荘A[NX̉@

坐骨神経痛に人気の牽引療法の道具アイテム集

坐骨神経痛の原因には腰椎椎間板ヘルニアが多く、腰部の椎間板(ディスク)の変形突出が関係している。ディスクドクターや牽引療法器具などと、温熱療法を組み合わせることで背骨の隙間に圧迫された椎間板の圧縮変形を解消することができれば腰部の神経促通も良好になることもある。

※スポンサーCM

坐骨神経痛におすすめするのはディスクドクター

坐骨神経痛を直すためにどうしたら良いのかということで、多くの患者様から評判の良い人気アイテムをご紹介させていただきたいと思います。

今回ご紹介させていただく一番のアイテムは『ディスクドクター』です。多くの方がこれを利用することで長年の坐骨神経痛が改善されたとお喜びの声を残されております。

ディスクドクターが有効な坐骨神経痛は椎間板病変を主体とする腰椎椎間板ヘルニア

では、このディスクドクターですがどんな坐骨神経痛にも有効なのかと申しますと有効となるものにはいくつかの条件があり、その一つが腰椎椎間板ヘルニアになります。

腰椎椎間板ヘルニアとはどのようなものなのかと申しますと以下の図をご覧になってください。

椎間板著作権の都合上、雑な図を用いてしまい申し訳ありませんが、この図では背骨や骨盤を図示しております。背骨とは一つ一つの椎骨が上下に連なっており、背骨の隙間に椎間板が存在します。

※スポンサーCM

この椎間板が度重なる腰部のダメージによって次の図のように飛び出してしまうのが腰椎椎間板ヘルニアなのです。

腰椎椎間板ヘルニア次の図では椎間板の一部が飛び出してヘルニアを生じていることが分かります。この飛び出した部分が近接している坐骨神経という黄色い神経を刺激することで、下半身後ろ面の広範囲を支配している坐骨神経が障害されてしまい坐骨神経痛が生じることがあるのです。

坐骨神経坐骨神経が腰から下半身後面を支配している図。この支配領域のどこかで痛みを生じることを坐骨神経痛と呼んでいるわけです。

腰椎椎間板ヘルニアが原因となる坐骨神経痛では腰部に加わる荷重を早期に免荷・除圧することが必要となる。

こういった腰椎椎間板ヘルニアが原因となる坐骨神経痛を解消するためにはどうしたら良いのかと申しますと、椎間板に加わったダメージを回復させることが必要になります。

では、ダメージの回復を促進するためにはどういうことをするのが良いのかと申しますとそれが腰椎椎間板に加わる荷重の除圧や免荷となるのです。

椎間板の圧迫力腰椎を側面から見ている図、私たちの腰部の椎間板とは、この図のように上下から挟まれるような力が常に加わっております。この上下から挟み込む力がダイレクトに椎間板に加わることで椎間板にダメージが加わり少しずつ変形を来たしてしまうわけです。

椎間板に圧力を加えるものは、体重、筋力、地面からの反力、荷物、姿勢

では、この変形を加える挟み込む力ですが、何によってもたらされているかについて述べさせていただきますと以下のようになります。

  1. 体重

    やはり一番に影響を与えるのは体重です。体脂肪が重くて体重の重い人ほど椎間板に加わる圧力は高くなります。したがいましてダイエットするだけでも圧力は大幅に軽減されます。

  2. 筋力

    筋肉が腰を支えるときの張力がテンションとなって背骨をまっすぐに保持して立っていることができるわけですが、この筋力が背骨の隙間を狭めて圧迫力が生じてしまいます。筋肉量が多い人ほど、筋繊維1本あたりの牽引力が少なく済みますので椎間板に加わる圧力は腰周りの筋肉が多い人ほど軽減され、筋肉量の少ない人ほど椎間板圧力は増大します。

  3. 地面からの反力

    私たちが立ったり歩いたりすることができるのは地面を筋力で押したときの反作用の力で推進力を得ることができるからです。ということは常に椎間板には地面から得られる反力が加わっていることになります。

  4. 荷物

    自分の体重以外の重さが椎間板に加わることもあります。たとえば赤ちゃんの抱っこであったり、運送や引越しでの荷物運びや力仕事があげられます。自分の体重にプラスアルファーして荷物の重さが加わりますので椎間板は強力圧迫を受けます。

  5. 姿勢

    姿勢は椎間板に与える圧迫力に大きく関わっております。たとえば前屈姿勢になりますと椎間板の前方部分に圧力が偏ってしまいます。腰が反りすぎていれば後方部分に圧力が偏ります。均一に加わっていれば椎間板は平気ですが偏った負担が加わることで意図もたやすく壊れて変形してしまいます。

背骨部分の荷重を免荷・除圧するのがディスクドクター

※スポンサーCM

こういった様々な椎間板の圧迫要因から腰部を守り、ダメージが蓄積することを防止するのに期待できるのがディスクドクターとなるわけです。

ディスクドクターは小さな空気のチューブがベルトに内臓されており、ベルト自体がコルセットとして腰部を正しい形状にサポートしてくれます。そして空気圧を送り込むことによって伸縮するため、腰部を浮上させて椎間板に加わる圧力を除圧することが可能になるのです。

ディスクドクターによる牽引効果ディスクドクターが背骨の隙間を拡張しているイメージ

  ディスクドクターの状態  背骨の隙間の状態 
 ディスクドクター実施前 ディスクドクター実施前 背骨の隙間が狭まっている状態

空気圧を送り込む前の状態です。背骨の隙間はおよそ8ミリしかありません。

ディスクドクター実施後 ディスクドクター実施後  背骨の隙間が拡張

空気圧を送り込むことでディスクドクターが背骨の隙間を拡張させることに成功しました。およそ11ミリとなり約3ミリの拡張につながりました。この3ミリの隙間があることで毛細血管が変形している椎間板に新鮮な栄養を送り込み、さらにはそれ以上の変形をせぬように症状の進行を留める期待ができるのです。

もっとディスクドクターの効果を高めるためには温熱療法を組み合わせましょう。人体の多くはゼラチン質で構成されている。

次にこのディスクドクターの効果をさらに高める方法をご紹介させていただきたいと思います。私が提案する一番良い方法はやはり温熱療法となります。

なぜ温熱療法が必要になるのかと申しますと、人間の体とは多くの構成要素がゼラチン質で構成されているからです。

たとえば以下のようなものがゼラチン質の代表です。

  1. 骨膜:骨を包み込んでいる膜です。
  2. 腱:筋肉を骨に接続している組織です。
  3. 靭帯:骨と骨をつなぐ組織です。
  4. 関節包:関節部分の摩擦軽減装置です。
  5. 間質:細胞の隙間を埋める組織です。
  6. 筋膜(筋上膜、筋周膜・筋上膜):筋肉の摩擦軽減装置です。

ゼラチン質の組織

椎間板も当然のことながらゼラチン質でできている。したがってゼリーのように温めることで柔軟性が高まる。椎間板の治療には温熱療法が不可欠

これらの組織もそうですが、椎間板もゼラチン質で作られている組織です。したがいましてゼラチン質とはゼリーのように温熱を加えることで柔らかくなって形状が変化しやすくなります。逆に真冬のように寒い季節になりますと硬く強張って動きが悪くなるわけです。

温熱療法としてお勧めするのはお風呂。温かいお湯にゆっくり浸かっていただくことで血行が促進されるとともにゼラチンが柔らかくなる。

私がもっともお勧めする温熱療法としましてはやはりお風呂に入っていただくことです。坐骨神経痛に良いといわれる入浴剤などを組み合わせていただくことで生薬や温泉の天然成分によって血行促進効果が高まり、体の芯から暖めてゼラチン質を柔らかくすることができます。もちろん椎間板の変形した病態などでもお風呂による浮力によって除圧・免荷できます。

理想は朝晩2回入浴をして、ゼラチン質を柔らかくし、自宅で過ごすときにディスクドクターで体をケアすることがおすすめ

私がおすすめするケア方法としましては朝夕にお風呂に入って体を温めていただくことです。お風呂上がりに自宅で過ごすときにはディスクドクターで腰部を除圧して過ごしていただければ良いでしょう。すでに坐骨神経痛の症状が進行しているときには常にこれを使って除圧した状態で過ごし、椎間板の変形が収まるまで利用を継続します。

ただし、変形が軽度の場合は仕事が終わってお疲れになった体を速やかにケアするために自宅でのみディスクドクターを用いると良いでしょう。

毎日お風呂に入るとお金が掛かって困る場合は、電気温熱器具を利用しましょう。

お風呂とは湯船に水をためてさらに湯を沸かします。1回の水道代とガス(電気)代とは統計的に200円前後掛かるといわれております。朝夕お風呂にお湯を張るとどうしても400円ぐらいの出費になります。月間30日ならば12000円ですよね。

こんなにも負担が毎月続くのはどうしても困るという方は夕方に1回だけのシャワーで済ますことも仕方ありません。しかし、これでは温熱効果をそれほど期待することはできません。

ではこういった経済的な問題をクリアするためにはどうしたら良いのかということについて述べますと以下のような体を包み込む温熱器具がお勧めできます。

温熱療法器具

これならばお風呂のように毎回お湯を沸かして張り替える必要もありませんし、お風呂掃除の必要もありません。手軽にお体を温めて毎日朝夕といわず時間にとらわれることなくお体を温めることができます。

できるだけ温熱で体が温まっているうちに牽引を行いましょう。体重を利用して行う牽引療法は高いコラーゲンストレッチ効果を望むことができる。

ディスクドクターとは牽引した状態を空気圧によって保つことで除圧した状態を保つわけですが、お風呂上りや温熱療法によって体がせっかく温まっているときにはコラーゲンストレッチというものもお勧めすることができます。要するには優しく牽引するのではなく多少ストレッチを取り入れて腰部を積極的に伸張させます。

このストレッチ効果によってコラーゲン(ゼラチン質)を積極的に伸張させて柔らかくする効果を高めるわけです。

温熱とは常に体が温まっているわけではなく、入浴後1時間もすれば元の体温に戻ってしまいますので、体温が高まっている短時間を利用してストレッチを取り入れるとより効果的に体を伸ばすことが可能になるのです。

このときにお勧めするのは以下のような牽引装置となります。

牽引装置

自分の体の重みを利用して腰を牽引します。ディスクドクターよりも強い牽引効果を期待することができますのでお風呂を出た直後の体温が上昇しているときに利用していただくことで高いストレッチ効果を期待できることでしょう。

日常的な優しい牽引はディスクドクターで、そしてお風呂上りにはこれを用いる。ということで使い分けていただければ腰を癒す効果は高いです。

さらに腰部の改善が進めば垂直牽引をする器具を用いることも良い。

そして症状の改善が見込まれて腰部の状態が良くなって行きましたら、その症状の経過によって以下のようなものを取り入れていただけると良いことでしょう。

垂直牽引装置腰部を垂直に牽引する装置(ただし、トレーニング期間の浅い方は安全上、絶対に行ってはなりません。)

坐骨神経痛は原因の分かっているものには腰椎椎間板ヘルニアが多いが、圧倒的に原因が不明なものが多いのでご自分の症状にあった方法を探しましょう。

今回は坐骨神経痛の症状の中でも原因が明らかになったものの中で最も多いと言われる腰椎椎間板ヘルニアについてのみ触れさせていただきましたが、他にも様々な原因が関係しているのが坐骨神経痛であると言われております。そして、原因の不明なものの方が圧倒的に多いのが坐骨神経痛であるのです。

当然のことながら今回のご提案させていただいた方法は腰椎椎間板ヘルニアの全てに有効な方法ではありませんし、掛かりつけ医ときちんと連携をとらねば逆にマイナスの結果となることも考えられる場合もあります。しかし、坐骨神経痛とはやはり人それぞれ対策法や原因がまったく異なりますので一つひとついろいろと試してみてご自分に合った方法を模索していただければと思います。

腰痛対策の道具の考え方

腰痛に効くもの

腰痛患者の道具の考え方

役に立つグッズの考え方

腰痛対策の道具、使うは一時の恥

腰痛対策の道具は買うべき?

役立つアイテム

腰をサポートするアイテムを紹介してください。

力仕事補助アイテム

引越しで腰を痛めないための道具

重たい家具を持上げるには?

リフトを導入するのは?

重たいものを持上げる道具には何がある?

荷物運びで腰痛を防止するなら運搬ワゴンを使う

健康器具

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

腰痛持ちにフラフープは?

腰痛の電気治療の効果は?

ぎっくり腰のときにマッサージ機はいいの?

坐骨神経痛に中山式指圧器はどうか?

ヘルニア患者に人気の牽引療法器具

青竹ふみで腰痛が治る仕組み

コスモトロンは慢性的なお尻の痛みにどう?

坐骨神経痛にパワーポジションボール

中殿筋の疲労を手軽にそして優しく癒すための金魚運動マシン

坐骨神経痛にはヘルストロン

坐骨神経痛の方にはVアップシェイパー

腰痛に低周波治療器のオムロンは?

ぎっくり腰に赤外線治療器は?

家庭用の治療器具による腰痛治療効果

カバン・バッグ

結論:余程の重量、長時間でなければカバンの影響は少ない

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ショルダーバッグをすると腰が痛くなる

反り腰のカバンは?

リュックとバッグ、ぎっくり腰になりやすいのは?

ウェストポーチ療法

リュックとショルダーはどっち?

キャリーバッグの腰の負担は?

クツ

結論:努力をしたくない人に最もおすすめする腰痛対策が靴である。

腰痛に悩むなら靴で予防しよう

腰痛持ちにヒールは?

坐骨神経痛は革靴を止めてスポーツシューズを履く

磨り減った靴は腰を痛める

予防のための靴選び

ハイヒールとの関係

クツ選び

クツとの関係は?

腰痛防止のクツ選びの考え方

ダイエットしたいけど靴のサイズが合わない

足元対策

インソールによる予防

転倒対策には足袋を履こう

スベリ止めマットと腰痛

立ち仕事の腰痛を緩和するなら踏み台

踏み台に足を乗せると腰痛を防げる

ぎっくり腰に松葉杖は?

ぎっくり腰における松葉杖の必要性

一本松葉杖は?

杖を用いるのは?

ぎっくり腰と杖

高齢者の防止のアイテムは杖

松葉杖の使い方、片方の腰の痛み

腰痛と股関節が痛いとき、松葉杖で歩くのはいいか?

杖の弊害について

腰痛に松葉杖は?

軽いぎっくり腰の対処では杖を使う

衣類・身につけるもの

ぎっくり腰では柔らかい服を着る

マスクを使うと腰痛が治る

リストバンドは腰痛予防にどう?

防止のために役に立つ衣類は?

坐骨神経痛に良い下着は?

メガネと腰痛

サポーターの有効性

腰痛を和らげる股引

耳栓を使った腰痛の簡単な対策法

腹巻で温めるとぎっくり腰を防げる

ぎっくり腰防止のための手軽で効果の高いアイテム

ぎっくり腰防止のおすすめグッズは?

ぎっくり腰防止のためにお勧めする衣類

ぎっくり腰防止のための便利アイテムとその活用法

その他道具

テントを張ると腰痛が治る

最大の省力化アイテムは水

腰痛対策は柄の長い道具

痛みを軽くするための伸縮テープ

腰痛と住環境

擦らずに落とせる洗剤

お尻の痛い方に助かる食器洗いアイテム

腰痛患者の自転車選び

腰痛持ちのドア選び

ぎっくり腰を何度も繰り返す患者に絶対必要な道具

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

アークス整体院プライベートブログ


プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

腰痛対策の道具の考え方

腰痛に効くもの

腰痛患者の道具の考え方

役に立つグッズの考え方

腰痛対策の道具、使うは一時の恥

腰痛対策の道具は買うべき?

役立つアイテム

腰をサポートするアイテムを紹介してください。

力仕事補助アイテム

引越しで腰を痛めないための道具

重たい家具を持上げるには?

リフトを導入するのは?

重たいものを持上げる道具には何がある?

荷物運びで腰痛を防止するなら運搬ワゴンを使う

健康器具

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

腰痛持ちにフラフープは?

腰痛の電気治療の効果は?

ぎっくり腰のときにマッサージ機はいいの?

坐骨神経痛に中山式指圧器はどうか?

ヘルニア患者に人気の牽引療法器具

青竹ふみで腰痛が治る仕組み

コスモトロンは慢性的なお尻の痛みにどう?

坐骨神経痛にパワーポジションボール

中殿筋の疲労を手軽にそして優しく癒すための金魚運動マシン

坐骨神経痛にはヘルストロン

坐骨神経痛の方にはVアップシェイパー

腰痛に低周波治療器のオムロンは?

ぎっくり腰に赤外線治療器は?

家庭用の治療器具による腰痛治療効果

カバン・バッグ

結論:余程の重量、長時間でなければカバンの影響は少ない

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ショルダーバッグをすると腰が痛くなる

反り腰のカバンは?

リュックとバッグ、ぎっくり腰になりやすいのは?

ウェストポーチ療法

リュックとショルダーはどっち?

キャリーバッグの腰の負担は?

クツ

結論:努力をしたくない人に最もおすすめする腰痛対策が靴である。

腰痛に悩むなら靴で予防しよう

腰痛持ちにヒールは?

坐骨神経痛は革靴を止めてスポーツシューズを履く

磨り減った靴は腰を痛める

予防のための靴選び

ハイヒールとの関係

クツ選び

クツとの関係は?

腰痛防止のクツ選びの考え方

ダイエットしたいけど靴のサイズが合わない

足元対策

インソールによる予防

転倒対策には足袋を履こう

スベリ止めマットと腰痛

立ち仕事の腰痛を緩和するなら踏み台

踏み台に足を乗せると腰痛を防げる

ぎっくり腰に松葉杖は?

ぎっくり腰における松葉杖の必要性

一本松葉杖は?

杖を用いるのは?

ぎっくり腰と杖

高齢者の防止のアイテムは杖

松葉杖の使い方、片方の腰の痛み

腰痛と股関節が痛いとき、松葉杖で歩くのはいいか?

杖の弊害について

腰痛に松葉杖は?

軽いぎっくり腰の対処では杖を使う

衣類・身につけるもの

ぎっくり腰では柔らかい服を着る

マスクを使うと腰痛が治る

リストバンドは腰痛予防にどう?

防止のために役に立つ衣類は?

坐骨神経痛に良い下着は?

メガネと腰痛

サポーターの有効性

腰痛を和らげる股引

耳栓を使った腰痛の簡単な対策法

腹巻で温めるとぎっくり腰を防げる

ぎっくり腰防止のための手軽で効果の高いアイテム

ぎっくり腰防止のおすすめグッズは?

ぎっくり腰防止のためにお勧めする衣類

ぎっくり腰防止のための便利アイテムとその活用法

その他道具

テントを張ると腰痛が治る

最大の省力化アイテムは水

腰痛対策は柄の長い道具

痛みを軽くするための伸縮テープ

腰痛と住環境

擦らずに落とせる洗剤

お尻の痛い方に助かる食器洗いアイテム

腰痛患者の自転車選び

腰痛持ちのドア選び

ぎっくり腰を何度も繰り返す患者に絶対必要な道具

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書