荘A[NX̉@

ハイヒールとぎっくり腰

ハイヒールを履くと重心が高くなり尚且つ爪先立ちになるため体勢が前のめりになる。腰を反らしてバランスを保つため腰部の筋肉が緊張して腰を悪くする。また太腿前面の大腿四頭筋が酷使されて骨盤が前方に傾きやすい。

※スポンサーCM

『私は、ハイヒール(ヒールの高いパンプスなど)を履くのですけれども、こういったものもぎっくり腰に関係しているのですか?』

ハイヒールは女性の品位のアイテム

ハイヒールなどは女性の足を綺麗に魅せるための必須のアイテムの1つであります。まず足が長く見えますし、背も高く見えます。上品な印象もあります。お仕事のお相手様も、女性として丁寧に接してくださることでしょう。これが何気ない普段着だったとしたら、お相手様も何気ない対応をしてしまい、砕けた雰囲気となってビジネスの品位が失われてしまいますよね。従いまして、ヒールが何故腰に悪いのかを知ることで、どうしたら品位を保って尚且つぎっくり腰を防止できるのかについて配慮する必要があるのです。

つま先立ちはバランスが取り辛く前方に荷重が掛かる

まず皆様もその場でつま先立ちになってください。その場で踵を持ち上げただけでも体のバランスが取り辛くなりますよね。前方に突っ伏しそうにもなりますよね。そして、かなり疲れますよね。下り坂を歩いているときなども前方にドンドンと進んでしまって危ないですよね。踵を持ち上げているときはつま先側でバランスを取るためどうしても前方に荷重が掛かってしまうものなのです。

前方の重心のバランスを保つために腰を反らし腰痛の原因となる。

すると、前方に移動した重心のバランスを保つためには腰椎の彎曲を大きくして腰を反らしますよね。これが腰の彎曲を強めてしまい腰痛の原因となるのです。

※スポンサーCM

腰椎の彎曲が強くなると背骨の隙間が狭まり血流を妨げる

では、なぜ腰痛の原因となるのかと申しますと、腰椎の彎曲が強くなることで、背骨の1つひとつの隙間が狭まってしまい血流や神経の促通を妨げてしまうからなのです。このようにならぬためにはつま先だちをしてもバランスが取れるようにする必要があるわけです。

ハイヒールの場合は、踵の下にヒールが合って、爪先立ちしているときの筋肉の使い方とは少しだけ異なりますが、それでも腰の歪みを強めてしまいますので注意が必要です。

つま先立ちは大腿四頭筋が酷使され、骨盤の前傾を強め、腰の彎曲を強める

爪先立ちになりますと、太ももが前方に偏移します。すると腿の全面にある大腿四頭筋が酷使されますよね。この筋肉は骨盤から膝下の脛骨にまで付着しておりますので、筋の緊張が強くなることで骨盤の前傾を強めてしまうのです。骨盤の前傾が強まると腰の彎曲もそれに比例するかのように彎曲を強めてしまい、結果的に腰部に多大なストレスを生じさせてぎっくり腰に陥ってしまうわけです。

そこで行っていただきたいのが以下の二つのストレッチです。

太腿の前面のストレッチ

  1. 床面に正座をして座ってください。
  2. 膝頭を床面にくっ付けたまま、上半身を後方に倒します。
  3. 太ももの全面が伸びているような実感があれば成功です。

猫伸びのポーズ(腰のストレッチ)

  1. 四つんばいになります。

  2. 両手を膝の近くに持ってきます。
  3. 腰を持ち上げて背中を丸くします。
  4. 背骨が伸びているような感じがあれば成功です。

必ず当院までご相談くださいませ。

注意事項:腰部に持病をお持ちの方や、健康状態に不安のある方、体力が低下している方がこれらの方法を行いますと危険が伴うことがありますので、必ず当院にご相談くださるか、専門医の指導を受けてくださいますよう宜しくお願い申し上げます。

腰痛対策の道具の考え方

腰痛に効くもの

腰痛患者の道具の考え方

役に立つグッズの考え方

腰痛対策の道具、使うは一時の恥

腰痛対策の道具は買うべき?

役立つアイテム

腰をサポートするアイテムを紹介してください。

力仕事補助アイテム

引越しで腰を痛めないための道具

重たい家具を持上げるには?

リフトを導入するのは?

重たいものを持上げる道具には何がある?

荷物運びで腰痛を防止するなら運搬ワゴンを使う

健康器具

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

腰痛持ちにフラフープは?

腰痛の電気治療の効果は?

ぎっくり腰のときにマッサージ機はいいの?

坐骨神経痛に中山式指圧器はどうか?

ヘルニア患者に人気の牽引療法器具

青竹ふみで腰痛が治る仕組み

コスモトロンは慢性的なお尻の痛みにどう?

坐骨神経痛にパワーポジションボール

中殿筋の疲労を手軽にそして優しく癒すための金魚運動マシン

坐骨神経痛にはヘルストロン

坐骨神経痛の方にはVアップシェイパー

腰痛に低周波治療器のオムロンは?

ぎっくり腰に赤外線治療器は?

家庭用の治療器具による腰痛治療効果

カバン・バッグ

結論:余程の重量、長時間でなければカバンの影響は少ない

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ショルダーバッグをすると腰が痛くなる

反り腰のカバンは?

リュックとバッグ、ぎっくり腰になりやすいのは?

ウェストポーチ療法

リュックとショルダーはどっち?

キャリーバッグの腰の負担は?

クツ

結論:努力をしたくない人に最もおすすめする腰痛対策が靴である。

腰痛に悩むなら靴で予防しよう

腰痛持ちにヒールは?

坐骨神経痛は革靴を止めてスポーツシューズを履く

磨り減った靴は腰を痛める

予防のための靴選び

ハイヒールとの関係

クツ選び

クツとの関係は?

腰痛防止のクツ選びの考え方

ダイエットしたいけど靴のサイズが合わない

足元対策

インソールによる予防

転倒対策には足袋を履こう

スベリ止めマットと腰痛

立ち仕事の腰痛を緩和するなら踏み台

踏み台に足を乗せると腰痛を防げる

ぎっくり腰に松葉杖は?

ぎっくり腰における松葉杖の必要性

一本松葉杖は?

杖を用いるのは?

ぎっくり腰と杖

高齢者の防止のアイテムは杖

松葉杖の使い方、片方の腰の痛み

腰痛と股関節が痛いとき、松葉杖で歩くのはいいか?

杖の弊害について

腰痛に松葉杖は?

軽いぎっくり腰の対処では杖を使う

衣類・身につけるもの

ぎっくり腰では柔らかい服を着る

マスクを使うと腰痛が治る

リストバンドは腰痛予防にどう?

防止のために役に立つ衣類は?

坐骨神経痛に良い下着は?

メガネと腰痛

サポーターの有効性

腰痛を和らげる股引

耳栓を使った腰痛の簡単な対策法

腹巻で温めるとぎっくり腰を防げる

ぎっくり腰防止のための手軽で効果の高いアイテム

ぎっくり腰防止のおすすめグッズは?

ぎっくり腰防止のためにお勧めする衣類

ぎっくり腰防止のための便利アイテムとその活用法

その他道具

テントを張ると腰痛が治る

最大の省力化アイテムは水

腰痛対策は柄の長い道具

痛みを軽くするための伸縮テープ

腰痛と住環境

擦らずに落とせる洗剤

お尻の痛い方に助かる食器洗いアイテム

腰痛患者の自転車選び

腰痛持ちのドア選び

ぎっくり腰を何度も繰り返す患者に絶対必要な道具

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

ぎっくり腰ブログ

※最新ページ

ぎっくり腰と静的ストレス

アークス整体院プライベートブログ

プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

腰痛対策の道具の考え方

腰痛に効くもの

腰痛患者の道具の考え方

役に立つグッズの考え方

腰痛対策の道具、使うは一時の恥

腰痛対策の道具は買うべき?

役立つアイテム

腰をサポートするアイテムを紹介してください。

力仕事補助アイテム

引越しで腰を痛めないための道具

重たい家具を持上げるには?

リフトを導入するのは?

重たいものを持上げる道具には何がある?

荷物運びで腰痛を防止するなら運搬ワゴンを使う

健康器具

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

腰痛持ちにフラフープは?

腰痛の電気治療の効果は?

ぎっくり腰のときにマッサージ機はいいの?

坐骨神経痛に中山式指圧器はどうか?

ヘルニア患者に人気の牽引療法器具

青竹ふみで腰痛が治る仕組み

コスモトロンは慢性的なお尻の痛みにどう?

坐骨神経痛にパワーポジションボール

中殿筋の疲労を手軽にそして優しく癒すための金魚運動マシン

坐骨神経痛にはヘルストロン

坐骨神経痛の方にはVアップシェイパー

腰痛に低周波治療器のオムロンは?

ぎっくり腰に赤外線治療器は?

家庭用の治療器具による腰痛治療効果

カバン・バッグ

結論:余程の重量、長時間でなければカバンの影響は少ない

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ショルダーバッグをすると腰が痛くなる

反り腰のカバンは?

リュックとバッグ、ぎっくり腰になりやすいのは?

ウェストポーチ療法

リュックとショルダーはどっち?

キャリーバッグの腰の負担は?

クツ

結論:努力をしたくない人に最もおすすめする腰痛対策が靴である。

腰痛に悩むなら靴で予防しよう

腰痛持ちにヒールは?

坐骨神経痛は革靴を止めてスポーツシューズを履く

磨り減った靴は腰を痛める

予防のための靴選び

ハイヒールとの関係

クツ選び

クツとの関係は?

腰痛防止のクツ選びの考え方

ダイエットしたいけど靴のサイズが合わない

足元対策

インソールによる予防

転倒対策には足袋を履こう

スベリ止めマットと腰痛

立ち仕事の腰痛を緩和するなら踏み台

踏み台に足を乗せると腰痛を防げる

ぎっくり腰に松葉杖は?

ぎっくり腰における松葉杖の必要性

一本松葉杖は?

杖を用いるのは?

ぎっくり腰と杖

高齢者の防止のアイテムは杖

松葉杖の使い方、片方の腰の痛み

腰痛と股関節が痛いとき、松葉杖で歩くのはいいか?

杖の弊害について

腰痛に松葉杖は?

軽いぎっくり腰の対処では杖を使う

衣類・身につけるもの

ぎっくり腰では柔らかい服を着る

マスクを使うと腰痛が治る

リストバンドは腰痛予防にどう?

防止のために役に立つ衣類は?

坐骨神経痛に良い下着は?

メガネと腰痛

サポーターの有効性

腰痛を和らげる股引

耳栓を使った腰痛の簡単な対策法

腹巻で温めるとぎっくり腰を防げる

ぎっくり腰防止のための手軽で効果の高いアイテム

ぎっくり腰防止のおすすめグッズは?

ぎっくり腰防止のためにお勧めする衣類

ぎっくり腰防止のための便利アイテムとその活用法

その他道具

テントを張ると腰痛が治る

最大の省力化アイテムは水

腰痛対策は柄の長い道具

痛みを軽くするための伸縮テープ

腰痛と住環境

擦らずに落とせる洗剤

お尻の痛い方に助かる食器洗いアイテム

腰痛患者の自転車選び

腰痛持ちのドア選び

ぎっくり腰を何度も繰り返す患者に絶対必要な道具

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)