ぎっくり腰で病院は?

レントゲンには痛みは写らない

病院は命に関わる患者を扱う場所であり、それ以外の自然治癒で放っておいて治るものには有効な治療をしていない。レントゲンに異常所見がなければ自宅安静を指示されるだけの結末となる。

※スポンサーCM

病院は命に関わる患者を扱ったり・判定する場所であり、ぎっくり腰の治療はしない。

ぎっくり腰に陥ってしまったのだけれども病院に行くべきなのかについてお話しましょう。最初に回答を申し上げますと病院は輸血・手術・放射線治療・移植・また、これらの必要性の判定をしたり、命に関わる患者を扱う場所であるとお思いになってください。基本的にはぎっくり腰の治療をする場所ではありません。

命に関わる者以外は別段有効な治療はしていない。

※スポンサーCM

病院での治療は例えば交通事故で大量に出血している傷口を縫合したり、出血多量で意識を失いかかっているのを輸血によって命を救ったりと、命に関わる患者の治療には有効性が高いです。

やはり救急医療の中でも人命に関わる分野の研究開発は国や企業から沢山の予算が割かれますから日々急速に発達しております。

ところが残念ながら、そういった緊急性のあるものではなく、ぎっくり腰のような命に関わらない分野はほとんど自然治癒力に任せるだけで別段なにもしません。有効な治療をしないですし有効な治療法を持っていないことが多いです。

レントゲンで画像検査して、異常が無ければ自宅で安静にすることを指導するだけ

そのためぎっくり腰を患ったときに、その痛みを何とかしてもらいたいと多くの方は願って病院に駆け込まれるわけですが、実際には何をするのかと申しますと、レントゲンで画像検査を命に関わる疾患を患ってはいないかと判定し、このときに異常が特に無ければ自宅で安静にすることを指導するだけに終始することがほとんどです。

病院は重症患者を判別するための一次機関である。

皆様が思い描く治療は痛みを完治してくれることだと思います。しかし、実際には病院では重症患者でないかの判別をするだけの一次機関だと言えるわけです。

患者の望む治療と実際の病院の診察つまり、皆様は鎮痛を求めて病院に行くわけですが、病院で行なうことは検査をして命に関わるかを判定して、しばらく放っておいて勝手に治るものにはこれと言った治療はしない。安静治療だけを指示する場所であるわけです。

放っておいて治るものに多額な研究予算を組むことは多くのスポンサー企業や税金を払う国民の理解を得ることが難しいからです。

レントゲンには痛みは写らないため、異常なしと判定されてしまう。

そして、最終的にはレントゲンでは骨が折れていたり脱臼しているなどの明らかな異常を見つけることはできてもレントゲンに写らない痛みに関しては『異常なし』という判定を受けます。

『こんなに痛いのに異常がないなんて・・・』
と鎮痛してもらえると思ってせっかく足を運んだ患者の多くがガッカリして病院を後にするのです。

もちろん何かあったら大変だという考えは大切。

※スポンサーCM

しかし、万が一を想定してレントゲン検査を受けることで大事に至る病変が潜んでいないかを知ろうと思う気持ちをお持ちになられることです。

何かあったら大変だ人は無知にもっとも恐怖し、知らないことに過剰な恐怖心を抱くものです。

『何かあったら大変だ』とお思いになられて受診したいお気持ちを抱かれることは正しい考え方でもあります。周囲の方に相談すれば必ず『万が一があったらいけないから』と病院の受診を勧められるはずです。大事を取って過剰に反応することは考え方としては誤りではありません。

肝心なのは病院にも許容量があること。過剰な不安を抱く患者がすでに飽和状態にある。

しかし、考え方が正しいことは間違いはないのですが現実的な側面が全く考慮されておりません

最大限に考慮すべきは病院にも受け入れの許容量があるということです。何かあったら大変だと思うときには、同じような考えを持っている患者が大勢いることを想定しなくてはなりません。

過剰な不安を抱く多くの患者同じように不安を抱く患者が日本中には何千万人とおり、すでに病院は飽和状態となっております。保険財源がすでに破綻寸前になっているのは過剰な不安を抱く患者によるのです。

つまり、万が一を想定して過剰に反応すると、現実的には 病院をパンクさせるだけで無駄な診察を受けに行くだけの結果になってしまうと言えます。

ぎっくり腰は発生直後の3~5時間様子を見て、民間の専門家の治療を受ける

ではもしもこういったときにはどうしたら良いのかと申しますと、ぎっくり腰発生から数時間、目安として3~5時間ほど痛みの経過の様子を見てそれから民間の専門家の治療を受けるようにすることが大切であると言えるのです。民間療法では皆様が望む痛みの緩和・沈静を目標として施術を受け持たせていただいており、多くの患者様がご満足の声を残されております。

腰痛と病院

結論:病院は検査だけ。治療はしない

  1. 腰が痛くて病院に行けない大原則は安静にして過ごすこと。腰が痛いときには出張整体を利用したり、他人に手を貸してもらって移動することも良いです。しかし、どうしても自分の生活環境を見られたくない人では松葉杖を通販で購入して杖をついて通院することも良いでしょう。
  2. 病院で治らない理由病院では器質的な変化にばかり着目しているから。
  3. なぜ病院では詳しく見てくれないのか?患者の症状を良くするためには、詳しい日常動作など職業についてお話を聞く必要がある。現代の病院医療ではお体の外観を画像で判断するぐらいしか見ておらず。
  4. 痛いのに病院で原因が見つからないのは?85%の腰痛症が非器質的腰痛症だから。椎間板に巡る血行が乏しくなったりするとすぐに腰が痛くなる。心因性の原因もあげられる
  5. 病院での腰痛治療の必要性小さな子供に聞くと一番に「痛くなったら病院に行く」と答えます。しかし、そもそも自分で治す考えが必要であり、病院の役割は自分で治すための術を授けること。
  6. 医療機関による対応の違いについて主に整体と病院の治療の流れの違いについて。基本的には病院では痛み止めの薬を処方して痛みをごまかすだけ
  7. 治療機関による診察の違い 受診する場所によってヘルニアだとか、腰部捻挫だとか診断される回答は異なる。
  8. 気をつけたい医療機関での診断様子を見て短絡的に精神的な要因であると決め付けられてしまうこともあるので医療機関の受診には気をつけましょう。
  9. ぎっくり腰になったらすぐ病院に駆け込むべきか?自宅で3日ほど安静にして痛みが和らいでから通院しましょう。早期に病院に行くと待合室で長時間待たされて腰の痛みが悪化します。
  10. 病院は?病院は命に関わる患者を扱う場所であり、それ以外の自然治癒で放っておいて治るものには有効な治療をしていない。レントゲンに異常所見がなければ自宅安静を指示されるだけの結末となる。
  11. すぐに病院に行く必要のあるものとその理由安静にしていても痛みが強く現れ落ち着く姿勢がないものには気をつける
  12. 最新医療が精神論に帰結する理由最近の医療の腰痛理論では脳の機能障害が痛みを引き起こしており感情のコントロールが痛みを抑えるとし、最終的に精神論を並べ出すことが多い。精神論に帰結する最大の理由は痛みが目に見えないものだから。
  13. 病院で腰痛が治らない理由:レントゲンの検査は無駄だから病院の腰痛の検査ではレントゲンを撮影する。だが、骨と、骨の隙間から軟骨の磨り減り具合が分かるぐらい。痛みを発する神経の通った組織を観察できない。皮膚・関節包・靭帯・筋肉・骨膜は画像に映らない。このためレントゲンにはほとんど価値はない。
  14. 医療が発展しても病院で腰痛が治らない理由高度先進医療として癌や怪我の外科治療などは目覚しいほどの発展をしているが、腰痛や水虫、風邪などが世の中からなくならないのは死なないから。命に関係するものは研究費をとりやすい。
  15. ぎっくり腰で痛みが強いです。大学病院に行った方が良いですか?大学病院は二次医療・三次医療に対応している機関です。
  16. 病院治療の利点と欠点病院の医療は戦争医療であり生き死に関わるものには強いが、慢性疾患には極めて弱い。
  17. ぎっくり腰は杖を使って病院に行っても悪化するだけ待ち時間が長くて腰が悪化する
  18. 病院の腰痛治療は、腰痛ガイドラインで否定されている病院で行うすべての治療は医学的な根拠がない
  19. 腰痛治療の病院での考え方病院のお医者さんは腰痛は命に関わらないため治さなくても良いと考えている。
  20. 病院に通っても中々腰痛が治らない原因が分かっていないならそれ以上通ってもムダ
  21. 坐骨神経痛は、医療機関では間違った診察を受ける坐骨神経痛の多くは筋肉痛である。
  22. 病院の医療では腰痛治療が難しい現状について専門分野だけを学ぼうとするため、少しでも専門外のことがあると対応できない。
  23. 西洋医学的にみた腰痛治療の限界病院医療の限界は腰痛の評価が不十分なこと
  24. ぎっくり腰で入院することはあるか?状況によっては入院せざるを得ないこともある。
  25. ぎっくり腰で入院するメリットは?ない
  26. ぎっくり腰の入院のデメリットは?プライバシーがないこと。精神的な苦痛が大きい
  27. ぎっくり腰の病院「通院」のメリットは?画像検査で、骨折や脱臼を発見できること。医者によっては麻酔を使ってくれることが「あるかも」しれないこと。

腰痛と整形外科

  1. 腰痛診療ガイドラインが求める整形外科の役割重篤な脊椎疾患のトリアージだとされる。
  2. ぎっくり腰で整形外科を受診するデメリットは?治療上のデメリットによって症状が直接悪化することはない。だが、間違った診察を受けることがある。
  3. ぎっくり腰で整形外科を受診するメリットは?ない
  4. ぎっくり腰のときの病院と整形外科の違いどちらも同じもの。規模の大小が違うだけ。レントゲンで骨に異常がなければ見逃されてしまう。
  5. 整形外科でのもみかえし、医師に伝えるべき?医師だけでなく担当の先生にも皮膚が弱いことを伝えてください。
  6. 整形外科で牽引療法を受けたらぎっくり腰が悪化した慢性期の治療として用いるものであり、ぎっくり腰の急性期に用いると症状が悪化します。
  7. 整形外科で腰痛が治らないのはなぜ?保険診療はお金の実費負担がほとんどないため先生も患者も結果に無頓着だから。
ぎっくり腰の医療機関での対処について

ぎっくり腰の医療機関での対処

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

救急車

病院

医者

レントゲン・MRI・画像検査

牽引療法

ヘルニア手術

坐骨神経痛手術

手術:失敗

手術:その他

湿布・貼り薬・外用薬

痛み止め・消炎鎮痛薬

鎮痛以外の飲み薬

注射

トリガーポイント

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

ほとんど治りかけた腰、仕事でまた痛くなった

腰痛持ちに軽作業は?

腰の負担が少ない仕事って何?

ヘルニアで働けない。生活保護は?

膝裏を伸ばす方法は?

ぎっくり腰の看病は?

モーラステープで腰の痛みが悪化する原因

ぎっくり腰のあと、抱っこはいつからいいの?

腰痛持ちは立ち仕事は止めるべきか?

足のすね鈍器で殴られたような痛み

まっすぐ寝ると足がしびれた感じがする

腰痛と病院

結論:病院は検査だけ。治療はしない

腰が痛くて病院に行けない

病院で治らない理由

なぜ病院では詳しく見てくれないのか?

痛いのに病院で原因が見つからないのは?

病院での腰痛治療の必要性

医療機関による対応の違いについて

治療機関による診察の違い

気をつけたい医療機関での診断

ぎっくり腰になったらすぐ病院に駆け込むべきか?

病院は?

すぐに病院に行く必要のあるものとその理由

最新医療が精神論に帰結する理由

病院で腰痛が治らない理由:レントゲンの検査は無駄だから

医療が発展しても病院で腰痛が治らない理由

ぎっくり腰で痛みが強いです。大学病院に行った方が良いですか?

病院治療の利点と欠点

ぎっくり腰は杖を使って病院に行っても悪化するだけ

病院の腰痛治療は、腰痛ガイドラインで否定されている

腰痛治療の病院での考え方

病院に通っても中々腰痛が治らない

坐骨神経痛は、医療機関では間違った診察を受ける

病院の医療では腰痛治療が難しい現状について

西洋医学的にみた腰痛治療の限界

ぎっくり腰で入院することはあるか?

ぎっくり腰で入院するメリットは?

ぎっくり腰の入院のデメリットは?

ぎっくり腰の病院「通院」のメリットは?

腰痛と整形外科

腰痛診療ガイドラインが求める整形外科の役割

ぎっくり腰で整形外科を受診するデメリットは?

ぎっくり腰で整形外科を受診するメリットは?

ぎっくり腰のときの病院と整形外科の違い

整形外科でのもみかえし、医師に伝えるべき?

整形外科で牽引療法を受けたらぎっくり腰が悪化した

整形外科で腰痛が治らないのはなぜ?

医療機関での腰痛対策関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

救急車

病院

医者

レントゲン・MRI・画像検査

牽引療法

ヘルニア手術

坐骨神経痛手術

手術:失敗

手術:その他

湿布・貼り薬・外用薬

痛み止め・消炎鎮痛薬

鎮痛以外の飲み薬

注射

トリガーポイント

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)