靴下を履くときにぎっくり腰になりやすい人

結論:体が硬い人、安定の悪い人がなりやすい

ぎっくり腰に陥り易い人の特徴についてです。
すると靴下を履くときに腰を痛めることが上げられます。
片足立ちになったときに柔軟性が低い人。
体の固い人ほど腰を曲げる動作が窮屈です。
そして、腰の筋肉が突っ張って痛めやすくなります。
また、安定感の悪い人も腰を痛めやすいです。
なぜなら片足立ちになったときに無意識で腰に力が入ってしまうから。

※スポンサーCM

靴下を履くときにぎっくり腰になってしまう人の特徴:
①足腰の柔軟性が低い人、
②安定が悪く、片足立ちにでふらつき易い人

ぎっくり腰の発生で、靴下を履くときになってしまうケースについてです。
このケースについて考えてみましょう。
このタイミングでぎっくり腰になる確率を上げます。
すると、全体の中では2%ぐらいに当たります。
なので、50人に1人は靴下を履くときにぎっくり腰になってしまいます。

これに陥ってしまう人の典型的な特徴を上げます。
するとと、体が固くて腰を屈める動作が窮屈な人、
固くて腰を屈められない人、
この人に多いと思ってください。
膝をまっすぐ伸ばします。
そしてて曲げないようにします。
伸ばしたしたまま腰を屈めてみる。
こうして前屈動作をしてみます。
このときに両手が床に届かない。
このような体の固い人に起こります。
この人は靴下を履くときに腰を痛める可能性が高いです。
やはり体が固いと問題がります。
靴下を履こうと腰を屈める。
すると固くて突っ張った腰の筋肉が動作の妨げとなってしまう。
この妨げが腰の筋肉に抵抗を与える。
そして、腰の筋肉を捻挫してしまうことがあるわけです。

また、片足立ちになったときのことです。
このときにフラフラとふらついてしまう方、
安定性の低い人、
この人もぎっくり腰になりやすいです。
安定が悪い人はバランスを保つことが大変です。
バランス保持のために腰の筋肉が一生懸命働きます。
常に腰が緊張した状態に陥ります。
緊張した筋肉は脆いです。
咄嗟に腰を屈めて引っ張られる。
すると簡単にグキッと痛めてしまいます。

着替えと腰痛

結論:腰をかがめないこと。座って着脱する

  1. 靴下を履くときのぎっくり腰の対策イスに座って膝と股関節を曲げて足を引き寄せてから履く。
  2. 靴下を履くときのぎっくり腰対策はイスに座るイスに座ると胴体が真っ直ぐにし、腰の筋肉が緩んだ状態を保ちつつ靴下を履く事が出来る。
  3. 靴下を履いてぎっくり腰になりやすい人柔軟性が低くて腰を曲げられない人、前屈して両手が床に付かない人。片足立ちになったときにふらつきやすい人
  4. 靴下を履くときにぎっくり腰になった片足立ちで不安定なときは腰に力が入る。腰を曲げたときに力んだ腰の筋肉を急に引っ張るため腰の筋肉が損傷する。
  5. 靴下を脱ぐときにぎっくり腰になった腰が凝り固まって疲労すると、靴下を脱ぐときに股関節を深く曲げると腰がグキッとなる。
  6. ズボンをはく動作でのぎっくり腰対策壁によりかかると安定が増して腰の負担が軽減される
  7. ストッキングを履いて起こるものストッキングに問題があるのではなく、腰を屈める中腰の姿勢に問題がある。
  8. ストッキングを履いて悪化腰を深く屈める姿勢に問題がある。力学的に不利な状態で体勢を支えるため腰を痛めてしまう。
  9. ぎっくり腰のときの上着は何を着るべきか?前開きで、ボタンで止められるもの。
  10. ぎっくり腰で、着替えに困っているズボンや、パンツ、靴下の脱ぎ着に苦労します。

腰痛対策関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

お皿洗いでの腰痛対策

作業場面での腰痛対策

一般防止策

生活場面での腰痛対策

腰痛対策の体の使い方

飛行機バランス動作

立ち上がり

着替え

中長期的観点でのトイレ・排泄

楽に取り組める対策

意識だけで出来る対策

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

着替え

結論:腰をかがめないこと。座って着脱する

靴下を履くときのぎっくり腰の対策

靴下を履くときのぎっくり腰対策はイスに座る

靴下を履いてぎっくり腰になりやすい人

靴下を履くときにぎっくり腰になった

靴下を脱ぐときにぎっくり腰になった

ズボンをはく動作でのぎっくり腰対策

ストッキングを履いて起こるもの

ストッキングを履いて悪化

ぎっくり腰のときの上着は何を着るべきか?

ぎっくり腰で、着替えに困っている

腰痛対策関連症状

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

お皿洗いでの腰痛対策

作業場面での腰痛対策

一般防止策

生活場面での腰痛対策

腰痛対策の体の使い方

飛行機バランス動作

立ち上がり

着替え

中長期的観点でのトイレ・排泄

楽に取り組める対策

意識だけで出来る対策

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)