ぎっくり腰専門ユークル整体院

ぎっくり腰の応急処置は?

安静姿勢

安静にして最も楽だと思える姿勢で過ごすこと。標準的な痛みの緩和姿勢は仰向けになって膝を立てること。着衣や毛布で十分に体温を保温する。怠りがちなのが靴下。患部に対しての処置では好みにあった湿布を貼ることが良い。

※スポンサーCM

まずは安静にして過ごすこと

ぎっくり腰に陥ってしまったとして専門家に出張整体を依頼したとしましょう。その後自分ではどうしたら良いのかについてです。

では大原則ですが、まずは安静にして過ごすことが大切であると言えます。

最も楽な姿勢になること

具体的に安静についてですが、布団に寝そべっていただいたり、ソファーやイスに腰掛けていただいたりと、最も楽だと思える姿勢を取っていただくことが良いと言えます。

したがって特にこの姿勢でないといけないという決まりはありません。寝転んでいることが楽なら寝て、座っていることが楽なら座る、立っていることが楽なら立つ、ジッとしていると痛いなら動くという感じで最も楽だと思える姿勢を取るようになさってください。

※スポンサーCM

標準的な安静姿勢は仰向けになって膝を立てること

では仮に、これと言った痛みの悪化がなく寝ていればどの体勢でも痛みが消失する場合でしたらどうするべきかと申しますと仰向けになって膝を立てていただくことが良いでしょう。冒頭の図のように仰向けになって膝を立てて腰を丸くして過ごしていただければ腰がリラックスして随分と痛みが和らぐことでしょう。

膝が安定するように枕を挟む

また仰向けになったときの膝が安定するように枕を挟んでいただきますと腰の緊張が抜けることでしょう。

仰向けになって膝を立てる

枕は低めを用いる

そして寝転んだときの頭部の保持に用いる枕に関しては低めのものを用いてください。高いものを用いると背骨に極端なカーブが生じて腰が辛くなることがありますので気をつけましょう。

温かな衣服を着用して体温を保温する。靴下を怠らず。

また、安静に過ごしているつもりでも体が冷えると体温が漏出してガチガチと震えたり、余計な緊張を生じさせます。これが患部の血流を停滞させる原因となり治癒を遅らせてしまうことがありますから温かな衣服を着用してできるだけ体温の保温に努めましょう。

このときに意外に見落としがちなのは靴下です。足元は贅肉がなく骨と皮だけしかありませんのでどうしても冷え安いです。履くと履かないでは緊張度合いは随分と変わりますので是非とも靴下を履くようになさってください。また、体温を保温するためには毛布で体を包んでいただくことも大切です。

もしも屋外でぎっくり腰を患ってしまったときには何とかして体温の漏出を防げるように最低でも最寄の休憩できる屋内まで他人に手伝ってもらってでも移動するようにした方が良いでしょう。

イスに寄りかかる場合は120度の背もたれを用いる。

また、イスに腰掛けていることが最も楽だと思えるときには原則的に120度の角度の付いた背もたれに寄りかかるようになさってください。背中の筋肉の緊張が抜けて随分とリラックスできるはずです。どうしてもトラックや工事関係の車両のように直角になったシートしかない場合にはお尻の後ろに枕を挟んで斜めに寄りかかるようになさってください。

※スポンサーCM

温めも冷やしもせず湿布を貼る。合わなければ何も使わない。

また、痛みの出ている患部に対しての処置としては、氷で冷やしたり、お風呂で温めたりはせず湿布を貼るようになさってください。基本的には痛みの出ている部位に温かい・冷たい湿布のうち心地よいと思えるものを貼っていただければ大丈夫です。どちらも肌に合わなければ使わなくても構いません。

なんとかして歩くならばコルセットで腰部を保護する。

また、どうしても御手洗いや通院で歩く必要があるときにはコルセットを用いて腰部を保護するようになさってください。日常で用いている傘を杖の代わりに使って寄りかかって移動していただきますと安心できることでしょう。

応急処置

結論:湿布を張って体を保温して寝る

軽いのになったら?

ぎっくり腰の2種類の対処法

旅先での応急処置

応急処置は安静にする

緩和処置・急性期

結論:力を抜く

健康器具はぎっくり腰の予防とはなるが、治療にはならない

RICE処置について

患者の周囲の人の対応

結論:やさしく労わってあげる

ぎっくり腰の看病は?

周囲の人ができること保護・介護・救護

ぎっくり腰の動き方

結論:ハイハイする

一人暮らしでぎっくり腰になったらどうしたらいい?

足が持ち上がらないのは背中の緊張による。

ぎっくり腰で立てない

腰痛を起こさない立ち上がり方

ぎっくり腰のときの車の運転について

ぎっくり腰は動いた方が良いの?

腰の靭帯を傷めた。どうやって動けば良い?

腰が痛いときの歩き方

間違った対処

結論:軽い痛みを放置して悪化している

陥ったときによるある間違い

鉄棒にぶらさがって伸ばすのは?

寒さは筋肉を緊張させる

月曜日まで放置することの危険性

腰の治療を受けているつもりがほとんど腰に治療をしてもらっていないもの

放置すると(無理すると)どうなる?

選んではいけない療法

痛みの出ている場所と間違った対処について

勘違いしやすい症例

ぎっくり腰を放置するとどうなるの?

どうしても動きたいときには

ぎっくり腰のあと自転車は乗っていいか?

安静

結論:最悪3日は安静にする。
理想は2週間。だけど、そんなに休んだら職場の心証を害する。

腰痛は寝ていて治るのか?

ゴルフ腰の痛み安静期間

絶対安静の是非

ぎっくり腰が癖になるのは安静治療による椎間板のゆがみ

急性期のトイレ

結論:トイレに行けない。だから飲み食いを最小限に控える。

トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった

ギックリ腰は大便が出ないって本当?

長時間トイレに行けずつらい

トイレの行き方

ぎっくり腰対処その他

臥位の徒手検査には異常所見はないが、立ち上がると腰に痛みがある

疼痛誘発検査

ぎっくり腰を繰返さないためには痛みの場所を詳しく知ること

ぎっくり腰判別のセルフチェック

ぎっくり腰何日かかる?

ぎっくり腰の仕事復帰

スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安

ゴルフの再開は?

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開