慢性腰痛患者の手術の成績

慢性腰痛の患者様の手術の成績は総じて良いものではない。手術とは飽くまでも対処療法であり、症状を改善するためには腰部の機能性を回復させることが必要。

※スポンサーCM

腰痛になったときに手術が頭によぎることがあるはず。

皆様は慢性腰痛やぎっくり腰などになられたときに一度は頭によぎったこととしまして「こんなに痛いのだから手術になってしまうのでは?」
とお考えになられたこともあるのではございませんでしょうか?

将来ヘルニア症になって手術することにならないだろうか?というご相談をいただくことがあります。

実際に当整体院を受診される方の中には施術を終えたときに
「先生、治してくれてありがとうございます。でも私のような腰痛の患者はやっぱり将来ヘルニア症になって手術をすることになるのではございませんか?」
と心配そうな面持ちでご相談をされる方もおられます。

手術では慢性腰痛から完全に克服することはできない。

また、実際に慢性腰痛から重度の症状を呈して手術をご決断された方もおられますが、いままで私が見た限りでは、手術をしたことで完全に腰痛から克服されたという方は耳にしたことはありません。

手術後にも腰痛に悩まされていることは圧倒的に多い

どうしようも無いような症状から何とか歩けるぐらいには改善されたけれどもやはりその後もときおり腰痛に悩まされてしまうという方の方が圧倒的に多いのが手術であるのです。

脊柱管狭窄症の骨粗鬆症により手術に失敗し髄膜炎になったケースもある。

※スポンサーCM

ある症例では、脊柱管狭窄症を長年放置したことで骨粗しょう症になってしまい、手術をしたのだけれども金属を固定するビスが上手く固定されぬほど骨が脆弱化しており、遇えなく手術に失敗したということです。さらには再手術をするときに脊髄に細菌感染が生じ、髄膜炎を生じそれが原因で寝たきりになってしまったという方もおられます。

手術を受けたけれども年に数回ぎっくり腰になることもある。

また、多少マシになったという症例では、背骨にプレートを埋め込んで背骨の隙間を拡張するような手術を受けたけれども結局腰部の痺れは取れなかったとおっしゃられる方もおります。ヘルニアの手術を受けて突出したヘルニア塊を取り除いた患者様の症例ではその場の痛みは収まったのですが、それでも年に数回ぎっくり腰を再発されてしまうのです。

手術が必要なものは腰痛の2%であり、低下した機能性を取り戻さねば立ち直ることはできない。

その他にも伊藤和磨氏による『腰痛は頭で治す』という本でも記されておりますが、手術が必要になるのは腰痛の2%の症例であるということだそうです。つまり、手術をしたから腰の症状とは収まるものではなく、その腰部の低下した機能性を取り戻さなくてはやはり、慢性的な症状から立ち直ることは難しいと言えるわけです。

慢性腰痛の克服のためには2つの方法がある。

では、慢性腰痛を根本から治すためにはどういう方法が必要になるのでしょうか?それはやはり手術以外の方法となると言えるでしょう。そして、その治療法には2つがあります。

①慢性腰痛は主体的に治療に取り組んで機能性を取り戻す

※スポンサーCM

やはり慢性腰痛では自分で前向きになって主体的に病気の治療に取り組み知識を獲得し、それを実践し習慣化することで低下した腰部の機能性を取り戻す必要があります。

②急性腰痛では受動的になって治療に向き合う。過度な肉体労働は頑張って脱することはできず。

それに対して急性腰痛のようなぎっくり腰では、そういった治療法とは異なり、主体的に取り組むのではなく受動的に治療に向き合っていく必要性があるものもあるのです。多くの場合ぎっくり腰とは過度な肉体労働や誤った日常動作が原因となります。したがいまして、それらを改善するためには無理に頑張ることは治療に良くありません。

頑張りすぎを何とかしようと思えば余計に悪化するので整体を利用しましょう。

頑張りすぎているものは何とかしようと思うほどに余計に症状が悪化してしまいます。だからこそ私ども整体師にそういうときはすべてをお任せになっていただければ良い方向へと導かれて行くわけです。

腰痛の手術失敗

結論:成功・失敗に係わらず、他人任せでは治らない。

  1. 手術後の再発の確率慢性腰痛では手術をしてもしつこく繰り返してしまうのは、日常生活動作など問題となる姿勢を治しておらなかったり運動不足などが考えられ、HEARの原則にしたがって治療を進める必要がある。
  2. 慢性患者の手術の治療成績について総じて悪い。手術は対処療法、改善には腰の機能性を回復させる。
  3. 痛みが出たのは手術の失敗のせい?術後数年経過すると手術を受けたのも受けないのも差はない。
  4. 手術は最後の手段なのか?手術はあくまでも対症療法であり、本質的な改善には自分の努力が必要です。術後10年経てば受けても受けなくてもどちらも術後成績に差はありません。
  5. 狭窄症患者の手術の現状手術は最終手段であり、治る見込みが高く他に治せる方法がないときに行うものだが、狭窄症患者は一般的な手術とは異なる現状がある。
  6. 坐骨神経痛、フェイルドバックサージャリー症候群手術を考えている方は必ず知っておくべき失敗のリスクについて
  7. aaa原因を特定しない腰痛手術は治らない原因が分からないまま手術をし、無責任な対応を受けることもある
ぎっくり腰の医療機関での対処について

ぎっくり腰の医療機関での対処

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

救急車

病院

医者

レントゲン・MRI・画像検査

牽引療法

ヘルニア手術

坐骨神経痛手術

手術:失敗

手術:その他

湿布・貼り薬・外用薬

痛み止め・消炎鎮痛薬

鎮痛以外の飲み薬

注射

トリガーポイント

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

手術失敗

結論:成功・失敗に係わらず、他人任せでは治らない。

手術後の再発の確率

慢性患者の手術の治療成績について

痛みが出たのは手術の失敗のせい?

手術は最後の手段なのか?

狭窄症患者の手術の現状

坐骨神経痛、フェイルドバックサージャリー症候群

原因を特定しない腰痛手術は治らない

医療機関での腰痛対策関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

救急車

病院

医者

レントゲン・MRI・画像検査

牽引療法

ヘルニア手術

坐骨神経痛手術

手術:失敗

手術:その他

湿布・貼り薬・外用薬

痛み止め・消炎鎮痛薬

鎮痛以外の飲み薬

注射

トリガーポイント

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)