ぎっくり腰専門ユークル整体院

ぎっくり腰発生時のアイシングの目的

ぎっくり腰のときには現代では42度のホットパックで30分間温めることが良いとされるがかつては冷やすことが良いと言われていた時期も合った。冷やすメリット①血管収縮による腫れの防止、②麻痺作用による鎮痛、③過剰に高ぶった代謝を下げることでエネルギーの無駄な消耗を防止して回復に専念させ治癒を早める。筋肉を柔らかくする作用がある。冷やすことは腰を酷使したときの過剰に高まった筋温を正常な温度に下げるのに有効

※スポンサーCM

ぎっくり腰発生時には冷やせというのが従来説

ぎっくり腰に陥ったときに周囲の方からぎっくり腰のときにはどのようにすることが良いと聞いたことがありますか?きっと「俺は温めた方が良いと聞いた」、また別の方では「そんなの冷やすのが当然だ!」などと聞いたことがあるはず。

実はこの温めることと冷やすことは学校のテスト的に 言えば冷やすことが正解、しかし臨床医学では今現在では温めることが良いと言われております。

医療系の国家資格などでは冷やすことが良いとハッキリと明記される。

例えば医療系の国家資格、医師・歯科医師・薬剤師・看護師・鍼灸・按摩・マッサージ・柔道整復師などの国家試験でもし仮に「受傷早期の患部は冷やすべきである」というという問いがあればそれは是となります。なぜならば今でも医療系の教科書には冷やすことが良いと明記されているからです。医師の国家試験では爆弾問題というものがあり、このたった1問の誤りでその他の問題で全問正解しても不合格になってしまうというほど教科書に沿った回答が求められるのがこれになります。

※スポンサーCM

近年出版される本では温めることが良いと記されるようになった

そのため近年出版される本をご覧になっていただきますと温めることが良いと記されるようになりました。ただし、ガンガン熱湯で加熱して良いというわけではありません。42度ぐらいまでのぬるめのホットパックで30分程度温めるという意味合いだと思ってください。

過去に出版された冷やすことが良いとされる文献が余りにも浸透しているためまだ冷やす方が良いという説が主流を占めている。

ところがこの冷やすか温めるか?という説に関しては過去に冷やすことが良いという定説が余りにも世間に広まりすぎてそう記された出版物などが世間に広く浸透してしまったため温めることが良いとする説がいまだに影を潜める程度であり、冷やすことが良いという説が主流を占めているのです。そのため完全に一つの情報に統一されることはなく今後も医療の矛盾点として何度も様々なところで取り上げられる可能性があります。

冷やすメリット①腫れを防ぐ

しかし、冷やすことが完全なデメリットであるというわけではありません。あくまでも温めたときと比較して温めたほうが体にとってメリットが大きいのだと思っていただくと良いでしょう。ぎっくり腰ではそうすることで幾つかのメリットがありますのでメリットについて覚えておいていただくことが良いでしょう。

一つ目のメリットは腫れを防ぐことです。冷やす作用では急速に患部の血管が冷やされて収縮しますので大量の組織液が患部に流れ込んでくることを防止することができます。そのため患部の腫れが少なくなり腫れによる突っ張り感や患部の痛みなどが軽減されることがあります。ただし、患部の代謝が停滞しすぎて新たな栄養が供給されませんから治癒が長びくデメリットもあります。

②麻痺作用による痛みの緩和

次に上げられるものとしては麻痺作用が上げられます。冷たい氷水の中にずっと手を入れてしばらくすると手の感覚がほとんど無くなることはご存知かと思います。寒い真冬になると指先がかじかんで思うとおりに指が動きません。冷えると指先の感覚がなくなるのです。

この仕組みは腰にも当てはまります。腰の神経を冷やしますと腰の感覚が次第に麻痺しますので痛みが緩和されたように思えることがあります。少々強引な理屈ではありますが確かにその場の痛みは治まります。ただし、医学的にこの方法が本当に治癒や痛みの緩和と言えるのかと言うと疑問の余地はあります。例えばスポーツの試合中に腰を痛めてしまって、本当は試合を辞退するべきですがどうしてもプロ選手など成績を残さないと次の契約につながりません。このようなケースでは少々の無理を押してでも取り組まないと後につながらないのです。こういった緊急の事態でしたら患部を冷やすことで無理やり沈痛させてゲームを継続することは正しい選択であると言えます。ただし、ぎっくり腰で周囲の理解が得られるような状況であれば無理やり冷やして痛みを抑えてまで動き回るような必要性はありません。

筋肉の緊張を緩めて物理的痛みを抑える

ぎっくり腰のときに患部を冷やす1番のメリットはおそらくはこの筋肉の緊張を緩める作用であると思っていただくことが大切です。冷やすと筋肉の緊張がゆるくなることは私の記憶が正しければ順天堂大学の研究チームによって明らかにされております。

※スポンサーCM

なぜ緊張がゆるくなるのかと申しますと冷やすことが組織の代謝を停滞させるからです。例えば肉体労働などで腰部を酷使しているとしましょう。すると体を動かしている最中はかなりその部位の代謝が高まります。そして運動終了後も数時間代謝が高まった状態が続きます。代謝が高まった状態はかなりエネルギーの消耗が激しいのです。エネルギーを消耗するほど筋肉は緊張が強まりますので結果的に筋緊張によって全身の関節可動域が狭まり余計な腰部の関節の随伴運動を招いて腰部に負担を蓄積させます。

ところが冷やすことで過剰に代謝が高まった状態を速やかに元の代謝に戻すことで余計なエネルギーの消耗を防止し、速やかに新たなエネルギーを患部の筋肉に新たに充填させることができます。そのため筋肉が次第にエネルギーを取り戻し筋肉の緊張がゆるくなり体がしなやかに動くため腰に余計な負担を与えず物理的な痛みが軽減するのです。

ただし、運動直後に1回冷やせばそれで十分

ただし運動直後など過剰に高まった代謝を一旦アイシングで冷やせばそれで十分です。過剰に冷やせばそれは代謝を停滞させすぎて回復を遅らせる結果となります。過剰な代謝の状態を正常な状態に戻すのに有効であって冷やしすぎればマイナスになることには注意が必要です。端的に言えば運動直後の高ぶった熱を帯びた筋肉を1回冷やしていただき正常な筋温に戻せばそれで十分だと思っていただくと良いでしょう。

皆様もマラソンをして自宅に帰って来たときにそのままでいるといつまでも汗が噴出し続けてグッタリ疲れると思いますがシャワーなどで軽く汗を流して気化熱で体を冷ますとその後はピタっと汗が引いて快適な状態に戻ることをご存知だと思いますがそれと同じ仕組みが唯一のメリットであるのです。

緩和処置

結論:体の抵抗力をつける

痛みを和らげる方法

施術

どういったことに注意して施術するの?

MSS療法

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

お風呂の腰痛治療効果

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

お風呂の適応判断

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰痛では部分浴にも気をつける

アイシング

結論:冷やすことは治療よりも鎮痛効果が期待できる

ぎっくり腰の時のアイシングの流れ

ぎっくり腰、冷やす効果

発生時のアイシングの目的

ぎっくり腰冷やす期間

間違ったケア

結論:楽なことは体にとって必ずしも正解ではない

ぎっくり腰で揉み返しになった

ケア

ぎっくり腰のケアで気をつけること

ぎっくり腰は揉んで治るのか

予防策

床に直接寝るのはぎっくり腰にとってどう?

ぎっくり腰の予防の重要性

ぎっくり腰の防止法

靴下だけでのフローリング生活はぎっくり腰を起こす

読書によるぎっくり腰の防止のコツ

ぎっくり腰の発生率を40%減らす方法は起床直後に気をつける

ぎっくり腰にならないための筋肉の使い方

動作をゆっくり行なうぎっくり腰防止法

ぎっくり腰にならない動きのワンポイント

ぎっくり腰防止に気をつけることはヘソ

しゃがむ動作で腰を温存

ぎっくり腰の慢性化を防止するための体の使い方

低いところに手を伸ばすときのぎっくり腰防止

靴下を脱ぐときにぎっくり腰になった

ストッキングを履いて起こるもの

ストッキングを履いて悪化

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開