ぎっくり腰で救急車は?

救急車は命に関わる人が使うもの

ぎっくり腰では救急車を利用しないもの。命に関わる人が利用するもの。タクシーの代わりに呼ぶと迷惑となってしまう。どうしても急いで治療を受けたいならば民間治療を受診しましょう。

※スポンサーCM

ぎっくり腰で救急車は呼ばない!

急なぎっくり腰を患ってしまい病院に行くのも辛い・・・どうしたら良いのか?『タクシーはお金が掛かってしまう』、そんなときに思いつくのは救急車ではないでしょうか?

しかし、結論から申し上げますとぎっくり腰に陥って救急車を呼ぶのは常識外れです。最初にご理解いただきたいのはぎっくり腰で救急車は呼んでは行けないことです。

命に関わる人が利用するもの

では何のために存在するのかと言いますとあくまでも命に関わる人が利用するためのものだと思ってください。呼吸が停止したり、心臓が止まったり、意識を失ったりと、数秒の治療の遅れが生きるか死ぬかを分けるような瀬戸際の人がご利用になられるものです。

ぎっくり腰では死ぬことはありません。したがって乗るべき患者ではないと思ってください。

※スポンサーCM

タクシーではない、安易に連絡すると断られる

また、困ったときに無料で乗せてくれるタクシーのような感覚でご利用になられる方もおられますが、こういった安易な連絡をされると救急車の台数や救急隊員の人数には限りがありますから要請を断られることもあります。

どうしてもすぐに治療を受けたい場合は民間治療を受けるべき

もしもそういった一命に関わるわけでもないけれども今すぐに治療を受けたい、大切な用事をキャンセルしたくはないとお思いになられているときには民間治療を受けることが常識的な対応となるとご理解ください。

救急病院はぎっくり腰の専門ではない。そのまま数日間の入院を余儀なくされる。

また、仮に救急で病院に担ぎ込まれたとしましょう。しかし、救急病院はあくまでも呼吸が停止したり、心臓が止まった患者の一応の処置をする場所です。ぎっくり腰に関しての専門家は在籍しておりません。痛み止めの薬を処方して、レントゲンで患部を撮影するという一応の処置はしてもらえることでしょう。

しかし、その程度の処置で腰の痛みが治まるわけではありません。結局自宅に帰ることもできずそのまま病棟に入院することになり、自宅で寝て過ごすことと全く変わらない結果となってしまいます。

腰が痛くて通院できないなら往診を利用するべき。最悪は完治まで寝て過ごす。

ではもしも自力で通院することが出来ないほど腰の痛みが強いときにはどうしたら良いのか?

このときには民間治療家の往診治療を利用するべきでしょう。

※スポンサーCM

『自宅が散らかっていて往診に抵抗がある・・・』
『ペットが吠えるから自宅は無理・・・』
『一人暮らしだからどうしても抵抗が・・・』
と言う方は時間は掛かりますが症状が治まるまで安静に寝て過ごしていただくことが懸命な判断です。

しかし、恥は一時のこと。専門家に相談しましょう。

ぎっくり腰の救急車について

結論:ぎっくり腰は救急車を呼ぶものではない。

  1. ぎっくり腰で救急車で運ばれた後はどうなるの?基本は入院して安静に寝ます。仮に最悪のケースを想定すると、初期は湿布と飲み薬を処方されて、段階的に効き目の強い薬や注射を使う。精密検査の末に手術となる。
  2. カラーフラッグによる救急車の優先順位救急車はタクシーとは異なるから。患者の優先順位があり、カラーフラッグでは赤~黄色までが優先的に乗車可能
  3. ぎっくり腰では救急車は呼べないぎっくり腰は程度の大小はあるが安静にして時間が経てば多くのものは改善する。
  4. どうしてこんなに痛くて重症なのに救急車を呼んではダメなの? 優先順位があり、重症(ただちに処置しなければ死ぬ人)や中等症(長時間持ちこたえられるけれども生命に危険がある人)が優先
  5. 最も緊急性のあるものについて命に関わるものも中にはあります。
  6. 救急車は?救急車を利用しないもの。命に関わる人が利用するもの。タクシーの代わりに呼ぶと迷惑となってしまう。どうしても急いで治療を受けたいならば民間治療を受診しましょう。
  7. ぎっくり腰の救急車は?(簡単バージョン)救急車を呼ぶのは他に手段がない命に関わる人のみ
  8. 救急車を用いる経済損失について救急車は1回の出動につき、4万2000円ものお金が掛かる。
ぎっくり腰の医療機関での対処について

ぎっくり腰の医療機関での対処

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

救急車

病院

医者

レントゲン・MRI・画像検査

牽引療法

ヘルニア手術

坐骨神経痛手術

手術:失敗

手術:その他

湿布・貼り薬・外用薬

痛み止め・消炎鎮痛薬

鎮痛以外の飲み薬

注射

トリガーポイント

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

救急車

結論:ぎっくり腰は救急車を呼ぶものではない。

ぎっくり腰で救急車で運ばれた後はどうなるの?

カラーフラッグによる救急車の優先順位

ぎっくり腰では救急車は呼べない

どうしてこんなに痛くて重症なのに救急車を呼んではダメなの?

最も緊急性のあるものについて

救急車は?

ぎっくり腰の救急車は?

救急車を用いる経済損失について

医療機関での腰痛対策関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

救急車

病院

医者

レントゲン・MRI・画像検査

牽引療法

ヘルニア手術

坐骨神経痛手術

手術:失敗

手術:その他

湿布・貼り薬・外用薬

痛み止め・消炎鎮痛薬

鎮痛以外の飲み薬

注射

トリガーポイント

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)