ピークエンドの法則

最高の思い出著作者: Jl. Figueroa

「愛してる・・・」
「えぇ・・私も・・・」

※スポンサーCM

抱き合って永遠の愛を誓い合いました。

それから2年、気が付くと仕事が忙しくて心は離れてしまった・・・

でも、目を閉じるとあのときのことを鮮明に思い出します。心はお互いに離れてしまった。だけど夕日を見るたびに心が満たされるんです。

こんなにも心を満たしてくれてありがとう。僕の心は君との思い出でいっぱいだよ。

※スポンサーCM


ピークエンドの法則〕それは、最後の出来事が一番鮮明な思い出になること。恋愛では一日のデートの最後にロマンチックな場所に足を運んで夜景を眺めたり、夕日をバックにキスをしたりします。すると無意識に相手の脳裏に一番良い記憶として上書きされます。最初にロマンチックな場所に足を運んでも一日の締めくくりが平凡だと、記憶には平凡な記憶が上書きされます。人の記憶は最後の出来事が一番印象に残るわけです。したがって会社や家族では如何しても切り出し難い嫌なことほど最初に切り出して、最初は低空飛行をし徐々に滑空して最後に大空に飛び立てば何事も成功する確率は飛躍的に高まるのです。

最初がパーフェクトでも、最後がダメだと全部ダメになります。最初は手を抜いても最後さえパーフェクトなら全て丸く収まるわけです。

腰痛をお持ちになられる方ではときとして、最初から全力投球で頑張り通そうとして、途中で力尽きて最後まで持たずに失速するため最悪な印象を相手に与えてしまうのかもしれません。

おすすめ本:「慢性痛」が分かる本

ご紹介する本は以下の本です。

「慢性痛」が分かる本 著者:メイヨー・クリニック 2004年

感想

※スポンサーCM

P57の「痛みを持ちながらも生活の質的向上を目指す」という一言が印象に残りましたね。完璧主義で人一倍頑張り屋な方は慢性腰痛をお持ちになられる方には多いですが、確かに私自身も最初から最後まで全部独力でやり遂げたい思いがあります。ところが途中で手助けされてしまったりするとそういった思いが台無しにされたような感じがします。するとそれまでのやる気が完全に0になってしまいます。

例えてみると、やりかけのテレビゲームを先に家族にクリアされてしまったような感覚に陥ってしまうわけですね。

「俺が一番先にクリアしたかったのに・・・」

がっかりこうして自暴自棄になってしまうわけです。

心理分析

  1. 犯罪者の心理と腰痛「いつか逮捕されてしまうのでは?」という不安と隣りあわせで暮らす。そのストレスに蝕まれて腰痛になることはある。
  2. ぎっくり腰の痛みが強烈ぎっくり腰を患ったときには腰そのものの炎症は大したことはないのだが炎症が痛覚を過敏にすることで心のエネルギーのリビードが腰に集中することで痛みを強く感じる
  3. コルサコフ症候群嘘を本当だと思い込むこと。SFの世界の話のように思えるが実際にはかなり多くいる。
  4. クレッチマーの類型論人の見た目や体型からその人の性格が分かる。
  5. スケープゴート理論腰痛を患うものは社会的なストレスを感じているが、不安や恐怖など集団を構成する中で生じるエネルギーを一手に受けている生贄となっていることもある。
  6. 外的帰属と内的帰属外的帰属とは「あいつのせいだ!」と物事が上手く行かないことを他人の責任にしてストレスを発散すること。内的帰属とは「俺のお陰で上手く行ったんだぞ!」と成功したことは都合よく解釈すること。
  7. イニシャルドリーム何かの新しい物事に取り組んだときに見る寝ているときの夢のこと。その物事に対する期待の思いが表れており、その後の重大な過程がそこに現れている。
  8. 病人のメンタル構造責任転嫁をして他人のせいにしたがる。本来は病気は誰のせいでもない。
  9. ピークエンドの法則人の記憶は一番最後の出来事が鮮明に上書き保存されるようになっているため序盤はスロースタートで最後にパーフェクトなパフォーマンスを発揮することが望ましい。
  10. バンドワゴン効果多数の人が愛用している道具を用いたりすることで皆と同じことをしているという安心感によって良くなっていると感じてしまうこと。
  11. エメットの法則やるべきことを後回しにすると倍の労力を費やす仕組み
腰痛と心理関連

心理関連

「心理関連」カテゴリーを、
以下の20個のカテゴリーに分けます。

腰痛と考え方

腰痛とストレス

心因性腰痛の特徴

腰痛の心理的影響

治療の考え方

思考回路・思考パターン

主義・思想・価値感

ストレス

恐怖

怒り対策

感情

対人関係

防衛機制

不安

心理分析

メンタルケア

その他心理

行動指針

精神病

脳医学

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに19個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性・子供

心理①

心理②

自然

最新情報

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

心理分析

犯罪者の心理と腰痛

ぎっくり腰の痛みが強烈

コルサコフ症候群

クレッチマーの類型論

スケープゴート理論

外的帰属と内的帰属

イニシャルドリーム

病人のメンタル構造

ピークエンドの法則

バンドワゴン効果

エメットの法則

心理関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

腰痛と考え方

腰痛とストレス

心因性腰痛の特徴

腰痛の心理的影響

治療の考え方

思考回路・思考パターン

主義・思想・価値感

ストレス

恐怖

怒り対策

感情

対人関係

防衛機制

不安

心理分析

メンタルケア

その他心理

行動指針

精神病

脳医学

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに19個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性・子供

心理①

心理②

自然