ハイヒールとぎっくり腰

ハイヒールを履くと重心が高くなり尚且つ爪先立ちになるため体勢が前のめりになる。腰を反らしてバランスを保つため腰部の筋肉が緊張して腰を悪くする。また太腿前面の大腿四頭筋が酷使されて骨盤が前方に傾きやすい。

※スポンサーCM

『私は、ハイヒール(ヒールの高いパンプスなど)を履くのですけれども、こういったものもぎっくり腰に関係しているのですか?』

ハイヒールは女性の品位のアイテム

ハイヒールなどは女性の足を綺麗に魅せるための必須のアイテムの1つであります。まず足が長く見えますし、背も高く見えます。上品な印象もあります。お仕事のお相手様も、女性として丁寧に接してくださることでしょう。これが何気ない普段着だったとしたら、お相手様も何気ない対応をしてしまい、砕けた雰囲気となってビジネスの品位が失われてしまいますよね。従いまして、ヒールが何故腰に悪いのかを知ることで、どうしたら品位を保って尚且つぎっくり腰を防止できるのかについて配慮する必要があるのです。

つま先立ちはバランスが取り辛く前方に荷重が掛かる

まず皆様もその場でつま先立ちになってください。その場で踵を持ち上げただけでも体のバランスが取り辛くなりますよね。前方に突っ伏しそうにもなりますよね。そして、かなり疲れますよね。下り坂を歩いているときなども前方にドンドンと進んでしまって危ないですよね。踵を持ち上げているときはつま先側でバランスを取るためどうしても前方に荷重が掛かってしまうものなのです。

前方の重心のバランスを保つために腰を反らし腰痛の原因となる。

すると、前方に移動した重心のバランスを保つためには腰椎の彎曲を大きくして腰を反らしますよね。これが腰の彎曲を強めてしまい腰痛の原因となるのです。

※スポンサーCM

腰椎の彎曲が強くなると背骨の隙間が狭まり血流を妨げる

では、なぜ腰痛の原因となるのかと申しますと、腰椎の彎曲が強くなることで、背骨の1つひとつの隙間が狭まってしまい血流や神経の促通を妨げてしまうからなのです。このようにならぬためにはつま先だちをしてもバランスが取れるようにする必要があるわけです。

ハイヒールの場合は、踵の下にヒールが合って、爪先立ちしているときの筋肉の使い方とは少しだけ異なりますが、それでも腰の歪みを強めてしまいますので注意が必要です。

つま先立ちは大腿四頭筋が酷使され、骨盤の前傾を強め、腰の彎曲を強める

爪先立ちになりますと、太ももが前方に偏移します。すると腿の全面にある大腿四頭筋が酷使されますよね。この筋肉は骨盤から膝下の脛骨にまで付着しておりますので、筋の緊張が強くなることで骨盤の前傾を強めてしまうのです。骨盤の前傾が強まると腰の彎曲もそれに比例するかのように彎曲を強めてしまい、結果的に腰部に多大なストレスを生じさせてぎっくり腰に陥ってしまうわけです。

そこで行っていただきたいのが以下の二つのストレッチです。

太腿の前面のストレッチ

  1. 床面に正座をして座ってください。
  2. 膝頭を床面にくっ付けたまま、上半身を後方に倒します。
  3. 太ももの全面が伸びているような実感があれば成功です。

猫伸びのポーズ(腰のストレッチ)

  1. 四つんばいになります。

  2. 両手を膝の近くに持ってきます。
  3. 腰を持ち上げて背中を丸くします。
  4. 背骨が伸びているような感じがあれば成功です。

必ず当院までご相談くださいませ。

注意事項:腰部に持病をお持ちの方や、健康状態に不安のある方、体力が低下している方がこれらの方法を行いますと危険が伴うことがありますので、必ず当院にご相談くださるか、専門医の指導を受けてくださいますよう宜しくお願い申し上げます。

クツ

結論:努力をしたくない人に最もおすすめする腰痛対策が靴である。

腰痛に悩むなら靴で予防しよう

腰痛持ちにヒールは?

坐骨神経痛は革靴を止めてスポーツシューズを履く

磨り減った靴は腰を痛める

予防のための靴選び

ハイヒールとの関係

クツ選び

クツとの関係は?

腰痛防止のクツ選びの考え方

ダイエットしたいけど靴のサイズが合わない

aaa腰痛対策の靴の中の構造

aaa靴が窮屈なときには腰痛になる前触れ

aaa靴の重心バランスの見方|腰痛対策

aaa足にあった靴は腰痛を軽減する

aaa妊娠中の腰痛防止では靴に着目する

aaすぐに磨り減る安物の靴は腰痛を起こす

aaa高齢者にも出来る手軽な腰痛対策は靴

a靴底と腰痛

aa磨り減ったクツだとぎっくり腰になる

腰痛対策のクツ選び

結論:クツはイメージだけが一人歩きしている。人体を考慮していない

ぎっくり腰を起こさない良い靴の条件

腰痛対策の靴は歩きやすさで選ぶ

腰痛患者の靴選びの誤解

腰痛対策の靴選びの条件

腰痛対策の靴のお店選び

根気のない人の腰痛対策では靴を選ぶ

間違った靴選びは腰痛を起こす

高齢者の腰痛対策の靴選び

腰痛防止の靴は適度な重みのものを選ぶ

ランニング・スポーツシューズ

結論:クツのメーカーは人体には精通していない

ランニングシューズは腰痛を腰を悪くする

エアーキャップの入った靴は腰痛防止にどう?

腰痛防止にウォーキングシューズは良いのか?

腰痛対策の道具関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

コルセットは別カテゴリーです。

腰痛対策での道具の考え方

力仕事補助アイテム

健康器具

カバン・バッグ

足元対策

衣類・身につけるもの

その他の道具

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

ほとんど治りかけた腰、仕事でまた痛くなった

腰痛持ちに軽作業は?

腰の負担が少ない仕事って何?

ヘルニアで働けない。生活保護は?

膝裏を伸ばす方法は?

ぎっくり腰の看病は?

モーラステープで腰の痛みが悪化する原因

ぎっくり腰のあと、抱っこはいつからいいの?

腰痛持ちは立ち仕事は止めるべきか?

足のすね鈍器で殴られたような痛み

まっすぐ寝ると足がしびれた感じがする

クツ

結論:努力をしたくない人に最もおすすめする腰痛対策が靴である。

腰痛に悩むなら靴で予防しよう

腰痛持ちにヒールは?

坐骨神経痛は革靴を止めてスポーツシューズを履く

磨り減った靴は腰を痛める

予防のための靴選び

ハイヒールとの関係

クツ選び

クツとの関係は?

腰痛防止のクツ選びの考え方

ダイエットしたいけど靴のサイズが合わない

aaa腰痛対策の靴の中の構造

aaa靴が窮屈なときには腰痛になる前触れ

aaa靴の重心バランスの見方|腰痛対策

aaa足にあった靴は腰痛を軽減する

aaa妊娠中の腰痛防止では靴に着目する

aaすぐに磨り減る安物の靴は腰痛を起こす

aaa高齢者にも出来る手軽な腰痛対策は靴

a靴底と腰痛

aa磨り減ったクツだとぎっくり腰になる

腰痛対策のクツ選び

結論:クツはイメージだけが一人歩きしている。人体を考慮していない

ぎっくり腰を起こさない良い靴の条件

腰痛対策の靴は歩きやすさで選ぶ

腰痛患者の靴選びの誤解

腰痛対策の靴選びの条件

腰痛対策の靴のお店選び

根気のない人の腰痛対策では靴を選ぶ

間違った靴選びは腰痛を起こす

高齢者の腰痛対策の靴選び

腰痛防止の靴は適度な重みのものを選ぶ

ランニング・スポーツシューズ

結論:クツのメーカーは人体には精通していない

ランニングシューズは腰痛を腰を悪くする

エアーキャップの入った靴は腰痛防止にどう?

腰痛防止にウォーキングシューズは良いのか?

腰痛対策の道具関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

コルセットは別カテゴリーです。

腰痛対策での道具の考え方

力仕事補助アイテム

健康器具

カバン・バッグ

足元対策

衣類・身につけるもの

その他の道具

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)