オシッコで目が覚めて眠れず

お手洗い

結論:血圧が高いと夜間頻尿になる

  1. ページ概要:
    夜間頻尿の原因はいくつかある。
    ①糸球体血圧増加。
    ②前立腺肥大、
    ③排尿中枢の神経興奮性の低下、
    などが関係している。
    メリハリのある脳の興奮によって改善に導かれる。
  2. オシッコで目が覚めないようにするには?目が覚めると寝付けないため睡眠不足になる
  3. 備考
    夜間尿、夜間頻尿、夜間多尿とも呼ばれる。
    睡眠中に1回以上トイレに行くこと。
  4. そもそもオシッコとは?
    体内の要らなくなった不要物を処理するための仕組み
  5. 余談オシッコの不純物には様々な物が含まれている。
  6. 余談2オシッコの黄色はウロビリン、鉄分を乳化(油に包んでバラバラに)したもの。
  7. 乳化の代表例牛乳、脂肪にカルシウムや鉄などを沢山含ませている。
  8. オシッコを作るのは?腎臓
  9. 腎臓について
    心臓から拍出された全血液量の20%が分布する。
    血液をろ過してオシッコを作る
  10. 腎臓で濾過をする場所腎小体、ろ過量が増えるほどオシッコが増える
  11. ろ過量を決定するもの血圧、腎小体の血液圧力を糸球体ろ過圧と呼ぶ
  12. 糸球体濾過圧に影響を来たすもの(概要)
  13. 糸球体濾過圧に影響を来たすもの(補足)①血圧、②コロイド浸透圧、③ボーマン嚢内圧
  14. オシッコの排泄の工程腎臓→尿管→膀胱→前立腺→尿道→体外
  15. 頻尿の原因①前立腺肥大症、高齢男性に殆ど見られる
  16. 余談前立腺について、前立腺の目的は不明
  17. 頻尿の原因②
    膀胱の収縮力低下。
    膀胱も筋肉で出来ている。
    収縮力が落ちることで排尿が衰えて頻尿を来すこともある。
  18. 対策脳の興奮性を高めて活発な毎日を過ごしていただければ全てが解消されるはず。

オシッコで目が覚めてしまう。
この原因には血圧が関係している。
血圧が高いほど腎臓の腎小体でオシッコが作られる。
また、前立腺肥大症や膀胱の収縮力の低下も関係している。

※スポンサーCM

オシッコで目が覚めないようにするには?
目が覚めると寝付けないため睡眠不足になる

オシッコで目が覚めないようにするにはどうしたら良いのか?

深夜に寝ているとします。
このときに何度もトイレに行きたくなってしまう。
眠りが浅くなってしまう。
こういった方は大勢いらっしゃるでしょう。
寝ている途中で目が覚めてしまう。
当然のことながら睡眠不足になります。
翌日のお仕事に支障を来してしまいます。
ではどうしたらこれに悩まされずに済むのでしょうか?

メニューに戻る

備考:
夜間尿、夜間頻尿、夜間多尿とも呼ばれる。
睡眠中に1回以上トイレに行くこと。

ちなみにこういった頻回に渡って眠りから覚めてトイレに行く現象。
このことを医学的には『夜間尿』とか『夜間頻尿』とか、『夜間多尿』などと呼びます。
その病気には目安があります。
寝ているときに1回以上トイレに行くこと。
トイレで目が覚めてしまうということが当てはまります。

ただし、必ずしもそうだというわけではありません。
寝ているときに1回以上行こうと思った。
決して病気というわけではありません。
例えば眠る前にビールをお腹一杯になるまで飲まれた。
甘いものをタップリと召し上がられた。
こういった方も行きたくなります。
体の緊張が高まっている。
こういった方にも同じような現象はあらわれてしまいます。

ではオシッコの作られる仕組みとは?
そもそもどうなっているのでしょうか?
この問題から触れさせていただきたいと思います。

メニューに戻る

そもそもオシッコとは?
体内の要らなくなった不要物を処理するための仕組み

※スポンサーCM

では、おしっこが体で作られる仕組みについてです。
これから触れて行きます。
そもそも私達にとってオシッコとは何を意味しているのでしょうか?

例えば常日頃お手洗いに行く。
用を足しているときに、色がその日によって変化します。
沢山のお水を飲んだときには透明色の大量の水分が出ます。
色が濃くなるにつれて、出すときの勢いは弱まります。
そして、色が濃くなるほどに臭いがする。
検便の時には朝におしっこを採取します。
ですが、そのときはほとんどの場合が黄色い色をしていますよね。
しかし、時間帯によっては透明になる。
色が濃くなるわけです。
これは一体どういうことなのでしょうか?

ビタミン剤を飲んだときには黄色が濃くなりますよね。
つまり、色の濃さは不純物の濃さをそのまま表している。
こう思っていただければ良いことでしょう。
つまり、オシッコのは体外に要らなくなったものを排泄している。
こういった行為でもあるのです。

メニューに戻る

余談:
オシッコの不純物には様々な物が含まれている。

しかし、振り返ってみましょう。
すると、不思議には思いませんか?
なぜオシッコは黄色い色をしているのでしょうか?
透明と黄色の2色が普通ですよね。
でも実はそれ以外にも様々な色合いがあります。
例えば鮮血が混ざっていれば赤くなります。
タンパクや糖・膿の色が混ざれば白くにごります。
ではなぜ黄色い色なのでしょうか?

メニューに戻る

余談2:オシッコの黄色はウロビリン、
鉄分を乳化(油に包んでバラバラに)したもの。

この黄色い色はウロビリンという物質です。
赤血球に含まれるヘモグロビンという鉄タンパク質。
ヘモグロビンの成れの果ての姿。
こう思ってください。
通常ならば鉄をそのまま血液に乗せて体外に排泄することはできない。
そうしようとすれば体内に残留することがある。
危険性があります。
そこで、安全に処理したい。
そのためにはどうしたら良いのか?
それが乳化作用です。
これによって水と油を親和させる。
こうすることでそこに親和されたものに鉄をくっつけてしまう。
そして、水溶性に変化させてしまう。
そうすれば安全に処理することができます。
つまり、体にとって危険なものを一旦油に包み込む。
その油の塊を細かく砕く。
バラバラにする行程が乳化と言えるわけです。

メニューに戻る

乳化の代表例:
牛乳、脂肪にカルシウムや鉄などを沢山含ませている。

この乳化の代表的なものがあります。
私たちの身の回りでは牛乳にあたるのです。
牛乳は体内の脂肪分にカルシウムや鉄を含ませます。
小牛の成長に必要な成分を沢山含ませております。
ところがこのままだと体に行き渡らせることができません。
ですので、乳化という行程をとる。
水に溶けてバラバラになる性質を持たせているのです。
ちなみに人体の中ではこの乳化の代表があります。
それがコレステロールや糖脂質、リン脂質となるのです。

メニューに戻る

オシッコを作るのは?腎臓

※スポンサーCM

すなわち、黄色い色は、血液の成れの果て。
血液の成分が含まれていたり、
その外にも体内で要らなくなった不純物。
有毒物。
これらを、水に溶けるようにしたものであるのです。
それが濃縮されているのがオシッコ。
こうお考えになってください。
その他にも使い切れぬ水分、
これらを体外に排泄する。
適正な水分量を保つ目的もあるのです。

では、おしっこはどこでどのように作られているのでしょうか?
そこで重要な存在となるのが腎臓なのです。

メニューに戻る

腎臓について:
心臓から拍出された全血液量の20%が分布する。
血液をろ過してオシッコを作る

血液は心臓で拍出されます。
全拍出量の20%が腎臓へと送り込まれます。
そこで濾過されることでおしっこが生成されます。
20%のさらに5分の1である、4%が濾過されると言われております。

腎臓

メニューに戻る

腎臓で濾過をする場所:
腎小体、ろ過量が増えるほどオシッコが増える

糸球体
腎臓の中に血液が入ってきたとします。
入ってきた血液は、腎小体という小さな器官へと送り込まれます。
腎小体は複雑に血管が入組んだ構造をしている。
この部分で濾過をする働きを持っております。
そこに入っていった5分の1が濾過されて行くのです。

このときの濾過される量が多ければその分だけ沢山のオシッコが産出されることとなります。

メニューに戻る

ろ過量を決定するもの:
血圧、
腎小体の血液圧力を糸球体ろ過圧と呼ぶ

では濾過量を決定するものは何なのでしょうか?
それが血圧となるのです。
腎小体に巡る赤い矢印の血液の圧力が高まるほどに濾過量が増えます。
そして、この圧のことを糸球体濾過圧と呼ぶのです。

では糸球体濾過圧に影響を来すものは何なのでしょうか?
それが以下となるのです。

メニューに戻る

糸球体濾過圧に影響を来たすもの(概要)

糸球体血圧

糸球体濾過圧の説明に当たりましては、図を簡素化してます。
あえて、糸球体の構造を1本道にしております。
すると①のように血圧によって糸球体に血液が送り込まれます。
血液が糸球体を取り巻く袋(ボーマン嚢)で濾過されるわけです。

それをジャマするのが②のコロイド浸透圧です。
コロイドは血液のドロドロさを意味している。
こう思ってください。
血液がドロドロしておりますとどうなるか?

浸透圧の影響で薄い方から濃い方へと水が引き込まれて移動します。
ですので、②の箇所で血管の中に血液が留まってしまう。
血液が濾過を妨げてしまいます。

さらには、ボーマン嚢内圧と言うものがある。
糸球体を収めている袋の外側から押し返す圧力。
これによって③のように反発力が発生します。
ですので、そこで水の濾過を食い留めてしまうわけです。

メニューに戻る

糸球体ろ過圧に影響を来たすもの(補足)、①血圧、②コロイド浸透圧、③ボーマン嚢内圧

◆では、糸球体濾過圧に影響を来すものは何なのでしょうか?
  1. 血圧
    • 老化によって全身の筋肉が衰えます。
      すると、筋肉による血液の流れが失われます。
      ですので、心臓が強く拍出せねばなりません。
      心臓の慢性的な強力な拍出によって血圧が高くなります。
    • 血管収縮→血管の筋肉の衰えによって血圧が低くなることもあります。
      高齢者になりますと、血管を強く収縮させてしまう。
      血圧を高くせねば一定の血液供給を保てぬこともあります。
    • 脳神経の興奮性が高まりすぎてしまう。
      すると、血圧に異常をきたすこともあります。
    • etc
  2. コロイド浸透圧(血液ドロドロ度)
    • 糖尿病や高脂血漿などによるもの
      生活習慣病によって血液中の不要物が増える。
    • 水分が不足すること。
      これによって血液がドロドロになる。
      例えば汗をかきすぎたり、
      水分を飲まなかったり、
      代謝の異常などによる。
  3. ボーマン嚢内圧
    • 動脈硬化症・腎路の閉鎖(腎結石)

ということで、ここまででザックリとしたオシッコが出来るまでの仕組みを説明したわけです。
もちろんこれが作られるまでの行程では他にもホルモンの影響などもあります。
ですが、今回は除外しましょう。

メニューに戻る

オシッコの排泄の工程:

腎臓→尿管→膀胱→前立腺→尿道→体外

では、次に作られたものがどういう行程で体外に排泄されるのか?
これについて触れて行きましょう。
以下は全体的な模式図となります。
①の腎臓で作られたものが
②の尿管と言われるバイパスを通って、
③の膀胱へと送り込まれそこで蓄えられるのです。
そして、その部分で溜め込まれて濃縮されたものが
④の前立腺を通過して、
⑤の尿道を通って体外へと排泄されるわけです。

オシッコの仕組み

メニューに戻る

頻尿の原因①:前立腺肥大症、高齢男性に殆ど見られる

ここで最も良くある病気が前立腺肥大症です。
④部分での前立腺肥大症が起こる。
男性のほとんどの方が加齢によって発症する。
こういわれる病気です。
前立腺という組織が加齢によって極端に大きくなってしまう。
このことが明らかになっております。
一説では脳の興奮性の低下が関係している。
通常時の前立腺の筋のテンションが低下する。
このことによって肥大したように見えてしまう。
こうする説もあります。
これによって肥大した部分が尿道を塞いでしまう。
そこでオシッコがせき止められてしまうのです。
そうすることで膀胱内に大量に溜まる。
深夜に頻繁に目が覚めてお手洗いに行きたくなるわけです。

メニューに戻る

余談:前立腺について、前立腺の目的は不明

そもそもこの前立腺という組織が何のために存在するのか?
このこと自体が現代の医学では解明されておりません。

「精子に粘液を絡ませるため」

だとか、

「膀胱の下で尿の排泄を調整する」

とか言われているのです。
前立腺も通常の内臓と同じ。
平滑筋と呼ばれる筋肉で構成されております。
下図のように斜線の方向に前立腺が収縮する。
こうすることで尿道を急速に開く。
例えば膀胱に急激な圧迫刺激が加わったとします。
このときに内容物を急いで排出することができる。
そして膀胱の破裂を防ぐ。
こう言われております。

実際に、手術中に患者が緊張性の痙攣をしたとします。
このときには全身の筋肉が激しく硬直します。
すると膀胱に掛かる圧力が急激に上昇する。

噴水のような勢いで失禁することがあります
ですが、このときに前立腺が収縮して尿道を開放する。
このために膀胱の損傷を防ぐことを可能にしているのです。
ちなみ前立腺の筋肉が収縮したとします。
そして尿道を①の方向へと広げる。
オシッコをするときには②の精管の出入り口部分は閉じる。
そして射精をさまたげます。
逆に前立腺が揺るんでいるとします。
このときにしか射精をすることはできません。
すなわち射精をする中枢に異常を来す。
そうすることで排尿にも異常が出てしまう。
頻尿を来してしまうことがあるのです。

膀胱と前立腺

メニューに戻る

頻尿の原因②:
膀胱の収縮力低下。
膀胱も筋肉で出来ている、
収縮力が落ちることで排尿が衰える。
頻尿を来すこともある。

また、頻尿の原因として良くあるものがあります。
それは、老人性の神経の興奮性の低下があげられます。
膀胱は、筋肉で出来た袋の構造をしております。
袋が内容物(小水)によって広げられ拡張する。
そうすることで膀胱が排尿のために命令をくだす。
膀胱が収縮するように排尿中枢に命令をくだします。

ところが加齢によって神経の興奮性が低下するとどうなるか?
充分な反射を引き出すことができません。
結果的に少しずつ排尿をすることになる。
頻繁に深夜に目が覚めてしまうのです。

メニューに戻る

対策:
脳の興奮性を高める。
活発な毎日を過ごしていただければ全てが解消される。

どうでしょうか?
ここまで夜間頻尿の要因にふれました。
多くが生活習慣によるもの。
また、加齢による脳の興奮性の低下によるもの。
これによって神経の反射が衰えてしまう。
そうすることで生じてしまうことが分かりますよね。

つまり、こういった病気を改善しようと思った。
このためには毎日を明るく元気に過ごしていただくこと。
メリハリのある脳の活動性を意識していただくこと。
これで全て良い方向へと導かれて行くのです。

メニューに戻る

中長期的観点でのトイレ・排泄

結論:トイレに手すりをつけると排便が楽

  1. トイレできばると腰が痛くなるこれこそ食事療法がもっとも有効だと思います。
  2. トイレで力むと腰が痛い腹圧を高める動作であるイキミが困難になっている。手摺に寄りかかるようにして少しでも腰の負担を軽減すると楽になることもあります。
  3. 便意を我慢するとお尻が痛い「我慢」は不必要な体の力みを生じさせます。それがお尻の筋肉を緊張させて痛みを起こしたのかもしれません。
  4. 便意をもよおすとお尻が痛くなる便意をもよおすとお尻が痛くなるのは腹筋を酷使して姿勢保持にお尻を代償的に使うから
  5. 長便所と腰痛腹筋の衰えがあったり筋肉量が少ないと便秘は大便の排出がスムーズに行えなくなる
  6. オシッコで目が覚めて眠れず夜間頻尿にはオシッコの作られる仕組みを知る必要がある。前立腺肥大や加齢による膀胱の収縮力の低下、老人特有の高血圧も影響する。
  7. トイレ行きたくて目が覚めるが漏らしてしまう足腰の衰えがあるとトイレに行こうと思っても動くのに時間が掛かりすぎてお手洗いに間に合わずに漏らしてしまうことがある。
  8. 便秘と排便反射についてトイレを我慢すると便秘になる。
  9. 抑うつ状態でオシッコを漏らしてしまう気分が沈みすぎてしまっているときほど手技療法が効果を見いだす。
  10. aaトイレで踏ん張ると、腰がグキッとなる便秘に気をつけよう。玄米をたくさん食べること。スッキリ出ると腰の負担が減るよ。
  11. aaトイレでいきむとあばらが痛い腰が弱っていることがありうる。壁に手すりを付けてつかまると姿勢が安定して腰の負担が減る。
  12. aaトイレでお尻が痛い排便のときに「いきむ」とお尻の筋肉に力が入りすぎてしまう。玄米をモリモリ食べると便通が良くなる。お尻の負担も減る。
  13. aaaトイレでお尻が痛くなるのは底冷えしているからトイレは冷えている。暖房をかけない場所だから。加齢によって排便が大変になるとむき出しのお尻が冷えて神経痛を起こす
  14. aa大便が長時間だと腰痛になる15分以上要する場合は腹筋が衰えて排便が弱っている
  15. a排便に時間が掛かると腰痛になる腰痛防止に必須の腹筋が弱い人ほど排便に時間が掛かる。
  16. a深夜のオシッコはぎっくり腰の危険大深夜の時間帯に目を覚ましてオシッコに行くときは脳の血流が乏しくふらつき易い。踏みとどまってぎっくり腰になることもある。
  17. 腰部が原因となる残尿感腰部の神経促通の低下が排尿を障害して残尿感を生じさせることもある。

腰痛対策関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

お皿洗いでの腰痛対策

作業場面での腰痛対策

一般防止策

生活場面での腰痛対策

腰痛対策の体の使い方

飛行機バランス動作

立ち上がり

着替え

中長期的観点でのトイレ・排泄

楽に取り組める対策

意識だけで出来る対策

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

中長期的観点でのトイレ・排泄

結論:トイレに手すりをつけると排便が楽

きばると腰が痛くなる

トイレで力むと腰が痛い

便意を我慢するとお尻が痛い

便意をもよおすとお尻が痛くなる

長便所と腰痛

オシッコで目が覚めて眠れず

トイレ行きたくて目が覚めるが漏らしてしまう

便秘と排便反射について

抑うつ状態でオシッコを漏らしてしまう

トイレで踏ん張ると、腰がグキッとなる

トイレでいきむとあばらが痛い

トイレでお尻が痛い

トイレでお尻が痛くなるのは底冷えしているから

大便が長時間だと腰痛になる

排便に時間が掛かると腰痛になる

深夜のオシッコはぎっくり腰の危険大

腰部が原因となる残尿感

腰痛対策関連症状

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

お皿洗いでの腰痛対策

作業場面での腰痛対策

一般防止策

生活場面での腰痛対策

腰痛対策の体の使い方

飛行機バランス動作

立ち上がり

着替え

中長期的観点でのトイレ・排泄

楽に取り組める対策

意識だけで出来る対策

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)