荘A[NX̉@

ぎっくり腰はいつまで様子を見るの?

寝そべる男性

〔目次〕

  1. ぎっくり腰はいつまで様子を見るの?
    〔ページ概要〕:

    ぎっくり腰は発生から3~5時間経過してから治療を受けると良い。
    自律神経の過剰な働きが収まってくるから。
    すると、患部の血流が改善して痛みの緩和が得られることもある。
    5時間経過して痛みが引かないときには早期に治療を受ける。
    そうすることで関節の引っ掛かりを除去することが良い。
    腰の筋肉の痛みが抜けるだけなら3日掛る。
    患部のダメージが抜けるのには10日程。
    その間は安静を余儀なくされる。
    治療を躊躇してダラダラと様子を見続けてはならない。
    様子を見続けていると時間を沢山損失する。
    早期に治療を決断するべき。

  2. 結論発生から3時間~5時間様子を見たらすぐに受診するべき
  3. 3~5時間の根拠過剰に興奮した自律神経が安定化するまでの時間
  4. 外出先の場合は?
    とりあえず安静に過ごしてじっとする。
  5. 様子を見る上での考え方少しマシになるぐらいと思ってください。
  6. 発生から3日目の回復目安筋肉にエネルギーが戻る
  7. 発生から10日目の回復の目安患部の炎症が治まる。
    筋肉がゆるんで、関節の引っ掛かりが取れる。
  8. 注意点3週間以上の安静は医学的には意味がない。
    治療を受けて痛みの原因を取り除く

※スポンサーCM

結論:発生から3時間~5時間様子を見たらすぐに受診するべき

ぎっくり腰を患った。
このときにはしばらく安静にして様子を見る。
これが必要です。
しかし、いつまで様子をみるべきなのか?
疑問に思われるはず。
1日様子をみて治療を受けに行くべきか?
10日様子を見るべきか?

特に自営業やご高齢者や専業主婦ではついつい様子を見ることに執着する。
そして、ダラダラと寝続けてしまう。
何日も無駄に過ごしてしまう。
こういったことが多いです。
何かあったら大変だからと1ヶ月ぐらい放置する人もいる。
酷い方では数年間自宅で療養を続ける。
そして、ようやく治療を受ける気になる。
急ぐ必要の無い方では決断を躊躇しがちです。

最初に回答を申し上げます。
ぎっくり腰発生から3~5時間様子を見る。
その時点で痛みが治まらなければすぐに治療を受ける。
すぐに受診されることが良いと言えます。

メニューに戻る

3~5時間の根拠:過剰に興奮した自律神経が安定化するまでの時間

※スポンサーCM

この3~5時間は何の根拠に基づくのか?
これは興奮した自律神経の働きが安定化するまでの時間です。
ぎっくり腰を起こした。
このときには一時的な炎症がおこります。
炎症によって患部の自律神経が興奮を起こします。
これが血管を収縮させる。
そして、血流を停滞させる。
すると、痛みが派手になる。
したがって興奮が沈静化するまでの数時間様子を見る。
そうしていただくと痛みが緩和されることもあります。

メニューに戻る

外出先の場合は?
とりあえず安静に過ごしてじっとする。

もしも外出先でぎっくり腰を患ったとします。
でも痛みが強まっているときに無理して動くと悪化します。
しかし、自律神経が沈静化するまで3~5時間様子を見る。
そうして過ごしていただく。
それだけで痛みが和らぐこともあります。

メニューに戻る

様子を見る上での考え方:少しマシになるぐらいと思ってください。

ただし、痛みの沈静は患部が良くなったというわけではありません。
あくまでも自律神経の働きが安定化することで得られるものです。
したがって痛みが完全に治まるような性質のものではありません。
マシになる程度だとお思いになってください。

治まってきた後にはすぐに治療を受けていただいた方が良いでしょう。

メニューに戻る

発生から3日目:筋肉にエネルギーが戻る

また、安静に過ごしたときの経過になります。
概ね3日ほど休む。
そうすることで筋肉の疲労が回復する。
疲労しエネルギーが枯渇した筋肉にエネルギ-がチャージされます。
痛みそのものは治まりません。
ですが、筋肉にエネルギーが戻る。
そうなることで腰を働かせることが出来る。
患部を筋肉で補強した状態で身動きが取れる。
そういったこともあります。
ただし、動きまわらないように注意が必要。
再びエネルギーが消耗すると痛みがぶり返します。
つまり、その場しのぎです。
辛うじて動けるのが3日です。
あくまでもその場しのぎです。
だから、その後に悪化することは避けられません。

メニューに戻る

発生から10日目:患部の炎症が治まる。
筋肉がゆるんで、関節の引っ掛かりが取れる。

※スポンサーCM

また、ぎっくり腰は腰の関節が硬直してます。
硬直して腰の動きが悪くなる。
そうなることで本来の可動域が狭まってしまう。
可動域が狭まると、炎症箇所に刺激が集中しやすい。
そして、痛みが増幅されてしまう。
硬直はそんな痛みの仕組みを持っております。
ところが10日程度の安静で患部の炎症が治まってくる。
すると、筋肉が次第に弛んできます。
そして、関節の引っかかりが取れてしまうのです。
関節可動域が広がって自由に動けるようにもなります。
痛みも無理をしなければ落ち着いてきます。

整体治療では、引っかかっている関節のロックを外す。
初期の段階で外してしまう。
そして、治癒期間が大幅に短縮されることが多いです。

メニューに戻る

注意点:3週間以上の安静は医学的には意味がない。
治療を受けて痛みの原因を取り除く

また、診察で原因を特定しなくても、
『まあ、痛みが治まるまで寝て過ごせば良いだろう』
と安易に考えてしまう。
何も考えず寝続けてしまう。
この場合は幾ら待っても改善されないことがあります。
だから注意が必要です。
特に気をつけるもの、それは3週間以上安静にしても痛みが緩和されないものです。
このときには、それ以上寝て過ごすことには意味がありません。
腰の病態に関わらず、3週間もすれば緩和が得られることが普通です。
しかし改善されない。
だとしたら関節に強い引っかかりを生じている。
その可能性が高いです。
なので、治療を受けて引っかかりを取り外すべきです。
最初から治療を受ければ引っかかりが早期に取れます。
だけど、安静に3週間も寝たきりをして挙句に引っ掛かりが取れない。
これでは貴重な人生を無駄に使ってしまう。
いつまでも躊躇してはいけません。
早期に治療を受けることが大切であると言えます。

メニューに戻る

ぎっくり腰の前兆

結論:前兆は単純ではない。

ぎっくり腰の寸前

ぎっくり腰、ピリッと痛みがある。なぜ?

ぎっくり腰の前兆

こむら返りはギックリ腰の前ぶれ

ぎっくり腰の前触れ・腰が布団から浮いている

坐骨神経痛の前兆でお尻が痛くなる。改善は?

なりやすい人

前触れの改善方法

何の前触れもなくなってしまう

靴下の履き易さとの関係

自営業者です。ぎっくり腰の前触れって何?

関節負担によるぎっくり腰の予兆

ぎっくり腰に陥り易い予兆とその対策法

腰痛初期の経過観察

結論:5時間様子をみたら治療を受ける

ぎっくり腰で痛みの場所が不明瞭なのは?

いつまで様子を見るの?

ぎっくり腰では痛みの経過を観察しよう

経過観察の重要性について

ぎっくり腰の予後

ぎっくり腰は様子を見ていると長引く

ぎっくり腰の経過

筋攣縮による腰痛の治癒経過

急性期症状

結論:痛みが悪化するものは専門家に依頼する

力を抜いた瞬間に痛くなるぎっくり腰

治療効果が上がりやすい腰痛

腰をバットで殴られたような痛み

ぎっくり腰で気が遠くなる

ぎっくり腰が酷くなったなら安静を見直せ

ぎっくり腰で腰が曲がる

痛すぎて病院に行けない

急性期経過

結論:寝て過ごせば2週間続く、ぎっくり腰専門の受診で翌日には働けることも多い

ぎっくり腰の時間

靭帯損傷によるぎっくり腰の治癒経過

腰痛の自然治癒の日数の目安

治癒期間は?

ぎっくり腰の急性期の期間は2週

治療院に通院するならいつが良い?

治療のタイミング

痛みを放置するとどうなるのか?

ぎっくり腰回復期

腰痛後に起こる組織の脆弱期間

問診

結論:話すことをメモにまとめる

問診項目「胸痛」につい

問診項目「時間や活動性に関係ない腰痛」

重篤な脊椎疾患判別の年齢について

ぎっくり腰の問診「いつ」について

患者の訴えには間違いが多い

子供の問診で気をつけること

腰痛は相手の話し声だけで原因が判別できる

ぎっくり腰治療のときの伝えるべきこと

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

慢性期判断、検査

⑤-1医療機関の対処①

⑤-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑨-1腰痛対策

⑩-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

食事療法