅く曲げた状態を保つことができるように湯船用の腰掛を用いていただく必要があります。温泉によってはそういったものを用いることができない場合がありますので、その場合は湯船の中に段差があるような場所をお求めいただく必要があります。

※スポンサーCM

②急性炎症の度合いが強い

2つめに考えられることとしましては、急性炎症の度合いが強いことが考えられます。坐骨神経痛と言いますと慢性腰痛の代名詞でもありますが、必ずしも血行が悪くなって起こるものばかりではありません。

坐骨神経の直接的な損傷では炎症を持つため、温熱を加えることは禁忌となる。

ときおりあるのはお尻を走行している坐骨神経というものに直接的なダメージが加わっている場合です。このケースでは坐骨神経が炎症を持っておりますので熱を加えてしまいますと炎症が強まってしまい痛みが悪化してしまいます。強い動きなどと同時に起こったりしたタイプの坐骨神経痛では念のため入浴は止めておいた方が良いでしょう。また病院などで腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などを診断されている方は掛かりつけ医にお風呂についての所見を直接お聞きすることが必要です。

③血管反射によるもの

3つめはオフロの入り方が原因となるもので血管反射があげられます。人間の体は急に熱いお湯に入ったり、温度差が激しすぎると、血管がギュッと収縮してしまいます。このときに患部の血行が障害されてしまい患部で発痛物質が作られてしまうことがあります。

最初はぬるめの湯温から

とくに注意していただきたいのは湯温です。42度以上のお湯は必ずこういった反射を招きますので、仮に熱い湯に入りたい場合には、最初にぬるめの湯温に体を慣らせましょう。シャワーなどで徐々に体を温めてそれからゆっくりと湯船に浸かるようにしていただければそういった反射の影響は少なくできます。

※スポンサーCM

④心因性のもの

坐骨神経痛の患者様の場合ですと、痛みに対しての恐怖によって身動きをとることを怖がってしまうことがございます。幾度も不意に襲ってくる激痛によって、強く目を閉じて全身が硬直してしまったり、周囲の感覚に過敏になってしまうことがございます。ケースによっては一種のノイローゼを伴うこともあります。このような精神状態に陥りますと冷たい刺激や熱い刺激、触覚、圧覚など、あらゆる感覚に不快感を感じることがあります。例えば湿布薬のようなヌクヌク感やスッキリ感を与えるだけの治療効果が無いものを用いても不快に思ってしまうことがあります。坐骨神経痛の患者様ではメンタルが病的状態に陥っていることが多く心因性のものは全ての病態に少なからず関わっております。

坐骨神経痛の治療には相性があります。気長にご自分に合ったものをお求めになりましょう。

坐骨神経痛とは医学的な根拠の有無とは関係なく様々な療法が有効となったり、ならなかったり、場合によっては悪化することがあります。ご自分のお体の相性に合ったものを見つけるためには様々なものをお試しになっていただく必要があります。温泉という方法が今回はたまたまご自信の相性に合わなかった可能性を考えることもできます。

ところが、泉質を違うものに変えたり、少し気分を変えてご自宅で入浴剤を用いてみたりするだけでも気分が変わってのんびりとお湯を楽しむことができるケースもあります。いろいろと相性に合ったものをこれからもお試しになってみてはいかがでしょうか?

自宅では全く問題ないのに温泉に入ったときだけ痛くなるなら湯温に気をつけてみましょう。

もしもご自宅のお風呂では坐骨神経痛を癒すことができるのに、温泉に入ったときにだけ痛みが強くなるのでしたら、湯温や浴槽の形状などが好みにあっておらぬ可能性があります。温泉とは温泉法という法律によって安全が確認されているため皆様が、温泉業を営んでいる正規のお店を利用したのでしたら、健康被害に合うようなことはありえません。どうかご安心なさって好みにあった温泉をいろいろとお試しになってみることをおすすめいたします。

緩和処置

結論:体の抵抗力をつける

痛みを和らげる方法

施術

どういったことに注意して施術するの?

MSS療法

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

お風呂の腰痛治療効果

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

お風呂の適応判断

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰痛では部分浴にも気をつける

アイシング

結論:冷やすことは治療よりも鎮痛効果が期待できる

ぎっくり腰の時のアイシングの流れ

ぎっくり腰、冷やす効果

発生時のアイシングの目的

ぎっくり腰冷やす期間

間違ったケア

結論:楽なことは体にとって必ずしも正解ではない

ぎっくり腰で揉み返しになった

ケア

ぎっくり腰のケアで気をつけること

ぎっくり腰は揉んで治るのか

予防策

床に直接寝るのはぎっくり腰にとってどう?

ぎっくり腰の予防の重要性

ぎっくり腰の防止法

靴下だけでのフローリング生活はぎっくり腰を起こす

読書によるぎっくり腰の防止のコツ

ぎっくり腰の発生率を40%減らす方法は起床直後に気をつける

ぎっくり腰にならないための筋肉の使い方

動作をゆっくり行なうぎっくり腰防止法

ぎっくり腰にならない動きのワンポイント

ぎっくり腰防止に気をつけることはヘソ

しゃがむ動作で腰を温存

ぎっくり腰の慢性化を防止するための体の使い方

低いところに手を伸ばすときのぎっくり腰防止

靴下を脱ぐときにぎっくり腰になった

ストッキングを履いて起こるもの

ストッキングを履いて悪化

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開